Google
WWW を検索 ブログ内検索

呪怨 -ザ・ファイナル- : 何だ、次もあるのか…。2015年06月24日 11:27

呪怨 -ザ・ファイナル-
 最近、BS-TBSやHuluでよく観ているのが「吉田類の酒場放浪記」。番組全体のイキフンが、とっても落ち着いていて良いんですよね。詩人だけあってボキャブラリーも豊かだし、味が観ている我々にも伝わりやすいわけ。海老を食って「プリプリ」みたいなコメントしか出来ない輩は、少しは見習ったほうがよいと思いますよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
呪怨 -ザ・ファイナル-

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 麻衣(平愛梨)は、小学校教師をしている妹・結衣が失踪したと聞く。結衣が頻繁に“佐伯俊雄”という不登校の生徒の家を訪れていたことを知った麻衣は、何か手がかりを得られないかと彼の居場所を捜索し始める。しかし、その日から不可解なことが麻衣の周囲で起こり始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、呪われた家に足を踏み入れ、恐ろしい出来事に見舞われる人々の姿を描くホラー映画です。失踪した妹の結衣を捜す麻衣役には、「摂氏100℃の微熱」の平愛梨。監督は、「呪怨 終わりの始まり」の落合正幸。

 初めて「呪怨」を観たとき感じた恐怖、凄まじかったですねぇ。以来、シリーズはハリウッド版までは観ました。でも、その後のシリーズは観ていなかったんですよね。何というか、ジャパニーズ・ホラーのクオリティーが全般的に停滞していたから。但し、本作はファイナル作品ということで観に行ったのです。でもねぇ、様々な意味で腹の立つ作品となりました。

 先ずは、観る者のびびらせ方。何というか、進歩が感じられないんですよね。「貞子 3D」のように笑えないコメディー作品になっていたわけではありませんが、初期のシリーズ作品と変化がないわけ。だから、観ていて次にどう来るか簡単に想像できちゃうんだよなぁ。それに、作品全体を包むチープな空気感も白ける原因の一つでしたね。この辺は、「呪怨」の空気感を真似たのかもしれないですが、本作に関しては完全に失敗。これは、監督である落合正幸氏の責任ですよ、全く。

 平愛梨の演技も、チープな空気感を増徴させるのに一役買っていました。「ジャックと天空の巨人」で声優をしていた時にも感じたのですが、彼女は”演技”という芸能活動には向いていないのではないでしょうか。バラエティーの平愛梨は、可愛くてよいと思いますけど。

 このように「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、劇場で観ると腹の立つこと間違いなしの作品となっております。しかも「ファイナル」と詠っておきながら、エンドロール終了後に「伽椰子vs貞子の」の告知まで。絶対映画館で観ないからな。というか、あの怖かったジャパニーズ・ホラーはもう観れないのだろうか。では、本日はこの辺で (´ェ`。)ノ○o。バィナラ。o○ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ゴーン・ガール : 本年度No.1ミステリー2014年12月22日 20:36

ゴーン・ガール
 このところ、仕事が忙しくて映画を観れない、映画を観てもブログを更新できない、そんな日々が続いておりました。ここへきて、まったりとした年末になりそうです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ゴーン・ガール

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑う。美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられカップルの知られざる秘密が明るみになる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ゴーン・ガール」は、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化した作品です。理想的な結婚生活を送る夫であるニック・ダン役には、「アルゴ」のベン・アフレック。ニックの妻であるエイミー・ダン役には、「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」のロザムンド・パイク。エイミーの元彼であるデジー・コリングス役には、「ビーストリー」のニール・パトリック・ハリス。監督は、「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー。

 何とも魅力的でしたね、本作の予告編。いわゆるミステリー作品よりも、単純なアクション映画が個人的は好きなのですが、予告編に引き込まれる何かを感じたわけです。だから、どんな感じで観る者を騙してくれるのか、勝手に期待値が上がってしまったわけです。でもね、きっちりと期待値を上回ってくれましたよ、マジで。

 何といっても、あらすじが逸品でした。「ゴーン・ガール」という題名どおり、ある日突然夫の元から少女(妻)が失踪するのですが、そこからの展開は見事というほかありません。夫であるニックは、そこからとんでもない窮地に立たされます。浮気がばれ、マスコミに叩かれ、近隣住民の格好のゲスネタにされ、妻の殺人容疑までかけられるのです。ニックの味方は、双子の妹であるマーゴのみ。でも、妻の失踪事件の直接的原因はニックの浮気にあるわけですから、彼自身も同情できない一面を持っているわけ。でもねぇ、本作が凄いのはここからなんですよ。

 ぶっちゃけると、妻のエイミーは生きているのです。彼女の目的は、夫であるニックへの復讐。彼の浮気現場を目撃してから、虎視眈々と準備をして偽装的失踪を図ったのです。しかも、その準備が完璧というか凄いわけ。世間って、恐ろしいと感じましたよ。でも、そんな彼女にも弱点があります。それは、一般的世間に属していない人間。そこでピンチに立たされるエイミーですが、そこからの逆転劇はニックの浮気なんぞ霞んでしまう行動に出るのです。まあ、これ以上はネタバレになるので控えておきましょうかね。

 また、演者の演技も素晴らしかったですね。何というか残念な夫であるニック・ダンを演じたベン・アフレック、上手かったなぁ。いわゆるダメ男くんなのですが、どこか憎めないところがあるのです。その辺りが、エイミーも分かってる感じなんですよねぇ。しかし、そんなベン・アフレックを凌駕していたのが、ニックの妻であるエイミーを演じたニール・パトリック・ハリス。アメージングなエイミーと、その裏に隠されたサイコな一面を持ったエイミー、素晴らしい演技でした。彼女の演技なしには、ここまで素晴らしい作品にはならなかったでしょう。今後、彼女の活躍が楽しみです。

 このように「ゴーン・ガール」は、ミステリー・スリラーの逸品です。この偽装カップルがどのような結末を迎えるのか、観ておいて損はしないと思いますよ。では、本日はこの辺で │出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ザ・コール 緊急通報指令室 : 電話だけではすまされない…。2014年09月24日 11:42

ザ・コール 緊急通報指令室
 今日の広島は、久々の雨です。週一の休みで雨だと冴えない気持ちになる方も多いでしょうが、基本インドア派の私には関係ないですね。では、本日紹介する作品はこちらです。
【題名】
ザ・コール 緊急通報指令室

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 L.A.の“911緊急通報指令室”のベテラン・オペレーター、ジョーダン(ハル・ベリー)は、一般市民の命を救うため電話越しに指示を出すという仕事に就いていた。常に冷静沈着な彼女はある日、不法侵入者に脅える少女からの通報に対応するが、一瞬の判断ミスが原因で少女の命は殺人鬼に奪われてしまう。悲嘆に暮れるジョーダンは、自分の人生を見直すため、一線を退く時期ではないかと思案する。彼女の支えとなっている警察官の恋人(モリス・チェスナット)も、もっと人生を楽しみ、極度の緊張感にさらされる職務のノウハウを後進に教えるときだと彼女を諭す。半年後、研修生たちを連れて911緊急通報指令室の内部を案内していたジョーダンは偶然、何者かに誘拐され車のトランクに監禁された少女ケイシー(アビゲイル・ブレスリン)からの電話を耳にする。彼女は、シリアル・キラー(マイケル・エクランド)に誘拐され、彼が運転する車のトランクから命からがら911に電話をかけてきたのだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ザ・コール 緊急通報指令室」は、911緊急通報指令室のオペレーターが、声だけを頼りに少女を救出しようと奮闘する姿を描いたサスペンススリラーです。L.A.の“911緊急通報指令室”のベテラン・オペレーターであるジョーダン役には、「クラウド アトラス」のハル・ベリー。少女を誘拐したシリアル・キラー役には、「ディヴァイド」のマイケル・エクランド。シリアル・キラーに誘拐された少女ケイシー役には、「ニューイヤーズ・イブ」のアビゲイル・ブレスリン。監督は、「リセット」のブラッド・アンダーソン。

 私事ですが、以前派遣社員として某プロバイダーでオペレーターとして働いていた時期がありました。そこでは、インターネットが繋がらない際の技術的なサポートをしてたのですが、簡単なことでも電話ゆえに上手くいかない歯がゆさを感じたものです。だから、その辺がどんな風に表現されているか、とても興味を持ったのです。

 結論からいうと、現場から離れた状態でサポートしなかればならないオペレーターという職業の難しさと、それゆえに感じるストレスと闘わなければならない姿が見事に表現されていました。しかも、私と違い911のオペレーターですから、精神的プレッシャーも半端ありません。主演のハル・ベリーと監督のブラッド・アンダーソンは、良い仕事をしてくれました。

 だからこそ、終盤の展開はかなり残念でした。何で主人公のジョーダンが直接犯人の元へ向うのか、私にはその必然性が理解出来なかったのです。出来れば、ずっと電話で対応して欲しかった。その方が、より緊張感を持って作品を観ることが出来たと思うのですが…。

 このように「ザ・コール 緊急通報指令室」は、最後の展開にもう一工夫欲しい作品となっております。但し、中盤までの緊張感は中々なので、観ておいて損はしない作品ですよ。では、本日はこの辺で |////|´Д`)ノ|////|ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ドーン・オブ・ザ・デッド : 元祖、走るゾンビ2013年10月14日 16:59

ドーン・オブ・ザ・デッド
 走るゾンビ、ある意味トレンドですよねぇ。本日紹介する作品は、そんなトレンドを作り出したこちらになります。
【題名】
ドーン・オブ・ザ・デッド

【製作年】
2004年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 看護婦のアナ(サラ・ポーリー)は、愛する夫ルイス(ジャスティン・ルイス)と幸せに暮らしていた。しかしある朝、隣家のヴィヴィアン(ハンナ・ロックナー)が人間離れしたスピードでルイスに襲いかかる。彼は息絶えたあと、すぐに復活してアナに突進。屋外に逃げた彼女は、人と人が殺し合う恐ろしい光景を目にした。地獄と化した町を抜け、アナは4人の生存者と出会う。警察官のケネス(ヴィング・レイムス)、麻薬の売人アンドレ(メキー・ファイファー)とロシア人で妊娠中のルダ(インナ・コロブキナ)のカップル、電化製品の販売員だったマイケル(ジェイク・ウェバー)。彼らは無人となったショッピングモールへ逃げ込む。だがそこには先客がおり、CJ(マイケル・ケリー)、テリー(ケヴィン・ゼガーズ)、イーボム(バート)の3人組は、モール内を支配しようとする。真相は依然つかめないままだが、ウィルスが原因であり、感染者に噛まれた人間は躊躇なく頭を撃ち抜くしか術はなかった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ドーン・オブ・ザ・デッド」は、ジョージ・A・ロメロの不朽の名作「ゾンビ 」をリメイクしたパニック・ホラーです。看護婦のアナ役には、「スプライス」のサラ・ポーリー。警察官のケネス役には、「ピラニア 3D 」のヴィング・レイムス。電化製品の販売員だったマイケル役には、「レオポルド・ブルームへの手紙」のジェイク・ウェバー。監督は、「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。

 ザック・スナイダーといえば、「映画はビジュアルである」という信念を持った映画監督。本ブログでも彼の作品を何本か紹介していますが、どの作品も映像のインパクトは絶大でした。本作は、そんなザック・スナイダーの長編映画デビュー作で、私が唯一彼の監督作品で観ていなかった作品。そんな本作は、結論からいうとサイコーにスリリングなゾンビ映画となっていました。

 とにかく、”走るゾンビ”がめっちゃ怖かったですね。足の遅い私には、絶望的ですらあります。それでいて、一番怖いのは人間かもと思わせる描写も多々あり、単なるゾンビ映画ではない懐の深さを感じさせました。日本でもゾンビっぽい映画は何本か作られましたが、全くもって本作の足元にも及びません。まあ、真面目に作ってないからでしょうが Σo(´A`o●)ハゥッ 。

 また、緊張感を良い意味で和らげてくれたのが、主人公たちの立て篭もるモールの向いにいた「アンディ・ディアヘッド銃砲店」の店主であるアンディの存在。若干、趣味が悪いともいえるが、素晴らしい射撃技で有名人に似たゾンビを撃ちぬいたりして和ませてもらいました。

 あらすじもなかなかで、.単なるB級ゾンビ映画とは一線を画しています。生き残った人間同士の駆け引き、愛するが故の執着、そして以外だったラスト。様々な意味で楽しませてもらえる作品でしたね。

 このように「ドーン・オブ・ザ・デッド」は、”走るゾンビ”の怖さ、人間の怖さ、そして人間の献身的精神、というように様々な視点で楽しめる作品となっております。また、ザック・スナイダーの原点ともいえる作品でもあるので、未見のファンの方がいたら観ておくことをお勧めします。では、本日はこの辺で メモメモ_〆(´Д`●)ペタッ(○≧ω≦)ノ【バイバイ】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

クロユリ団地 : 久々に怖いJホラー2013年10月12日 10:12

 国会議事堂内の売店スペースに、何と牛丼チェーンの「吉野家」がオープンしたとのこと。しかも、国会限定メニューとして「牛重」なるものがラインナップされています。和牛の肩ロースを使ったメニューで、価格は1,200円。食べてはみたいが、あの人たちの金銭感覚はとイヤミの一つもいいたくなるような、複雑な気持ちにさせてくれますね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
クロユリ団地

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 クロユリ団地に引っ越してきた明日香(前田敦子)。老朽化の進むこの団地で、13年前から謎の死が相次いでいることを彼女は知らなかった。明日香は引っ越したその夜から、隣りの部屋からの不気味な音に悩まされ続ける。ある日、目覚ましの音が鳴り続いているのを不審に思った彼女が隣室を訪ねると、老人が独りきりで死んでいるのを見つける。明日香は老人の死を防げなかった自責の念と、その日から次々と彼女を襲う恐ろしい出来事に神経をすり減らす。老人が何か伝えようとしているのではないかと考えた明日香は、隣室の遺品整理に来た特殊清掃員の笹原(成宮寛貴)の力を借りて手がかりを探そうとするが……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「クロユリ団地」は、「リング」シリーズで”Jホラー”ブームの先駆者となった中田秀夫監督が、6年ぶりにホラーに挑戦した作品です。クロユリ団地に引っ越してきた二宮明日香役には、「苦役列車」の前田敦子。遺品整理の会社で働く笹原忍役には、「のぼうの城」の成宮寛貴。

 久々に怖いと感じた”Jホラー”でした。流石は、中田秀夫監督といったところでしょうか。他の”Jホラー”を撮った監督とは格が違います。「リング」シリーズほどの映像的派手さはないものの、静かに忍び寄る恐怖感を感じました。そう、”トントン”とね。

 主演の前田敦子も、なかなか良かったですね。女優としての彼女を初めて映像で観ましたが、少し影のある女性を上手く演じていました。でも、本作のMVPはミノルを演じた田中奏生くんではないでしょうか。子供らしい可愛らしさの中に内包された不気味さを、見事に表現していましたね。彼の演技なしには、本作の成功はありえなかったでしょう。

 あらすじも、ホラーとは思えぬ凝ったものでした。単なる少年の怨念物語にしていないところが、製作側のセンスの良さを感じずにはいれません。しかも、伏線が丁寧に張られているので、変な強引さもNothing。この辺は、キレッキレでしたよ、マジで。

 でも、本作を観る前に、予習の意味を込めて観ておいて欲しい作品があります。それは、「クロユリ団地~序章~」です。本作を観ることで、ミノルの怨念が何故それほどまでに強いのか、よく理解できる筈です。勿論、「クロユリ団地~序章~」を観ていなくても、本作は十分に楽しめるつくりになっているのでご心配なく。

 このように「クロユリ団地」は、久々に怖いと感じる”Jホラー”でした。シリーズ化されるようなので、次回作は是非映画館で観たいと思っております。では、本日はこの辺で (*ノω`)ノ・.。*゚+。・.。*βyё☆βyё*。.・゚+。*。.・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品