Google
WWW を検索 ブログ内検索

天空の蜂 : スタッフ・キャストの思いが感じられる作品2015年09月14日 20:23

天空の蜂
 今年は、例年と違い秋らしい9月となっております。8月には考えられなかった仕事終わりの映画館通い、良い季節となりました。では、そんな涼やかな日に観た作品はこちらになります。
【題名】
天空の蜂

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1995年8月8日、全長34メートル・総重量25トンを誇る自衛隊用超巨大ヘリ『ビッグB』が遠隔操縦によりハイジャックされ、原子力発電所『新陽』の上空で静止。『天空の蜂』を名乗る犯人は全ての原発の破棄を要求、さもなくば爆発物を大量に積んだヘリを『新陽』に墜落させると訴える。ヘリの燃料が尽きるまではわずか8時間。『ビッグB』の機内には子供が取り残されており、その父で『ビッグB』開発に携わったヘリ設計士・湯原(江口洋介)と原子力発電所設計士・三島(本木雅弘)は子供の救出と日本が消滅しかねないこの恐るべき危機を打開するために奔走する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「天空の蜂」は、東野圭吾が95年に発表し、ロングセラーとなっている同名小説を映画化した作品です。全長34メートル・総重量25トンを誇る自衛隊用超巨大ヘリ『ビッグB』の開発者である湯原役には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の江口洋介。原子力発電所設計士の三島役には、「おくりびと」の本木雅弘。本事件の実行犯である雑賀役には、「ルパン三世」の綾野剛。監督は、「トリック劇場版 ラストステージ」の堤幸彦。

 原発マネー、恐ろしいですよね。福島第一原発の放射能流出が未だにコントロールできない中で、原発が再稼働され始めました。私は、共産党が唱えている「即停止」には反対です。新規の原発は造らず、原発が生む雇用も考えながら、緩やかになくしていくべきと考えております。でも、そんなことは原発マネーに群がるクソ共が許さないでしょうね。ちなみに本作は、エネルギーの多様化・二酸化炭素排出量の削減といった耳障りの良い言葉を並べ原発政策を推し進めるクソ共を批判するだけでなく、無責任な原発反対派や多くの無関心な国民に対して強烈な批判を込めた作品となっておりました。でも、本作が凄いのは、こういった重いテーマを描きながらも極上のエンターテイメントとして仕上げているところなのです。

 とにかく、あらすじが逸品でした。最初のクライマックスといえる少年の救出シーンで観客の涙を誘い、終盤の大どんでん返しで観客をびっくりさせる、原作の素材の良さだけでなく脚本の楠野一郎氏の力量の高さを感じさせるものでした。映画で一番重要なのは脚本である、このことを改めて認識させられました。

 演出も、ぴか一でした。作品全体を支配する、ピーンと張り詰めた緊張感。これは、終始徹底されていました。また、肝心のアクションシーンもハリウッド作品のような派手さはないものの、リアリティーを感じさせると同時に観る者を熱くさせる素晴らしいデキでした。もう、キレッキレですよ、堤幸彦監督。

 そして、演者の演技も素晴らしかった。W主演といってよい江口洋介と本木雅弘、迫真の演技だったなぁ。他の方も、皆さん上手い方ばかりで、日本映画には珍しい完璧な人選といえる陣容でした。ぶっちゃけ、東出昌大みたいな棒読み太郎くんがいれば、作品自体が台無しになっちゃいますからね。でも、個人的にびっくりしたのは仲間由紀恵の断髪シーン。この映画が、特別な作品であると鈍感な私でも理解できるものでした。

 このように「天空の蜂」は、スタッフ・キャストが完璧な仕事をしたサスペンス・アクションの逸品となっております。作品の扱うテーマといい、スタッフ・キャストの熱い思いを感じられたのは私だけではないと思います。では、本日はこの辺で ほな(´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

テッド2 : オッサンになったテディベア物語 22015年09月04日 14:37

テッド2
 昨夜(9/3)の広島カープ対阪神の試合、何というへなちょこ采配でしょう。藤波対策ということで、新井・エルドレットをベンチに下げるとは、緒方のくそボケは一体何を考えているのでしょうか。こんなおバカ監督には、ジョンとテッドの名コンビに、ぼろくそにこき下ろしてもらいましょう。
【題名】
テッド2

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 冴えない中年男ジョン(マーク・ウォールバーグ)と恋人の結婚から数年。中年テディベアのテッドと親友のジョンは、ボストンで相変わらず平凡な毎日を送っていた。しかし、ひとつだけ大きな変化があった。テッドがバイト先のスーパーで知り合ったタミ・リンと結婚していたのだ。お互いスーパーのバイト勤務のため貧しい生活を送るテッド夫妻は、ある日些細なことで大ゲンカとなり、早くも新婚生活は暗礁に乗り上げる。テッドは危機を乗り越えるために、子供を持ち、父親になることを決断する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「テッド2」は、R指定のコメディ映画としては歴代No.1のヒットとなった痛快作の続編となる作品です。主要キャストやスタッフは前作から引き継いでいるよ。本作からの登場する主な登場人物は、本作のヒロインでテッドの人権訴訟を共に闘うことになる若くて美人の新米弁護士サマンサ役に「レ・ミゼラブル」のアマンダ・セイフライド。

 個人的には、ここ数年で一番笑えたコメディー映画である前作。テディベアに魂が宿りオッサンに成長する、これ以上ないオリジナリティーに溢れたお下劣な下ネタ満載の素晴らしく笑える作品でした。そこからの本作なのですが、前作のお下劣な下ネタ満載の笑いはそのままに、現代の米国における格差社会・人種差別といった作風に合わない崇高なテーマも盛り込んだ素晴らしい作品となっておりました。

 先ずは、笑いの方から。基本的なネタは前作と変わらないのですが、大幅にパワーアップしておりました、それもお下劣な方向へ。そんな感じだから、人によっては観てられないかもしれないところはあります。でもねぇ、個人的にはどツボでした。まあ、そこはテディベアが主人公ですから、何とかなるのではないかな。

 次は、格差社会や人種差別に対する問題提起。テッド夫妻の職業は、共にスーパーのレジ打ち。妻の数万円の出費で大喧嘩する位、生活は楽ではないわけ。そればかりか、テッドは州政府から、人間ではなく“モノ”であると通達されるんですよ。これって、かっての黒人奴隷と同じ扱い。でも、本作の凄いところは、これらさえも笑いへと昇華させているところ。こんなセンスは、日本の映画人にはありえない。セス・マクファーレン、神レベルの仕事ぶりでした。

 このように「テッド2」は、前作をはるかに凌ぐR指定のコメディ映画の傑作となっております。特に、リーアム・ニーソンの使い方なんて、痺れまくりでしたよ。では、本日はこの辺で ヾ(●・ω・●)ノBeyBeyナノラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

チャッピー : これぞ、ブロムカンプ・ワールド2015年05月28日 17:45

チャッピー
 広島カープ、なかなか波に乗れないですね。原因は中継ぎ・抑えというのは、素人の私にでも理解できます。この際、好投してる割に勝ち星に恵まれない大瀬良君に抑えをやってもらうのはどうなのかな。手遅れになる前に、首脳陣の決断を信じるのみです。では、本日紹介する作品はこちらになりんす。
【題名】
チャッピー

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2016年.犯罪多発都市、南アフリカ・ヨハネスブルグ。ロボット開発者のディオン(デーヴ・パテル)は、学習機能を備えたAI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットを極秘で製作。“チャッピー”と名付けられたそのロボットを起動させると、まるで子供のように純粋な状態であった。だが、チャッピーはディオンとともにストリートギャングにさらわれ、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「チャッピー」は、「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督が、自身の出身地である南アフリカのヨハネスブルグを舞台に描くSFアクションです。AI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットであるチャッピーをモーションキャプチャーで演じたのは、「エウロパ」のシャルト・コプリー。チャッピーの生みの親であるエンジニアのディオン・ウィルソン役には、「チェリーについて」のデブ・パテル。ディオンのライバルでもあるエンジニアのヴィンセント・ムーア役には、「ウルヴァリン:SAMURAI」のヒュー・ジャックマン。チャッピーの育ての親となるギャングのニンジャ役には、ラップレイヴグループのディー・アントワードでリード・ラッパーを担当するニンジャ。同じくチャッピーの育ての親であるヨーランディ役には、ディー・アントワードの、サイド・ラッパーを担当するヨーランディ・ヴィザー。

 ニール・ブロムカンプといえば、他の映画人とちょっと違った切り口を持った方だと思っております。コンピューターやロボットのAI物は昔から多くの作品で描かれていたけど、AIに対しては否定的な作品が大半を占めていると思います。しかし、本作はちょっと違うんですよね。どちらかといえば、人間が性悪説でAIは性善説のような描かれ方でした。しかも、AIをインストールされたロボットは、まさかの赤ちゃん始まり。これだと、観ている方はチャッピーに愛着わきますよね。この辺も上手いと思わされました。流石のニール・ブロムカンプといったところでしょうか。

 SF作品に重要な映像も中々でした。あらすじの都合上、アクションシーンは決して多くはないのですが、手抜きのない迫力あるものに仕上がっていました。そして、何といっても良かったのが、意外な結末となったあらすじ。伏線も分かりやすく張ってあるので驚愕というほどではありませんが、観る者に様々なことを考えさせる結末でした。

 但し、肝心なところでツッコミどころがあったのも事実。それは、チャッピーを始めとするロボット警官隊を開発した武器製造会社のエンジニア・デオンのセキュリティー。ディオン・ウィルソンが簡単にキーを持ち出せるなんて、どうかしてるよな。それが原因でロボット警官隊が全てダウンするわけだし。普通は、二重三重にセキュリティーを確保しているはずですけどね。

 このように「チャッピー」は、ニール・ブロムカンプの鋭い着眼点が光るSFアクションの秀作です。オチもユニークだし映像も中々の作品なので、映画館で観ても損はないと思いますよ。では、本日はこの辺で マタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら : 残酷だけど笑えます。2015年02月13日 14:48

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
 今日は、珍しく午前中で業務終了。こんな日は映画館へ足を運びたいところですが、何故か興味をそそる作品がありません。こんな日には、久々にレビューでもUPするかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

【製作年】
2010年

【製作国】
カナダ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 休暇を過ごそうと森へやってきた親友同士のタッカーとデイルが同じ時にキャンプに来た大学生グループに、山に暮らす殺人鬼だと勘違いされたことからとんでもない事件に巻き込まれていく。殺人は起こっていないのに、次々と死人が出て行く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」は、気のいいタッカーとデイルがキャンプ中の若者たちに凶悪な殺人鬼と勘違いされたことから巻き起こる騒動を描いたスプラッター・コメディーです。キモくて怖い風貌だが心が優しいタッカー役には、「猿の惑星 創世記」のタイラー・ラビン。同じくダサくて恐ろしい風貌だが心優しいデイル役には、「アナと雪の女王」のアラン・テュディック。大学生グループのリーダー格であるチャド役には、「ヴァイキングダム」のジェシー・モス。本作のヒロインでタッカーとデイルを親切な男たちだと理解しているアリソン役には、「ピラニア リターンズ」のカトリーナ・ボウデン。監督は、イーライ・クレイグ。

 人を見た目で判断してはいけない、幼い頃から両親や担任の先生といった方から教わったものです。でもねぇ、第一印象は大切です。無論、第一印象と大きく異なる人も大勢います。本作は、そういった事を、きっちりと教えてくれる教育的な映画となっております。

 つまり、本作の見所はタッカー&デイルと敵役のチャドとの見事な対比にあります。この対比は単に教育的なだけでなく、笑いの元にもなっているのです。どうみても普通に凶悪な不審者のタッカー&デイル、優等生であり仲間思いのリーダー的存在のチャド、それが真逆なわけですからね。しかも、その設定が徹底されているのもGoodなのです。笑えないわけないでしょう。

 あらすじ的にも、徹底して笑える作りになっております。チャドたちは徹底してタッカー&デイルを誤解し、タッカーと&デイルは徹底して優しく接しようとします。にもかかわらず誤解が誤解を生み、凄惨なシーンの連続となるのです。でも、心配は無用です。確かに映像自体はグロイのですが、チャドの仲間たちはテンポよく逝ってくれるので笑いの方が勝っちゃうわけ。このぶれない演出は見事でしたよ。

 このように「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」は、スプラッター・コメディーの秀作といえる作品となっております。笑えるだけでなく、教育的要素の高い作品なので、観て損はしないと思いますよ。では、本日はこの辺で バィバィ━━ヾ(w*'Д`*w)σ・‥…━━━★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

長州ファイブ : 人選は大河ドラマよりGood!2015年01月27日 16:18

長州ファイブ
 年明けから結構忙しく、更新が遅れております。まあ、私の趣味でやっているブログなので許してください。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
長州ファイブ

【製作年】
2006年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 尊王攘夷の気運が高まる1862年12月。品川御殿山に建設中のイギリス公使館の焼き討ちを果たした一党の中には、長州の若き志士である山尾庸三(松田龍平)、志道聞多(北村有起哉)、伊藤俊輔(三浦アキフミ)等がいた。数日後、彼らは佐久間象山(泉谷しげる)の薫陶を受け、イギリスを始めとした西欧列強から日本を守る為にはむしろ「敵」である彼らから多くを学ぶべきであると悟るに至り、イギリスへ渡る事を決意する。海外渡航は幕府により厳固に禁じられていたが、長州藩主・毛利敬親(榎木孝明)から黙認の言質と援助を取りつけ、航海術に長けた野村弥吉(山下徹大)、噂を聞きつけた遠藤謹助(前田倫良)を仲間に加えた五人は密航へ向けて動き出した。前代未聞のこの目的を遂げる為には「“侍”であることすら捨てる」と覚悟を決めて髷を切り落とした五人は、1863年5月、死罪覚悟で帆船チェルスウィック号に乗り込んだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「長州ファイブ」は、海外文化を日本から排除しようとする“尊皇攘夷”の意識が高まる中、異国の文化を学ぶために海を渡った男たちの青春群像劇です。後に“日本工学の父”と呼ばれる山尾庸三役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の松田龍平。後に、”日本の鉄道の父”と呼ばれる野村弥吉(後の井上勝)役には、「真夜中のマーチ」の山下徹大。明治時代に政治家として大成した志道聞多(後の井上馨)役には、「半次郎」の北村有起哉。初代内閣総理大臣となる伊藤俊輔(後の伊藤博文)役には、「感染列島」の三浦アキフミ。後に造幣局で才を発揮することとなる遠藤謹助役には、「津軽百年食堂」の前田倫良。監督・脚本は、「半次郎」の五十嵐匠。

 歴史は勝者が創るわけですから当然といえばそれまでですが、明治維新の英傑たちは必要以上に持ち上げられていると考えております。ぶっちゃけ、彼らのしたことは徳川幕府から権力を簒奪したこと、それ以上でもそれ以下でもない。でも、本作は、そんな私が観ても素直に”良い”と思える作品となっておりました。それは、主人公が伊藤博文や井上馨ではなく、“日本工学の父”と呼ばれる山尾庸三であったからだと思います。

 そう、本作は主人公が意外であっただけでなく、あらすじも意外な作品でした。まあ、今年の大河ドラマの主人公は興味が薄れるほど(ほぼ一般人)の意外性がありましたが。でも、その意外性が、作品のクオリティーを高めているといってよいデキなのです。それもそのはず、主人公の山尾庸三は“日本工学の父”と呼ばれるだけあって、物作りを学んでいくのです。西洋の政治の仕組みを学ぶのと違い、我々のような一般的な人間にとって一番身近であり、国を富ますために一番必要なことを勉強しているわけです。そこで彼が経験するのも人種(日本人)だけでなく障害者や女性への差別であったり、勤勉に働くことにより周囲から信頼を得たり、幸薄い美しい女性との恋物語であったりするわけです。この映画を観て、少しだけ明治維新が身近に感じられるようになりましたよ。

 また、この映画を作るキャストやスタッフの熱い気持ちを感じられる作品でもありました。本作が作られた年代は、日本が一番元気のない頃。こんな時に作られた映画だからこそ、原点回帰をすることで少しでも活気を取り戻そうとする心意気が感じられました。こういうのって、何だかよいですよね。

 このように「長州ファイブ」は、意外な人物が主人公になることで一味違った明治維新の英傑の姿をみれる作品となっております。今の日本人に欠けている貧欲なまでの知識の吸収、このことが現代日本の長期的な低迷の原因だと感じましたよ。では、本日はこの辺で |○ΘДΘ|⊃○o。βyёβyё。o○⊂|ΘωΘ●| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品