Google
WWW を検索 ブログ内検索

エクソダス:神と王 : 映像だけは最高の作品2015年02月03日 14:21

エクソダス:神と王
 ISILによる邦人拉致事件、最悪の結果となってしまいました。しかし、この結果を受けてムスリムの方たちに差別的発言をする方たちがいますが、味噌と糞を一緒にするなんて同じ日本人として情けないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
エクソダス:神と王

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、ラムセス(ジョエル・エドガートン)と共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌン(ベン・キングズレー)から、自分がヘブライ人であることを知らされる。モーゼは、ヘブライ人を鞭打ちにしていたエジプト人を殺害し、国を追放される。やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「エクソダス:神と王」は、旧約聖書の「出エジプト記」に記されたモーゼの奇跡の数々を最新VFXで描いたスペクタクル・アドベンチャーです。ヘブライ人でありながらエジプトの王子のラムセスと兄弟同然に育てられたモーゼ役には、「ダークナイト ライジング」のクリスチャン・ベイル。エジプト王のラムセス役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジョエル・エドガートン。監督は、「悪の法則」のリドリー・スコット。

 モーゼといえば、無宗教の日本人でも知らない人はいないでしょう。ISILのために何かと槍玉にあげられているイスラム教でも、預言者の一人に数えられていますからね。そんな世界に知らない人はいないモーゼの半生を描いた本作、どこか宗教臭いものがあるのかと心配しておりましたが、そんなことは皆無でした。でもねぇ、何だか今一だったんですよね。

 とりあえず、映像は素人の私がどうのこうのいうのがおこがましいくらい素晴しいものでした。3D字幕があったので久々に3Dを劇場で観ましたが、目の近くに重い物をかけても良かったですよ。特に、奥行きを感じさせる3D映像には新鮮さを感じました。流石は、リドリー・スコット監督です。

 あらすじも、テンポ良かったですね。150分という長尺な作品でありながら、観る者に長さを感じさせない工夫が施されていました。次から次へと発生するイベント、やはり歴史的偉人の人生は半端ないですね。

 とはいえ、観終わった後に何らかの違和感を感じたのも事実。というのも、個人的にはイスラエルという国にはいかがわしさしか感じないからです。ISIL指導者の素性に関する問題、核保有疑惑、パレスチナ人に対する非人道的行為、かの国こそ真のならず者国家でしょう。個人的には、こういったことがひかかってしまい素直に楽しめなかったですね。

 このように「エクソダス:神と王」は、圧倒的映像が観る者を飲み込んでいく作品となっております。但し、私と同様の考えをお持ちの方は行かない方が良いと思いますよ。では、本日はこの辺で またね_φ(o゜C_`o)ゞ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

インターステラー : 人類を救うキーは”愛”2014年11月23日 21:42

インターステラー
 年末に向け、よい感じで仕事が忙しくなってきました。がんがん稼いで、よい正月を迎えるぜ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
インターステラー

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「インターステラー」は、滅亡の危機を迎えた人類が新たな星を目指す姿を描いたSFドラマです。元テストパイロットでエンジニアのクーパー役には、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー。クーパーと共に宇宙へ旅立ったクルーの一人ブランド役には、「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイ。クーパーの娘であるマーフ役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステイン。監督は、「ダークナイト ライジング」のクリストファー・ノーラン。

 初めて本作の予告編を観た時から、映画館に行こうと決めておりました。映像のクオリティーは半端無さそうだし、何てたって監督がクリストファー・ノーランですからね、期待しないわけないでしょ。そんなわけですから、ほとんど予備知識なしに行ったものだから、マット・デイモンが端役で登場したのには驚かされましたよ。

 では、肝心の中身はどうかというと、ここまで高い知性を要求する映画は久々でした。元ITエンジニアでありながら、根っからの文系である私には少々敷居が高い内容でもありました。だって、相対性理論や五次元空間なんぞ、私の頭では理解できないばかりか想像すらできないですから。では、楽しめない作品だったのかと聞かれれば、私のような人間でも存分に楽しめる作りにもなっておりました。特に時間の使い方は絶妙で、作品自体に高い緊張感と奥行きの深さを与えていましたね。この辺のセンスは、クリストファー・ノーランは真の天才だと感じさせられました。つまり、賢い人はより楽しめて、そうでない人も十分に楽しめる作品となっていたのでした。

 そして、何よりも良かったのが脚本。SF、親子愛、アクション、スペクタクル、ミステリー、内容が超盛り沢山。なだけでなく、序盤からどう回収するのだろうと思わせる伏線を散りばめておきながら、終盤にきっちりと回収し観る者に感動まで与えているのです。改めて、映画は脚本が一番大切だということを思い知らされました。

 このように「インターステラー」は、SFドラマの逸品といえる作品となっております。そして、クリストファー・ノーランの才能に感嘆させられた作品でもありました。では、本日はこの辺で (∩ω・`。)ノ゜。*○вду вду○*。゜ヾ(・ω∩`。) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ヘラクレス : これぞ、ロック様!2014年10月24日 21:49

ヘラクレス
 どうも、安部改造内閣の大臣たちは脇が甘いようです。SMバーを接待費で計上するなんて、センス悪すぎでしょう。同じ広島県人として、情けない思いです。そんな大臣には、本日紹介する作品の主演であるロック様のピープルズエルボーでも喰らって欲しいものです。
【題名】
ヘラクレス

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 全能の神ゼウスと人間の間に生まれた半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。神さえも恐れる超人的な怪力と人間の心を併せ持つ彼は、強さと優しさに満ち溢れた人物として世に知られていた。だが、自分の子どもの命を奪ったことで罪の意識に押しつぶされそうになった彼は、苦しみ抜いた末、救いを得るために自らに12の試練を課す。多頭の蛇ヒュドラ、不死身のライオン、巨大なイノシシであるエリュマントスなど、襲い掛かる魔物や悪を、圧倒的な力で倒してゆくヘラクレスだったが……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ヘラクレス」は、ギリシア神話の英雄ヘラクレスの活躍を描いたアクション映画です。全能の神ゼウスと人間の間に生まれた半神半人の男ヘラクレス役には、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のドウェイン・ジョンソン。ヘラクレスを精神面で支える預言者のアムピアラオス役には、「ジャックと天空の巨人」のイアン・マクシェーン。優れた戦略家で短剣の名手であるアウトリュコス役には、「リンカーン 秘密の書」のルーファス・シーウェル。ヘラクレスに忠実な寡黙な戦士・テュデウス役には、「パイオニア」のアクセル・ヘニー。弓矢を得意とする女戦士・アタランテ役には、「Chernobyl Diaries」のイングリッド・ボルゾ・ベルダル。ヘラクレスの甥で彼の伝説を広める語り部のイオラオス役には、リース・リッチー。監督は、「ペントハウス」のブレット・ラトナー。

 私のようなアメプロ・ファンとしては、ドウェイン・ジョンソンといえばロック様。泣く子も笑顔になるWWEスーパースターの中でも、ぶっちぎりのスーパースターであります。プロレスは八百長ではないと言い張る方々からは、しょっぱい試合しかできないレスラーかもしれない。でもね、華というかオーラというか、そういったものが半端ないわけ。だからこそ、ピープルズエルボーのようなしみったれた技でも観る者は納得できるんですよ。そして、本作の主人公であるヘラクレス、正にロック様のはまり役なのでありました。

 ヘラクレスといえば、半神半人の英雄。しかし、本作では半神半人に?マークが付けられている。また、あらすじも12の功業を中心としたものかと想像していたのですが、全く違うものでした。でもねぇ、だからこそ想像以上に楽しめる映画になっていたんですけどね。

 そう、本作の一番の売りは、新たなヘラクレス像を観客に見せたことに尽きます。本作においても、ヘラクレスは確かに強い。でも、強いのはヘラクレスだけではなく、彼と共に闘う仲間たちも甲乙つけがたいくらい強いのです。また、邪悪な戦士・レーソスと闘うことになるのですが、決め手になったのはお金。要は、コテュス王の傭兵になっただけなのです。その後、敵味方が入れ替わるなどしてヘラクレス一行は窮地に立たされるのですが、そこからが伝説の始まりとなるわけです。まあ、これ以上はネタバレになるので控えておきましょう。

 勿論、この手の作品に重要な映像も文句なしのデキ。それは、VFXを駆使した迫力ある戦闘シーンというだけでなく、ロック様の鋼のように鍛え上げられた肉体も含めてといったところ。流石に、華のある男は違いますよ。

 このように「ヘラクレス」は、ロック様のために製作された、ロック様が一番かっこよく感じる作品となっております。また、意外なところでアムピアラオスのコメディーリリーフぶりもよい味出てましたよ。では、本日はこの辺で .+゚*。:゚+ヽ(●-д ・●)ノ゛βyё βyё.+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

泣く男 : 悲しき男の定め2014年10月18日 15:47

泣く男
 辞任第一号、この栄誉ある称号をどちらが獲得するのでしょうか。小渕経済産業大臣、松島法相、はたまた一発大逆転で他の候補が出てくるのか。まあ、アホらしい話題はこの程度にして、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
泣く男

【製作年】
2014年

【製作国】
韓国

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 幼少の頃、アメリカの砂漠に捨てられ、マフィアによって殺し屋として育てられたゴン(チャン・ドンゴン)は、ある日、任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴンであったが、その罪から逃れようともがけばもがくほど葬り去ったはずの哀しい記憶が蘇ってくる。そんな中、組織から新たな暗殺命令がゴンに下される。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「泣く男」は、心に傷を負った殺し屋が任務に身を投じる姿を描いたクライムアクションです。マフィアによって殺し屋として育てられたゴン役には、「マイウェイ 12, 000キロの真実」のチャン・ドンゴン。韓国のソウルを本拠地に持つ投資会社ベンチュラ社の若き女取締役でゴンの最後のターゲットであるモギョン役には、「恋愛の温度」のキム・ミニ。監督/脚本は、「アジョシ」のイ・ジョンボム。

 憲法9条改正派であり、反原発の私は、左右のバランス感覚がとれた日本人であると自負しております。そんな私でも、韓国の前大統領である李明博の竹島上陸から始まり、現大統領の朴槿恵がしつこく行っている反日外交、このような理不尽かつ失礼極まりない韓国の態度により随分と嫌韓になりました。但し、おバカなネトウヨのように韓国のことを全否定するつもりはありません。良いものは良いわけですから。例えば、日本映画が韓国映画に劣っている点は、脚本ではないかと感じております。この辺は、国策として映画界をバックアップしていることもあるのではないかな。とはいえ、私も随分と嫌韓になったので、韓国映画をほとんど観なくなりましたけどね。でもねぇ、本作だけは観ようと決めていたのです。それは、イ・ジョンボム監督/脚本の「アジョシ」が良い作品であったこと、私が大好きなお笑い芸人の一人である江頭2:50の宣伝ポスターのセンスが余りにも良かったこと、この二つの理由が久々に韓国映画を観る気にさせたのです。
江頭2:50
 にしても、このポスターはサイコー d(⌒ー⌒) グッ!! 。

 で、映画を観た感想なのですが、映画館に行って損はしないレベルの作品ではありました。「アジョシ」ほどのインパクトはなかったのですが、悲しい定めを背負った殺し屋ゴンを日本人にも理解できるように描けていましたね。そして、あの衝撃のラスト、ある意味韓国映画の王道といえるものなのですが、少しだけ目頭が熱くなりましたよ。この辺は、イ・ジョンボムの脚本家としての才能を感じずにはいれないですね。

 但し、今一つ納得ができないのが、本作における登場人物の人間関係。主人公のゴン、投資会社で悪事を働くジョン・リー、ゴンを追ってやって来た殺し屋のチャオズ、彼らを操っているのは中国人。殺し合っているのは韓国人同士で、中国人は超上から目線で指示を出すだけ。まるで、現代の韓国のようですね。有史以来、独立国としての歴史がほとんどない韓国では、中国は絶対的な存在なのでしょうか。イ・ジョンボムがどのような考えでこの脚本を書き上げたのか知る由もありませんが、反日教育に熱心になる前にやらなければならないことがあるのではあるのではないでしょうか。まあ、彼らには無理かもしれませんが…。

 このように「泣く男」は、映画館で観ても決して損はしないクライムアクションの秀作です。それと、何気に意味深な登場人物の人間関係は、深いメッセージ性があるように感じるのは私だけではないのでは。では、本日はこの辺で 【゚.+゚*☆βуё βуё☆*゚+.゚ 】ョωu*)ノ゙ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ノア 約束の舟 : 原理主義でない方は是非!2014年06月14日 09:13

ノア 約束の舟
 サッカー・ワールドカップ、始まりました。どちらかといえば野球好きの私ですが、サッカー・ワールドカップの方がWBCより熱くなるのは何なのでしょう。ネイマールが生きた伝説になるかもしれない試合を観て、他国のことながら少しだけテンション上がっちゃいます。では、本日紹介する作品は有名な伝説であるこちらになります。
【題名】
ノア 約束の舟

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ある夜、眠っていたノア(ラッセル・クロウ)は恐ろしい光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、地上からすべてを消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ることを知ったノアは、妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)と3人の息子である長男セム(ダグラス・ブース)、次男ハム(ローガン・ラーマン)、三男ヤフェト(レオ・キャロル)、そして養女イラ(エマ・ワトソン)とともに、罪のない動物たちを守るための箱舟を造り始める。やがて、ノアの父を殺した宿敵トバル・カイン(レイ・ウィンストン)がノアの計画を知り、舟を奪いに来る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ノア 約束の舟」は、旧約聖書に記され、実際に起きたか否かについて審議される“ノアの箱舟”伝説を映画化した歴史スペクタクルです。家族とともに罪のない動物たちを救うため巨大な箱舟を作り始めたノア役には、「レ・ミゼラブル」のラッセル・クロウ。ノアの妻であるナーマ役には、「僕が結婚を決めたワケ」のジェニファー・コネリー。ノアが旅の途中で助けたイラ役には、「ブリングリング」のエマ・ワトソン。ノアの祖父であるメトシュラ役には、「ヒッチコック」のアンソニー・ホプキンス。ノアの父を殺した宿敵トバル・カイン役には、「ロンドン・ヒート」のレイ・ウィンストン。監督は、「ブラック・スワン」ダーレン・アロノフスキー。

 洪水伝説、世界中に存在しています。その中で、最も有名なのが旧約聖書に記された“ノアの箱舟”伝説。近年、考古学的発見の数々により、旧約聖書に記述されていることが事実であったことが証明されています。無論、記述されている全てが事実であるとは考えられませんが、個人的には“ノアの箱舟”伝説は事実を基にしたものではないかと考えております。こんな風に考えると、ロマンがありますよねぇ。だからこそ、本作のような映画が作られるのだと思いますよ。

 それで、本作を観て最初に感じたことが、日本との宗教感の違い。厳しいんですよねぇ、あちらの宗教は。許しを請うものに対して、平然と裁きを与えますから。日本のように寛容さがないわけですよ、全く。でもね、そんなノアがクライマックスで下す決断に、涙することになるんですけどね。

 何といっても、あらすじが逸品でした。人間の欲望から生まれる罪、それが全ての登場人物に当てはまってくるのです。この辺は、ちょっとしたミステリー映画を思わせるものでした。富を得たいとする欲望、性欲を満たしたいという欲望、自分の思うままにしたという欲望、家族を守りたいと思う欲望、自分が生きたいと思う欲望、全ての人間が持っている欲望です。それは、主人公のノアも同様。ちなみに、ノアが持っている欲望は、個人的には神の啓示を忠実に実行したいという欲望だと感じました。だからこそ、トバル・カインが死に間際にハムに語る台詞にも重みが感じられるわけです。まるで、トバル・カインがハムの父親のように感じられました。そして、神の厳しさだけでなく、神の赦しも感じられるラストは何とも良かったなぁ。このラスト、原理主義の方たちには理解できるのでしょうか。現在の国際情勢を見る限り、不可能なように感じるのですが…。

 映像も、Goodだったなぁ。もう、この辺は、ハリウッドの独壇場といってよいかもしれませんが。しかしながら、本作のような重い題材を扱っている作品の映像を説得力あるモノに仕上げるのは、並大抵のことではないと思いますよ。

 このように「ノア 約束の舟」は、終盤近くまでは宗教観の違いで若干引き気味になる作品ですが、ラストは原理主義以外の方には納得できる素晴らしい作品となっております。本作のような作品こそ、学校の課外授業で観るべき映画だと思いますよ。では、本日はこの辺で (●´∀`)ノ・.。*βyёβyё゚,。 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品