Google
WWW を検索 ブログ内検索

駆込み女と駆出し男 : あらすじまで駆け込み2015年05月30日 21:37

駆込み女と駆出し男
 口永良部島の火山噴火、凄かったですねぇ。そして、BSでサンフレッチェの試合観ていたら、小笠原諸島西方沖でM8.5の地震。南海トラフに備えて、防災グッズなどでも用意しておかないといけないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
駆込み女と駆出し男

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案にした人情時代劇です。東慶寺の御用宿である柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・中村信次郎役には、「トワイライト ささらさや」の大泉洋。駆込み女の一人である鉄練りじょご役には、「DOG×POLICE 純白の絆」の戸田恵梨香。駆込み女の一人であるお吟役には、「一命」の満島ひかり。駆込み女の一人である戸賀崎ゆう役には、「恐竜を掘ろう」の内山理名。東慶寺の院代である法秀尼役には、「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の陽月華。柏屋の主人・源兵衛役には、「ツナグ」の樹木希林。監督/脚本は、「わが母の記」の原田眞人。

 笑えて泣ける映画、良いですよねぇ。お涙頂戴映画と違って、押し付けがましさを感じないわけです。本作を観て泣けたわけではありませんが、清々しい気持ちにさせてもらったのは確かです。

 とにかく、映画全体のイキフンが良かったですよ。物語の中心になるのは、デキの悪い旦那から東慶寺に逃げてきた女性たち。そこにいる女性たちは皆、辛い過去を経験したものばかり。しかし、本作がフォーカスしているのは、女性たちの過去ではなく現在なわけ。つまり、東慶寺に駆け込んだ時点で辛い過去がリセットされ、新しい女性に生まれ変わっているんですよね。こんなところが、清々しい気持ちにさせてくれるんでしょうねぇ。

 演者の好演も光っている作品でした。特に、主演の大泉洋。あの「男はつらいよ」で映画ファンを唸らせた渥美清独特の”一人語り”にも劣らない素晴しいものでした。惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、意外に良かったのが、東慶寺の院代である法秀尼を演じた陽月華。生まれのよさから来る気品、修行によって培われた凄み、余りにも俗世間から離れた生き方をしてきたことによる滑稽さ(可愛らしさ)、完璧に演じていましたね。とにかく、この二人を始め、皆さん素晴しい演技でした。

 しかし、残念なのがあらすじ。東慶寺を取り潰そうと南町奉行の鳥居耀蔵がスパイまで送り込むのですが、余りにも駆け込み過ぎ。これには、呆気に取られましたよ。江戸っ子だから、ちょっちょいのちょいというわけにはいかんでしょう、全く。

 このように「駆込み女と駆出し男」は、笑って清々しい気持ちになれる人情時代劇の秀作です。決して派手さはありませんが、映画らしい特別な映像も味わえる一本ですよ。では、本日はこの辺で またねぇ(・ω・)ノ▽ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

脳内ポイズンベリー : 心の痛みが人を成長させる…。2015年05月16日 21:22

脳内ポイズンベリー
 明日は、いよいよ大阪都構想の住民投票ですね。広島市民の私には直接関係ないことですが、その後の野党再編などに大きく影響しそうなので気になります。それにしても自民党から共産党までの呉越同舟は、外野から見ている私にとっては胡散臭さいばかりです。個人的には、公務員の総数を削減できるであろう都構想は大いに賛成。というか、最大のメリットはそこだと思うのですが。改革とは必然的に痛みを伴うものですからね。ちなみに、本日紹介する作品は、人間の成長にも痛みが必要だと教えてくれたこちらになります。
【題名】
脳内ポイズンベリー

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女(古川雄輝)を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智(成河)が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「脳内ポイズンベリー」は、水城せとなの少女コミックを映画化したラブコメディです。何となく小説を書いている30歳の櫻井いちこ役には、「そして父になる」の真木よう子。いちこの脳内議会で議長を務める理性担当の吉田役には、「ストロベリーナイト」の西島秀俊。脳内議会でポジティブ担当の石橋には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の神木隆之介。脳内会議でネガティブ担当の池田役には、「六月燈の三姉妹」の吉田羊。脳内会議で衝動担当のハトコ役には、「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」の桜田ひより。脳内会議で記憶担当の岸さん役には、「清須会議」の浅野和之。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

 何故、本作を観に映画館へ行ったのか。それは、観たい映画(ワイルド・スピード SKY MISSION)の上映時間がどうしても合わなかったから。つまり、期待値ゼロで観に行ったわけ。でも、最高に素敵な映画でした。

 とにかく、脳内で会議を開くというアイデアがバツグンでした。主人公の櫻井いちこの脳内には、理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶、といった5人があれやこれやと会議をしている。この様子が笑わせるだけでなく、自分だって悩んでる時はあんなだよねと妙に納得できるわけ。これは何気に凄いことだと思いますよ。櫻井いちこの同年代の女性だけでなく、おっさんの私まで納得できるわけですから。つまり、何らかの悩み事を経験した方なら、ことごとく櫻井いちこの脳内での葛藤に共感できるのではないでしょうか。

 でも、本作が良かったのは、それだけではありません。とにかく、あらすじが逸品。笑わせながら、昔の自分を思い出させながら、テンポのよい展開で観る者を作品の中に引き込んでいくわけ。そして、最後のオチなんか意外性があるだけでなく、本作が単なるラブコメディではないと思わせる素晴しいものでした。

 また、演者の皆さんも素晴しい演技でした。先ずは、いちこの脳内で対局の意見を持つ石橋役の神木隆之介、池田役の吉田羊、二人の振り切れた演技は良かったですよぉ。というのも、脳内会議の中心になるのはポジティブ石橋とネガティブ池田の対立ですからね。プロフェッショナルですねぇ。そして、二人よりも良かったのが主人公の櫻井いちこを演じた真木よう子。圧倒的な肉体的ポテンシャルを誇る真木よう子からすれば、いちこは真逆のキャラクター。でも、とても可愛く見えるんですよ。真木よう子も演技の幅が広い女優さんですね。

 このように「脳内ポイズンベリー」は、性別・年代を問わず楽しめるラブコメディの逸品となっております。出来れば、脳内会議男版なんぞも観てみたいものですね。では、本日はこの辺で (><*)ノ~~~~~サヨナラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ジュピター : 木星へ行くのは危険だということ2015年03月30日 22:22

ジュピター
 久々の更新です。仕事が忙しかったり、愛犬に不慮の事故があったり、様々なことがありました。ぶっちゃけ、心の整理ができてないところもありますが、前を向いて行くしかないと考えております。では、久々に観た映画はこちらになります。
【題名】
ジュピター

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれながら、現実には毎日ひたすら働いていたジュピター(ミラ・クニス)。ある日、何者かに襲われた彼女は、突然現れた強靭な戦士(チャニング・テイタム)に助けられる。そして、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。戦士はケインと名乗り、遠い星の遺伝子操作によって生まれた、身分は最下級だが戦うためだけに特化した究極の戦士だと言う。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
  この「ジュピター」は、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟監督によるSFアクションです。偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれたジュピター役には、「テッド」のミラ・クニス。ジュピターを守るケインという戦士役には、「第九軍団のワシ」のチャニング・テイタム。

 3D字幕で観たのですが、映像はそれなりに良かったですよ。でもねぇ、どうしても作品の世界に入り込めて楽しめることはなかったわけです。だって、夢見がちな三十路女の恋愛物語なんですもの。これでは、私のようなおっちゃん世代や、現実的な日本の若者には受けるわけないですよ。つまり、映画にとって一番大切なのは脚本であるということ、脚本がクソだと全ての努力が無駄であるということ、そんなことを巨額の制作費をもって我々に学習させてくれた作品であったのでありました。

 確かに、映像にはある程度の満足感がありました。それは、3Dで観たことも大きな要因だと思いましたね。2Dで観ると、映像に対する満足感も全く感じられなかったかも。つまり、映像に斬新さやキレを感じられなかったわけです。確かにSF超大作といった映像でしたけどね、一昔前の。

 そして、何よりも残念だったのがあらすじ。これは、救いようのないレベルで、思いっきりしらけちゃいました。主人公であるジュピターの境遇、このことに共感できる人間が果たしてどれだけいるのか。そして、観てるこちらが恥ずかしくなるようなロマンスの展開。古代宇宙飛行士説に基づいた設定ともども臭いきつ過ぎでしょう、これは。

 このように「ジュピター」は、3Dで観るなら映像だけはそこそこ迫力ある作品となっております。但し、あらすじがクソなので、わざわざ映画館で観る必要はないと思いますよ。では、本日はこの辺で ε≡≡≡ヾ(。ゝω・。)ノ━廾ィナラ━ァ☆彡 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

柘榴坂の仇討 : 武士道の本質を描いた作品2014年09月28日 15:54

柘榴坂の仇討
 兵庫県議会、またまた面白い奴が出てきました。全力疾走じじいとは、やってくれるではありませんか。お笑い大国・大阪のお隣でもあるし、今後とも目が放せないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
柘榴坂の仇討

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老の井伊直弼(中村吉右衛門)が襲撃され殺害される。主君を守り切れなかったことを悔やんでも悔やみきれない彦根藩士・志村金吾(中井貴一)のもとに、仇を討てとの藩命が下る。明治の世になり時代が大きく変わっても武士としての矜持を持ち敵を探し続ける金吾。一方水戸浪士・佐橋十兵衛(阿部寛)は井伊直弼殺害後、俥引きに身をやつし孤独の中に生きていた。そして明治六年二月七日、仇討禁止令が布告される……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「柘榴坂の仇討」は、歴史小説から現代劇まで幅広いジャンルを手掛ける浅田次郎の短編小説を映画化した作品です。大老・井伊直弼の近習であった志村金吾役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の中井貴一。井伊直弼襲撃犯の一人であった佐橋十兵衛(直吉)役には、「テルマエ・ロマエII」の阿部寛。金吾の妻である志村セツ役には、「鍵泥棒のメソッド」の広末涼子。監督は、「沈まぬ太陽」の若松節朗。

 最近の時代劇は、バリエーションが豊かになったものですね。先日紹介した「るろうに剣心」が圧倒的スピードの殺陣で観る者を魅了するのに対し、本作は殺陣はあるものの物語の中心は武士の誇りと妻との愛情を描いたヒューマンドラマといったところ。でもね、この2作品に関しては、根っこの部分では共通するメッセージを含んでいると個人的には思いました。それは、”生きる”ということです。

 「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という有名な一節があります。いわゆる武士としての心得について述べられた「葉隠」という書物の中で述べられた一節です。この一節には、大きく2つの意味が込められていたそうです。先ずは、この一節に書かれている通り、生きるか死ぬかの場合は、必ず死ぬほうを選択するということ。特に戦時中は、こちらの意味のみ重要視されたため、未だにこのように解釈されることが多いと思われます。そして、もう1つの意味は、人間死ぬ気で活路を見出せば自ずと道が開けるといくということ。本作の序盤でも、井伊直弼が同様の事を我々にも理解しやすい言葉で説明してくれています。また、昔の武士は無駄に死ぬことを犬死と言ってましたからね。こちらの方が、現代人の我々にはしっくりときます。この解釈の変化こそ、この2作品を生んだのかもしれないですね。

 で、本作の個人的評価なのですが、何というか、”超おすすめ!!”まで、もう一息の”おしい”作品でした。先ず最高によかったのが、主人公の志村金吾を演じた中井貴一と佐橋十兵衛(直吉)を演じた阿部寛の演技。2人とも人としての幸せを完全に捨て去り、ただ死ぬために生きるという悲しい男を見事に演じていました。でも、この2人より良かったのが、金吾の妻であるセツを演じた広末涼子。セツが不幸なのは、時代が明治に変わったにも関わらず、実質的には意味のない仇討ちにこだわっている金吾のため。これこそ、完全に金吾の我がままなのです。そんな夫を支えるセツは、誰もが同情すると同時に応援したくなる存在でした。

 しかし、残念だったのがあらすじ。全体的には良かったのですが、伏線の張り方と回収が安直すぎるたんですよね。大好きな殿(井伊直弼)が生前に語っていた言葉を聞いていた金吾、愛する妻を犠牲にしている金吾、にも関わらずこだわっていた仇討ちを止めたのが椿の花とは…。凡人の私には想像すらできないが、仇討ちを止めるに納得できる別の何かが欲しかったですね。

 このように「柘榴坂の仇討」は、あらすじに”おしい”部分があるものの、中井貴一、阿部寛、広末涼子の名演が光る作品となっております。になみに、本作一番のお勧めシーンは、金吾と十兵衛の殺陣ではなく、ラストで金吾がセツの手を優しく握るシーンです。では、本日はこの辺で ьчёьчё━━━ヽ(○´Д`○)ノ━━━ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

風俗行ったら人生変わったwww : 純愛ってよいなぁ2014年06月25日 09:04

風俗行ったら人生変わったwww
 サッカー・ワールドカップ、日本代表負けちゃいました。ギリシャを見ていると、勝ち残るという強烈な意思を持っています。日本代表には、その部分がギリシャに比べ劣っていたということでしょうか。ちなみに、本日紹介する作品は、ギリシャ代表にも負けない強い意志を持った主人公の姿を描いたこちらになります。
【題名】
風俗行ったら人生変わったwww

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 何事もチャレンジする前に「自分は・・・無理だ」とあきらめてしまう自己完結型童貞男・遼太郎、29歳。でも自分を変えるために、意を決して初めて風俗に行くが、緊張のあまり過呼吸になってしまう。そこで、純粋で人のために役立ちたい風俗嬢・かよにやさしく介抱されたことで、一目惚れし、初めて恋という感情に気付く遼太郎。人の良いかよにどんどん魅了されていく遼太郎は、なぜ彼女がこの仕事をしているのかに疑問を持ち始める。知れば知るほど、好きになればなる程、自分の中で芽生えた感情は恋ではなかった。多くの男を相手にしているという事実と嫉妬。どうすることも出来ない無力さを痛感するが、次第に遼太郎は男としての決心を行動に表していく…。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「風俗行ったら人生変わったwww」は、巨大掲示板「2ちゃんねる」に投稿されて反響を呼び、書籍されたネット小説を映画化した作品です。29歳の自己完結型童貞男である遼太郎役には、「おしん」の満島真之介。遼太郎が一目惚れした心優しき風俗嬢であるかよ役には、「ぱいかじ南海作戦」の佐々木希。遼太郎がSNSでかよとの恋愛について相談している晋作役には、「ガッチャマン」の松坂桃李。監督・脚本は、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健。

 昔、ドラマや映画で話題となった「電車男」は名作でした。インターネットの掲示板を通し、オタク男の恋愛を応援するスレ住人達。彼らに背中を押され女性に告白する電車男の姿に、何とも感激させられました。サラリーマン時代、IT関連の職業に就いていた時期もあり、電車男のような若者を結構見てきました。その分、より感慨深い作品となったんですよね。

 まあ、電車男の話は置いておいて、本作はどのようなものだったのでしょうか。インターネットの掲示板がSNSという呼び名に代わっていること、SNSを通じ遼太郎を応援していた人たちが実際に手助けしちゃうこと、これらを除けば「電車男」とほぼ一緒なんですよねぇ。しかも、電車男の山田孝之に比べると、本作の満島真之介はキモさが足りないというか無理しちゃってるのが見え見え。まあ、その後の山田孝之の活躍を考えれば、比べるのが可哀相かもしれませんが。あらすじ的にも借金取りからかよを救う流れなんか、盛っちゃってる感が半端なかったんですよねぇ。とにかく、全体的に大袈裟というか現実離れし過ぎ。でもねぇ、何ともいえず感動しちゃったんですよ、おっちゃんは。

 どちらかといえば、イケメンとは180度違う立ち位置の私。そんな私が好きな恋愛映画のタイプは、ブサメンが美女と結ばれる作品。そういった意味では、個人的にどストライクのあらすじ。そして、全体的に大袈裟な演出が、最後の大袈裟とも言える告白シーンを臭くさせないのです。あのシーンは、涙が止まらなかったなぁ。やっぱり、飯塚健監督は良い仕事をしますねぇ。

 このように「風俗行ったら人生変わったwww」は、電車男の正当な後継者といえる恋愛映画の逸品となっております。唯一おしかったのは、満島真之介のキモさが足りないところですが、今後の彼の成長に期待するとしましょう。では、本日はこの辺で |∀`ジャ)ノ゛♪゚+。+゚Вуё Вуё゚+。+゚♪ヾ(ヂャ´∀| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品