Google
WWW を検索 ブログ内検索

龍三と七人の子分たち : あの頃のタケシは、もういない…。2015年05月05日 11:34

龍三と七人の子分たち
 何だかんだと、4月も忙しくしておりました。そのため過労で寝込んだりしちゃって、まるまる一ヶ月更新出来ませんでした。でも、ゴールデンウィークで生気を養い復活しましたよ、マジで。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
龍三と七人の子分たち

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 70歳の高橋龍三(藤竜也)は、元ヤクザの組長だが“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。現在は家族にも相手にされず、社会にも居場所がなく、大企業で働く息子・龍平(勝村政信)の家に肩身の狭い思いで身を寄せながら「義理も人情もありゃしねぇ」と世知辛い世の中を嘆いている。そんなある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、元暴走族の京浜連合と因縁めいた関係になった龍三は「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と、昔の仲間に召集をかける。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「龍三と七人の子分たち」は、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた人間ドラマです。かっては“鬼の龍三”と畏れ慕われたやくざの組長である龍三親分役には、「柘榴坂の仇討」の藤竜也。”若頭のマサ”役には、「TAJOMARU」の近藤正臣。”はばかりのモキチ”役には、「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の中尾彬。監督・脚本は、「アウトレイジ ビヨンド」の北野武。

 結構笑えましたよ、マジで。特に、中尾彬の死体を挟んでのドンパチシーン、タケシらしい毒の効いた笑いでした。でもねぇ、笑い以外は今一の作品でもあったんですよね。これには、大きく二つの理由があると個人的には感じました。

 先ずは、作品全体の盛り上がり感が足りなかった気がするんですよね。特に、小野寺昭演じる”神風のヤス”が京浜連合の自社ビルに”カミカゼ”の敢行を決心したシーン。どんな映像になるのかわくわくしました。それが、あれだもんなぁ~。自分でハードル上げるだけ上げて、その下を潜り抜けただけのようなオチ。あれは、ないですよ。そして、中尾彬の死体を挟んでのドンパチシーンからエンドロールへ向けての盛り下がり感、本当にタケシが脚本書いたのと疑いたくなるレベル。何だかなぁ、もう。

 次は、若者から中年が悪で老人が善みたいな雑な作り。タケシも七十近い年齢だから仕方ないのかもしれないが、この映画を観る年代はもっと若いでしょう。また、実社会においても、現代の老人世代はいかがなものかと思える人が多くなったと感じますけどね。そこを掘り返さないのが日本人の良いところでもあるのですが、本作のようにあからさまに老人が善みたいに描かれてもね。いわゆる一般的日本人の逆の切り口からモノを見て語るのが、タケシが天才だと感じられた一番の理由だと思っていたのですが…。

 このように「龍三と七人の子分たち」は、タケシらしい毒の効いた笑いを感じさせると同時に、鋭かった感性が曇ったことを感じさせる作品となっております。こんなだと、次回作は劇場で観ないかもしれないですね。では、本日はこの辺で ((w(^∇^)w))バイバーイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ラジオの恋 : 広島発ムービー!!2015年03月06日 11:45

ラジオの恋
 今週の火曜日、珍しく映画館に足を運びました。舞台挨拶があるというのも要因の一つですが、一番は広島発の映画だということ。ちなみに、舞台挨拶の写真がこれ。
ラジオの恋舞台挨拶
 主演の横山雄二アナウンサーと、出演はしていないものの同じラジオ番組のパーソナリティーの皆さんです。軽妙なトークは、本編に迫るほど面白かったですよ。では、その作品のレビューをどうぞ。
【題名】
ラジオの恋

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【ロケ地】
広島県広島市

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 「もうラジオなんて誰も期待してないんじゃないか…?」そんな思いに駆られたラジオパーソナリティー、横山雄二。しかし、ある日、「ミミ」と名乗る少女が彼の前に現れる。そして、ラジオの世界に不可思議なことが起こり始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ラジオの恋」は、ラジオの将来に不安を感じるラジオパーソナリティーと、彼の目の前に現われたラジオの女神が繰り広げるファンタジー映画です。広島で長くラジオパーソナリティを勤める横山雄二役には、宮崎が生んだ広島のスーパースターである天才・横山雄二。横山の前に現れたラジオの女神を名乗る謎の少女ミミ役には、広島県呉市在住の中野さくら。監督/脚本は、広島出身の時川英之。

 ラジオって、皆さんはどんな時に聴いていますか。まさか、TVのスポーツ中継のように手を休めてまで聴くことはないですよね。つまり、「ながら聴き」というのが一番多いと思います。そんな私が、仕事をしながら聴いているのが、本作の主演でもある横山雄二さんたちがパーソナリティーを務める「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」。本作の存在を知ったのも、このラジオ番組から。オール広島ロケ、出演者も広島にゆかりのある方ばかり。こりゃあ、広島県人なら観に行かんといけんじゃろう。

 で、肝心の感想ですが、ちょっとだけ笑わせて、ちょっぴり泣かせてくれて、観終わった後にほっこりした気持ちにさせてくれるファンタジー映画となっておりました。とにかく、あらすじが逸品なわけ。目まぐるしく展開が変わり観る者を飽きさせないとか、手に汗握る緊張感が味わえるとか、そういった作品の真逆の立ち位置を貫き通しているところが良かったですね。ラジオのように「ながら観」でも十分に作品の良さが伝わるようになっているんですよ。そこからの最後の展開、泣けましたねぇ。時川英之監督、上手いことやりますよ、全く。

 演者の中では光っていたのは、ラジオの女神を名乗る謎の少女ミミ役の中野さくら。透明感ある美少女というだけでなく、女優としての存在感すらありました。ぶっちゃけ、主演の横山雄二やアンガールズよりも光ってましたよ。恐るべき素人ですな。

 そして、個人的に何とも嬉しかったのが、広島愛を感じさせる風景や音楽。私がサラリーマン時代に休憩中よく一服していた公園、今でもたまに乗っている市電、そして何といっても挿入歌で使われた矢沢永吉の音楽。もう、サイコーやん。

 でも、個人的に(・_・?)だったのも、矢沢永吉なんですよね。エンドロール終了後に矢沢永吉のライブ映像が流れるのですが、ファンでない私でも鳥肌が立つような映像と音楽。映画の余韻をほとんどぶっ飛ばし、ただただ永ちゃんすげぇ~となってしまうのでした。

 このように「ラジオの恋」は、よく練られたあらすじが光るファンタジー映画の秀作となっております。また、広島愛に溢れた映画でもあるので、地元の人は劇場で観ることをお勧めしますよ。では、本日はこの辺で (´∇`)ノω"タマキンブラブラバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

るろうに剣心 伝説の最期編 : ありがとう、剣心!2014年09月14日 19:45

るろうに剣心 伝説の最期編
 広島カープ、今日の負けで奇跡の逆転優勝はなくなりましたね。でも、このリベンジはCSできっちり果たしてほしいものです。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
るろうに剣心 伝説の最期編

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられ“最強”の伝説を残した男・緋村剣心(佐藤健)は、新時代を迎え、神谷薫(武井咲)ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実(藤原竜也)を討つよう依頼される。志々雄は新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に復活、京都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙っていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「るろうに剣心 伝説の最期編」は、週刊少年ジャンプに連載された和月伸宏の同名コミックを佐藤健主演で実写映画化し、大ヒットを記録したアクション作の続編となる2部作の後編となる作品です。かつて“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた男である緋村剣心役には、前作から引き続き佐藤健。シリーズのヒロインである神谷薫役にも、前作から引き続き武井咲。元御庭番衆で剣心を付狙う四乃森青紫役には、「清須会議」の伊勢谷友介。元・新選組三番隊組長で警官の斎藤一役には、「脳男」の江口洋介。都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙う志々雄真実役には、「MONSTERZ モンスターズ」の藤原竜也 。十三代目飛天御剣流継承者で緋村剣心の師匠である比古清十郎役には、「そして父になる」の福山雅治。監督は、前作から引き続き大友啓史。

 本作の感想を一言で言えば、期待値を裏切らない素晴らしい作品だということ。前作でハードルをとてつもなく上げているにも関わらず、ここまで楽しませてくれるとは…、製作陣、演者の皆さんに感謝感謝なのであります スペシャル感謝!!....._〆(・∀・*)ノ 。

 殺陣を中心としたど派手なアクションシーン、これはシリーズ最高傑作といってよいのでは。日本人でなければ撮ることの出来ない殺陣、これを存分に魅せてくれました。この殺陣を観て特に感じた事は、やはり演者が役作りへ真摯に向き合っているところではないでしょうか。下手をすると、クオリティーの高いコスプレになる危険をはらんだ役柄を完璧に消化し、切れ味鋭い殺陣で観る者を魅了するわけですから。佐藤健、藤原竜也、伊勢谷友介、江口洋介、神木隆之介、青木崇高、彼らのプロ根性に感謝ですよ、全く。中でも前作と本作を通じての個人的MVPは、志々雄真実を演じた藤原竜也。狂気の中に隠された悲しき運命を背負う男、説得力のある演技でした。藤原竜也は、また一つ高みに登ったようですね。

 あらすじも、観る者を飽きさせない素晴らしいものでした。特に本作では「自分が生きる」ことが根底に流れており、あらすじ全体に深みを与えるものになっていました。また、そのことが緋村剣心の強さにも繋がっており、あらすじ全体に説得力を与えるものにもなっていました。但し、若干の残念感があったのもあらすじ。それは、瀬田宗次郎以外の十本刀があまりにも雑魚キャラな件です。これでは、十本刀の意味がないような気がします。上映時間が長くなってもよいから、それぞれに見せ場が欲しかったですね。

 このように「るろうに剣心 伝説の最期編」は、ファンの期待を裏切らない剣客エンターテイメントの逸品となっております。但し、前作を観ていないと完全に置いてけぼりになる作品なので、そこだけはご注意を。では、本日はこの辺で (○´ω`)ノ ゚+。:.゚゚ьчё-ьчё.:。+゚ ヽ(´Д`○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ルパン三世 : 俳優の努力をスタッフが無にした作品2014年09月01日 21:09

ルパン三世
 マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、古巣ドルトムントへの復帰が決まりましたね。彼には、日本代表のためにもう一度輝きを取り戻して欲しいものです。ちなみに、本日紹介する作品は、輝きが全く足りなかったこちらになります。
【題名】
ルパン三世

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 世界最強の鉄壁セキュリティに覆われた超巨大要塞型金庫“ナヴァロンの箱舟”。そこには、「その所有者は世界を統べる」といわれる運命の宝物“クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ”が収蔵されていた。神出鬼没で大胆不敵、世界で最も有名な大泥棒、ルパン三世(小栗旬)は、仲間の次元大介(玉山鉄二)、石川五ェ門(綾野剛)ととともにその秘宝強奪を計画。だが、そんな彼らをICPOの銭形幸一警部(浅野忠信)が執拗に追っていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ルパン三世」は、モンキー・パンチ原作の人気アニメを実写映画化した作品です。世界で最も有名な大泥棒ルパン三世役には、「宇宙兄弟」の小栗旬。ルパンの相棒の一人で早撃ち拳銃使いの次元大介役には、「綱引いちゃった!」の玉山鉄二。古の大泥棒石川五右衛門を先祖に持つ剣士である石川五ェ門役には、「闇金ウシジマくん Part2」の綾野剛。ルパン一味の紅一点である峰不二子役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の黒木メイサ。銭形平次の子孫であり、ルパン一味逮捕(主にルパン)を宿願とする銭形幸一(銭形警部)役には、「47RONIN」の浅野忠信。監督は、「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」の北村龍平。

 日本人なら幼いお子様を除いて誰もが知っているキャラクターといってよいルパン三世、このキャラクターを小栗旬がどう演じ、北村龍平監督がどう演出するのか、公開前からとてつもなく期待値の高い作品でした。でもねぇ、とっても残念な作品になっていたんですよね。

 何が残念なのか、それは吹替えが行われていること。配役の多くに外国の俳優陣が使われているので仕方ない部分もありますが、日本人の俳優も外国人と絡む時は吹替えなんですよ。特に、黒木メイサの吹替えはひどく、唇の動きと台詞が合っていないところが散見されました。アジア市場をにらんだ作品だけに難しいかもしれませんが、日本人と日本語をしゃべれる外国人だけで撮って欲しかった。ぶっちゃけ、洋画は必ず字幕で観る私にとって、とんだ罰ゲームのような映画でしたよ、全く。

 あらすじも、たいそうがっかりさせられました。世界最高峰のセキュリティーを誇る“ナヴァロンの箱舟”、このセキュリティーを破るためハッキングに使用したのがUSBメモリ。セキュリティー意識の高い会社ではUSBメモリを使えないのが常識、こんなことも知らないで脚本を書くとは。しかも、最後に大活躍するのが、性別不詳、年齢不詳の眼鏡かけた変な奴ですからね。もう少し真面目に仕事をして欲しいものです。

 映像も、???な点が多かったなぁ。アニメのイキフンを本作にも取り込もうとしているのでしょうが、どうみても消化不良を起こしております。というのも、映像の安っぽい感が半端ないわけです。数十億といわれる制作費は何に使われているのでしょうか、単に演出上の問題なのでしょうか。

 ここまでぼろくそでしたが、俳優陣の役作りはGoodでした。小栗旬が演じるルパン三世、玉山鉄二が演じる次元大介、綾野剛が演じる石川五ェ門、浅野忠信演じる銭形警部、四人とも原作のイメージに近く、彼らのプロ意識の高さを感られました。中でもよかったのが、玉山鉄二。外見的には一番似ていないのですが、何というか雰囲気がベストマッチングなわけ。これこそ、演技力ではないでしょうか。逆に残念だったのが、黒木メイサ演じる峰不二子。演技どうこうではなく、オッパイが小さすぎ。無理に谷間を作っているのが見え見えで、痛々しかったですよ。個人的に峰不二子は、小池栄子がよいような気がしますけど。

 このように「ルパン三世」は、期待してみると腹の立つレベルの作品です。次回作も念頭にあるようですが、スタッフ陣だけは総入れ替えでお願いぢたいものです。では、本日はこの辺で 【○´・ω・`】ノ○o。バィバィ!。o○ヽ【´・ω・`○】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

るろうに剣心 京都大火編 : 前作を凌ぐ傑作映画!!2014年08月06日 11:11

るろうに剣心 京都大火編
 朝日新聞、右翼の方、共に香ばしいですなぁ。慰安婦問題に関しては、肯定も否定もできないですよ。お互い、冷静になるべきだと思いますが。まあ、こんなことは置いておいて、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
るろうに剣心 京都大火編

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられ“最強”の伝説を残した男・緋村剣心(佐藤健)は、新時代を迎え、神谷薫(武井咲)ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実(藤原竜也)を討つよう依頼される。志々雄は新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に復活、京都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙っていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「るろうに剣心 京都大火編」は、週刊少年ジャンプに連載された和月伸宏の同名コミックを佐藤健主演で実写映画化し、大ヒットを記録したアクション作の続編となる2部作の前編となる作品です。かつて“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた男である緋村剣心役には、前作から引き続き佐藤健。シリーズのヒロインである神谷薫役にも、前作から引き続き武井咲。元御庭番衆で剣心を付狙う四乃森青紫役には、「清須会議」の伊勢谷友介。元・新選組三番隊組長で警官の斎藤一役には、「脳男」の江口洋介。都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙う志々雄真実役には、「MONSTERZ モンスターズ」の藤原竜也 。監督は、前作から引き続き大友啓史。

 前作を観た時から、次回作に大きな期待を抱いておりました。あのキレッキレの殺陣は、今まで観ていた水戸黄門や桃太郎侍などの時代劇の概念を軽く凌駕していましたからね。でも、本作を観て先ず感じた事は、殺陣のレベルどうこうではなく、原作をも遥かに凌駕した日本独自の剣客エンターテイメントとして身震いするような完成度となってなっていたことでした。

 先ずは、主人公の緋村剣心を演じた佐藤健。前作にも増して、そのはまり度は神レベルといってよい完成度。雑魚相手でも、その殺陣はしびれるレベルでした。また、剣心のライバルといってよい志々雄真実を演じた藤原竜也も素晴らしかった。全身を包帯で巻かれた役柄ですから、演技の中心になるのは”声”と”目”。その限られた中で、志々雄真実というウルトラど変態野郎を完璧に演じていました。この二人を中心にしてからの、伊勢谷友介、江口洋介、神木隆之介、青木崇高、田中泯等の面々もキレッキレの演技でした。こうなってくると、一人だけ次元の違う演技をしている武井咲が可哀相になりましたよ、マジで。

 圧倒的スピードの殺陣、明治初頭の混沌とした中にも活気のある街、志々雄真実の狂気ともいえる世界感、逸品の映像でした。前作の成功で大きくなった制作費を見事に消化(昇華)していますね。これには、大友啓史監督をはじめとする製作陣の心意気を感じました。

 但し、本作は2部作の前編。こんな扱いだと消化不良の終わり方になるのが常。確かに、あらすじだけをみれば、そんな感じかもしれません。十本刀の中で剣心とけりがついたのは、“刀狩”の張のみ。四乃森蒼紫にいたっては、剣心と剣を交えてもいない状態。でもね、観終った後の満足感は、そんなことを全く感じさせないんですよねぇ。しかも、最後の最後に福山雅治の登場。後編の公開も、今から楽しみでなりません。

 このように「るろうに剣心 京都大火編」は、傑作であった前作をも上回る剣客エンターテイメントの逸品となっております。美味しいところを全て残してこのデキですから、後編ではどれだけ楽しませてもらえるのでしょうか。では、本日はこの辺で (☆´・ω・`)⊃ ゚+。:.゚ばぁぃばぁぃ゚.:。+゚ ⊂(`・ω・´○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品