Google
WWW を検索 ブログ内検索

イントゥ・ザ・ストーム : 命があることに感謝2014年08月26日 11:14

イントゥ・ザ・ストーム
 阪神タイガースが、元西部ライオンズで現在米大リーグ・アスレチックス傘下の2Aミッドランドに所属する中島裕之内野手の獲得を狙っているようですね。何というか、あさましいですなぁ。どんだけ戦力だぶつかせるつもりなのでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
イントゥ・ザ・ストーム

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 アメリカ中西部シルバートンの町に地球史上最大規模の超巨大竜巻が襲来。最悪の事態はまだこれからだと専門家たちが予測する中、気まぐれで恐ろしい巨大竜巻を前に町の人々は為すすべもない。ほとんどの住民はシェルターに避難するが、竜巻を追って観測する研究者=ストーム・チェイサーたちは、生涯に一度の観測のためにあえて竜巻の渦に向かっていく。そんな中、二人の息子が通う高校の教頭(リチャード・アーミティッジ)は、生徒や家族を守ろうと懸命の努力を続けていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「イントゥ・ザ・ストーム」は、超巨大竜巻に襲われた人々が体験する衝撃を描くディザスターパニックムービーです。高校の教頭で高校生の息子を持つゲイリー・モリス役には、「ホビット 竜に奪われた王国」のリチャード・アーミティッジ。「ストームチェイサー」のリーダーであるピート役には、「僕の大切な人とそのクソガキ」のマット・ウォルシュ。「ストームチェイサー」のメンバーで一人娘を持つアリソン・ストーン役には、「フェイシズ」のサラ・ウェイン・キャリーズ。監督は、「ファイナル・デッドブリッジ」のスティーヴン・クエイル。

 自然災害、怖いですよねぇ。私の住む広島市内でも大規模な土砂崩れが発生して、明日で1週間となります。行方不明者の救出と被災者の一日も早い生活の復興がなされることを祈り、自分で出来ることはないか捜していきたいと思います。ちなみに、本作の真の主人公といえる竜巻、ここ何年かは日本でもよく発生しますよね。但し、西日本では余り発生していないような気がします。このところの地球温暖化による異常気象も関係あるのでしょうか。とはいえ、今の便利な生活を捨てられないのも、人間の弱さなんですけどね。

 このような自然災害を扱った映画は、昔から結構ありましたよね。本ブログでも「ポンペイ」や「ヒア アフター」などを紹介しました。しかしながら、本作ほど自然の驚異に対し真っ向から向き合った作品は中々お目にかかりません。あくまでも主人公は竜巻であり、その竜巻に登場人物達の想いが交差していくような作りになっているのです。そのため、登場人物たちは吉本の若手芸人のように前へ前へと出てくるところはありません。この辺のバランス感覚は、中々良かったですよ。

 となってくると、一番重要なのは竜巻の映像となるわけですが、これがど迫力でしたよ。住居、車、一般の人、若いカメラマン、おバカさん二人組み、何もかも吸い込んではぶっ飛ばしていきます。その竜巻の脅威の前に逃げるか隠れるしかない人間の弱さ、これらが徹底して描かれていました。観る者を驚かせる映像も満載で、これだけでも映画館で観る価値がある映画でしたよ。

 登場人物で魅力的だったのが、「ストームチェイサー」のリーダーであるピート。モリスが予定調和的な行動しかとらないのと逆で、ピートがとった最後の行動は観る者に熱いモノを感じさせたなぁ。だからこそ、神様はピートに最高のプレゼントをしてくれたのでしょうねぇ。

 このように「イントゥ・ザ・ストーム」は、ど迫力の竜巻映像でガンガンに痺れさせてくれるパニックムービーの逸品です。怪物竜巻のど真ん中に”イントゥ”した映像は必見物ですよ。では、本日はこの辺で (☆´_ゝ`)ノ<【βyёβyё】(○・ω・)ゞデシw 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品