Google
WWW を検索 ブログ内検索

日本のいちばん長い日 : 歴史が動く瞬間を捉えた名作2015年09月30日 10:06

日本のいちばん長い日
 本日は、お盆休みに観た映画第3弾のこちらになります。
【題名】
日本のいちばん長い日

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「日本のいちばん長い日」は、混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化した作品です。鈴木内閣の陸軍大臣である阿南惟幾役には、「蜩ノ記」の役所広司。天皇陛下役には、「おくりびと」の本木雅弘。鈴木貫太郎首相役には、「藁の楯 わらのたて」の山崎努。監督/脚本は、「駆込み女と駆出し男」の原田眞人。

 太平洋戦争末期、現実的な思考を持った政治家・軍人は、本当に国家の行く末を心配していたのではと思います。戦局は日々悪化し若者の命が全線で失われるだけでなく、日本国土に対する無差別爆撃が女性や子供の命まで奪っている。正に、国家滅亡の危機ですよね。こういった状況の中、どのような経緯で終戦を迎えたのか。本作は、歴史の真実を描き出そうとする原田眞人監督の熱い思いが伝わる作品となっておりました。

 先ずは、陸軍大臣の阿南惟幾がとても魅力的に描かれていました。表面的には「抗戦派」を装っておりながら、陛下の真意を汲み終戦へと向かわせた、帝国陸軍の信義の人。和平が決まってからは、介錯無しで切腹することで、陸軍若手将校のクーデーター計画も抑え込みました。日本を救ってくれた英雄の中の英雄ですね。そんな阿南惟幾を、役所広司が見事に演じていました。

 さらに、見事だったのが原田眞人監督の演出。半端ない緊張感が最後の最後まで貫き通され、観ていて良い意味で疲れてしまいましたよ。当時の追い詰められた日本人が叡智を絞り出しどのように国難を乗り切ろうとしたのか、右巻きの人にとっても左巻きの人にとっても共感できる作りになっていたのもGoodでした。

 少し映画の話題から離れますが、以前より疑問に感じていたことがありました。それは、陛下の御聖断により終戦へと舵が切られたのに、何故戦争に反対であった陛下が陸軍の暴走を止めることができなかったのか。でも、本作を観ることによって、その疑問は払しょくされました。と同時に、陛下がいかに大日本帝国憲法を大切に考えられていたのか認識させられました。個人的には普通の国になって欲しいけど、今の姑息なやり方は間違いだと思いますよ、安倍総理。あなたのせいで、憲法改正はかなり遠のいたと思います。

 このように「日本のいちばん長い日は、扱っている題材、俳優陣の迫真の演技、それに原田眞人監督の才気がリンクしシナジー効果を醸し出した至極の名作となっております。既に劇場での上映は終了していると思いますが、来年の夏にでもDVDで観賞されたらよいかも。では、本日はこの辺で マタネー!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

脳内ポイズンベリー : 心の痛みが人を成長させる…。2015年05月16日 21:22

脳内ポイズンベリー
 明日は、いよいよ大阪都構想の住民投票ですね。広島市民の私には直接関係ないことですが、その後の野党再編などに大きく影響しそうなので気になります。それにしても自民党から共産党までの呉越同舟は、外野から見ている私にとっては胡散臭さいばかりです。個人的には、公務員の総数を削減できるであろう都構想は大いに賛成。というか、最大のメリットはそこだと思うのですが。改革とは必然的に痛みを伴うものですからね。ちなみに、本日紹介する作品は、人間の成長にも痛みが必要だと教えてくれたこちらになります。
【題名】
脳内ポイズンベリー

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女(古川雄輝)を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智(成河)が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「脳内ポイズンベリー」は、水城せとなの少女コミックを映画化したラブコメディです。何となく小説を書いている30歳の櫻井いちこ役には、「そして父になる」の真木よう子。いちこの脳内議会で議長を務める理性担当の吉田役には、「ストロベリーナイト」の西島秀俊。脳内議会でポジティブ担当の石橋には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の神木隆之介。脳内会議でネガティブ担当の池田役には、「六月燈の三姉妹」の吉田羊。脳内会議で衝動担当のハトコ役には、「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」の桜田ひより。脳内会議で記憶担当の岸さん役には、「清須会議」の浅野和之。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

 何故、本作を観に映画館へ行ったのか。それは、観たい映画(ワイルド・スピード SKY MISSION)の上映時間がどうしても合わなかったから。つまり、期待値ゼロで観に行ったわけ。でも、最高に素敵な映画でした。

 とにかく、脳内で会議を開くというアイデアがバツグンでした。主人公の櫻井いちこの脳内には、理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶、といった5人があれやこれやと会議をしている。この様子が笑わせるだけでなく、自分だって悩んでる時はあんなだよねと妙に納得できるわけ。これは何気に凄いことだと思いますよ。櫻井いちこの同年代の女性だけでなく、おっさんの私まで納得できるわけですから。つまり、何らかの悩み事を経験した方なら、ことごとく櫻井いちこの脳内での葛藤に共感できるのではないでしょうか。

 でも、本作が良かったのは、それだけではありません。とにかく、あらすじが逸品。笑わせながら、昔の自分を思い出させながら、テンポのよい展開で観る者を作品の中に引き込んでいくわけ。そして、最後のオチなんか意外性があるだけでなく、本作が単なるラブコメディではないと思わせる素晴しいものでした。

 また、演者の皆さんも素晴しい演技でした。先ずは、いちこの脳内で対局の意見を持つ石橋役の神木隆之介、池田役の吉田羊、二人の振り切れた演技は良かったですよぉ。というのも、脳内会議の中心になるのはポジティブ石橋とネガティブ池田の対立ですからね。プロフェッショナルですねぇ。そして、二人よりも良かったのが主人公の櫻井いちこを演じた真木よう子。圧倒的な肉体的ポテンシャルを誇る真木よう子からすれば、いちこは真逆のキャラクター。でも、とても可愛く見えるんですよ。真木よう子も演技の幅が広い女優さんですね。

 このように「脳内ポイズンベリー」は、性別・年代を問わず楽しめるラブコメディの逸品となっております。出来れば、脳内会議男版なんぞも観てみたいものですね。では、本日はこの辺で (><*)ノ~~~~~サヨナラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

インターステラー : 人類を救うキーは”愛”2014年11月23日 21:42

インターステラー
 年末に向け、よい感じで仕事が忙しくなってきました。がんがん稼いで、よい正月を迎えるぜ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
インターステラー

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「インターステラー」は、滅亡の危機を迎えた人類が新たな星を目指す姿を描いたSFドラマです。元テストパイロットでエンジニアのクーパー役には、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー。クーパーと共に宇宙へ旅立ったクルーの一人ブランド役には、「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイ。クーパーの娘であるマーフ役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステイン。監督は、「ダークナイト ライジング」のクリストファー・ノーラン。

 初めて本作の予告編を観た時から、映画館に行こうと決めておりました。映像のクオリティーは半端無さそうだし、何てたって監督がクリストファー・ノーランですからね、期待しないわけないでしょ。そんなわけですから、ほとんど予備知識なしに行ったものだから、マット・デイモンが端役で登場したのには驚かされましたよ。

 では、肝心の中身はどうかというと、ここまで高い知性を要求する映画は久々でした。元ITエンジニアでありながら、根っからの文系である私には少々敷居が高い内容でもありました。だって、相対性理論や五次元空間なんぞ、私の頭では理解できないばかりか想像すらできないですから。では、楽しめない作品だったのかと聞かれれば、私のような人間でも存分に楽しめる作りにもなっておりました。特に時間の使い方は絶妙で、作品自体に高い緊張感と奥行きの深さを与えていましたね。この辺のセンスは、クリストファー・ノーランは真の天才だと感じさせられました。つまり、賢い人はより楽しめて、そうでない人も十分に楽しめる作品となっていたのでした。

 そして、何よりも良かったのが脚本。SF、親子愛、アクション、スペクタクル、ミステリー、内容が超盛り沢山。なだけでなく、序盤からどう回収するのだろうと思わせる伏線を散りばめておきながら、終盤にきっちりと回収し観る者に感動まで与えているのです。改めて、映画は脚本が一番大切だということを思い知らされました。

 このように「インターステラー」は、SFドラマの逸品といえる作品となっております。そして、クリストファー・ノーランの才能に感嘆させられた作品でもありました。では、本日はこの辺で (∩ω・`。)ノ゜。*○вду вду○*。゜ヾ(・ω∩`。) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

泣く男 : 悲しき男の定め2014年10月18日 15:47

泣く男
 辞任第一号、この栄誉ある称号をどちらが獲得するのでしょうか。小渕経済産業大臣、松島法相、はたまた一発大逆転で他の候補が出てくるのか。まあ、アホらしい話題はこの程度にして、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
泣く男

【製作年】
2014年

【製作国】
韓国

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 幼少の頃、アメリカの砂漠に捨てられ、マフィアによって殺し屋として育てられたゴン(チャン・ドンゴン)は、ある日、任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴンであったが、その罪から逃れようともがけばもがくほど葬り去ったはずの哀しい記憶が蘇ってくる。そんな中、組織から新たな暗殺命令がゴンに下される。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「泣く男」は、心に傷を負った殺し屋が任務に身を投じる姿を描いたクライムアクションです。マフィアによって殺し屋として育てられたゴン役には、「マイウェイ 12, 000キロの真実」のチャン・ドンゴン。韓国のソウルを本拠地に持つ投資会社ベンチュラ社の若き女取締役でゴンの最後のターゲットであるモギョン役には、「恋愛の温度」のキム・ミニ。監督/脚本は、「アジョシ」のイ・ジョンボム。

 憲法9条改正派であり、反原発の私は、左右のバランス感覚がとれた日本人であると自負しております。そんな私でも、韓国の前大統領である李明博の竹島上陸から始まり、現大統領の朴槿恵がしつこく行っている反日外交、このような理不尽かつ失礼極まりない韓国の態度により随分と嫌韓になりました。但し、おバカなネトウヨのように韓国のことを全否定するつもりはありません。良いものは良いわけですから。例えば、日本映画が韓国映画に劣っている点は、脚本ではないかと感じております。この辺は、国策として映画界をバックアップしていることもあるのではないかな。とはいえ、私も随分と嫌韓になったので、韓国映画をほとんど観なくなりましたけどね。でもねぇ、本作だけは観ようと決めていたのです。それは、イ・ジョンボム監督/脚本の「アジョシ」が良い作品であったこと、私が大好きなお笑い芸人の一人である江頭2:50の宣伝ポスターのセンスが余りにも良かったこと、この二つの理由が久々に韓国映画を観る気にさせたのです。
江頭2:50
 にしても、このポスターはサイコー d(⌒ー⌒) グッ!! 。

 で、映画を観た感想なのですが、映画館に行って損はしないレベルの作品ではありました。「アジョシ」ほどのインパクトはなかったのですが、悲しい定めを背負った殺し屋ゴンを日本人にも理解できるように描けていましたね。そして、あの衝撃のラスト、ある意味韓国映画の王道といえるものなのですが、少しだけ目頭が熱くなりましたよ。この辺は、イ・ジョンボムの脚本家としての才能を感じずにはいれないですね。

 但し、今一つ納得ができないのが、本作における登場人物の人間関係。主人公のゴン、投資会社で悪事を働くジョン・リー、ゴンを追ってやって来た殺し屋のチャオズ、彼らを操っているのは中国人。殺し合っているのは韓国人同士で、中国人は超上から目線で指示を出すだけ。まるで、現代の韓国のようですね。有史以来、独立国としての歴史がほとんどない韓国では、中国は絶対的な存在なのでしょうか。イ・ジョンボムがどのような考えでこの脚本を書き上げたのか知る由もありませんが、反日教育に熱心になる前にやらなければならないことがあるのではあるのではないでしょうか。まあ、彼らには無理かもしれませんが…。

 このように「泣く男」は、映画館で観ても決して損はしないクライムアクションの秀作です。それと、何気に意味深な登場人物の人間関係は、深いメッセージ性があるように感じるのは私だけではないのでは。では、本日はこの辺で 【゚.+゚*☆βуё βуё☆*゚+.゚ 】ョωu*)ノ゙ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ : 超絶の侵入方法2014年08月03日 16:11

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ
 牛丼チェーン「すき家」の小川会長、まだまだ懲りていないようですね。「ブラックというレッテルを貼られて、社員たちも「非常に悔しい」という思いが強いです。 」って、悔しいと考えている社員は現場で働いている人たちではないでしょう。同じ経営者の端くれとして、こんな人間にならないように気をつけたいですね。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 ハイウェイをたまたま通りがかったカップルをギャング・グループが襲撃、拉致監禁し、女性を殺害する。彼らにとってそれはいつも通りの出来事のはずだったが、奪った車のトランクには全米を震撼させている事件の行方不明者エマ(アデレイド・クレメンス)が囚われていた。高額賞金が掛けられたエマの発見に喜びを隠せないギャングたち。しかし、恋人を殺された男(ルーク・エヴァンス)には、恐ろしい本性が隠されていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」は、「ゴジラ ファイナル ウォーズ」の北村龍平監督が、ハリウッドで撮り上げたバイオレンス・ホラーです。ハイウェイを走る車のダライバー役には、「推理作家ポー 最期の5日間」のルーク・エバンス。ドライバーが運転する車のトランクに捕らえられていたエマ役には、「サイレントヒル:リベレーション3D 」のアデレイド・クレメンス。

 最初はね、愛する者を殺された男の復讐劇だと思っておりました。でも、全然違ってたんですよね。本作を一言でいえば、スーパーどSとスーパーどMのカップルが、全米をドライブしながらプレイの応用編で悪党を始末していく作品だったわけです。だからね、最後には悪党たちがかわいそうになりましたよ。よりによって、こんなど変態カップルに手を出すなんて…。

 何といっても衝撃だったのが、ドライバーが悪党たちの自宅に侵入する方法。あれは、私のしょぼい想像力では予想できなかったなぁ。その映像的インパクトも絶大で、この時点で悪党たちに哀れみを感じました。では、その後はどうなのかというと、侵入方法が余りにもインパクトがあったために、今一つに感じました。ここは、もう一ひねりアイデアが欲しかったところですね。

 そして、本作を観て感じたのは、ルーク・エバンスの男の色気。これは、おっちゃんの私から見ても十分に伝わるもの。特に本作のような作品では、この”色気”が極めて重要だと思います。だって、ザック・ガリフィアナキスがドライバー役だったら、この映画そのものが成り立たなくなりますからね。

 このように「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」は、スーパーどSのドライバーに悪党たちが次々と始末されるバイオレンス・ホラー作品となっております。全体的には凡作の域を出ませんが、所々に「むっむ!」と思わせる光る演出があるので、興味のある方は是非。では、本日はこの辺で メモメモ_〆(´Д`●)ペタッ(○≧ω≦)ノ【バイバイ】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品