Google
WWW を検索 ブログ内検索

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション : 映画館向けの作品2015年09月17日 17:31

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
 今日は、お盆休みに観た映画第二弾のこちらになります。
【題名】
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”の暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。情報が交錯し、世界の危機が迫り来るなか、イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を潰すべく、究極の諜報バトルを繰り広げる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、イーサン・ハントの活躍を描くトム・クルーズ主演のスパイ・アクションのシリーズ第5弾となる作品です。主要キャストは前作から引き継いでおります。本作からの登場は、敵か味方か不明の謎の女・イルサ・ファ ウスト役には「ヘラクレス」のレベッカ・フェルグソン、「シンジケート」のボスであるソロモン・レーン役には「プロメテウス」のショーン・ハリス。監督・脚本は、「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。

 世界一有名なスパイ・ジェームス・ボンドを激しく追走するイーサン・ハント、とはいっても両社の共通点は意外と多い。超モテモテの二枚目であること、ちょい未来的な小道具を使うこと、不死身なこと、といったところ。逆に相違点は、イーサン・ハントの方が年齢設定が若く明るいキャラクターをまとっていることでしょうか。この両者の若干のキャラクターの違いが作品全体には大きな違いをもたらしていることも確かで、だからこそ両社ともに興行的に成り立つわけだと思います。まあ、そんな御託は別として肝心の中身の方はどうだったのでしょうか。

 何というか、いきなり超ハイテンションのアクションシーンてんこ盛りで、開始5分で「超おすすめ!!」決定みたいな感じ。だって、CMで流れていた輸送機に掴って一緒に飛んでいくシーンも、掴みの一部ですから。この後、どんなことになるんだろうとワクワクしましたよ。

 あらすじの方は、決して予定調和を乱さない安心設計でしたね。本作ではキモともいえる登場人物・イルサ・ファ ウスト。彼女が敵なのか味方なのか、二転三転するのですが、「美人だからどうせ味方でしょ」と安心して観ていられる新設設計。こういった部分でのハラハラドキドキ感は、スパイ映画でありながら潔いくらい皆無。ただ、スパイはつらいよ的なあらすじは、今後のシリーズ作品にとって何らかの伏線になってくるかもしれません。いや、なって欲しいな。

 このように「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、スパイ・アクションの逸品となっております。まあ、あらすじでハラハラドキドキすることはないですが、映像で十分にハラハラドキドキできるので、正に映画館向きの作品といえるでしょうね。では、本日はこの辺で (*σ´_U`)σ【ВЧЁВЧЁ】^☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

マッドマックス 怒りのデス・ロード : 感激するほどのど迫力映像2015年06月21日 17:13

マッドマックス 怒りのデス・ロード
 オードリー春日、凄いですねぇ。フィンスイミングのワールドカップマスターズ大会で、 メダル獲得なんて。本日紹介するシリーズの次作に悪党キャラの一人として出演してもらいたいものです。
【題名】
マッドマックス 怒りのデス・ロード

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、あの「北斗の拳」にも多大な影響を与えたカーアクション映画の「マッドマックス」シリーズの30年ぶりの新作です。元警官であるマックス・ロカタンスキー役には、「欲望のバージニア」のトム・ハーディ。イモータン・ジョー配下の女戦士インペラトル・フリオサ役には、「スノーホワイト」のシャーリーズ・セロン。全身白塗りの男ニュークス役には、「ウォーム・ボディーズ」のニコラス・ホルト。本作のボスキャラであるイモータン・ジョー役には、あのシリーズ第一作目でもボスキャラを演じたヒュー・キース・バーン。監督・脚本は、「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー。

 幼い頃観た「マッドマックス」シリーズのインパクト、超絶でしたよ、マジで。幼いながら、スタントマンの人は大丈夫なのか気になりましたもの。それから随分と私も年を重ねましたが、そこからの本作、公開前から超期待していたわけ。でもねぇ、待った甲斐がありましたよ!!

 とにかく、アクションシーンの迫力が超絶素晴しかった。昔観たシリーズの荒涼とした世界観はそのままに、月日がたち進歩した映像技術とアイデアを惜しみなく注いだど迫力の映像でした。最初の数分ほどは少し静かめな映像でしたが、それからはラストまで超ハイテンションで駆け抜けていくわけですから。ぶっちゃけ、潔いくらい中身Nothingの作品でしたが、ここまでの徹底された映像を観続けていると最後には涙腺が刺激されましたよ、マジで。本作におけるジョージ・ミラー、正に神レベルでしたね。

 こんな感じで観てる方もアドレナリンが分泌されまくりの映画なのですが、観終わった後、冷静になるとツッコミどころもあります。それは、肝心のマックスの戦闘能力に関して。どう贔屓目に見てもマックスよりフュリオサの方が、戦闘能力高いんですよね。しかも、ビジュアル的にもマックスを圧倒していて、坊主頭でありながらセクシーでかっこよいわけ。まあ、役作りのために自ら坊主頭を申し出たシャーリーズ・セロンの女優魂炸裂といったところでしょうかね。

 このように「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、涙腺を刺激する神レベルのど迫力の映像が楽しめるカーアクション映画至高の作品となっております。ツッコミどころもある作品ですが、間違いなく満足できる作品なので劇場へ足を運ばれるとよいと思いますよ。では、本日はこの辺で バィバィビーム!!(*´∀`)ノ・‥…━━━★βуё☆βуё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

舞妓はレディ : 天使のような上白石萌音2014年09月17日 12:57

舞妓はレディ
 昨夜の広島カープ、不可解な継投が裏目に出て巨人に完敗しました。シーズン優勝は、来年の楽しみとしておきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
舞妓はレディ

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 京都。歴史の古い小さな花街・下八軒は、舞妓がたった一人しかいないという大きな悩みを抱えていた。ある節分の夜、八軒小路のお茶屋・万寿楽に一人の少女・西郷春子(上白石萌音)がやってくる。春子は、女将の小島千春(富司純子)にどうしても舞妓になりたいと懇願するが、どこの馬の骨ともわからない少女を老舗のお茶屋が引き取るはずもない。しかし、そこに居合わせた言語学者の“センセ”こと京野法嗣(長谷川博己)は、鹿児島弁と津軽弁がミックスされた春子に興味を持ち、老舗呉服屋の社長・北野織吉(岸部一徳)に「春子を一人前の舞妓にしたら自分に褒美をくれ」とけしかける。晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になった春子だが、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、そして何より慣れない言葉遣いに戸惑い、何もかもがうまくいかない。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「舞妓はレディ」は、、京都を舞台に舞妓になるために頑張る少女の成長物語をミュージカル仕立てで描いた作品となっております。津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルで舞妓を目指すために京都の花街・下八軒にやって来た西郷春子役には、「だいじょうぶ3組」の上白石萌音。春子を一人前の舞妓にするべく京都弁を教える言語学者の京野法嗣役には、「映画 鈴木先生」の長谷川博己。八軒小路のお茶屋・万寿楽の女将で春子の面倒を見ることになった千春役には、「空気人形」の富司純子。春子の先輩で芸妓の里春役には、「終の信託」の草刈民代。春子の先輩で舞妓の百春役には、「アフタースクール」の田畑智子。法嗣の助手をやっている大学院生・西野秋平役には、「ポテチ」の濱田岳。監督・脚本は、「終の信託」の周防正行。

 期待をしないで観に行ったのですが、行ってよかったですよ、マジで。映像、あらすじ、魅力的な登場人物、どれもが高いレベルで映画館に足を運んでよかったなと素直に思える素晴らしい作品でした。

 先ずは、映像が綺麗でした。京都の歴史情緒あふれる町並み、芸妓さんが見せる美しい舞、男性だけでなく女性も美しいと感じられる映像でしょう。そして、あらすじ。特に、最後のオチに関しては、日本人に生まれてよかったなと思える素晴らしいものでした。周防正行監督らしい隙のない丁寧な作り込みが光る作品となっていましたね。

 しかしながら、本作が素晴らしい作品になった一番の理由は、主人公の西郷春子を演じた上白石萌音の存在に他なりません。八軒小路のお茶屋・万寿楽を尋ねてきた彼女の第一印象は、化粧栄えはしそうな顔立ちですが最高にあか抜けない純朴な少女といったところ。そんな純朴な少女が舞妓になろうと一生懸命に頑張る姿、観ている我々も自然と応援してしまいますよ。それだけでなく、あの美しい歌声。恐らく、彼女の背中には羽が生えているかもしれないですよ。

 このように「舞妓はレディ」は、上白石萌音という女優がその魅力を存分に発揮した作品となっております。ちなみに、本作が「マイ・フェア・レディ」のもじりであると気付いたのは、この記事を書いている時でした。では、本日はこの辺で (○Θ皿Θ)σ○o。バィバィ♪。o○a(Θ皿Θ○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

みなさん、さようなら : コメディーと思わせてからの…。2014年09月05日 16:26

みなさん、さようなら
 巨人に三連敗ですか、強いですなぁ。広島カープには、地元でのCS開催のため2位を目指して欲しいものです。では、本日紹介する作品はこちらでーす。
【題名】
みなさん、さようなら

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都武蔵村山市(村山団地)など

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 “僕は一生、団地の中だけで生きていく。”12歳の春、渡会悟(濱田岳)の一大決心は母の日奈(大塚寧々)を始め、周囲を仰天させる。賑やかな団地には、肉屋から魚屋、理髪店、衣料品店など何でも揃っている。外出する用事は、団地の敷地内だけで充分。初恋も、親友も、何だって団地の中だけで済ますことができる。団地の中のケーキ屋に就職し、同級生の緒方早紀(倉科カナ)と婚約。団地の中だけの生活を謳歌してゆく悟だったが、いつしか団地で暮らす友人たちは、1人、また1人と悟の前から去ってゆく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「みなさん、さようなら」は、中村義洋監督と濱田岳が5度目のタッグを組み、久保寺健彦の同名小説を映画化した作品です。小学校の卒業式で起きた事件が原因で、団地から出ないで生きていく決心をした渡会悟役には、「ポテチ」の濱田岳。悟の同級生で恋人でもある悟である緒方早紀役には、「遠くでずっとそばにいる」の倉科カナ。悟の同級生で引きこもりの薗田憲明役には、「藁の楯 わらのたて」の永山絢斗。悟の隣部屋に住む松島有里役には、「潔く柔く」の波瑠。悟の母である渡会日奈役には、「すべては君に逢えたから」の大塚寧々。監督は、「奇跡のリンゴ」の中村義洋。

 昔、映画館で予告編を観た時、最後にほろっとこさせるコメディー映画だと思っていました。だって、主人公が一生団地から出ないで生きていくと宣言し、その主人公の渡会悟の13歳から30歳までを濱田岳が演じるという強引ともいえる力技、誰だってそう思いますよね。でも、その思いは物語の序盤であっさりと裏切られました。小学校の卒業式で起きた事件、それは予告編で感じていたものとはちょっとだけ違うよと中村義洋監督が説明してくれているようでした。

 先ずは、主人公の渡会悟を演じた濱田岳の演技が逸品でした。俳優にとって、自分の年齢よりも上の年代を演じることは珍しくはないでしょう。しかし、成人の年齢に達した俳優が13歳の少年を演じるなんて初見でしたよ。しかも、その演技に違和感がないのですから、濱田岳の俳優としてのポテンシャルは若手の中で群を抜いているのではないでしょうか。

 あらすじも、なかなか味わい深いものになっていました。主人公の渡会悟は、一生団地の中で生きていく決心をしたことと、団地の住民を守るために身体を鍛えていることを除けば、いたって普通。恋をしたり、働いたり、友人を助けたり、と人並みの人生を送っているわけです。それが最後にとんでもない事件に遭遇することになるのですが、団地の住民を守るために身体を鍛えていた悟は逃げることなく真っ向から立ち向います。そんな悟も、あることをきっかけに団地の外に足を踏み出すことになるのですが…。ここで全ての種明かしがされるのですが、そこには息子に対する母の愛情が強く感じられる素晴らしいものになっていました。中村義洋監督が最初に教えてくれたヒントの意味が、ここにきて初めて理解できる素晴らしいエンディングでした。

 このように「みなさん、さようなら」は、コメディタッチの設定でありながら、良質なヒューマンドラマとなっております。また、何気に生々しいエッチシーンも印象に残る作品でもありますよ。では、本日はこの辺で (○´ω`○)σ☆・゚:*(ば)(い)(ば)(い)*:゚・☆a(●´ω`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

マレフィセント : 完成度の高さにびっくり!2014年07月08日 14:39

マレフィセント
 野々村竜太郎県議会議員、辞任をされるようで残念です。我が広島県で無免許運転をやらかした正木県議会議員は、リコールされるまで居座り続けていました。野々村氏には、彼くらいの往生際の悪さを貫いて話題を提供して欲しかった。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
マレフィセント

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある王国に王女が生まれ、盛大に祝われていた。しかし祝いの席に招かれていなかった妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現れ、生まれたばかりのオーロラ姫に、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくよう呪いをかける。本作ではマレフィセントがこのような邪悪な妖精となった背景が明かされる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マレフィセント」は、「眠れる森の美女」を邪悪な妖精マレフィセントの視点から描き、その知られざるエピソードがつづられるファンタジー映画となっております。邪悪な妖精マレフィセント役には、「ツーリスト」のアンジェリーナ・ジョリー。マレフィセントに呪いをかけられたオーロラ姫役には、「SUPER 8」のエル・ファニング。オーロラ姫の父であるステファン王役には、「エリジウム」のシャールト・コプリー。マレフィセントの忠実な僕であるディアヴァル役には、「ビザンチウム」のサム・ライリー。監督は、「オズ はじまりの戦い」などでプロダクションデザイナーを務めたストロンバーグ。

 「眠れる森の美女」といえば、誰もが知っている有名な童話。でも、視点が違うだけでこんなに物語が違ってくるとは…、流石はディズニーといったところでしょうか。

 アニメの実写化といえば、日本では成功した作品が少ないように感じます。その一番の原因は、キャラクターの完成度の低さでしょう。その点、アンジー演じるマレフィセントの完成度の高さは、ニュータイプへと進化したアムロ・レイといってよいレベル。それは、特殊メイクだけではない、アンジーの女優としての思い入れの強さを感じるものでした。これだけでも、観る価値のある作品ですよ。

 映像も、文句のない素晴らしいものになっています。圧倒的な世界観と迫力満点の戦闘シーンは大人も満足できるだけなく、お子様の鑑賞にもぴったりの映像。この辺は、ディズニー作品の独壇場ですね。

 あらすじも、中々面白いものに仕上がっていました。呪いを架けられた赤ちゃんのオーロラ姫を育てることになった3人の妖精、見事なくらい子育てに向いてないんですよ。それを見かねたマレフィセントが影でフォローするのですが、そこが上手いこと笑いに繋がってるわけです。この時点で、観ている観客は完全にマレフィセントの味方になっています、上手いことやりますよねぇ。でも、一番大切な部分で強引さを感じたのもあらすじ。永遠の眠りにつくように呪いを架けられたオーロラ姫ですが、眠っていたのはわずか数時間。これには、少々びっくりしました。ここは、もう少し何とかして欲しかったなぁ。

 このように「マレフィセント」は、オーロラ姫の睡眠時間が足らない点を除けば、完璧ともいえる作品となっております。それにしても、どうして3D字幕の作品がないのでしょうか。では、本日はこの辺で ヽ(´ω`●)バィバィ(★´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品