Google
WWW を検索 ブログ内検索

駆込み女と駆出し男 : あらすじまで駆け込み2015年05月30日 21:37

駆込み女と駆出し男
 口永良部島の火山噴火、凄かったですねぇ。そして、BSでサンフレッチェの試合観ていたら、小笠原諸島西方沖でM8.5の地震。南海トラフに備えて、防災グッズなどでも用意しておかないといけないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
駆込み女と駆出し男

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案にした人情時代劇です。東慶寺の御用宿である柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・中村信次郎役には、「トワイライト ささらさや」の大泉洋。駆込み女の一人である鉄練りじょご役には、「DOG×POLICE 純白の絆」の戸田恵梨香。駆込み女の一人であるお吟役には、「一命」の満島ひかり。駆込み女の一人である戸賀崎ゆう役には、「恐竜を掘ろう」の内山理名。東慶寺の院代である法秀尼役には、「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の陽月華。柏屋の主人・源兵衛役には、「ツナグ」の樹木希林。監督/脚本は、「わが母の記」の原田眞人。

 笑えて泣ける映画、良いですよねぇ。お涙頂戴映画と違って、押し付けがましさを感じないわけです。本作を観て泣けたわけではありませんが、清々しい気持ちにさせてもらったのは確かです。

 とにかく、映画全体のイキフンが良かったですよ。物語の中心になるのは、デキの悪い旦那から東慶寺に逃げてきた女性たち。そこにいる女性たちは皆、辛い過去を経験したものばかり。しかし、本作がフォーカスしているのは、女性たちの過去ではなく現在なわけ。つまり、東慶寺に駆け込んだ時点で辛い過去がリセットされ、新しい女性に生まれ変わっているんですよね。こんなところが、清々しい気持ちにさせてくれるんでしょうねぇ。

 演者の好演も光っている作品でした。特に、主演の大泉洋。あの「男はつらいよ」で映画ファンを唸らせた渥美清独特の”一人語り”にも劣らない素晴しいものでした。惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、意外に良かったのが、東慶寺の院代である法秀尼を演じた陽月華。生まれのよさから来る気品、修行によって培われた凄み、余りにも俗世間から離れた生き方をしてきたことによる滑稽さ(可愛らしさ)、完璧に演じていましたね。とにかく、この二人を始め、皆さん素晴しい演技でした。

 しかし、残念なのがあらすじ。東慶寺を取り潰そうと南町奉行の鳥居耀蔵がスパイまで送り込むのですが、余りにも駆け込み過ぎ。これには、呆気に取られましたよ。江戸っ子だから、ちょっちょいのちょいというわけにはいかんでしょう、全く。

 このように「駆込み女と駆出し男」は、笑って清々しい気持ちになれる人情時代劇の秀作です。決して派手さはありませんが、映画らしい特別な映像も味わえる一本ですよ。では、本日はこの辺で またねぇ(・ω・)ノ▽ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

寄生獣 完結編 : 寄生獣の正体とは…。2015年05月08日 18:17

寄生獣 完結編
 本作は、ゴールデンウィーク中の5月1日に観に行きました。ファーストデイなので随分と得した気分になっておりましたが、前売り券を購入していたのをつい先ほど思い出しました。まあ、そんな細かいことを気にしないで、前向いていきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
寄生獣 完結編

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 人間の脳に寄生し肉体を操り人間を捕食する謎の新生物パラサイトが現れ、大勢が餌食になっていった。東福山市では市長・広川(北村一輝)を筆頭に組織化されたパラサイトたちのネットワークが広がっていた。これに対し人間側はパラサイト殲滅のための特殊部隊を結成。両者の戦いは激化する。パラサイトのミギー(声:阿部サダヲ)を右手に宿した泉新一(染谷将太)は、パラサイト側からも人間側からも危険視されていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「寄生獣 完結編」は、斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを2部作で映画化したSFアクションの完結編となる作品です。右腕に寄生生物パラサイトに寄生された高校生の泉新一役には、「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」の染谷将太。新一の高校に教師として現れたパラサイトの田宮良子役には、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の深津絵里。新一の幼馴染の同級生・村野里美役には、「俺はまだ本気出してないだけ」の橋本愛。最強のパラサイト・後藤役には、「ルパン三世」の浅野忠信。パラサイトの謎を追うジャーナリストの倉森役には、「R100」の大森南朋。新一の右腕に寄生したパラサイトのミギー役には、「謝罪の王様」の阿部サダヲ。監督は、「永遠の0」の山崎貴。

 本作の感想を一言でいえば、完結編として概ね満足度の高い作品だということ。まあ、原作を読んだ方からすれば随分と物足りないようなので、何時ものごとく原作を未読なのも高評価になった理由かもしれないですけどね…。

 先ずは、二人の女優の存在感がGoodでした。田宮良子を演じた深津絵里は、難しい役所をそつなく演じていましたね。パラサイトの中に少しずつ芽生える母性、その母性が与える人間性、上手かったですよねぇ。だからこそ、田宮良子の最後に熱いものを感じれたのでしょう。村野里美を演じた橋本愛は、正に体当たり演技でした。但し、彼女のような将来ある女優が、本作でここまで頑張るのはどうなんだろう。もっと相応しい作品があるような気がしないでもないですけど。

 そして、メッセージ性の高い作品でもありました。寄生獣とは何者なのか、鋭い指摘でしたね。北村一輝演じる広川剛志が、パラサイトではなく人間だというのも、この指摘を際立たせてましたよ。また、何気に反原発のメッセージも盛り込んでおりました。でも、パラサイトの後藤には効果覿面だったのに、泉新一には何もないなんてどういうことなんだろう。パラサイトの方が、人間よりか弱いということなのかな。

 このように「寄生獣 完結編」は、若干あらすじ的に難があるものの、二部作の完結編として満足度の高い作品となっております。第一部を観ている方は、是非劇場に足を運ばれるとよいかと。では、本日はこの辺で ジャァナー (キ▼O▼)/~~~~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

神様はバリにいる : 映画始めにサイコーの作品!!2015年01月18日 17:40

神様はバリにいる
 今年に入り、なかなか映画を観る機会がありませんでした。そんな中で選んだのが、本日紹介する作品。こんな作品を今年の映画始めに選ぶなんて、今年は去年以上に良い一年になりそうです。では、どうぞ。
【題名】
神様はバリにいる

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子(尾野真千子)は、失意の中訪れたインドネシアのバリ島で、自称“爽やか”で謎めいた日本人大富豪のアニキ(堤真一)と出会う。見るからに胡散臭そうな風貌のアニキであったが、眼科医のリュウ(玉木宏)を始め、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。とにかく人生をやり直したいと願う祥子は、藁をもつかむ思いで、アニキのもとで成功の秘訣をマスターするための人生哲学を学ぶことにする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「神様はバリにいる」は、単身でインドネシアのバリ島へ渡って起業し大富豪になった丸尾孝俊との出会いなどを、著者の体験をもとにつづられたヒューマンコメディーです。大富豪のアニキ役には、「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」堤真一。婚活ビジネスに失敗した元企業家の照川祥子役には、「そして父になる」の尾野真千子。アニキを慕う眼科医のリョウ役には、「幕末高校生」の玉木宏。ナオトの元恋人である香奈役には、「白ゆき姫殺人事件」の菜々緒。照子のストーカーからアニキの子分になった杉田役には、「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー」のナオト・インティライミ。監督は、「体脂肪計タニタの社員食堂」の李闘士男。

 金回りの良い人、皆さんの身近な人にも何人かいるはずです。自分で事業を起こした者、親の財産を引き継いだ者、どのように金を得たかは人それぞれです。でもねぇ、金回りの良い奴に限って、悪い奴はいないわけです。少なくとも私の周りにいる金回りの良い奴は、善人と悪人のどちらに属するかといえば確実に善人側に属しています。そう、神様は絶対に善人のことを愛していらっしゃいますからね。

 先ずは、本作が実在の人物を題材にしているところが何とも観る者を励ますのです。アニキの登場時は、それこそ胡散臭さ全開。でも、何となく憎めないわけ。その辺が神様に好かれる理由なのでしょうが、こんな人だったら誰だって好きになっちゃいますよ。そんな実在の丸尾孝俊氏を、堤真一は相変わらず魅力的に演じていましたねぇ。また、アニキの周りにいる連中も、とっても素敵な面々なわけ。尾野真千子演じる照川祥子、玉木宏演じるリョウ、魅力的な人には素敵な面々が集まるわけですよね。ナオト・インティライミ演じる杉田なんて、いわゆるストーカー。でも、そんな杉田でさえ、間の悪さで周りの人たちを和ませるわけ。もう、サイコーに素敵やん!。

 あらすじも、ぴか一でしたよ。本作は基本的にコメディー作品。でもねぇ、泣かせるわけですよ。そして、その泣かせ方がサイコーなわけ。いわゆる邦画で泣かせるといえば、男女の愛、親子愛、そんなところでしょうか。しかし、本作が凄いのが人間愛で泣かせるところ。これは、意外性があって良かったなぁ。しかも、泣かせながら、その近くに笑いを用意してますからね。脚本の森ハヤシ氏、サイコーに凄いじゃないですか。

 そして、本作の隠し味というか、スパイスになっているのがアニキの格言。アニキが祥子に対しドヤ顔でいう人生成功の秘訣は、どんなアホでも理解できる優しい言葉で語られています。それは、あらゆることに感謝し、あらゆる縁を大切にする、そして超ポジティブに生きること、個人的にはこんな風に解釈しました。中でも個人的に好きだった格言は、「失敗した時こそ、笑え」でした。これを実践するのは容易ではないでしょうが、これからの人生で貫き通していきますよ、マジで。

 このように「神様はバリにいる」は、思いっきり笑えるだけでなく、きっちりと泣かせてくれるヒューマンコメディーの傑作です。今年始めて観た映画が、こんなに素晴しかったことを感謝感謝です。では、本日はこの辺で (●゚ω゚)ノジャ、マタ!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ゴーン・ガール : 本年度No.1ミステリー2014年12月22日 20:36

ゴーン・ガール
 このところ、仕事が忙しくて映画を観れない、映画を観てもブログを更新できない、そんな日々が続いておりました。ここへきて、まったりとした年末になりそうです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ゴーン・ガール

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑う。美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられカップルの知られざる秘密が明るみになる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ゴーン・ガール」は、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化した作品です。理想的な結婚生活を送る夫であるニック・ダン役には、「アルゴ」のベン・アフレック。ニックの妻であるエイミー・ダン役には、「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」のロザムンド・パイク。エイミーの元彼であるデジー・コリングス役には、「ビーストリー」のニール・パトリック・ハリス。監督は、「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー。

 何とも魅力的でしたね、本作の予告編。いわゆるミステリー作品よりも、単純なアクション映画が個人的は好きなのですが、予告編に引き込まれる何かを感じたわけです。だから、どんな感じで観る者を騙してくれるのか、勝手に期待値が上がってしまったわけです。でもね、きっちりと期待値を上回ってくれましたよ、マジで。

 何といっても、あらすじが逸品でした。「ゴーン・ガール」という題名どおり、ある日突然夫の元から少女(妻)が失踪するのですが、そこからの展開は見事というほかありません。夫であるニックは、そこからとんでもない窮地に立たされます。浮気がばれ、マスコミに叩かれ、近隣住民の格好のゲスネタにされ、妻の殺人容疑までかけられるのです。ニックの味方は、双子の妹であるマーゴのみ。でも、妻の失踪事件の直接的原因はニックの浮気にあるわけですから、彼自身も同情できない一面を持っているわけ。でもねぇ、本作が凄いのはここからなんですよ。

 ぶっちゃけると、妻のエイミーは生きているのです。彼女の目的は、夫であるニックへの復讐。彼の浮気現場を目撃してから、虎視眈々と準備をして偽装的失踪を図ったのです。しかも、その準備が完璧というか凄いわけ。世間って、恐ろしいと感じましたよ。でも、そんな彼女にも弱点があります。それは、一般的世間に属していない人間。そこでピンチに立たされるエイミーですが、そこからの逆転劇はニックの浮気なんぞ霞んでしまう行動に出るのです。まあ、これ以上はネタバレになるので控えておきましょうかね。

 また、演者の演技も素晴らしかったですね。何というか残念な夫であるニック・ダンを演じたベン・アフレック、上手かったなぁ。いわゆるダメ男くんなのですが、どこか憎めないところがあるのです。その辺りが、エイミーも分かってる感じなんですよねぇ。しかし、そんなベン・アフレックを凌駕していたのが、ニックの妻であるエイミーを演じたニール・パトリック・ハリス。アメージングなエイミーと、その裏に隠されたサイコな一面を持ったエイミー、素晴らしい演技でした。彼女の演技なしには、ここまで素晴らしい作品にはならなかったでしょう。今後、彼女の活躍が楽しみです。

 このように「ゴーン・ガール」は、ミステリー・スリラーの逸品です。この偽装カップルがどのような結末を迎えるのか、観ておいて損はしないと思いますよ。では、本日はこの辺で │出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

キャリー : 失敗報画のような製作に疑問2014年12月09日 11:13

キャリー
 麻生太郎財務相、マイクを持たせれば問題発言ばかりですね。こんな奴を当選させる選挙区民は、何らかの問題を抱えていると思いますよ。では、本日紹介する作品は製作過程に大きな問題点を感じられるこちらになります。
【題名】
キャリー

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)は地味で内気、冴えない高校生で、学校では笑い者にされていた。家庭でも狂信的な母(ジュリアン・ムーア)に厳しく監視され、幸せとはいえない、孤独で鬱屈とした日々を送っている。ある日、キャリーへのいじめ事件をきっかけに、女子に人気の男子生徒トミーと、プロムパーティーに参加することになる。キャリーは母親の反対を押し切り、手作りのドレスに身を包み、パーティーへ出かける。憧れのトミーを見つめ、会場の注目を一身に浴び、夢見心地のキャリーだったが、悲劇が訪れる。パーティーの終盤、2人がプロムのベストカップルに選ばれ、幸せの絶頂を感じた瞬間、キャリーの頭上から大量の血が浴びせられる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キャリー」は、スティーブン・キングの同名小説を映画化した76年製作の傑作ホラーをリメイクした作品です。内気で地味な冴えない女子高生であるキャリー・ホワイト役には、「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のクロエ・グレース・モレッツ。キャリーの母で狂信的な女性であるマーガレット・ホワイト役には、「メイジーの瞳」のジュリアン・ムーア。監督は、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。

 アメリカのハイスクールが舞台になっている映画を観て思うのが、いわゆる”いけてない”高校生には相当辛そうだということ。そういった意味では、クロエ・グレース・モレッツがキャリーを演じるのは相当な無理を感じます。だって、彼女はどう考えても、かなり”いけてる”ほうですからね。まあ、以前紹介した「黒執事」の剛力彩芽のような無理な配役は日本だけではないようですね。

 逆に、役どころにはまっていたのが、キャリーの母親を演じたジュリアン・ムーア。キモさ炸裂のいっちゃってる系を見事に演じていました。正直、彼女が演じていなければ、とても退屈な映画になったと思いますよ。

 つまり、本作はあらすじだけ観れば、怖くも何ともない映画なんですよね。悪ガキどもがキャリーを虐めている様子を見ても、あとでバチがあたるぞという感情しか湧いてこないわけ。そこからのあの結末ですから、至極当然なわけで意外性も皆無。もう少しグロな演出にするなど、一工夫欲しいところでした。

 このように「キャリー」は、失敗邦画の典型的パターンを模写したような作品となっております。まあ、クロエちゃんのファン以外、観ない方がよいと思いますよ。では、本日はこの辺で ヽ(●・ω・)ノ-○-お団子ふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品