Google
WWW を検索 ブログ内検索

予告犯 : ダークヒーロー登場!2015年06月11日 16:55

予告犯
 この「予告犯」は、ネット犯罪の恐怖を描いた筒井哲也による同名コミックを映画化した作品です。『シンブンシ』のリーダーである奥田宏明/ゲイツ役には、「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の生田斗真。同じく『シンブンシ』メンバーである葛西智彦/カンサイ役には、「HK 変態仮面」の鈴木亮平。同じく『シンブンシ』メンバーである木村浩一/ノビタ役には、「ポテチ」の濱田岳。同じく『シンブンシ』メンバーである寺原慎一/メタボ役には、「全然大丈夫」の荒川良々。『シンブンシ』のメンバーを追う警視庁サイバー犯罪対策課のキャリア捜査官・吉野絵里香役には、「駆込み女と駆出し男」の戸田恵梨香。監督は、「奇跡のリンゴ」の中村義洋。

 労働者派遣法改正案、維新が採決に応じることで成立しそうですね。私は、零細企業とはいえ経営者です。短期的に見た場合、こんな経営側に有利な法案はないですよ。でもね、長期的に見た場合、必ず日本の国力は落ちると思います。安部マンセーの連中は派遣社員になるのは本人の問題ということで賛成しているようですが、このような低脳では定年まで正社員でいることは不可能でしょう。

 いきなり時事ネタから入りましたが、本作は格差社会の理不尽さを描いた作品となっております。主人公の奥田宏明は派遣社員なのですが、その派遣先の経営者は道徳観が欠けている人物。いわゆる、ドラマにしやすい典型的な会社でしょう。その会社で体を壊し、職歴に空白が出来てしまう。つまり、自分自身の努力ではどうにもならない状況に追い込まれたわけ。こういった状況になると、ある程度の才能を持った人間でないと這い上がれないですよね。逆に、奥田宏明と好対照な存在が吉野絵里香。給食費も払えない貧しい家庭で育ちながら、警察のキャリア捜査官になった努力の人。そのため、二人の社会的立場、思考、社会に対する考え方、全く違うんですよね。その二人が最後に分かり合えるシーン、ちょっとだけ目頭が熱くなりました。今の格差社会に生きる日本人に必要なのは、こういったことかもしれないですね。

 というふうに、本作の一番の魅力はあらすじ。まさに現代のダークヒーローといえる『シンブンシ』の活躍、一種の爽快感を感じられる方は多いと思いますよ。彼らが行っているのは、社会的な制裁。だから、ちょうど良いさじ加減なわけ。そして、『シンブンシ』の最後のターゲットは彼ら自身、そこからの展開は見事でしたよ。上手いことやりますねぇ。

 演者の中で光っていたのは、何といっても主演の生田斗真。新聞紙から見える彼の目力、それは単なる愉快犯ではなく崇高な目的を持った男の目。こんな演技が出来るなんて、流石ですよねぇ。何だか仕事をする度に役者のしてのステータスを上げていますよ、彼は。

 このように「予告犯」は、現代の社会情勢にマッチングした作品となっております。あえてなん癖をつけるとすれば、多少上映時間が長くなってもゲイツ以外の『シンブンシ』メンバーのキャラを立たせるエピソードが欲しかったかな。だって、それだけの俳優そろえてんだもの。では、本日はこの辺で ヾ(´;ω;`)o尸 サヨゥナリ~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

夫婦フーフー日記 : 以外に広島に縁のある映画2015年06月07日 19:56

 今日から新しい家族になったレオくんです。
レオくん
 男の子は久々に飼うけど、これから楽しくやっていけそうです。  では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
夫婦フーフー日記

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 ダンナことコウタ(佐々木蔵之介)とヨメことユーコ(永作博美)は、長年の友人づきあいを経て出会いから17年目に結婚。入籍してすぐに妊娠が分かり大喜びする二人だが、ヨメの直腸に悪性腫瘍があることがわかる。ダンナはブログに夫婦の日々を記していった。やがて二人の子ペ~が生まれ希望に包まれるが、ヨメの容体が悪化。ヨメは最期に望んだ大好きなハンバーガーを食べ、その数日後に息を引き取った。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「夫婦フーフー日記」は、川崎フーフの闘病ブログを基にした書籍「がんフーフー日記」を映画化した作品です。小説家を夢見ているダンナ/清水浩太役には、「超高速!参勤交代」の佐々木蔵之介。ダンナと結婚後直ぐに癌であることを告げられたヨメ/清水優子役には、「八日目の蝉」の永作博美。監督は、「婚前特急」の前田弘二。

 原作の川崎フーフとは、フリーライターの清水浩司氏と癌で亡くなられた奥様のこと。そして、清水浩司氏は、広島在住で「おひるーな」というラジオ番組である火曜日のコメンテーターでもあるんですよね。だから、本作について熱く語っている清水浩司氏の話を聞いて、とても興味を持っていたんです。結婚、出産、ヨメの闘病、そしてヨメとの別れ、それをわずかの間に経験するという凝縮された人生の話を聞き期待して観に行ったのです。しかし、個人的には期待していたほどではなかったですね。

 佐々木蔵之介と永作博美の言葉の掛け合い、リズム感が抜群でした。そのリズム感が、作品の魅力の一つにもなっておりました。また、ヨメが癌で死んでしまう暗くなりがちなあらすじを、ファンタジー仕立てにすることで笑いに変えているのもGoodでした。しかしながら、何となく作品にのめりこむことはなかったですね。

 それは、何故なのか。作品の性格上、盛り上がりに欠けるところはあります。でも、そこではないのです。物語は、死んだヨメと生きているダンナが、二人の過去を振り返っていくというもの。そこが本作を分かりづらくしているようで、リアルとファンタジーの境目が見えなくなるところがあったんですよ。正直、感性の鈍いおっちゃんには会話をしている二人がリアルなのかファンタジーなのか分からない時がありました。

 このように「夫婦フーフー日記」は、演出と編集をもう一頑張りすることで素晴しい出来栄えになっていたかもしれないと感じられるおしい作品となっております。但し、佐々木蔵之介と永作博美の演技は素晴しい演技は、劇場で観ても損はしないかも。では、本日はこの辺で (*^o^*)ノハィバィ.+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

駆込み女と駆出し男 : あらすじまで駆け込み2015年05月30日 21:37

駆込み女と駆出し男
 口永良部島の火山噴火、凄かったですねぇ。そして、BSでサンフレッチェの試合観ていたら、小笠原諸島西方沖でM8.5の地震。南海トラフに備えて、防災グッズなどでも用意しておかないといけないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
駆込み女と駆出し男

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案にした人情時代劇です。東慶寺の御用宿である柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・中村信次郎役には、「トワイライト ささらさや」の大泉洋。駆込み女の一人である鉄練りじょご役には、「DOG×POLICE 純白の絆」の戸田恵梨香。駆込み女の一人であるお吟役には、「一命」の満島ひかり。駆込み女の一人である戸賀崎ゆう役には、「恐竜を掘ろう」の内山理名。東慶寺の院代である法秀尼役には、「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の陽月華。柏屋の主人・源兵衛役には、「ツナグ」の樹木希林。監督/脚本は、「わが母の記」の原田眞人。

 笑えて泣ける映画、良いですよねぇ。お涙頂戴映画と違って、押し付けがましさを感じないわけです。本作を観て泣けたわけではありませんが、清々しい気持ちにさせてもらったのは確かです。

 とにかく、映画全体のイキフンが良かったですよ。物語の中心になるのは、デキの悪い旦那から東慶寺に逃げてきた女性たち。そこにいる女性たちは皆、辛い過去を経験したものばかり。しかし、本作がフォーカスしているのは、女性たちの過去ではなく現在なわけ。つまり、東慶寺に駆け込んだ時点で辛い過去がリセットされ、新しい女性に生まれ変わっているんですよね。こんなところが、清々しい気持ちにさせてくれるんでしょうねぇ。

 演者の好演も光っている作品でした。特に、主演の大泉洋。あの「男はつらいよ」で映画ファンを唸らせた渥美清独特の”一人語り”にも劣らない素晴しいものでした。惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、意外に良かったのが、東慶寺の院代である法秀尼を演じた陽月華。生まれのよさから来る気品、修行によって培われた凄み、余りにも俗世間から離れた生き方をしてきたことによる滑稽さ(可愛らしさ)、完璧に演じていましたね。とにかく、この二人を始め、皆さん素晴しい演技でした。

 しかし、残念なのがあらすじ。東慶寺を取り潰そうと南町奉行の鳥居耀蔵がスパイまで送り込むのですが、余りにも駆け込み過ぎ。これには、呆気に取られましたよ。江戸っ子だから、ちょっちょいのちょいというわけにはいかんでしょう、全く。

 このように「駆込み女と駆出し男」は、笑って清々しい気持ちになれる人情時代劇の秀作です。決して派手さはありませんが、映画らしい特別な映像も味わえる一本ですよ。では、本日はこの辺で またねぇ(・ω・)ノ▽ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

脳内ポイズンベリー : 心の痛みが人を成長させる…。2015年05月16日 21:22

脳内ポイズンベリー
 明日は、いよいよ大阪都構想の住民投票ですね。広島市民の私には直接関係ないことですが、その後の野党再編などに大きく影響しそうなので気になります。それにしても自民党から共産党までの呉越同舟は、外野から見ている私にとっては胡散臭さいばかりです。個人的には、公務員の総数を削減できるであろう都構想は大いに賛成。というか、最大のメリットはそこだと思うのですが。改革とは必然的に痛みを伴うものですからね。ちなみに、本日紹介する作品は、人間の成長にも痛みが必要だと教えてくれたこちらになります。
【題名】
脳内ポイズンベリー

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女(古川雄輝)を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智(成河)が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「脳内ポイズンベリー」は、水城せとなの少女コミックを映画化したラブコメディです。何となく小説を書いている30歳の櫻井いちこ役には、「そして父になる」の真木よう子。いちこの脳内議会で議長を務める理性担当の吉田役には、「ストロベリーナイト」の西島秀俊。脳内議会でポジティブ担当の石橋には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の神木隆之介。脳内会議でネガティブ担当の池田役には、「六月燈の三姉妹」の吉田羊。脳内会議で衝動担当のハトコ役には、「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」の桜田ひより。脳内会議で記憶担当の岸さん役には、「清須会議」の浅野和之。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

 何故、本作を観に映画館へ行ったのか。それは、観たい映画(ワイルド・スピード SKY MISSION)の上映時間がどうしても合わなかったから。つまり、期待値ゼロで観に行ったわけ。でも、最高に素敵な映画でした。

 とにかく、脳内で会議を開くというアイデアがバツグンでした。主人公の櫻井いちこの脳内には、理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶、といった5人があれやこれやと会議をしている。この様子が笑わせるだけでなく、自分だって悩んでる時はあんなだよねと妙に納得できるわけ。これは何気に凄いことだと思いますよ。櫻井いちこの同年代の女性だけでなく、おっさんの私まで納得できるわけですから。つまり、何らかの悩み事を経験した方なら、ことごとく櫻井いちこの脳内での葛藤に共感できるのではないでしょうか。

 でも、本作が良かったのは、それだけではありません。とにかく、あらすじが逸品。笑わせながら、昔の自分を思い出させながら、テンポのよい展開で観る者を作品の中に引き込んでいくわけ。そして、最後のオチなんか意外性があるだけでなく、本作が単なるラブコメディではないと思わせる素晴しいものでした。

 また、演者の皆さんも素晴しい演技でした。先ずは、いちこの脳内で対局の意見を持つ石橋役の神木隆之介、池田役の吉田羊、二人の振り切れた演技は良かったですよぉ。というのも、脳内会議の中心になるのはポジティブ石橋とネガティブ池田の対立ですからね。プロフェッショナルですねぇ。そして、二人よりも良かったのが主人公の櫻井いちこを演じた真木よう子。圧倒的な肉体的ポテンシャルを誇る真木よう子からすれば、いちこは真逆のキャラクター。でも、とても可愛く見えるんですよ。真木よう子も演技の幅が広い女優さんですね。

 このように「脳内ポイズンベリー」は、性別・年代を問わず楽しめるラブコメディの逸品となっております。出来れば、脳内会議男版なんぞも観てみたいものですね。では、本日はこの辺で (><*)ノ~~~~~サヨナラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ジヌよさらば~かむろば村へ~ : 人妻の色気炸裂!!2015年05月06日 14:20

ジヌよさらば~かむろば村へ~
 昨日の広島カープの連勝、よかったよかった。この調子で逆転優勝目指してもらいたいものです。では、本日紹介する作品は、1ヶ月くらい前に観たこちらになります。
【題名】
ジヌよさらば~かむろば村へ~

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 銀行に勤めていながら現金に触るだけで失神してしまう金アレルギーになってしまったタケ(松田龍平)は、仕事を辞め、一銭も使わずに生活しようと東北地方のとある寒村に逃げるようにやってくる。田舎暮らしを甘く見るタケに、過疎の地だからこそ現金や携帯電話が必要なのにと村人たちはあきれ顔だった。面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)は自分が経営するスーパーでタケを雇い、食料の現物支給という形で給料を払うことにする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジヌよさらば~かむろば村へ~」は、いがらしみきおの同名コミックを奇才・松尾スズキ監督が映画化したヒューマンコメディです。金アレルギーとなり一銭も使わずに生活するためにかむろば村へやってきた高見武晴役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の松田龍平。武晴の面倒を何かと見るかむろば村の村長・天野与三郎役には、「謝罪の王様」の阿部サダヲ。与三郎の妻である天野亜希子役には、「小さいおうち」の松たか子。武晴に惚れてしまう青葉役には、「脳男」の二階堂ふみ。怪しい男・多治見役には、「R100」の松尾スズキ。

 とにかく、個性際立つ登場人物たちが観る者を笑いの村へ誘い込む、そんな感じの映画でした。主人公の高見武晴は金恐怖症のため自給自足生活を目指している青年、村長の天野与三郎は超面倒見のよい村長、青葉は愛くるしい面と悪女の面を持つ不思議ちゃん、多治見は怪しさぷんぷんの男、なかぬっさんはいたるところで写真を撮り目から不思議な光線を放つ老人、青木は美人局をしながらも憎めないヤクザ、といったようにさっらっと流せない人物ばかり。それでも物語として破綻しないのは、役者の皆さんがプロとしての仕事を全うしたからでしょうね。

 そんな個性的な登場人物の中で一番光っていたのが、松たか子演じる天野亜希子。登場人物の中では随分とまともな性格なのだが、何ともエロを感じさせるのであります。二階堂ふみもパンチラを見せるなど頑張っているのですが、人妻のエロさには遠く及びません。これは、実生活もさぞかし充実しているからでしょう。この松たか子のエロさを見るだけでも、劇場に足を運ぶ価値があると思えますよ。

 また、あらすじ的にもなかなかでした。本作のメッセージとしては、行き過ぎた経済社会への批判、田舎が都会のために切り捨てられる現実、それらにまい進する政治への皮肉、といったところでしょうか。こんな感じで観る者に伝えたいメッセージが複数あると、何かとぼやけてしまいがち。それを、金アレルギーの高見武晴が、村長選挙に立候補・当選することで見事に伝えきっているんですよね。まあ、これは原作のクオリティーの高さによるものなのでしょうが(ちなみに、原作は未読)…。

 このように「ジヌよさらば~かむろば村へ~」は、以外に楽しめるヒューマンコメディの秀作です。もう直ぐ劇場公開が終わりそうなので、興味をもたれた方は早めにどうぞ。では、本日はこの辺で -~)ノ~~ ジャネ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品