Google
WWW を検索 ブログ内検索

「わたし」の人生 我が命のタンゴ : 以外に裾野の広い映画。2014年11月27日 20:23

「わたし」の人生 我が命のタンゴ
 民主党の枝野幸男幹事長、地下アイドルとエール交換ですか。民主党の中では骨のある政治家だと思っていただけに、残念感が一入です。まあ、そんなことは置いといて、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
「わたし」の人生 我が命のタンゴ

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 主婦である鈴木百合子(秋吉久美子)は、子育てを終え、自らの長年の夢である大学教授への道を歩き始めようとしていた。そんなある日、百合子の父で元大学教授の堂島修治郎(橋爪功)が、痴漢行為で警察に保護された。父の異変を心配した百合子は、修治郎を病院へ連れて行き、そこで予期せぬ事実を知らされる。修治郎は“認知症”を患っていたのだ。病気の進行への不安と介護という現実に衝突し、離ればなれになっていく家族。そんな時、百合子は同じ状況の家族が集う認知症「家族の会」の存在を知る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」は、実際のエピソードを基に認知症を患った父親とその娘との家族の絆を描いたヒューマンドラマです。元ニュースキャスターであり大学で教鞭をとる鈴木百合子役には、「不良少年 3,000人の総番」の秋吉久美子。百合子の父で元大学教授の堂島修治郎役には、「東京家族」の橋爪功。百合子の妹でタンゴ歌手の堂島実加子役には、冴木杏奈。監督は、「受験のシンデレラ」の和田秀樹。

 在宅介護制度、皆さんはどのようにお考えですか。個人的には、現役世代に莫大な負担を強いるだけでなく、社会の活力まで奪ってしまう制度だと考えております。では、どうするべきか。姥捨てヤマの様で気が引けますが、公的な老人ホームを作り、集中介護をするべきだと考えております。今更、後戻りは難しいでしょうけど。でもねぇ、本作を観ていると、私の考えは間違っていないような気がします。

 話の導入部分が暗くなってしまいましたが、本作のイキフンは割りと明るくなっております。暗くて重いテーマを扱いながらこんなイキフンになっているのは、アルゼンチンタンゴが重要なピースとなっているからでしょう。それに、前向きな気持ちで老人ホームに行くオチもよかったですね。和田秀樹の作品は初めてですが、面白い切り口で楽しめる作品でもありました。

 また、配役もGoodでした。主演の秋吉久美子は相変わらずフェロモン全開なのですが、それを上回ったのが冴木杏奈。そのエロオーラときたら、圧倒的でしたよ、マジで。学会に所属されている方の店舗では、一年中彼女のポスターを見る事が出来るのですが、動いている彼女を見るのは初めて。熟女好きの私にとって、これだけでも本作を観る価値がありました。

 このように「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」は、暗くて重いテーマを扱いながらも、楽しめる作品に仕上がっているヒューマンドラマの秀作です。そして、熟女好きには、それ以上の価値がある作品でもありますよ。では、本日はこの辺で ヽ(´Д【バイバイ】Д`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 寅次郎の縁談 : 満男、やるじゃないか!2014年11月12日 11:04

男はつらいよ 寅次郎の縁談
 阪神の新井おにぃ、広島復帰ですか。昔はファンだっただけに頑張って欲しいけど、三塁のレギュラーは堂林に期待しているのがファンの正直なところでしょう。でも、2000本安打だけは、何とか達成して欲しいところ。では、本日紹介する作品は世界映画史上に不滅の記録を打ち立てたこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎の縁談

【製作年】
1993年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、香川県(琴平・志々島・高見島)、栃木県(烏山)

【寅さんのマドンナ】
坂出葉子(満男の下宿先の美女):松坂慶子

【満男のマドンナ】
亜矢(看護師):城山美佳子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 来年大学を卒業し、就職しなければならない満男は、不況の追い風を受けて採用試験に苦戦していた。さくらと博は苛立つ満男をハラハラしながら見守るだけ。そのうち、自分自身にも嫌気がさした満男は旅に出てしまうのだった。ひさしぶりに葛飾に帰った寅は、事情を聞いて満男を連れ戻すことを安請け合い。さっそく、瀬戸内海の小島・琴島へ出掛けた。満男を見つけ出し、説教してみたものの、当の本人は看護婦の亜矢に恋してしまい、帰る気がないらしい。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎の縁談」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第四十六作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、くるまやの店員である関西出身の三平役には北山雅康、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎、寅次郎のテキヤ仲間であるポンシュウ役には関敬六。準レギュラー・ゲスト陣では、寅さんのマドンナで神戸で料理屋を営んでいた坂出葉子役には松坂慶子、満男のマドンナ役で看護師をしている亜矢役には城山美佳子、葉子の父である田宮善右衛門役には島田正吾、御前様の娘である坪内冬子役には光本幸子、釣りバカのハマちゃんこと浜崎伝助役には西田敏行。監督には、「東京家族」「小さいおうち」など、数々の名作を世に送り届けている巨匠・山田洋次がメガホンをとる。

 本作が公開された1993年、私も就職活動しておりました。いわゆるバブル崩壊の影響で、満男ほどではありませんが苦労しましたよ。そんなわけで、本作はとても思い入れのある作品でもあります。でも、それだけではありません。作品自体も素晴らしい出来になってるんですよ。

 先ずは、マドンナとして二度目の登場となる松坂慶子。その美しさは相変わらずで、マドンナらしいマドンナである坂出葉子を見事に演じております。しかも、前回登場時同様寅さんにひっそりとふられちゃうわけ。坂出葉子も浜田ふみ同様、とらやの女将が似合いそうなのですが、そうならないのが本シリーズのよいところなんですけどね。

 また、珍しいゲストも登場します。一人目は釣りバカ日誌シリーズのハマちゃんこと浜崎伝助を演じる西田敏行。当時は、松竹の二枚看板でしたからね。二人目は御前様の娘で第一作目のマドンナでもあった坪内冬子を演じる光本幸子。これは、御前様役でレギュラー出演していた笠智衆が亡くなったためなのですが、こういったキャスティングはシリーズのファンにとって嬉しいばかりです。

 肝心のあらすじも、エクセレントな出来。就職活動にくじけそうになった満男が現実逃避の旅でたどり着いた先は、瀬戸内海に浮ぶ志々島。満男がその島に居ついた理由は、診療船でやって来る看護婦の亜矢を好きになったから。そこへ寅さんが満男を連れ戻すためにやって来るのですが、美しい葉子に一目ぼれしてしまいミイラ取りがミイラになる何時ものパターンになるわけです。そこから先はネタバレになるというか、いわなくても分かりますよね d(≧ω・)йё。

 このように「男はつらいよ 寅次郎の縁談」は、個人的な思い入れがあるだけでなく、作品としても素晴らしいものとなっております。それにしても、泉ちゃんの時と比べて、満男の手の早さは格段の成長を我々に見せてくれます。では、本日はこの辺で |////|´Д`)ノ|////|ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 寅次郎の青春 : 寅さんらしさが詰まった作品2014年10月30日 21:19

男はつらいよ 寅次郎の青春
 今年は、久々に秋らしい秋となっております。やはり、日本はこうでないと。では、本日紹介する作品は、とても日本らしいこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎の青春

【製作年】
1992年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、宮崎県(油津)、岐阜県(下呂温泉)

【寅さんのマドンナ】
蝶子(理髪店の女主人):風吹ジュン

【満男のマドンナ】
及川泉(満男の高校時代の後輩):後藤久美子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 秋風の漂う頃、旅から旅のフーテンの寅こと車寅次郎は九州・宮崎のある港町で、“髪結いの亭主”よろしく理髪店の女店主・蝶子のもとに居候することになった。一方、寅の故郷、葛飾・柴又では、東京のレコード店に就職した泉が、休み前になると満男の家に遊びに行き、さながら家族のように過ごしていた。そんな泉は高校時代の親友の結婚式で宮崎に出かけ、偶然、寅に出会う。久しぶりの再会に喜ぶ2人だったが、そこへ蝶子がやって来て、大あわてした寅は足をくじいてしまう。泉から電話でそのことを聞いた満男は、大急ぎで宮崎へ。その慌てようにさくらたちは大騒ぎとなるが、満男が急いだのはもっぱら泉に会いたいからだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎の青春」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第四十五作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、くるまやの店員である関西出身の三平役には北山雅康、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎、寅次郎のテキヤ仲間であるポンシュウ役には関敬六。準レギュラー・ゲスト陣では、寅さんのマドンナで理髪店の女主人である蝶子役には風吹ジュン、満男のマドンナ役で高校時代の後輩でもある及川泉役には後藤久美子、蝶子の弟で船乗りをしている竜介役には永瀬正敏、泉の母である及川礼子役には夏木マリ。監督には、「東京家族」「小さいおうち」など、数々の名作を世に送り届けている巨匠・山田洋次がメガホンをとる。

 本作は、個人的にとても好きな一本です。というのも、寅さんがもっとも寅さんらしい作品なんですよ。マドンナの蝶子と寅さんの出会い、マドンナの弟である竜介との絶妙な距離感、泉との突然の出会いからの骨折した体、満男との何時ものやり取り、好意を持った蝶子の元を逃げ出すように離れる姿、どれをとっても寅さんらしさが表れているわけです。何とも、よいですなぁ。

 そして、つかみが最高によかった。ふとしたことから蝶子の理髪店で散髪してもらうことになるのですが、その散髪シーンが出色の出来なのです。客を気遣いながらも凛とした蝶子の姿勢、その姿勢の中で魅せる女の色香、堪らないですね。マドンナ役に絶対に必要な要素は色気だと思いますが、その色気を通り越したフェチズムを感じましたよ。以前紹介した「小さいおうち」でも述べましたが、あの足首のエロさはここから来てるんですね。

 しかし、本作では悲しい別れがあります。それは、満男と泉の別れではなく、第一作目から御前様を演じてきた笠智衆が本作をもって最後の登場になることです。そのわけは、本作公開の3ヵ月後に亡くなられたからです。その演技は決して上手いものではありませんが、笠智衆でないと出せない味と存在感がありました。そこが、今になっても名優と呼ばれる由縁なのでしょうねぇ。

 このように「男はつらいよ 寅次郎の青春」は、”寅さん”がぎゅっと詰まった作品となっております。そして、山田洋次がエロい人だと分かったのも、個人的には収穫でした。では、本日はこの辺で ьчёьчё━━━ヽ(○´Д`○)ノ━━━ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 寅次郎の告白 : 吉田日出子、エロエロ2014年10月23日 20:30

男はつらいよ 寅次郎の告白
 2014プロ野球ドラフト会議、我等が広島カープは有原投手の指名権獲得できませんした。しかし、野間外野手、やってくれそうではありませんか。カープの外野選手層はかなり厚いですが、しっかりとポジションを獲得して欲しいですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎の告白

【製作年】
1991年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、 鳥取県、岐阜県(奥恵那峡・蛭川)

【寅さんのマドンナ】
聖子(料亭の女将):吉田日出子

【満男のマドンナ】
及川泉(満男の高校時代の後輩):後藤久美子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 寅次郎の甥・満男が想いを寄せる泉が東京の大手楽器店に就職のための面接に再び上京。それと同時に寅次郎も、柴又へ帰って来た。久しぶりに皆で楽しい一時を送る泉。翌日、泉の会社訪問に付き添う満男だったが、結局、就職はうまくいかないまま泉は静岡に帰ってしまう。また寅次郎も再び旅に出、日本海沿岸の鳥取へと向かった。ところがそこで偶然泉と再会する寅次郎。母親の再婚を素直に喜べない泉は、その寂しさを紛らすために鳥取まで来たのだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎の告白」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第四十四作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、くるまやの店員である関西出身の三平役には北山雅康、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎、寅次郎のテキヤ仲間であるポンシュウ役には関敬六。準レギュラー・ゲスト陣では、寅さんのマドンナで料亭の女将である聖子役には吉田日出子、満男のマドンナ役で高校時代の後輩でもある及川泉役には後藤久美子、泉の母である及川礼子役には夏木マリ、駄菓子屋の老女役には杉山とく子。監督には、「東京家族」「小さいおうち」など、数々の名作を世に送り届けている巨匠・山田洋次がメガホンをとる。

 吉田日出子、声が何とも魅力的な女優さんです。とりたて美人ってわけでもないが、妙に色気のある女性でもあるんですよね。まあ、彼女の色気を理解するには、男性の方もある程度年をとらなきゃだめでしょうが。本作は登場時間は決して長くないですが、そんな魅力的な女性がマドンナとなっております。

 ちなみに本作、寅さんとマドンナの聖子さんは、急転直下で大人の関係直前までいくのです。仕事を終え、寅さんと共に一杯やろうとした聖子さんが灯した照明はピンク色。この時点で、聖子さんはエロエロなのです。しかしながら、そのことに全く気付かない寅さん。でも、超積極的な聖子さんは一挙に寅さんを追い込んでいきます。それを阻止(邪魔)したのが甥っ子の満男。この展開は、面白かったなぁ。でも、本作ではマドンナの聖子さんに相当な恥をかかせたので、寅さんも反省して欲しいところですね。

 しかしながら、寅さんとマドンナのやり取りは本作では添え物程度の扱い。主題になるのは、満男と泉ちゃんの物語。本作でも満男は強引な口実で柴又から泉ちゃんの元へ向います。その行く先は、鳥取。鳥取砂丘で転げる満男の姿は、今となってはムズ痒いレベルの演出ですが、そこを突っ込むのは止めておきましょう。しかしながら、この頃になると、満男を演じる吉岡秀隆、泉ちゃんを演じる後藤久美子、二人とも役者としての格が上がってきたように感じます。役柄が俳優を成長させるんでしょうねぇ。

 このように「男はつらいよ 寅次郎の告白」は、添え物程度とはいえ吉田日出子のコケティッシュな魅力が光る作品となっております。シリーズの中でも少し毛色の違う作品となっているので、まだ観ていらっしゃらない方はどうぞ。では、本日はこの辺で [ ●`・∇・´]σ゚+o。バイバイ。o+゚a[ `・∇・´○]  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 寅次郎の休日 : ある意味、本領発揮の寅さん2014年10月01日 11:02

男はつらいよ 寅次郎の休日
 今日の阪神戦、広島カープにとって今シーズン一番大切な試合になりそうです。先程、RCCの横山雄二アナウンサーも仰っていましたが、広島カープが久々にファンに恩返しするためにも、今日の試合は勝って欲しいものです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎の休日

【製作年】
1990年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、大分県日田市、愛知県名古屋市

【寅さんのマドンナ】
及川礼子(泉の母):夏木まり

【満男のマドンナ】
及川泉(満男の高校時代の後輩):後藤久美子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ついに大学に入った満男はパッとしない毎日を過ごしていたが、そんなある日、名古屋に住む一年前の初恋の相手・泉がやって来る。泉は両親の別居という不自然な生活に耐えられず、愛人と同居しているという父・一男を説得しに来たのだった。そんな泉の切実な思いに動かされたさくらたちは泉を父親探しの旅に送り出すが、東京駅まで見送った満男も一緒に九州まで行ってしまう。そんな満男の家出にオロオロしてしまうさくらに旅から帰って来た寅次郎は「いつまでも子供扱いするから一人前になれないんだ」と説教するが、泉の母・礼子がくるまやに現れたことによって寅次郎は「高校生とはいっても子供同然です。すぐ探しに行きましょう」と、引き留めるさくらたちを振り切って礼子と二人出て行ってしまう。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎の休日」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第四十三作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、くるまやの店員である関西出身の三平役には北山雅康、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎、寅次郎のテキヤ仲間であるポンシュウ役には関敬六。準レギュラー・ゲスト陣では、寅さんのマドンナで及川泉の母である及川礼子役には夏木マリ、満男のマドンナ役で高校時代の後輩でもある及川泉役には後藤久美子、泉の別居中の父である及川一男役には寺尾聰、一男の愛人である幸枝役には宮崎美子。監督には、「東京家族」「小さいおうち」など、数々の名作を世に送り届けている巨匠・山田洋次がメガホンをとる。

 本作も前作に引き続き、Wマドンナ体制となっております。そして、後藤久美子演じる及川泉の複雑な家庭事情が描かれた作品でもあります。父親を追い東京に来た泉、しかし、その父は仕事を辞め愛人の住む大分で暮らしているのです。満男と共に大分へ向かい父にあうのですが、幸せそう暮らす父に対し、言いたかったことも胸にしまいこんだまま別れてしまうのです。また、泉の後を追って寅さんとやってきた母の礼子。しかしながら、母と娘は傷ついただけの旅になってしまう。その二人のマドンナに対し、寅さんも満男も何も出来ないという、ちょっと悲しい結末。ある意味、寅さんの本領発揮といえる展開だし、満男もちゃんと寅さんの血を引いていることが理解できるんですけどね。

 そんな”とほほ”な物語ですが、マドンナ役の夏木マリはGoodでした。泉の母親役として前作でも登場しており何となく特別感のない扱われ方ですが、夏木マリの女力全開のオーラはそんなことを帳消しにしてしまいます。人間的によく出来た娘の泉と違い、気が強そうなのにふらふらとしたところが何とも堪りません。こんな女性って、男が一番気になるタイプなんですよねぇ。

 シリーズのファンにとっては、久々の夢始まりだったのもGoodな感じ。やっぱり、「男はつらいよ」は、こうでないといけないですよ。

 このように「男はつらいよ 寅次郎の休日」は、及川泉の複雑な家庭事情が描かれている作品となっております。でも、本作をきちんと観ておかないと、今後の作品を観るのはつまらないかもです。では、本日はこの辺で (●´Д`)ノ【バ】【イ】【バ】【イ】ヽ(・ω・○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品