Google
WWW を検索 ブログ内検索

日本のいちばん長い日 : 歴史が動く瞬間を捉えた名作2015年09月30日 10:06

日本のいちばん長い日
 本日は、お盆休みに観た映画第3弾のこちらになります。
【題名】
日本のいちばん長い日

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「日本のいちばん長い日」は、混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化した作品です。鈴木内閣の陸軍大臣である阿南惟幾役には、「蜩ノ記」の役所広司。天皇陛下役には、「おくりびと」の本木雅弘。鈴木貫太郎首相役には、「藁の楯 わらのたて」の山崎努。監督/脚本は、「駆込み女と駆出し男」の原田眞人。

 太平洋戦争末期、現実的な思考を持った政治家・軍人は、本当に国家の行く末を心配していたのではと思います。戦局は日々悪化し若者の命が全線で失われるだけでなく、日本国土に対する無差別爆撃が女性や子供の命まで奪っている。正に、国家滅亡の危機ですよね。こういった状況の中、どのような経緯で終戦を迎えたのか。本作は、歴史の真実を描き出そうとする原田眞人監督の熱い思いが伝わる作品となっておりました。

 先ずは、陸軍大臣の阿南惟幾がとても魅力的に描かれていました。表面的には「抗戦派」を装っておりながら、陛下の真意を汲み終戦へと向かわせた、帝国陸軍の信義の人。和平が決まってからは、介錯無しで切腹することで、陸軍若手将校のクーデーター計画も抑え込みました。日本を救ってくれた英雄の中の英雄ですね。そんな阿南惟幾を、役所広司が見事に演じていました。

 さらに、見事だったのが原田眞人監督の演出。半端ない緊張感が最後の最後まで貫き通され、観ていて良い意味で疲れてしまいましたよ。当時の追い詰められた日本人が叡智を絞り出しどのように国難を乗り切ろうとしたのか、右巻きの人にとっても左巻きの人にとっても共感できる作りになっていたのもGoodでした。

 少し映画の話題から離れますが、以前より疑問に感じていたことがありました。それは、陛下の御聖断により終戦へと舵が切られたのに、何故戦争に反対であった陛下が陸軍の暴走を止めることができなかったのか。でも、本作を観ることによって、その疑問は払しょくされました。と同時に、陛下がいかに大日本帝国憲法を大切に考えられていたのか認識させられました。個人的には普通の国になって欲しいけど、今の姑息なやり方は間違いだと思いますよ、安倍総理。あなたのせいで、憲法改正はかなり遠のいたと思います。

 このように「日本のいちばん長い日は、扱っている題材、俳優陣の迫真の演技、それに原田眞人監督の才気がリンクしシナジー効果を醸し出した至極の名作となっております。既に劇場での上映は終了していると思いますが、来年の夏にでもDVDで観賞されたらよいかも。では、本日はこの辺で マタネー!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

駆込み女と駆出し男 : あらすじまで駆け込み2015年05月30日 21:37

駆込み女と駆出し男
 口永良部島の火山噴火、凄かったですねぇ。そして、BSでサンフレッチェの試合観ていたら、小笠原諸島西方沖でM8.5の地震。南海トラフに備えて、防災グッズなどでも用意しておかないといけないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
駆込み女と駆出し男

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案にした人情時代劇です。東慶寺の御用宿である柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・中村信次郎役には、「トワイライト ささらさや」の大泉洋。駆込み女の一人である鉄練りじょご役には、「DOG×POLICE 純白の絆」の戸田恵梨香。駆込み女の一人であるお吟役には、「一命」の満島ひかり。駆込み女の一人である戸賀崎ゆう役には、「恐竜を掘ろう」の内山理名。東慶寺の院代である法秀尼役には、「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の陽月華。柏屋の主人・源兵衛役には、「ツナグ」の樹木希林。監督/脚本は、「わが母の記」の原田眞人。

 笑えて泣ける映画、良いですよねぇ。お涙頂戴映画と違って、押し付けがましさを感じないわけです。本作を観て泣けたわけではありませんが、清々しい気持ちにさせてもらったのは確かです。

 とにかく、映画全体のイキフンが良かったですよ。物語の中心になるのは、デキの悪い旦那から東慶寺に逃げてきた女性たち。そこにいる女性たちは皆、辛い過去を経験したものばかり。しかし、本作がフォーカスしているのは、女性たちの過去ではなく現在なわけ。つまり、東慶寺に駆け込んだ時点で辛い過去がリセットされ、新しい女性に生まれ変わっているんですよね。こんなところが、清々しい気持ちにさせてくれるんでしょうねぇ。

 演者の好演も光っている作品でした。特に、主演の大泉洋。あの「男はつらいよ」で映画ファンを唸らせた渥美清独特の”一人語り”にも劣らない素晴しいものでした。惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、意外に良かったのが、東慶寺の院代である法秀尼を演じた陽月華。生まれのよさから来る気品、修行によって培われた凄み、余りにも俗世間から離れた生き方をしてきたことによる滑稽さ(可愛らしさ)、完璧に演じていましたね。とにかく、この二人を始め、皆さん素晴しい演技でした。

 しかし、残念なのがあらすじ。東慶寺を取り潰そうと南町奉行の鳥居耀蔵がスパイまで送り込むのですが、余りにも駆け込み過ぎ。これには、呆気に取られましたよ。江戸っ子だから、ちょっちょいのちょいというわけにはいかんでしょう、全く。

 このように「駆込み女と駆出し男」は、笑って清々しい気持ちになれる人情時代劇の秀作です。決して派手さはありませんが、映画らしい特別な映像も味わえる一本ですよ。では、本日はこの辺で またねぇ(・ω・)ノ▽ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

エクソダス:神と王 : 映像だけは最高の作品2015年02月03日 14:21

エクソダス:神と王
 ISILによる邦人拉致事件、最悪の結果となってしまいました。しかし、この結果を受けてムスリムの方たちに差別的発言をする方たちがいますが、味噌と糞を一緒にするなんて同じ日本人として情けないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
エクソダス:神と王

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、ラムセス(ジョエル・エドガートン)と共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌン(ベン・キングズレー)から、自分がヘブライ人であることを知らされる。モーゼは、ヘブライ人を鞭打ちにしていたエジプト人を殺害し、国を追放される。やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「エクソダス:神と王」は、旧約聖書の「出エジプト記」に記されたモーゼの奇跡の数々を最新VFXで描いたスペクタクル・アドベンチャーです。ヘブライ人でありながらエジプトの王子のラムセスと兄弟同然に育てられたモーゼ役には、「ダークナイト ライジング」のクリスチャン・ベイル。エジプト王のラムセス役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジョエル・エドガートン。監督は、「悪の法則」のリドリー・スコット。

 モーゼといえば、無宗教の日本人でも知らない人はいないでしょう。ISILのために何かと槍玉にあげられているイスラム教でも、預言者の一人に数えられていますからね。そんな世界に知らない人はいないモーゼの半生を描いた本作、どこか宗教臭いものがあるのかと心配しておりましたが、そんなことは皆無でした。でもねぇ、何だか今一だったんですよね。

 とりあえず、映像は素人の私がどうのこうのいうのがおこがましいくらい素晴しいものでした。3D字幕があったので久々に3Dを劇場で観ましたが、目の近くに重い物をかけても良かったですよ。特に、奥行きを感じさせる3D映像には新鮮さを感じました。流石は、リドリー・スコット監督です。

 あらすじも、テンポ良かったですね。150分という長尺な作品でありながら、観る者に長さを感じさせない工夫が施されていました。次から次へと発生するイベント、やはり歴史的偉人の人生は半端ないですね。

 とはいえ、観終わった後に何らかの違和感を感じたのも事実。というのも、個人的にはイスラエルという国にはいかがわしさしか感じないからです。ISIL指導者の素性に関する問題、核保有疑惑、パレスチナ人に対する非人道的行為、かの国こそ真のならず者国家でしょう。個人的には、こういったことがひかかってしまい素直に楽しめなかったですね。

 このように「エクソダス:神と王」は、圧倒的映像が観る者を飲み込んでいく作品となっております。但し、私と同様の考えをお持ちの方は行かない方が良いと思いますよ。では、本日はこの辺で またね_φ(o゜C_`o)ゞ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

長州ファイブ : 人選は大河ドラマよりGood!2015年01月27日 16:18

長州ファイブ
 年明けから結構忙しく、更新が遅れております。まあ、私の趣味でやっているブログなので許してください。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
長州ファイブ

【製作年】
2006年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 尊王攘夷の気運が高まる1862年12月。品川御殿山に建設中のイギリス公使館の焼き討ちを果たした一党の中には、長州の若き志士である山尾庸三(松田龍平)、志道聞多(北村有起哉)、伊藤俊輔(三浦アキフミ)等がいた。数日後、彼らは佐久間象山(泉谷しげる)の薫陶を受け、イギリスを始めとした西欧列強から日本を守る為にはむしろ「敵」である彼らから多くを学ぶべきであると悟るに至り、イギリスへ渡る事を決意する。海外渡航は幕府により厳固に禁じられていたが、長州藩主・毛利敬親(榎木孝明)から黙認の言質と援助を取りつけ、航海術に長けた野村弥吉(山下徹大)、噂を聞きつけた遠藤謹助(前田倫良)を仲間に加えた五人は密航へ向けて動き出した。前代未聞のこの目的を遂げる為には「“侍”であることすら捨てる」と覚悟を決めて髷を切り落とした五人は、1863年5月、死罪覚悟で帆船チェルスウィック号に乗り込んだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「長州ファイブ」は、海外文化を日本から排除しようとする“尊皇攘夷”の意識が高まる中、異国の文化を学ぶために海を渡った男たちの青春群像劇です。後に“日本工学の父”と呼ばれる山尾庸三役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の松田龍平。後に、”日本の鉄道の父”と呼ばれる野村弥吉(後の井上勝)役には、「真夜中のマーチ」の山下徹大。明治時代に政治家として大成した志道聞多(後の井上馨)役には、「半次郎」の北村有起哉。初代内閣総理大臣となる伊藤俊輔(後の伊藤博文)役には、「感染列島」の三浦アキフミ。後に造幣局で才を発揮することとなる遠藤謹助役には、「津軽百年食堂」の前田倫良。監督・脚本は、「半次郎」の五十嵐匠。

 歴史は勝者が創るわけですから当然といえばそれまでですが、明治維新の英傑たちは必要以上に持ち上げられていると考えております。ぶっちゃけ、彼らのしたことは徳川幕府から権力を簒奪したこと、それ以上でもそれ以下でもない。でも、本作は、そんな私が観ても素直に”良い”と思える作品となっておりました。それは、主人公が伊藤博文や井上馨ではなく、“日本工学の父”と呼ばれる山尾庸三であったからだと思います。

 そう、本作は主人公が意外であっただけでなく、あらすじも意外な作品でした。まあ、今年の大河ドラマの主人公は興味が薄れるほど(ほぼ一般人)の意外性がありましたが。でも、その意外性が、作品のクオリティーを高めているといってよいデキなのです。それもそのはず、主人公の山尾庸三は“日本工学の父”と呼ばれるだけあって、物作りを学んでいくのです。西洋の政治の仕組みを学ぶのと違い、我々のような一般的な人間にとって一番身近であり、国を富ますために一番必要なことを勉強しているわけです。そこで彼が経験するのも人種(日本人)だけでなく障害者や女性への差別であったり、勤勉に働くことにより周囲から信頼を得たり、幸薄い美しい女性との恋物語であったりするわけです。この映画を観て、少しだけ明治維新が身近に感じられるようになりましたよ。

 また、この映画を作るキャストやスタッフの熱い気持ちを感じられる作品でもありました。本作が作られた年代は、日本が一番元気のない頃。こんな時に作られた映画だからこそ、原点回帰をすることで少しでも活気を取り戻そうとする心意気が感じられました。こういうのって、何だかよいですよね。

 このように「長州ファイブ」は、意外な人物が主人公になることで一味違った明治維新の英傑の姿をみれる作品となっております。今の日本人に欠けている貧欲なまでの知識の吸収、このことが現代日本の長期的な低迷の原因だと感じましたよ。では、本日はこの辺で |○ΘДΘ|⊃○o。βyёβyё。o○⊂|ΘωΘ●| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ドラキュラZERO : ルーク・エヴァンス、サイコー!2014年11月06日 12:58

ドラキュラZERO
 ならず者国家・中国の漁船が、大挙して小笠原沖で密漁をしております。こんな国家の非常時に、右翼の馬鹿共は大音量の街宣カーに乗って街中を走り回ってる場合ではないでしょう。自分達の気概を我々一般国民に見せるためにも、結果の見える行動を取るべきかと。ちなみに、本日紹介する作品は、結果を得るために悪魔に魂を売った主人公の物語です。
【題名】
ドラキュラZERO

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1462年。トルコ勢力下にあるトランシルヴァニア国の君主で“串刺し公”の異名を持つヴラド・ツェペシュ(ルーク・エヴァンス)は、妻子とともに平和に暮らしていた。そんなある日、トルコ帝国から“息子を含む少年たち1000人を、兵士として育てるために我が国に渡せ”との通達を受ける。自らも少年の頃に経験した訓練や殺りくを息子たちに行わせたくないと願うヴラドは、トルコとの対決を決意。そして、迫りくるトルコの大軍に立ち向かうため、古より存在してきた悪の力を手に入れる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ドラキュラZERO」は、吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとも言われる15世紀に実在した人物ワラキア公ヴラド3世をモデルとしたホラー・アクション映画です。トランシルヴァニア国の君主で“串刺し公”の異名を持つヴラド・ツェペシュ役には、「ホビット 竜に奪われた王国」のルーク・エヴァンス。ヴラドの妻であるミレーナ役には、「複製された男」のサラ・ガドン。オスマン帝国の第7代スルタンであるメフメト2世役には、「ニード・フォー・スピード」のドミニク・クーパー。監督は、ゲイリー・ショア。

 ドラキュラ、様々な映画で描かれてきたキャラクターです。本ブログでもドラキュラ映画は何本か紹介しておりますが、描きつくされた感があるキャラクターだけに難しい部分もあるでしょう。そんな中、本作では歴史上の人物でドラキュラのモデルにもなったヴラド・ツェペシュが主人公です。ある意味、ドラキュラ映画の超保守ともいえる題材。では、その題材をどのように料理した映画だったのでしょうか。

 一言で言えば、保守的な内容でありながらも、芸術性の高いアクションシーンとルーク・エヴァンスの役者としての力量の高さで十分に楽しめる作品となっておりました。ヴラドが吸血鬼になり、初めてオスマン帝国の軍隊と戦うシーン。剣に映るヴラドの闘う姿、マジで痺れましたよ。ゲイリー・ショア監督、やりますねぇ。そして、ルーク・エヴァンスの吸血鬼、サイコーでした。彼の場合、本作のような正義と悪が混在したような役柄がピッタンコですね。今後も、このような役柄で観る者を痺れさせて欲しいものです。

 しかしながら、残念な点もありました。それは、ヴラド最大の敵といえるメフメト2世の存在感が少しお粗末に感じられたこと。メフメト2世といえば、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)を滅ぼし征服者と呼ばれた人物。それを、小物感が半端ないドミニク・クーパーが演じ、ヴラドに圧倒的敗北を喫して倒されてしまうとは。メフメト2世がより魅力的に描かれていれば、文句のつけようのない作品になっていたとお思うのですが…。

 このように「ドラキュラZERO」は、ルーク・エヴァンスの抜群の演技が光るホラー・アクションの良作となっております。でも、本作を観て、イスラム教徒の人たちは何を思うのでしょうか…。では、本日はこの辺で (⊃∀⊂)イナイイナイ- ∩・∀・)ノシ バイバァイ★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品