Google
WWW を検索 ブログ内検索

テッド2 : オッサンになったテディベア物語 22015年09月04日 14:37

テッド2
 昨夜(9/3)の広島カープ対阪神の試合、何というへなちょこ采配でしょう。藤波対策ということで、新井・エルドレットをベンチに下げるとは、緒方のくそボケは一体何を考えているのでしょうか。こんなおバカ監督には、ジョンとテッドの名コンビに、ぼろくそにこき下ろしてもらいましょう。
【題名】
テッド2

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 冴えない中年男ジョン(マーク・ウォールバーグ)と恋人の結婚から数年。中年テディベアのテッドと親友のジョンは、ボストンで相変わらず平凡な毎日を送っていた。しかし、ひとつだけ大きな変化があった。テッドがバイト先のスーパーで知り合ったタミ・リンと結婚していたのだ。お互いスーパーのバイト勤務のため貧しい生活を送るテッド夫妻は、ある日些細なことで大ゲンカとなり、早くも新婚生活は暗礁に乗り上げる。テッドは危機を乗り越えるために、子供を持ち、父親になることを決断する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「テッド2」は、R指定のコメディ映画としては歴代No.1のヒットとなった痛快作の続編となる作品です。主要キャストやスタッフは前作から引き継いでいるよ。本作からの登場する主な登場人物は、本作のヒロインでテッドの人権訴訟を共に闘うことになる若くて美人の新米弁護士サマンサ役に「レ・ミゼラブル」のアマンダ・セイフライド。

 個人的には、ここ数年で一番笑えたコメディー映画である前作。テディベアに魂が宿りオッサンに成長する、これ以上ないオリジナリティーに溢れたお下劣な下ネタ満載の素晴らしく笑える作品でした。そこからの本作なのですが、前作のお下劣な下ネタ満載の笑いはそのままに、現代の米国における格差社会・人種差別といった作風に合わない崇高なテーマも盛り込んだ素晴らしい作品となっておりました。

 先ずは、笑いの方から。基本的なネタは前作と変わらないのですが、大幅にパワーアップしておりました、それもお下劣な方向へ。そんな感じだから、人によっては観てられないかもしれないところはあります。でもねぇ、個人的にはどツボでした。まあ、そこはテディベアが主人公ですから、何とかなるのではないかな。

 次は、格差社会や人種差別に対する問題提起。テッド夫妻の職業は、共にスーパーのレジ打ち。妻の数万円の出費で大喧嘩する位、生活は楽ではないわけ。そればかりか、テッドは州政府から、人間ではなく“モノ”であると通達されるんですよ。これって、かっての黒人奴隷と同じ扱い。でも、本作の凄いところは、これらさえも笑いへと昇華させているところ。こんなセンスは、日本の映画人にはありえない。セス・マクファーレン、神レベルの仕事ぶりでした。

 このように「テッド2」は、前作をはるかに凌ぐR指定のコメディ映画の傑作となっております。特に、リーアム・ニーソンの使い方なんて、痺れまくりでしたよ。では、本日はこの辺で ヾ(●・ω・●)ノBeyBeyナノラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ラジオの恋 : 広島発ムービー!!2015年03月06日 11:45

ラジオの恋
 今週の火曜日、珍しく映画館に足を運びました。舞台挨拶があるというのも要因の一つですが、一番は広島発の映画だということ。ちなみに、舞台挨拶の写真がこれ。
ラジオの恋舞台挨拶
 主演の横山雄二アナウンサーと、出演はしていないものの同じラジオ番組のパーソナリティーの皆さんです。軽妙なトークは、本編に迫るほど面白かったですよ。では、その作品のレビューをどうぞ。
【題名】
ラジオの恋

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【ロケ地】
広島県広島市

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 「もうラジオなんて誰も期待してないんじゃないか…?」そんな思いに駆られたラジオパーソナリティー、横山雄二。しかし、ある日、「ミミ」と名乗る少女が彼の前に現れる。そして、ラジオの世界に不可思議なことが起こり始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ラジオの恋」は、ラジオの将来に不安を感じるラジオパーソナリティーと、彼の目の前に現われたラジオの女神が繰り広げるファンタジー映画です。広島で長くラジオパーソナリティを勤める横山雄二役には、宮崎が生んだ広島のスーパースターである天才・横山雄二。横山の前に現れたラジオの女神を名乗る謎の少女ミミ役には、広島県呉市在住の中野さくら。監督/脚本は、広島出身の時川英之。

 ラジオって、皆さんはどんな時に聴いていますか。まさか、TVのスポーツ中継のように手を休めてまで聴くことはないですよね。つまり、「ながら聴き」というのが一番多いと思います。そんな私が、仕事をしながら聴いているのが、本作の主演でもある横山雄二さんたちがパーソナリティーを務める「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」。本作の存在を知ったのも、このラジオ番組から。オール広島ロケ、出演者も広島にゆかりのある方ばかり。こりゃあ、広島県人なら観に行かんといけんじゃろう。

 で、肝心の感想ですが、ちょっとだけ笑わせて、ちょっぴり泣かせてくれて、観終わった後にほっこりした気持ちにさせてくれるファンタジー映画となっておりました。とにかく、あらすじが逸品なわけ。目まぐるしく展開が変わり観る者を飽きさせないとか、手に汗握る緊張感が味わえるとか、そういった作品の真逆の立ち位置を貫き通しているところが良かったですね。ラジオのように「ながら観」でも十分に作品の良さが伝わるようになっているんですよ。そこからの最後の展開、泣けましたねぇ。時川英之監督、上手いことやりますよ、全く。

 演者の中では光っていたのは、ラジオの女神を名乗る謎の少女ミミ役の中野さくら。透明感ある美少女というだけでなく、女優としての存在感すらありました。ぶっちゃけ、主演の横山雄二やアンガールズよりも光ってましたよ。恐るべき素人ですな。

 そして、個人的に何とも嬉しかったのが、広島愛を感じさせる風景や音楽。私がサラリーマン時代に休憩中よく一服していた公園、今でもたまに乗っている市電、そして何といっても挿入歌で使われた矢沢永吉の音楽。もう、サイコーやん。

 でも、個人的に(・_・?)だったのも、矢沢永吉なんですよね。エンドロール終了後に矢沢永吉のライブ映像が流れるのですが、ファンでない私でも鳥肌が立つような映像と音楽。映画の余韻をほとんどぶっ飛ばし、ただただ永ちゃんすげぇ~となってしまうのでした。

 このように「ラジオの恋」は、よく練られたあらすじが光るファンタジー映画の秀作となっております。また、広島愛に溢れた映画でもあるので、地元の人は劇場で観ることをお勧めしますよ。では、本日はこの辺で (´∇`)ノω"タマキンブラブラバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ベイマックス : ベイマックスの優しさに涙2014年12月28日 08:29

ベイマックス
 落ち着いたと思ったら、もう一山ありました。疲れましたが、これでよい正月を迎えられそうです。では、本日紹介する作品は、一週間前に観たこちらになります。
【題名】
ベイマックス

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 技術分野最先端の頭脳が集まる都市サンフランソーキョーに住む14歳の少年ヒロは、たった一人の身内である兄タダシを謎の事故で失う。心を閉ざし悲しみに暮れるヒロの前に、突如ベイマックスというロボットが現れる。空気で大きくふくらみゆったりと動くベイマックスは、タダシが開発した、人の身や心の健康を守るケア・ロボットだった。ベイマックスの優しさに触れ、次第にヒロの孤独な心は癒され元気を取り戻していく。そんな中タダシの死に疑問を持ち調べていくうちに、恐るべき陰謀に気付く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ベイマックス」は、孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの長編アニメーションです。監督は、「くまのプーさん」のドン・ホールと「ボルト」のクリス・ウィリアムズ。

 「アナと雪の女王」、観に行かなかったんですよね。物凄くヒットしていたし、各レビューでも絶賛されていたけど、意地を張って観に行かなかった感じ。未だに、DVDもレンタルしていませんからね。でも、本作は気になってしょうがなかったんです。

 気になってしょうがなかったのは、私の体型がベイマックスとそっくりというわけではありません。ロボットと日本人(日系人といった方が正解かな)を基本コンセプトにした映画というところが気になったのです。日本人にとってロボットは、人間を守ってくれる存在。鉄腕アトムの影響が大きいのでしょうね。しかし、アメリカ人にとってロボットは一部「パシフィック・リム」のような例外はあるにしても、明らかに日本人とは違います。そこを具体的にどう描いているのか、気になったのはそこなんですよ。

 ベイマックスは、人の心と体をケアするロボット。でもねぇ、それが想像以上に徹底されていたのです。主人公ヒロの兄であるタダシの仇、そんな人間に対してもベイマックスは傷つけないのです。そればかりか、どんな犠牲を払っても人間を守り抜くのです。そりゃもう、おっちゃんは号泣でしたよ。

 キャラクター・デザインも素晴しかったですね。特に、ベイマックスのぽっこりデザインは王道ですよ。あれを見たら、お子ちゃまはいちころでしょう。あと、デブ専の女子もね (・ωー)~☆ 。

 このように「ベイマックス」は、この冬休みにお子様と観る映画としては、至高の作品であります。可愛いベイマックスが最後にする選択、お子様だけでなく大人も涙する名シーンですよ。では、本日はこの辺で [○´・ω・]ノヂャァネッ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ホビット 決戦のゆくえ : 納得のシリーズ完結篇2014年12月16日 16:29

ホビット 決戦のゆくえ
 一昨日の総選挙、自公連立政権の勝利となりました。個人的には、公明党が議席を増やしたことは残念でしたが、年寄と風見鶏の政党(次世代の党)がほぼ一掃されたことはよい傾向だと思っております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ホビット 決戦のゆくえ

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な人々、子供にまでその報復の炎を降りそそぐ。一方、ドワーフの長トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は、取り戻した財宝に執着し、友情と名誉を犠牲にして我が物にしようとするが、それを知ったビルボは彼に道理をわきまえさせようとする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ホビット 決戦のゆくえ」は、J.R.R.トールキン原作の「ホビットの冒険」を映画化したもので、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる作品です。ホビット族のビルボ・バギンズ役には、「恋愛上手になるために」のマーティン・フリーマン。魔法使いのガンダルフ役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたイアン・マッケラン。ドワーフの伝説的勇者であるトーリン・オーケンシールド役には、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のリチャード・アーミティッジ。エルフの闇の森の王スランドゥイルの息子であるエゴラス役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたオーランド・ブルーム。エルフの闇の森の守備隊長であるタウリエル役には、「リアル・スティール」のエヴァンジェリン・リリー。人間で弓の達人であるバルド役には、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のルーク・エヴァンス。監督は、ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン。

 前作では、客席がザワザワした位のエンディング。そこからの本作ですから、つかみから超ハイテンションで始まったわけです。期待を微塵ほども裏切らないですね、感服しちゃいました。つまり、本作は上がりに上がったハードルをきっちりと越える作品となっていたのでした。

 シリーズ通じて一貫しているクオリティーの高い映像、本作では完結作に相応しい最高の出来でした。序盤は、スマウグとバルドの闘い。あっけない幕切れでしたが、私のテンションはほぼマックス。そこからオークの大軍と人間・エルフ・ドワーフとの壮大な決戦シーン。ただただ、驚嘆に値する素晴らしい映像でした。

 そして、肝心のあらすじも個人的にはGoodでした。本作において物語の中心人物は、ビルボ・バギンズではなくトーリン・オーケンシールドです。彼の心の葛藤が、きめ細かく描写されていました。だからこそ、大切なものが何かを理解した彼の行動が、観る者の心を熱くさせたのでしょう。どちらかというと、一歩退き冷静に行動しているビルボを中心に描いたら、そこまで熱くはなれなかったでしょうから。ハリウッド作品の脚本のレベルは、相変わらず素晴らしいものがありますね。

 このように「ホビット 決戦のゆくえ」は、シリーズの完結作に相応しい作品となっております。前作エンディングからのモヤモヤも完全に吹き飛ばしてくれる作品なので、迷っている方は是非劇場で。では、本日はこの辺で バィバィ━━ヾ(w*'Д`*w)σ・‥…━━━★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

トワイライト ささらさや : 母と夫、親子の愛情物語2014年11月09日 21:09

トワイライト ささらさや
 今日の広島は、冷たい雨も降って少し寒かったですね。こんな時は、本日紹介するような心温まる映画を観てはいかがでしょうか。
【題名】
トワイライト ささらさや

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 息子を授かり夫・ユウタロウ(大泉洋)と妻・サヤ(新垣結衣)は幸せの中にいたが、ある日ユウタロウが事故に遭い他界。サヤは息子を守り抜こうと一人決心するものの、身寄りもなく苦労を重ねていた。二人が心配でたまらないユウタロウは、やがて町の人々の身体に乗り移って彼女を支えるようになる。はじめは頼りなかったものの、少しずつ母親として成長していくサヤ。そんな彼女らに、ある奇跡が起こる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「トワイライト ささらさや」は、加納朋子原作の「ささらさや」を映画化したファンタジー・ドラマです。幸せな生活を送っていたが、ある日交通事故で夫を亡くしたサヤ役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の新垣結衣。サヤの亡き夫であるユウタロウ役には、「晴天の霹靂」の大泉洋。ユウタロウの父役には、「外事警察 その男に騙されるな」の石橋凌。監督は、「洋菓子店コアンドル」の深川栄洋。

 まあ、個人的には嫌いではない流れなんですけど、「シュールだな~。」と思いましたよ、本作の掴み。夫が死に、幼いベビーと残された母のサヤ。それでいて、コメディータッチに始まってるわけですから。まるで、デビュー当時のふかわりょう。でもねぇ、彼とは一線を画していました、ユウタロウという芸人は…。

 人を笑わせることのできない落語家、これがユウタロウの役柄上の設定。その原因は、ユウタロウの独りよがりな性格。この性格が落語家として成功していないだけでなく、父親とのこじれた関係、成仏できずに現世に残った原因となっているのです。でもねぇ、ユウタロウがこんなだからこそ、笑えて泣ける素晴らしい作品になっていたんですけどね。つまり、本作は単なるお涙頂戴の映画ではないというわけなんですよ。

 本作を一言で言えば、家族愛の物語。夫と嫁、母と子、そして父と子、といったように家族愛を全方位で描いています。このような作品の場合、「ここ泣き所ですよ」的ないやらしい映画になりがちです。しかし、本作では作品全体をファンタジーとコメディーというオブラートに包んでいるので、そのいやらしさを感じないわけ。上手いことやりますよねぇ、深川栄洋と山室有紀子の両名は。

 また、役者陣の演技も良かったですよ。先ずは主演の新垣結衣、可愛いけど少し頼りないお母さん役、彼女のキャラクターにビンゴでした。そして、夫役の大泉洋も相変わらずよい仕事をしてますよね。彼のコミカルな演技があったからこそ、お涙頂戴のいやらしい映画にならなかったんだと思います。でも、ダークホースは石橋凌。昭和の時代に、企業戦士といわれた不器用な父を見事に演じていました。彼の演技がなければ、そんなに泣けなかったかも。

 このように「トワイライト ささらさや」は、笑って泣けるファンタジー・ドラマの逸品です。特に、ユウスケにユウタロウが乗り移ってからのくだりは、泣けること間違いなしかと。では、本日はこの辺で '`゙ィ'`゙━━+。・(o・´口`・o)ノ゙ ・。+━━ィ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品