Google
WWW を検索 ブログ内検索

Zアイランド : 俺は、続編が観たい!!2015年05月21日 20:27

Zアイランド
 ちょっと古い話になりますが、大阪都構想の住民投票惜しかったですね。大阪の未来を考える投票が、未来のない年代に否決されるとは…。しかし、この理不尽さも民主主義というものでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
Zアイランド

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【ロケ地】
新潟県佐渡島等

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 宗形組組長の宗形博也(哀川翔)が弟分の武史(鶴見辰吾)や信也(RED RICE)たちと高級クラブにいたところ、敵対する竹下組に襲われる。武史は敵討ちをしようとするが失敗し、逮捕される。竹下組との抗争が元で宗形は足に傷を負い、組は解散に追い込まれた。宗形は運送業を営みながら武史の娘・日向(山本舞香)の面倒を見ていた。服役していた武史がようやく出所するが、日向は前科者の父親に会いたくないからと家出してしまう。日向が向かったのは家族との思い出の場所、銭荷島だった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「Zアイランド」は、哀川翔の芸能生活30周年を記念した品川ヒロシ監督によるゾンビムービーです。元宗形組組長で現在は運送業を営む宗形博也役には、「銀の匙 Silver Spoon」の哀川翔。宗形の弟分の武史役には、「アントキノイノチ」の鶴見辰吾。武史の元妻である桜役には、「しあわせカモン」の鈴木砂羽。かって宗形博也等を襲った竹下組幹部の反町役には、「板尾創路の脱獄王」の木村祐一。竹下組からクスリを持ち出し記念すべきゾンビ第一号になった吉田役には、「オー!ファーザー」の宮川大輔。島の駐在である白川役には、「TOKYO TRIBE」の窪塚洋介。

 ガヤ芸人としては好きになれないのだが、映画だけは良いものを創る品川ヒロシ。彼の監督長編作品は全て観てきたが、外れが一本もないんですよ。これって、凄いことですよ。そして、彼の監督作品を観ていつも感じることがあります。それは、彼の映画に対する愛情です。

 先ずは、あらすじがGoodでした。基本的にはホラー映画なのですが、そこに任侠道、家族愛、コメディーといった娯楽映画に必要なものがごっそりと詰め込まれているのです。また、テンポのい良さは相変わらずで、観客のことをとても考えて作られているなと感心させられます。自分の伝えたいメッセージを前面に押し出し、押し付けがましい映画を撮る監督は、彼の姿勢を見習って欲しいものです。

 肝心のゾンビも、なかなかでしたよ。特に、第一号の吉田ゾンビはサイコーでした。少しコケティッシュながらもキモさと怖さを併せ持つハイブリッドなデキ。バイオハザードの次作には、吉田ゾンビに出演してもらいたいものです。少なくとも、中島ゾンビよりは、良い仕事をすると思いますよ。

 演者の中では、アニキこと哀川翔が抜群の存在感を放っていました。いつも通りといえばいつも通りですが、本作の宗形博也もにやけてしまう位のはまり役。それでいて、ゾンビとの対決に違和感を感じないわけ。流石にアニキは、懐も深いですねぇ。

 このように「Zアイランド」は、品川ヒロシの演出/脚本のセンス良さと映画への愛情が感じられる作品となっております。次回作の構想もあるようですが、本作の興行成績次第のようなので何とかヒットして欲しいものです。では、本日はこの辺で ~~-v(▼、▼メ)┌了八"∃!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

TOKYO TRIBE : この馬鹿馬鹿しさがサイコー!2014年08月31日 16:27

TOKYO TRIBE
 民主・石井一氏、信じられないレベルの問題発言かましましたね。時流を読めない党首、空気を読めないボケジジイ、民主党に人材はいないようですね。でちなみに、本日紹介する作品は、フレッシュな人材が 活き活きと活躍しているこちらになります。
【題名】
TOKYO TRIBE2

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 近未来の“トーキョー”。そこには様々なトライブ(族)が存在し、若者たちは街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動、乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていたが、ある事件をきっかけにその均衡はもろくも崩れ去る……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「TOKYO TRIBEは、漫画家・井上三太の代表作として知られアニメ化もされた「TOKYO TRIBE2」を映画化した作品です。ブクロWU-RONZのリーダーであるメラ役には、「HK 変態仮面」の鈴木亮平。ブラックミュージックを愛する友情に厚い海役には、ヒップホップミュージシャンのYOUNG DAIS。ムサシノSARUでリーダーであるテラさん役には、「BRAVE HEARTS 海猿」の佐藤隆太。ブクロWU-RONZの後ろ盾としてブクロを影で牛耳るヤクザのブッバ役には、「テルマエ・ロマエII」の竹内力。ブッバの一人息子であるンコイ役には、「源氏物語 千年の謎」の窪塚洋介。ブッバに拉致された謎の少女であるスンミ役には、「桜蘭高校ホスト部」の清野菜名。MC SHOW役には、「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」の染谷将太。監督は、「地獄でなぜ悪い」の園子温。

 おっぱい、おっぱい、セクシー、パンチラ、バイオレンス、といった具合の中身Nothingの映画、これが本作を観て最初に感じたこと。特に、オチがティムポの大きさだなんて、最高に馬鹿げている。でもねぇ、そんなことがどうでもよいくらい楽しめる映画だったんですよ。

 本作をジャンル分けするならば、ラップ・ミュージカルとでもいえるのだろうか。そんなジャンル的なことはどうでもよいのだが、とにかく今までに観たことのない作品でした。全編ラップが流れているだけでなく、台詞回しまでほぼラップ。徹底してますなぁ。そして、登場人物も多いのだが、見事なくらいキャラがたってるわけ。だから、集中して観なくても、頭の中がぐっちゃぐちゃにならないいんですよ。特に、最後の大乱闘シーンは立ちまくりのキャラが勢ぞろいして、WWEのロイヤルランブルのようでした。これこそ、極上のエンターテイメントですね。

 登場人物のキャラがたっているのは、大きく二つの理由があるのでは。先ずは、キャスティング。一次審査を、YouTubeに動画を投稿する形で行うなんて斬新ですよね。今までの映画では考えられない人材が集まるわけですよ。でも、本職の俳優陣も負けていませんでしたよ。皆さん振り切れた演技で、流石プロの役者といえるものでした。鈴木亮平は相変わらず凄い肉体を作ってるし、清野菜名の可愛いパンチラは終始徹底されていたし、といった具合。でもね、全ての登場人物を凌駕する存在感だったのは、竹内力が演じたブッバ。本作においては神レベルの振り切れた演技で、彼の役者としてのプロ根性を見せ付けられた感じでした 才Ξ⊃゛├_〆(・・ ) 。

 このように「TOKYO TRIBE」は、最高に馬鹿馬鹿しくも楽しめるラップ・ミュージカル・バイオレンス・アクションの逸品です。どちらかというと園子温監督は好きな方ではないのですが、良いものは良いということでしょうか。では、本日はこの辺で バイ━─━─━ヽ(○´ω`)ノヽ(´Д`○)ノ━─━─━バイ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ : 超絶の侵入方法2014年08月03日 16:11

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ
 牛丼チェーン「すき家」の小川会長、まだまだ懲りていないようですね。「ブラックというレッテルを貼られて、社員たちも「非常に悔しい」という思いが強いです。 」って、悔しいと考えている社員は現場で働いている人たちではないでしょう。同じ経営者の端くれとして、こんな人間にならないように気をつけたいですね。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 ハイウェイをたまたま通りがかったカップルをギャング・グループが襲撃、拉致監禁し、女性を殺害する。彼らにとってそれはいつも通りの出来事のはずだったが、奪った車のトランクには全米を震撼させている事件の行方不明者エマ(アデレイド・クレメンス)が囚われていた。高額賞金が掛けられたエマの発見に喜びを隠せないギャングたち。しかし、恋人を殺された男(ルーク・エヴァンス)には、恐ろしい本性が隠されていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」は、「ゴジラ ファイナル ウォーズ」の北村龍平監督が、ハリウッドで撮り上げたバイオレンス・ホラーです。ハイウェイを走る車のダライバー役には、「推理作家ポー 最期の5日間」のルーク・エバンス。ドライバーが運転する車のトランクに捕らえられていたエマ役には、「サイレントヒル:リベレーション3D 」のアデレイド・クレメンス。

 最初はね、愛する者を殺された男の復讐劇だと思っておりました。でも、全然違ってたんですよね。本作を一言でいえば、スーパーどSとスーパーどMのカップルが、全米をドライブしながらプレイの応用編で悪党を始末していく作品だったわけです。だからね、最後には悪党たちがかわいそうになりましたよ。よりによって、こんなど変態カップルに手を出すなんて…。

 何といっても衝撃だったのが、ドライバーが悪党たちの自宅に侵入する方法。あれは、私のしょぼい想像力では予想できなかったなぁ。その映像的インパクトも絶大で、この時点で悪党たちに哀れみを感じました。では、その後はどうなのかというと、侵入方法が余りにもインパクトがあったために、今一つに感じました。ここは、もう一ひねりアイデアが欲しかったところですね。

 そして、本作を観て感じたのは、ルーク・エバンスの男の色気。これは、おっちゃんの私から見ても十分に伝わるもの。特に本作のような作品では、この”色気”が極めて重要だと思います。だって、ザック・ガリフィアナキスがドライバー役だったら、この映画そのものが成り立たなくなりますからね。

 このように「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」は、スーパーどSのドライバーに悪党たちが次々と始末されるバイオレンス・ホラー作品となっております。全体的には凡作の域を出ませんが、所々に「むっむ!」と思わせる光る演出があるので、興味のある方は是非。では、本日はこの辺で メモメモ_〆(´Д`●)ペタッ(○≧ω≦)ノ【バイバイ】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

GODZILLA ゴジラ : 最凶最高のGODZILLA!!2014年07月25日 16:55

GODZILLA ゴジラ
 舛添東京都知事、何しに某国へ行っているのでしょうか。日本のオリンピックに某国の協力を求めるなんて、どのようなメリットがあるというのでしょうか。こんなことなら、ドクター中松が都知事になればよかったのでは。では、本日紹介する作品は、先進国以外見向きもしない怪獣が登場するこちらになります。
【題名】
GODZILLA ゴジラ

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1999年、日本人研究者の芹沢博士はフィリピンの鉱山で謎の巨大古代生物の痕跡を発見する。同じ頃、日本の原子力発電所で大事故が発生。原発で働いていたジョー・ブロディは最愛の妻サンドラを失ってしまう。15年後、ジョーの息子フォードは、父が立ち入り禁止になっていた原発跡地に不法侵入し警察に逮捕されたという知らせを受けて、身柄を引き受けに向かうが…。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「GODZILLA ゴジラ」は、1954年に東宝が製作・公開した日本の特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」を、ハリウッドで新たにリメイクした作品です。アメリカ海軍の技術兵であるフォード・ブロディ大尉役には、「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のアーロン・ジョンソン。特別研究機関MONARCH(モナーク)に所属する生物科学者の芹沢猪四郎博士役には、「許されざる者」の渡辺謙。核物理学者で、フォードの義父であるジョー・ブロディ役には、「ワールド・ウォーZ」のブライアン・クランストン。サンフランシスコ総合病院勤務の看護師でフォードの妻でもあるエル・ブロディ役には、「レッド・ライト」のエリザベス・オルセン。監督は、「モンスターズ / 地球外生命体」のギャレス・エドワーズ。

 日本映画のハリウッド・リメイク、個人的には超期待しちゃいます。ハリウッドは、何といっても映像と企画力が凄いですからね。監督は高級腕時計にも満たない制作費で「モンスターズ / 地球外生命体」という作品を作ったギャレス・エドワーズ。しかも、お魚が大好物だった前作は、完全になかったことにしてからの本作、期待しちゃいますよ。そして、本作を観た感想ですが、日本版ゴジラとの圧倒的な格の違いを見せ付けられた素晴らしい作品となっておりました。

 では、どの部分が日本版ゴジラと格が違うのか。その一番は、ど迫力の映像。圧倒的にでかくオシッコちびるどころか全部出てしまう位の怖さを感じさせるゴジラ、物凄かったですよ。そればかりか、思わず声が出てしまうようなシーンも織り交ぜており、ギャレス・エドワーズ監督の抜群の映像センスを感じさせるデキでした。こんな映像のゴジラを観てしまうと、東宝製作のゴジラ続編は必要ないと感じさせられました。やっぱ、凄いよ、ハリウッドは。

 次に感じたのが、大人でも感じることができる緊張感。この緊張感の原因は、ムートー / M.U.T.O.という怪獣が発する電磁パルス。この電磁パルスは電子機器が無効化するため、世界最強のアメリカ軍が手も足も出せない状況になるわけです。普通なら、「怪獣ごとき戦闘機のミサイルでいちころでしょう。」となるわけですが、そのようなシーンは皆無ということになるのです。映像だけでなく、このアイデアも素晴らしかったですね。

 逆に、日本版と共通していたのが、反核というメッセージ。どこかの国のどこかの電力会社のように、情報を隠蔽する「モナーク」という組織。15年前の事故で壊滅した日本のジャンジラ原発で働いていた核物理学者のジョー・ブロディは、事故の真相を究明するため、放射能汚染による立入禁止区域に息子のフォードと進入する…。こんな感じで物語が進行していく様を見るにつけ、日本人だけでなくアメリカ人も、どこかの国の首相や電力会社の発言を疑っているのだと感じました。

 このように「GODZILLA ゴジラ」は、やはりハリウッドが作ると凄い映画になるんだなと思わせる怪獣映画の逸品となっております。個人的には、次作でキングギドラなんて登場したら最高だなと考えたりしております。では、本日はこの辺で (○´Д`)ノ゚・*:.。. ☆ばぃばぃ☆.。.:*・゜ヽ(´Д`☆) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃 : 思考Nothingで楽しめる娯楽大作!2014年06月20日 19:52

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃
 今日のサッカー・ワールドカップのギリシャ戦、とても残念な結果となりました。でも、わずかながらも可能性が残されています。日本代表の選手には、本日紹介するこの映画のギリシャ人のごとく最後まで諦めないでもらいたいですね。
【題名】
300 スリーハンドレッド 帝国の進撃

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 テルモピュライの戦いで殲滅した300人のスパルタ兵の魂を受け継いだギリシャ連合軍率いる将軍テミストクレス(サリヴァン・ステイプルトン)は、なおも侵略の手を止めないペルシャ帝国に立ち向かう。荒れ狂う海で対峙する両軍。事態はペルシャ戦争最大の海戦へと向かっていく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」は、100万人のペルシア帝国軍に対してわずか300人で立ち向かったスパルタ兵士たちの戦いを描いた歴史アクション「300 スリーハンドレッド」の7年ぶりとなる続編となる作品です。ギリシャ連合軍率いる将軍テミストクレス役には、「ハンター」のサリヴァン・ステイプルトン。ギリシャ生まれでありながら、虐げられた過去を持ち、ギリシャに対して復讐心を抱くペルシャの海軍女指揮官アルテミシア役には、「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーン。スパルタ王レオニダスの妻であるゴルゴー王妃役には、「ジャッジ・ドレッド 」のレナ・ヘディ。監督は、「賢く生きる恋のレシピ」のノーム・ムロ。

 前作は超絶インパクトのある作品で、今でもよく覚えています。しかも、史実を基に作られた作品だから、余計に印象に残ってるんですよねぇ。今日のギリシャ戦でも相手国のレッドカードで数的優位を作った時点で、何だか勝てないような気がしたんですよ。だって、現代のギリシャ人にもスパルタ人の血が流れているわけですから…。

 そんなことはさて置き、本作の特徴は マッチョ、マッチョ、マッチョ、血しぶき、血しぶき、血しぶき、ちょっとだけパイオツ、というもの。つまり、とことんまで娯楽性を追及した作品といえるのではないでしょうか。正直、観る前は前作に大きく劣ると考えておりましたが、そんなことはありません。前作に匹敵する傑作映画でしたよ、マジで。

先ずは、観るにあたって何ら思考する必要のない超シンプルなあらすじが逸品でした。時折、物語の進行上、どうしても必要な回想場面などが出てくるのですが、それ以外はひたすらペルシャ海軍とギリシャ海軍の死闘を描いているのです。それに、私の気持ちを熱くさせたのが、ギリシャ兵が死して名を残そうという日本の武士道と同じ精神を持ち合わせていること。それだけではありませんよ、本作ではアルテミシアやクセルクセス1世といったペルシャ側の人物達の生い立ちも描かれており、観る者の好きな視点で作品の世界に入り込めるようになっていたのもGoodでした。やっぱり、ザック・スナイダーは天才の一人ですね。

 そして、映像も前作に負けない素晴らしいものになっていました。その戦闘シーンは血しぶきが凄いだけでなく、首がはねられたり、頭をかち割られたり、剣で突き刺されたまま持ち上げられたり、鞭で叩かれたり、剣で色々なところが斬られたり、といった痛みの伝わる映像となっております。でも、そんな映像であるにもかかわらず、画面全体が暗めになっているからでしょうか、それほどキモく感じることもなかったんですよねぇ。この辺は、計算しつくされているように感じました。ザック・スナイダーの指導があったかもしれませんが、ノーム・ムロも今後が楽しみな方ですね。

 このように「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」は、アクション好きの男性だけでなく、マッチョ好きの女性だけでなく、マッチョ好きのオカマさんにも楽しめる娯楽作品となっております。実際、私が観に行った映画館では、オカマさんも観にいらしてましたよ。では、本日はこの辺で ☆Вёч★━━━…・・・ヾ(>∀<)ノシ・・・…━━━★Вёч☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品