Google
WWW を検索 ブログ内検索

アメリカン・スナイパー : ニュートラルな視点で観てほしい作品。2015年02月22日 15:35

アメリカン・スナイパー
 今日の広島は雨、憂鬱ですよねぇ。私の仕事は大工さんほどではないですが、結構天候に左右される仕事。そんなわけで、急遽休みになってしまいました。その分、明日は忙しくなるのですが、今日こそは映画館に足を運んできましたよ。だって、随分前から楽しみにしてた作品が公開されましたから…。
【題名】
アメリカン・スナイパー

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アメリカン・スナイパー」は、アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝を映画化したヒューマンドラマです。米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイル役には、「ハングオーバー!!! 最後の反省会 」のブラッドリー・クーパー。クリスの妻であるタヤ・カイル役には、「ニューイヤーズ・イブ」のシエナ・ミラー。監督は、「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッド。

 公開前から、とても楽しみにしていた一本。巨匠・クリント・イーストウッドが、戦争映画を撮るわけですから、期待しないわけないでしょう。でもねぇ、観終わった後に感じたのは、面白かったとか、残念だったとか、そういった次元のものではありませんでした…。

 では何を感じたのか、それはこのブログを始めてから最も衝撃を受けた作品だということ。主人公のクリス・カイルは、アメリカ軍最強部隊であるシールズの隊員の中でもずば抜けた戦歴を誇る生きた伝説といえる人物。そんな完全無欠の彼は、アメリカという国の番犬になるためにシールズへ入隊した。そう、彼が守ろうとしているのは、世界平和とか、家族とかではなく、”アメリカ”なのです。また、カイルのアラブ人に対する態度は、とても軽蔑的なもので対等な人間としてみていません。つまり、実在の人物であったにも関わらず主人公を美化することなくリアルに描いているのです。そこに、現代アメリカの中東政策に関する矛盾点をイーストウッドが指摘しているように感じてなりませんでした。確かに、本作に関しては、扱う題材が題材だけに様々な意見があるようです。また、それぞれが自分たちに都合のよいように解釈し、解釈の違う相手を非難してるようもあります。しかしながら、個人的には、本作の底流に流れている普遍的テーマを戦争の理不尽さであり狂気であると感じましたよ。そんな映画をアメリカでは保守派で通っているクリント・イーストウッドが撮ったのだから大変意義深い作品だと思いましたね。同じ、保守派でも平和ボケの童貞ネトウヨくんたちとは、次元が違うということでしょう。

 そして、非情に疲れる作品でもありました。とにかく、画面から伝わってくる緊張感が半端ない。主人公は狙撃兵だから一般の兵士よりは安全な場所に陣取っているのですが、その任務は余りにも過酷。カイルがスコープを通して捕らえる敵は、武器を持った男だけではないのです。それは、女性だけでなくRPGをまともに抱えることもできないような幼い子供まで含まれています。1秒でも狙撃が遅ければ仲間が死ぬことになる、そんなぎりぎりの心の葛藤が映像として完璧に表現されていました。これは、クリント・イーストウッドの監督としての力量だけでなく、ブラッドリー・クーパーの役者としての力量も素晴しいからこそ、なせた業でしょう。

 このように「アメリカン・スナイパー」は、巨匠・クリント・イーストウッドの神がかり的な才能に感服さざるを得ない作品となっております。但し、そのあらすじは暴力の連鎖を描いた救われないものなので、その辺を理解して観賞されるのがよいかと。では、本日はこの辺で マタネ─゚+。d(`ゝc_・´)゚+。─ッ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ヒッチコック : 巨匠のお茶目っぷりがGood!2013年05月05日 13:23

ヒッチコック
 今日も朝から、何だかんだでバタバタしています。こんな時には、以外に落ち着いて観れるこちらの作品は良かったですよ。
【題名】
ヒッチコック

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 「レベッカ」や「白い恐怖」などサスペンス映画を世に送り出したアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。1959年、彼は新作「サイコ」の製作に向かっていたが、演出の面でも技術面でもあまりにも斬新な手法を用いるため、資金難などの壁に当たる。さらには彼にとって最大の理解者である妻アルマ・レヴィル(ヘレン・ミレン)との関係もぎくしゃくしだす。映画製作に情熱を注ぐヒッチコック。様々な思いを抱えるアルマ・レヴィル。映画史に残る不朽の名作の裏側とは……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ヒッチコック」は、サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックが、不朽の名作である「サイコ」の製作の過程の中で、妻で編集者・脚本家のアルマ・レビルとの揺れ動く関係を描いた伝記ドラマです。サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコック役には、「ウルフマン」のアンソニー・ホプキンス。彼の妻で編集者・脚本家のアルマ・レビル役には、「RED レッド」のヘレン・ミレン。「サイコ」に出演しゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したジャネット・リー役には、「幸せへのキセキ」のスカーレット・ヨハンソン。監督は、「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ 」のサーシャ・ガバシ。

 私は、ヒッチコックの作品をほとんど観たことがありません。「」と「北北西に進路を取れ」をTVで観た記憶が薄っすらとある程度。でも、彼がサスペンスの帝王ということだけは知っています。いまや、伝説の映画監督ですからね。だからこそ、本作が製作されたわけでしょうね。

 それで、本作を観た感想ですが、以外に楽しめました。余り高揚がないながらも、作品自体のテンポがよいのと99分という長くはない上映時間にまとめられていたのがGoodでした。

 中でも良かったのが、あらすじ。現実世界と空想の世界が、良い感じでクロスしているんですよ。それはあたかも、観ている我々がサスペンスの帝王の頭の中を覗き見しているようでした。

 アンソニー・ホプキンス演じるヒッチコックも、味わい深いものがありました。老人でありながらも、少年の心を持った可愛らしい人物として描かれているんですよ。映画監督して素晴らしい成功を収めながらも、批評家の評論を気にしたり、妻にやきもち焼いたり、覗いちゃったり、本当にお茶目で魅力的でした。流石に、名優のアンソニー・ホプキンスでした。

 このように「ヒッチコック」は、彼のファンでなくても以外に楽しめる作品となっております。そして、ヒッチコックにとって妻のアルマ・レビルは、永遠の恋人であり永遠の母親のように感じられました。彼女無しでは、ヒッチコックの成功はなかったでしょうねぇ。では、本日はこの辺で (☆´・ω・`)⊃ ゚+。:.゚ばぁぃばぁぃ゚.:。+゚ ⊂(`・ω・´○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

リンカーン : 3度も受賞するだけのことはありますよねぇ2013年05月04日 11:12

リンカーン
 昨日は二日酔いで、ほぼ一日中寝込んでおりました。私のような年齢になると、深酒は禁物ですなぁ。反省です。ちなみに、本日紹介する作品は、歴史上の偉人を描いたこちらになります。
【題名】
リンカーン

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 貧しい家に生まれ、学校にもろくに通えない中、苦学を重ねてアメリカ合衆国第16代大統領となったエイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)。当時アメリカ南部ではまだ奴隷制が認められていたが、リンカーンはこれに反対していた。リンカーンの大統領当選を受けて、奴隷制存続を訴える南部の複数の州が合衆国から離脱しアメリカは分裂、さらに南北戦争へと発展する。自らの理想のために戦火が広がり若い命が散っていくことに苦悩するリンカーン。しかしついに彼は、合衆国大統領として、そして一人の父親として、ある決断をくだす……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「リンカーン」は、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマです。アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン役には、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの」のダニエル・デイ=ルイス。リンカーンの妻であるメアリー・トッド・リンカーン役には、「アメイジング・スパイダーマン」のサリー・フィールド。国務長官のウィリアム・スワード役には、「ボーン・レガシー」のデヴィッド・ストラザーン。リンカーンの長男であるロバート・トッド・リンカーン役には、「LOOPER ルーパー」のジョゼフ・ゴードン=レヴィット。急進的な奴隷解放支持者であるサディアス・スティーヴンス役には、「メン・イン・ブラック3」のトミー・リー・ジョーンズ。監督は、「戦火の馬」のスティーヴン・スピルバーグ。

 アメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンと、本作の主人公であるアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン。この二人はほとんどの日本人も知っている歴史上の大人物。特に、リンカーンは、「奴隷解放の父」として歴代大統領の中でも抜きん出た評価を受けている英雄といえるでしょう。本作は、そんな彼の実像を淡々と語った作品となっております。

 で、本作の感想を一言でいうと、何とも退屈な作品であるということ。淡々と語っているため、盛り上がりに欠けてるんですよ。ど派手な戦争シーンもほとんどなく、議会の多数派工作や家族との関係がメインになっています。しかも、淡々とですから…。期待していた作品だけに、がっかりでした。

 とはいえ、見所もきちんと用意されていました。先ずは、エイブラハム・リンカーンを演じたダニエル・デイ=ルイスの演技。史上初の3度目のアカデミー主演男優賞受賞を獲得しただけのことはあります。以前紹介した「リンカーン 秘密の書」でエイブラハム・リンカーンを演じたベンジャミン・ウォーカーを似ていると思っていましたが、ダニエル・デイ=ルイスの場合は桁違いの完成度。役者としての器の違いを見せられましたよ。

 そして、作品の中で唯一盛り上がった場面であるアメリカ合衆国憲法修正第13条への投票のシーン。日本の議会と違い、議員一人一人が名前を呼ばれ、口頭で答えるんですよね。そのシーンだけは、何とも緊張感があり議員それぞれの人としての心情を見ることができました。やっぱり、スティーヴン・スピルバーグは良い監督ですね。

 このように「リンカーン」は、アメリカ人がどれだけリンカーンを愛しているのかが、よく理解できる作品となっております。でも、現代のインディアンたちは、リンカーンに対しどのような感情を持っているのでしょうか。何とも、気になるところであります。では、本日はこの辺で (●´Д`)ノ【バ】【イ】【バ】【イ】ヽ(・ω・○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品