Google
WWW を検索 ブログ内検索

思い出のマーニー : マーニーの愛情にあふれた秘密2014年07月19日 20:26

思い出のマーニー
 先週に引き続き、今週末も映画館で観たいと思わせる作品がないと感じていました。だからね、仕方なしに行ったのです。でも、以外に良い作品でしたよ。
【題名】
思い出のマーニー

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを抱えながら生きていた。そんなある日、海辺の村にひと夏を過ごしにやって来た杏奈は、美しい湿地の対岸に古ぼけた洋館を見つける。その屋敷に既視感を覚えた杏奈が村人に尋ねると、そこはもう何10年も人が住んでいない“湿っ地屋敷”だという。好奇心からひとりでボートに乗って屋敷を目指す杏奈だったが、誰もいないはずの屋敷の窓に明かりが灯り、同時に屋敷の方から「ロープをこっちへ投げて」と声が聴こえてくる。声の方に向かって杏奈がロープを投げると、そこには金色の髪、青い瞳、白いネグリジェを纏った裸足の少女が立っていた。彼女の名はマーニー(声:有村架純)。杏奈とマーニーはすぐに仲良くなり、ふたりは“湿っ地屋敷”で過ごすことになるが、その後、杏奈の身には次々と不思議な出来事が起こり始める。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「思い出のマーニー」は、イギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を、スタジオジブリが舞台を北海道に移してアニメ映画化したファンタジー映画です。悪化するぜん息の療養のため、夏の間、田舎の海辺の村に暮らす親戚の家で生活することになった杏奈役には、「男子高校生の日常」の高月彩良。“湿っ地屋敷”に住む謎の少女・マーニー役には、「阪急電鉄」の有村架純。監督は、「借りぐらしのアリエッティ」の米林宏昌。

 観賞前は、内気でネガティブ思考な少女のひと夏の成長物語、と勝手に想像しておりました。確かに大筋では間違いないのですが、マーニーという謎めいた少女の正体、これが明かされるにつれ、不覚にもおっちゃんは泣いてしまったのです。これには、一杯喰わされましたよ、マジで。

 つまり、主人公の杏奈という少女は、自分ひとりで勝手に成長しているわけではないのです。彼女の成長を導いているのは、彼女を想い続けている家族なのです。この仕掛けはとても見事で、当初はマーニーのことを杏奈の想像上の人物だと思っておりました。というのも、幼い頃の杏奈はマーニーに似た人形を持ってましたからね。でも、その考えはさやかという少女の登場であっさりと否定されます。この時点では、マーニーの正体は杏奈ではないかと思ったりもしました。さやかがマーニーの日記を発見するし、杏奈の目は青いですから。でも、そこからもう一展開あるんですよ。これ以上いちゃうとネタバレになるので控えますが、おばあちゃん子の私は泣けましたねぇ。

 但し、根本的なところで本作に対する疑問が一つ。それは、何故アニメという映像手法をとったのかということ。だってジブリ作品だからといってしまえばそれまでですが、本作に限っては実写で十分に表現可能なはず。個人的な意見ですが、アニメである以上、実写では表現が難しいものを題材として選んで欲しいと思います。その点、ディズニーのアニメはソツがないですよね。

 そして、マーケティングの問題と思われるのですが、小さな子供たちがうるさかった。作品の内容からすると小学校高学年以上が対象の作品と思われるが、予告編やCMでは分からないですよね。あの内容で104分の上映時間は、小さな子供たちには罰ゲームでしょう。これでは、劇場内にいる全ての人達の満足度が下がってしまいますよ。

 このように「思い出のマーニー」は、満足度の高い作品ですが、何故アニメなのか理解できない作品でもあります。また、ジブリ作品の公開初日でありながら、空席が多かった気がします。では、本日はこの辺で (☆ゝω・)ノ<【βyёβyё】>ヽ(・д・●)  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

聖☆おにいさん : 何だよ、ほっこりさせてくれるじゃないか!!2014年01月22日 11:54

聖☆おにいさん
 今日は休みなので、朝からまったりとしております。昼からは一杯やりながら映画でも観ようかな。では、本日紹介する作品は、こんなまったりした日におすすめのこちらになります。
【題名】
聖☆おにいさん

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 螺髪・白毫・長い耳たぶがトレードマークのブッダ(声:星野源)と、長髪・髭・茨の冠がトレードマークのイエス(声:森山未來)は、世紀末を無事に超えバカンスとして下界に降臨、東京・立川のアパートで共同生活を送っている。しかし、近所のおばあちゃんのように細かいお金を気にするブッダは、衝動買いの多いイエスをことあるごとにたしなめるのだった。そんな二人は、周囲に素性がバレないよう細心の注意を払いながら生活していたが、ついセイントな奇跡を発揮してしまい、近隣住民たちはそれを訝る。だが、ブッダとイエスの人間味溢れる行いに、いつしか目には見えない優しく心地よい繋がりが人々に芽生え始めていく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「聖☆おにいさん」は、第13回手塚治虫文化賞短編賞に輝いた中村光の同名人気コミックをアニメ映画化した作品です。螺髪・白毫・長い耳たぶがトレードマークのブッダの声優には、「箱入り息子の恋」の星野源。長髪・髭・茨の冠がトレードマークのイエスの声優には、「人類資金」の森山未來。監督は、高雄統子。

 原作を知らない私としては、かなり挑戦的なアニメだと思ってたんですよねぇ。だって、主人公がブッダとイエスですから。仏教は”許しの宗教”でしすから信者の方は許せるでしょうが、キリスト教原理主義の輩にはとんでもない映画ではないでしょうか。彼らにとっては、イエスがTシャツ着ていること自体が十字軍派遣レベルかもしれないですしね。但し、映画館で予告編を観たときは、思いっきり滑りそうなイキフンを感じました。でも、以外に面白い映画でしたよ。

 主人公が主人公なだけに、宗教ネタが多い作品ではありました、勿論ギャグとしてね。でも、ほっこりとさせるあらすじが中々よく出来ていて、とても暖かい気持ちになれたんですよねぇ。何だか、作り手の優しさが伝わってきたような気がして、個人的にはとても気に入りました。

 星野源と森山未來の二人も、声優としてよい味出しまくりでした。ぶっちゃけ、観ている間は、二人がブッダとイエスの声優をしていることに気付きませんでした。この辺は、ジブリ作品と明らかに違いましたね。別に、どちらが良いとか悪いとかではないですけど。でも、星野源と森山未來の顔が似ているのは偶然なのでしょうか。

 このように「聖☆おにいさん」は、以外に楽しめてほっこりさせてくれるアニメの秀作です。少し先になりますが、今年のクリスマスあたりに観るとよいのではないかな。では、本日はこの辺で (☆ΘÅ)ьчёьчё(ÅΘ★) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

かぐや姫の物語 : 全ての登場人物が傷つく哀しい物語2013年11月24日 15:21

かぐや姫の物語
 ジブリ作品を初めて映画館で観たのが、先日紹介した宮崎駿の「風立ちぬ」。そんな私からすれば、「また、ジブリかよ!」と自分をツッコミたくもなりましたが、今年二本目のジブリ作品の紹介です。
【題名】
かぐや姫の物語

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 竹から出てきたかぐや姫が美しく成長し、男性たちからの求婚をかわし、やがて月に帰っていく様を綴った『竹取物語』。日本最古の物語と言われている『竹取物語』を題材に、姫が犯した罪と罰を描く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「かぐや姫の物語」は、名匠・高畑勲監督が「ホーホケキョ となりの山田くん」以来14年ぶりに手がけたアニメ映画です。かぐや姫の声優には、「神様のカルテ」の朝倉あき。かぐや姫が幼い頃から想いを寄せていた捨丸の声優には、「横道世之介」の高良健吾。翁の声優には、お散歩番組の先駆けともいえるちい散歩の地井武男。媼の声優には、「阪急電車 片道15分の奇跡」の宮本信子。

 竹取物語、日本人なら知らない人はいないでしょう。私も幼い頃から、絵本やアニメといった様々なメディアで竹取物語にふれてきました。そして、大人になってからは、竹取物語と中国のアバ・チベット族に伝わる「斑竹姑娘」の内容が酷似していたりとか、作者は一体誰なのか、といった部分にも興味があったりします。そんな竹取物語を名匠・高畑勲監督がどのように料理するのか、正直言うと個人的にはそれほど興味ありませんでした。実は、観たい映画が何もなかったから行っただけなんです (。-人-。) ゴメーン 。

 しかしながら、これは映画館で観てよかったと素直に思える作品となっていました。日本人らしい丁寧な仕事とか、流石に世界のアニメを牽引するジブリ作品とか、そのようなレベルとは明らかに一線を画す作品となっていたのです。あえて言うなら、監督である高畑勲やスタッフの魂が込められた作品、といった印象を持ちました。3DCGのアニメでは味わえない暖かい絵柄、それでいながらかぐや姫の怒りと虚しさを感じさせる表情、人間の手作業でなければ表現できない凄みがありました。この映像だけでも、映画館で観る価値が十分あるのではないでしょうか。

 そして、あらすじも逸品でした。本作に登場する人物は、誠意が足らない人物もいますが、決して悪人はいません。にもかかわらず、互いが互いを傷付け合っていくのです。誰も傷付けていないのは、媼ぐらいではないかな。そして、傷付け合っていく登場人物の中で、その行為に罪の意識を感じるのがかぐや姫。また、そのことによって一番重い罰を受けるのもかぐや姫。何だか、彼女のことが可哀相になってきましたよ。このかぐや姫の罪と罰が、分かりやすいだけでなく、くどくならないように描かれたあらすじは流石の一言でした。

 このように「かぐや姫の物語」は、アニメでありながら凄みを感じさせる映像が深く印象に残った作品となっております。宮崎駿の「風立ちぬ」とは大きく趣が異なりますが、こちらも素晴らしい作品であることに間違いありません。では、本日はこの辺で バイ━─━─━ヽ(○´ω`)ノヽ(´Д`○)ノ━─━─━バイ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

パラノーマン ブライス・ホローの謎 : 大人にもお勧めできるホラーアニメ2013年09月17日 13:54

パラノーマン ブライス・ホローの謎
 ビッグダディの娘三人が、グラビアに初挑戦ですか…。そろそろ調子乗ってきてるんで、テレビ打ち切った方が彼らのためだと思いますよ。特に、子供が勘違いしちゃうと、一生を棒に振ることもありますからね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
パラノーマン ブライス・ホローの謎

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ブライス・ホローという町には300年前に魔女狩りが行われていたという言い伝えがあり、店の看板に魔女をシンボルとして使ったりグッズにしたりしている。ホラーや悪霊の話が好きな少年ノーマン(声:コディ・スミット=マクフィー)には、死者たちと話すことができる能力があった。しかしその能力のせいで変人扱いされてしまい、家にも学校にも居場所がなかった。ある日、疎遠になっていたプレンダーガストおじさん(ジョン・グッドマン)と再会。するとおじさんから、驚くべき言葉を受ける。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「パラノーマン ブライス・ホローの謎」は、死者と話すことができる少年が街を危機から救うため奮闘する姿を描いたファンタジー映画です。パラノーマン ブライス・ホローの謎主人公の声優役には、「モールス」のコディ・スミット=マクフィー。監督は、クリス・バトラーとサム・フェルが共同で務める。

 それほど期待しないで観たのですが、なかなかどうして面白い作品でした。様々な要素が詰まったあらすじ、絶妙なキャラデザイン、本当に完成度の高いアニメでした。

 何といっても、本作の一番の売りはあらすじの完成度が高いことではないでしょうか。派手さは無いものの、ホラー・コメディー・アクションといった娯楽映画に必要な要素が詰められています。特に、蘇った7人のゾンビたち。最初の頃はホラー映画宜しくと暴れていましたが、銃社会のアメリカ人の戦闘能力の高さは半端ないですな。そして、少年の真直ぐな気持ちが通じるシーンは、私の心を熱くさせましたよ。おっさんが観ても十分に満足出来るアニメになっていました。

 そして、次の売りは絶妙なキャラデザイン、私は大好きですね。味わいがあり、作風にもマッチしていて、ちょっぴり可愛かったりする。これは、日本人にはデザインできないと思うな。だって、ゆるキャラのとは180度方向性が違いますからね。

 このように「パラノーマン ブライス・ホローの謎」は、誰が観ても楽しめる完成度の高いアニメとなっております。特に、主人公の少年ノーマンの思いが伝わるラストシーン、誰もがちょっぴり感動できると思いますよ。では、本日はこの辺で (●´∀`)ノ・.。*βyёβyё゚,。 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

キャプテンハーロック : そして、伝説は語り継がれる…。2013年09月07日 19:07

キャプテンハーロック
 NTTドコモが、ようやくIPhoneを発売するみたいですね。製品の良し悪しは別にして、領土問題や歴史問題で揉めている国の商品を主力に位置づけるのは、経営陣の傲慢さが現れていたような気がします。まあ、これでキャリアに関係なくIPhoneを選べる”自由”を日本国民は得たわけです。ちなみに、乗り込む時には「自由を求めて」と答えなければ、大変な目に会わされるアルカディア号が大暴れのこちらになります。
【題名】
キャプテンハーロック

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 人類が銀河の果てまで進出していた時代、戻るべき場所、地球への居住権を巡って紛争が起こっていた。そんな中、四隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦がこの紛争の切札として建造され、その四番艦艦長にハーロック(声:小栗旬)が任命される。だがその大戦中に英雄と呼ばれていたハーロックは終戦ととともに姿を消してしまう……。やがて、艦首に巨大な髑髏を刻んだ海賊船を駆りながら現れたハーロック。宇宙海賊として地球連邦政府に叛旗を翻した彼は、全宇宙に追われる広域指名手配犯となっていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キャプテンハーロック」は、1978~79年にTV放送された松本零士原作の「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、総製作費3000万ドルをかけて描いたフルCGアニメーションです。宇宙海賊戦艦アルカディア号の船長であるキャプテンハーロックの声優には、「宇宙兄弟」の小栗旬。キャプテンハーロックの暗殺を目的にアルカディア号に乗り込んだヤマの声優には、「東京公園」の三浦春馬。監督は、「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」の荒牧伸志。

 「キャプテンハーロック」、彼の名前だけは知ってましたよ。でも、原作も未読、TVアニメも全く観なかったですね。そんな私がキャプテンハーロックを始めて観たのは、昔大好きだった「銀河鉄道999」の劇場版でした。細かいことまで覚えてませんが、この時のキャプテンハーロックがかっこよかった記憶だけはあります。まあ、そんな感じですが、劇場での予告編が良かったので観に行ってきましたよ。

 少し調べてみると、原作やアニメとは随分と違った設定になっているようでした。でも、そのおかげですんなりと作品の中に引き込まれていきました。日本が製作するフル3DCGアニメは初見でしたが、ここまでの作品を作るなんて中々やりますよねぇ。

 とにかく、キャプテンハーロックがかっこよかった。小栗旬の声もサイコーにはまっていましたよ。彼がキャプテンハーロックの声優でないと、ここまでかっこよいと思えなかったのではないかな。アニメキャラなのに、若干オーラを感じましたからね。

 そして、あらすじがよく練られた面白いものになっていました。作品のテーマになっているものは、「自由」「友情」「愛情」「信頼」「自己犠牲」といった世界中の人々が共通して持てる普遍的なもの。だからこそ、観る者が熱くなれるんでしょうねぇ。この作品で世界に打って出る、製作陣の熱い想いが観る者にも伝わってきましたよ。

 このように「キャプテンハーロック」は、思い入れのない私が観ても、熱くなれる作品となっております。私の行った映画館ではガラガラでしたが、興業的に世界的成功を収めて欲しいところです。では、本日はこの辺で ☆・゚:*ヾ(●´゚∀゚`●)ノゞバイバイキ━ン*:゚・☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品