Google
WWW を検索 ブログ内検索

ジュラシック・ワールド : 映像は凄いが…。2015年09月05日 17:16

ジュラシック・ワールド
本日紹介する作品はお盆休みに観ていた第一弾のこちらになります。
【題名】
ジュラシック・ワールド

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 コスタリカ沖の島に建設された“ジュラシック・ワールド”は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐竜たちの動き回る様子を見て楽しんでいた。その全てを監督するのは、出世に意欲的な野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。そこへ、彼女の2人の甥、16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)がやって来る。相手をする時間のないクレアは、甥たちにフリーパスを渡して自由に見学させる。恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)。ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニ(イルファン・カーン)の下で研究を続けていたが、パークをビジネスとして成功させるためには、リピーターを増やさなければならない。それには、毎年新しい種を創り出す必要があった。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜の誕生だった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジュラシック・ワールド」は、現代に甦った恐竜たちの恐怖を描く、スティーヴン・スピルバーグ製作によるアクション・アドベンチャーシリーズの第4弾となる作品です。ジュラシック・ワールドの研究施設で働く恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン役には、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット。同じくジュラシック・ワールドの施設を監督するクレア役には、「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のブライス・ダラス・ハワード。監督は、コリン・トレボロウ。

 本作は、珍しく吹き替えで観賞しました。というのも、私が行った映画館では、3D吹き替えと2D吹き替えしか上映してなかったんですよね。字幕派の私としては、別の映画館へ行くことも考えましたが、お気に入りの俳優が出ていなかったので、3D吹き替えでの観賞と相成りました。でもねぇ、結論から言うと3D吹き替えは大正解でしたよ。

 その理由は何といっても、ど迫力の3D映像。まるで生きているようにスクリーンで暴れまくる恐竜たち、子供から大人まで楽しめるクオリティーの高い映像でしたね。それに、何時もはがっかりさせられる吹き替えも玉木宏や木村佳乃といった実力派の俳優陣がしっかりと仕事をしてくれていたようです。今後は、どうしても3Dで観たい場合、吹き替えのチョイスもありかなと思わせれました。

 でもねぇ、肝心の中身はどうなんだろ。シリーズに内包されたテーマは、神の領域に足を踏み入れる人間の傲慢さと愚かさ。でもさぁ、ずっとこれなんだもんねぇ、本シリーズ。いい加減、何とか考えてほしいものですよ。私としては、ユダヤ人に迫害されているパレスチナ人の方が気になりますよ、スピルバーグさん。

 このように「ジュラシック・ワールド」は、映像だけは間違いなく最高レベルの作品となっております。肝心の中身に古臭さを感じますが、観ている間は映像の凄さに痺れまくりなので気にはなりませんよ。では、本日はこの辺で (´っω・。`)゚o* またねぇ*o゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

エクソダス:神と王 : 映像だけは最高の作品2015年02月03日 14:21

エクソダス:神と王
 ISILによる邦人拉致事件、最悪の結果となってしまいました。しかし、この結果を受けてムスリムの方たちに差別的発言をする方たちがいますが、味噌と糞を一緒にするなんて同じ日本人として情けないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
エクソダス:神と王

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、ラムセス(ジョエル・エドガートン)と共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌン(ベン・キングズレー)から、自分がヘブライ人であることを知らされる。モーゼは、ヘブライ人を鞭打ちにしていたエジプト人を殺害し、国を追放される。やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「エクソダス:神と王」は、旧約聖書の「出エジプト記」に記されたモーゼの奇跡の数々を最新VFXで描いたスペクタクル・アドベンチャーです。ヘブライ人でありながらエジプトの王子のラムセスと兄弟同然に育てられたモーゼ役には、「ダークナイト ライジング」のクリスチャン・ベイル。エジプト王のラムセス役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジョエル・エドガートン。監督は、「悪の法則」のリドリー・スコット。

 モーゼといえば、無宗教の日本人でも知らない人はいないでしょう。ISILのために何かと槍玉にあげられているイスラム教でも、預言者の一人に数えられていますからね。そんな世界に知らない人はいないモーゼの半生を描いた本作、どこか宗教臭いものがあるのかと心配しておりましたが、そんなことは皆無でした。でもねぇ、何だか今一だったんですよね。

 とりあえず、映像は素人の私がどうのこうのいうのがおこがましいくらい素晴しいものでした。3D字幕があったので久々に3Dを劇場で観ましたが、目の近くに重い物をかけても良かったですよ。特に、奥行きを感じさせる3D映像には新鮮さを感じました。流石は、リドリー・スコット監督です。

 あらすじも、テンポ良かったですね。150分という長尺な作品でありながら、観る者に長さを感じさせない工夫が施されていました。次から次へと発生するイベント、やはり歴史的偉人の人生は半端ないですね。

 とはいえ、観終わった後に何らかの違和感を感じたのも事実。というのも、個人的にはイスラエルという国にはいかがわしさしか感じないからです。ISIL指導者の素性に関する問題、核保有疑惑、パレスチナ人に対する非人道的行為、かの国こそ真のならず者国家でしょう。個人的には、こういったことがひかかってしまい素直に楽しめなかったですね。

 このように「エクソダス:神と王」は、圧倒的映像が観る者を飲み込んでいく作品となっております。但し、私と同様の考えをお持ちの方は行かない方が良いと思いますよ。では、本日はこの辺で またね_φ(o゜C_`o)ゞ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ホビット 決戦のゆくえ : 納得のシリーズ完結篇2014年12月16日 16:29

ホビット 決戦のゆくえ
 一昨日の総選挙、自公連立政権の勝利となりました。個人的には、公明党が議席を増やしたことは残念でしたが、年寄と風見鶏の政党(次世代の党)がほぼ一掃されたことはよい傾向だと思っております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ホビット 決戦のゆくえ

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な人々、子供にまでその報復の炎を降りそそぐ。一方、ドワーフの長トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は、取り戻した財宝に執着し、友情と名誉を犠牲にして我が物にしようとするが、それを知ったビルボは彼に道理をわきまえさせようとする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ホビット 決戦のゆくえ」は、J.R.R.トールキン原作の「ホビットの冒険」を映画化したもので、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる作品です。ホビット族のビルボ・バギンズ役には、「恋愛上手になるために」のマーティン・フリーマン。魔法使いのガンダルフ役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたイアン・マッケラン。ドワーフの伝説的勇者であるトーリン・オーケンシールド役には、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のリチャード・アーミティッジ。エルフの闇の森の王スランドゥイルの息子であるエゴラス役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたオーランド・ブルーム。エルフの闇の森の守備隊長であるタウリエル役には、「リアル・スティール」のエヴァンジェリン・リリー。人間で弓の達人であるバルド役には、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のルーク・エヴァンス。監督は、ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン。

 前作では、客席がザワザワした位のエンディング。そこからの本作ですから、つかみから超ハイテンションで始まったわけです。期待を微塵ほども裏切らないですね、感服しちゃいました。つまり、本作は上がりに上がったハードルをきっちりと越える作品となっていたのでした。

 シリーズ通じて一貫しているクオリティーの高い映像、本作では完結作に相応しい最高の出来でした。序盤は、スマウグとバルドの闘い。あっけない幕切れでしたが、私のテンションはほぼマックス。そこからオークの大軍と人間・エルフ・ドワーフとの壮大な決戦シーン。ただただ、驚嘆に値する素晴らしい映像でした。

 そして、肝心のあらすじも個人的にはGoodでした。本作において物語の中心人物は、ビルボ・バギンズではなくトーリン・オーケンシールドです。彼の心の葛藤が、きめ細かく描写されていました。だからこそ、大切なものが何かを理解した彼の行動が、観る者の心を熱くさせたのでしょう。どちらかというと、一歩退き冷静に行動しているビルボを中心に描いたら、そこまで熱くはなれなかったでしょうから。ハリウッド作品の脚本のレベルは、相変わらず素晴らしいものがありますね。

 このように「ホビット 決戦のゆくえ」は、シリーズの完結作に相応しい作品となっております。前作エンディングからのモヤモヤも完全に吹き飛ばしてくれる作品なので、迷っている方は是非劇場で。では、本日はこの辺で バィバィ━━ヾ(w*'Д`*w)σ・‥…━━━★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

LIFE! : 映画の素晴らしさを堪能できる作品2014年03月20日 20:29

LIFE!
 昨日は、週に一度のお休み。そして、珍しく水曜日の封切りということで、この作品を観てきましたよ。
【題名】
LIFE!

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、毎日、ニューヨーク郊外から地下鉄に乗って雑誌「LIFE」のオフィスへ通勤、そこで地味な写真整理の仕事をしながら、何ひとつ変わりばえのない日々を繰り返している。不器用な性格ゆえに人付き合いが下手で、密かに熱烈な想いを寄せている経理部の同僚シェリル・メルホフ(クリスティン・ウィグ)に話しかけることもままならない。そんな彼の唯一の趣味は、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸ることだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「LIFE!」は、1947年にダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」をベン・スティラー監督・主演で新たに映画化した作品です。アメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ役には、「ペントハウス」のベン・スティラー。ウォルターが秘かに想いを寄せるシェリル・メルホフ役には、「宇宙人ポール」のクリステン・ウィグ。ウォルターが追いかけることになる冒険家兼カメラマンのショーン・オコンネル役には、「トラブル・イン・ハリウッド」のショーン・ペン。

 「生きてる間に、生まれ変わろう。」、上手いコピー考えたものです。でも、このコピー、普段は意識することがなくても、多くの人が心の奥底で考えていることかも。少なくとも私はそんな風に感じたし、自分自身の努力で何かを変えようとしています。そして、本作は中年以上の男性のために作られた作品だと感じました。でも、本作の素晴らしいところは正当すぎるヒューマンドラマの題材を扱っていながら、映画にとって必要な要素をきっちりと詰め込んだ至極の逸品となっているところなのです。

 それは、コメディーであり、恋愛であり、アクションあり、ミステリーありといった具合。中でも良かったのが、アイスランドの火山地帯での出来事。自然の中でちっぽけな人間の存在、そのちっぽけな人間が自然に立ち向う姿、人が人を助けるという人間が持つ美しさ。そして、そのことが圧倒的な大自然の映像の元、ハラハラドキドキしながら観ることができるのです。ベン・スティラーは、監督としての才能も只者ではありません。

 演者の中では、ショーン・オコンネルを演じたショーン・ペンがかっこよかった。登場シーンは少ないながらも、男が憧れる男を見事に演じています。というのも、ショーン・オコンネルが男が憧れるような存在でなければ、「LIFE」最終号の表紙を飾るネガの価値が薄れちゃいますからね。ある意味、本作における一番のキーパーソンです。

 このように「LIFE!」は、ヒューマンドラマとして素晴らしいだけでなく、娯楽映画としても素晴らしい至極の逸品となっております。特に、圧倒的な大自然の映像は、映画館で観てこそ大きな感激が味わえるものになっていますよ。では、本日はこの辺で ヾ(w*´∀`*w【○。・::。バィバィ。::・。○】q 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ホビット 竜に奪われた王国 : なぬ??、突然のエンディング…。2014年02月28日 21:49

ホビット 竜に奪われた王国
 ウクライナ情勢、緊迫化してきました。株を少々やっている私としては、内戦状態になるのは何とも避けてほしいところであります。ちなみに、本日紹介する作品は、こちらの一本です。
【題名】
ホビット 竜に奪われた王国

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ、ニュージーランド

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)。臆病だったビルボは、旅を通じて自分にも知恵や勇気があることに気付き、ドワーフたちと固い絆で結ばれていった。獰猛で巨大なクモの群れの襲撃、ドワーフたちと因縁のある森のエルフとの遭遇、急流を下りながらのオークとの死闘など、旅路は困難を極めた。それでも彼らは目的を果たすため、恐ろしいスマウグがいるはなれ山の荒れ地を目指す……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ホビット 竜に奪われた王国」は、J.R.R.トールキン原作の「ホビットの冒険」を映画化したもので、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる作品です。ホビット族のビルボ・バギンズ役には、「恋愛上手になるために」のマーティン・フリーマン。魔法使いのガンダルフ役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたイアン・マッケラン。ドワーフの伝説的勇者であるトーリン・オーケンシールド役には、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のリチャード・アーミティッジ。エルフの闇の森の王スランドゥイルの息子であるエゴラス役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたオーランド・ブルーム。エルフの闇の森の守備隊長であるタウリエル役には、「リアル・スティール」のエヴァンジェリン・リリー。人間で弓の達人であるバルド役には、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のルーク・エヴァンス。監督は、ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン。

 前作同様、圧倒的な映像のクオリティーと息もつかせぬスリリングな展開、161分という決して短くはない上映時間を感じさせない素晴らしい作品でした。とにかく、こんな超高値安定のシリーズ作品を、私は知りません。私の大好きな「男はつらいよ」シリーズでも、その内容に「う~ん?」と思える作品があるのに、本シリーズではそんなことを全く感じさせません、ただ一点を除いては…。

 その一点とは、突然のエンディングに尽きます。オークの大軍による侵攻作戦、バギンズやドワーフたちとスマウグの息もつかせぬスリリングな戦い、バルドが黒い矢を射てスマウグ対するリベンジができるのか、その全てが投げっぱなしなのであります。これには、客席もザワザワした位ですよ。次回作に期待を持たせるのは理解出来ますが、一つくらいスッキリさせて欲しかったなぁ。

 しかしながら、突然のエンディングに唖然とさせられた以外は、完璧な作品でもあります。ピーター・ジャクソンは、どうすれば観る者がワクワクドキドキできるのか、くやしいほど完璧に理解していますね。

 このように「ホビット 竜に奪われた王国」は、客席がざわつくほどのエンディングを除けば、前作を凌ぐような興奮が味わえる素晴らしい作品となっております。もう、次回作が腹が立つほど楽しみでなりませんよ、全く。では、本日はこの辺で .+゚*ヾ(o´∀`バィバィ´∀`o)ノ゛。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品