Google
WWW を検索 ブログ内検索

テッド2 : オッサンになったテディベア物語 22015年09月04日 14:37

テッド2
 昨夜(9/3)の広島カープ対阪神の試合、何というへなちょこ采配でしょう。藤波対策ということで、新井・エルドレットをベンチに下げるとは、緒方のくそボケは一体何を考えているのでしょうか。こんなおバカ監督には、ジョンとテッドの名コンビに、ぼろくそにこき下ろしてもらいましょう。
【題名】
テッド2

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 冴えない中年男ジョン(マーク・ウォールバーグ)と恋人の結婚から数年。中年テディベアのテッドと親友のジョンは、ボストンで相変わらず平凡な毎日を送っていた。しかし、ひとつだけ大きな変化があった。テッドがバイト先のスーパーで知り合ったタミ・リンと結婚していたのだ。お互いスーパーのバイト勤務のため貧しい生活を送るテッド夫妻は、ある日些細なことで大ゲンカとなり、早くも新婚生活は暗礁に乗り上げる。テッドは危機を乗り越えるために、子供を持ち、父親になることを決断する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「テッド2」は、R指定のコメディ映画としては歴代No.1のヒットとなった痛快作の続編となる作品です。主要キャストやスタッフは前作から引き継いでいるよ。本作からの登場する主な登場人物は、本作のヒロインでテッドの人権訴訟を共に闘うことになる若くて美人の新米弁護士サマンサ役に「レ・ミゼラブル」のアマンダ・セイフライド。

 個人的には、ここ数年で一番笑えたコメディー映画である前作。テディベアに魂が宿りオッサンに成長する、これ以上ないオリジナリティーに溢れたお下劣な下ネタ満載の素晴らしく笑える作品でした。そこからの本作なのですが、前作のお下劣な下ネタ満載の笑いはそのままに、現代の米国における格差社会・人種差別といった作風に合わない崇高なテーマも盛り込んだ素晴らしい作品となっておりました。

 先ずは、笑いの方から。基本的なネタは前作と変わらないのですが、大幅にパワーアップしておりました、それもお下劣な方向へ。そんな感じだから、人によっては観てられないかもしれないところはあります。でもねぇ、個人的にはどツボでした。まあ、そこはテディベアが主人公ですから、何とかなるのではないかな。

 次は、格差社会や人種差別に対する問題提起。テッド夫妻の職業は、共にスーパーのレジ打ち。妻の数万円の出費で大喧嘩する位、生活は楽ではないわけ。そればかりか、テッドは州政府から、人間ではなく“モノ”であると通達されるんですよ。これって、かっての黒人奴隷と同じ扱い。でも、本作の凄いところは、これらさえも笑いへと昇華させているところ。こんなセンスは、日本の映画人にはありえない。セス・マクファーレン、神レベルの仕事ぶりでした。

 このように「テッド2」は、前作をはるかに凌ぐR指定のコメディ映画の傑作となっております。特に、リーアム・ニーソンの使い方なんて、痺れまくりでしたよ。では、本日はこの辺で ヾ(●・ω・●)ノBeyBeyナノラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN : 沈劇の巨人2015年08月05日 10:52

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
 暑いですねぇ。その分、冷たいものやビールは旨いのですが、若干夏ばて気味。こんな時は、涼しい映画館でリフレッシュしましょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 突如出現した巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。生き残った者たちは巨人たちに侵攻されないよう巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしはじめた。それから100年以上経ち惨劇の記憶が薄れていく中、壁の外の世界に憧れるエレン(三浦春馬)は安穏と暮らす人々に苛立ちを募らせていた。しかしある日突然想定外の超大型巨人により壁が崩され、侵攻してきた巨人たちに人々は次々に食べられていく。2年後、人類はより内部への撤退を余儀なくされていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した「進撃の巨人」を実写映画化した2部作の前編となる作品です。壁の外の世界に憧れるエレン役には、「永遠の0」の三浦春馬。エレンの親友であるアルミン役には、「奴隷区 僕と23人の奴隷 」の本郷奏多。かってはエレンに恋心を抱いていたミカサ役には、「ヘルタースケルター」の水原希子。人類最強の戦士であるシキシマ役には、「舞妓はレディ」の長谷川博己。突き抜けた感満載の隊長であるハンジ役には、「幕末高校生」の石原さとみ。監督は、「のぼうの城」の樋口真嗣。

 実写映画化が決定したとき、随分楽しみにしていました。巨人が誕生した謎、壁に隠された謎、奥深い原作をどのように実写化するのか、期待値はどんどん膨らんでいました。でもねぇ、少しずつ期待値が下がっていったわけ。発表からの間延び感が半端なかったこと、配役に「日本人を駆逐する」ような意図を感じられたこと、何だか嫌になっちゃいますよね。で、本作を観た第一印象ですが、半分は低くなった期待値を裏切らず、半分は期待値を下回る作品となっていたのでした。

 では、期待値を裏切らなかったところ、それは映像でした。巨人は、本物の人間に前張りなんかを着けちゃってますが、原作の巨人も人間が変異してるわけですから演出的にGoodなのではないですかね。立体起動を使った戦闘シーンも、それなりに迫力ありましたよ。大砲とRPGが混在する世界観はどうかと思いましたが、樋口真嗣監督も総じて無難な仕事をされたのではないでしょうか。

 次は、期待値を下回ったところ、それは脚本でした。これは、期待値を下回るといったレベルではなく、リアリティー完全無視のドイヒーなものでした。ハンジ隊長が巨人に気付かれないためにしゃべんなと言ってるのに、普通にしゃべる隊員たち。赤ちゃん巨人を泣かせたために部隊全員を窮地に追いやったエレンは、軍法会議で極刑に処されるべきなのに彼を批判したジャンを返り討ちにする始末。こんなやつらこそ、巨人に駆逐されてしまえばよいよ、全く。

 このように「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、脚本がドイヒーだと良い映画にはならないという見本のような作品です。後編も観に行くつもりですが、何とか挽回して欲しいものです。では、本日はこの辺で (*;д;)ノ~~さよぉなりぃ~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ターミネーター:新起動/ジェニシス : 4も好きだけど、やっぱりシュワちゃん!2015年07月16日 20:47

ターミネーター:新起動/ジェニシス
 久々に、台風が広島に近づいています。明日は従業員を出社させるこはできないので、私一人で何とか頑張りますよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ターミネーター:新起動/ジェニシス

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 2029年、ロサンゼルス。人類抵抗軍は敵である機械軍の中枢にとどめを刺そうとしていた。1997年の“審判の日”に機械軍が放った核ミサイルで30億人もの命が失われて以来、長く苦しかった反撃が遂に終わる。すべては“預言者”と呼ばれる抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)の指導の成果だった。ところがその直前、ジョンを出産する前の母サラ・コナーを抹殺するため、機械軍はターミネーターを1984年に時間転送装置で送り込んでいた。サラ抹殺を阻止するため、ジョンの右腕カイル・リース(ジェイ・コートニー)が過去への旅を志願する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の人気SFアクション「ターミネーター」のシリーズ5作目というよりもシリーズをリブートした作品となっております。サラ・コナーを守り“審判の日”を阻止する目的で過去に送り込まれたT-800役には、「大脱出」のアーノルド・シュワルツェネッガー。抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー役には、「猿の惑星 新世紀(ライジング)」のジェイソン・クラーク。ジョン・コナーの母であるサラ・コナー役には、「ドム・ヘミングウェイ」のエミリア・クラーク。ジョン・コナーの右腕カイル・リース役には、「ダイ・ハード ラスト・デイ」のジェイ・コートニー。1984年にカイル・リースと出会うことで変人扱いされているオブライエン刑事役には、「セッション」のJ・K・シモンズ。監督は、「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のアラン・テイラー。

 このところのハリウッド、リブート作品が多いですねぇ。こんな場合、製作サイドのアイデア不足や安易な商業主義が原因、こんなことを述べられる方が多い気がします。でも、先日紹介した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のように強烈に素晴しい作品があることも事実です。ちなみに本作は、強烈に素晴しい方でした。

 「ターミネーター」シリーズといえば全作品観ているのですが、何故か3の記憶がありません。また、個人的に一番好きだったのが4ですから、少数派であることは間違いないでしょう。でも、そんな私であっても、1と2の良いところを一挙に見せてもらった序盤のシーンはサイコーでした。このおかげで、すっかり作品の世界に入り込んでいけましたよ。

 そして、中盤から終盤にかけても息もつかせぬ圧倒的なアクションシーン、素晴しかったですねぇ。目新しさこそなかったものの、観客が喜ぶツボをきっちりと抑えていました。でも、何よりも良かったのが、シュワちゃんの渋みのある演技。流石、政治の世界で人生に磨きをかけてきただけのことはあります。特に、劇中で何度か見せる”笑顔”のシーン。こんな心に残る”笑顔”のシーンができるとは、シャワちゃんの俳優としてのステータスが確実にランクアップした証拠ででしょうね。

 このように「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は、人気シリーズをなかったことにしてリブートしただけのことはあるSFアクションの逸品です。今後、シュワちゃんはスタローンみたいな銭ゲバ俳優と付き合わないで欲しいですね。では、本日はこの辺で (・ω・`p[+゚。ByeBye。゚+] 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン : トニー・スタークは所詮武器商人。2015年07月05日 20:01

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
 「なでしこジャパン」「明治日本の産業革命遺産」「ギリシャの国民投票」どうなるのでしょうか。分からないですねぇ~。ちなみに、本日紹介する作品は結末がはっきり見えているこちらになります。
【題名】
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 アイアンマンとして人類の危機を何度も救ってきた実業家で発明家のトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は、アベンジャーズの限界を誰よりも知っていた。もし自分たちの手に負えない敵が現れた時、誰が愛する人を守るのか。そんな恐れを抱えていた彼は禁断の平和維持システム、人口知能“ウルトロン”を起動させる。だがそのウルトロンが選択する究極の平和とは、平和を脅かす唯一の存在=人類の抹消を意味するものであった……。人類滅亡の危機にアベンジャーズが再び結集。しかし、人知を超えたウルトロンを相手に彼らは為すすべもなく、苦しい闘いを強いられる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は、マーベルコミック原作の人気作品から各ヒーローが集結し、世界的大ヒットを記録した「アベンジャーズ」の続編となる作品です。アイアンマンの開発者であるトニー・スターク役にはロバート・ダウニー・Jr. 、アベンジャーズ最強の戦士であるソー役にはクリス・ヘムズワース、アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカ役にはクリス・エヴァンス、ホーク・アイ役にはジェレミー・レナー 、ブラック・ウィドウ役にはスカーレット・ヨハンソン。監督/脚本には前作から引き続きジョス・ウェドンが務める。

 前作の時は、上映前から随分と盛り上がっていたような記憶があります。そして、オールスターキャストによるロイヤルランブルのような内容も痺れましたよ、ガチで。でも、本作においては、盛り上がり感が今一のように感じていました。どうせヒットするからと宣伝費をケチっているのか、テレビをほとんど見ない私が悪いのか、そもそもアベンジャーズ・プロジェクトに飽きてきたのか、よく分からないんですけどね。だから期待値はそれほど高くはなかったんですけど、その低い期待値のままのデキだったんですよ。

 とにかく、あらすじがグダグダ。自分で敵を作って自分で倒す正義の味方、何だかアメリカ合衆国のやってることと同じではないですか。無論、中国主導の正義に比べれば我々日本人としては随分とましな話なのですが、金払って映画館で観さされると若干腹が立ちましたよ。それに、あれだけ派手にアベンジャーズとウルトロンが戦っているのに一般人に一人も死者が出ていないのも、相当な違和感を感じました。また、家族愛などをテーマにしているのもくさい臭プンプンで白けちゃいましたよ。次回作では、脚本家は変更して欲しいですね。

 逆に、映像は安心安全的なデキで払った入場料を見合うだけのモノはありました。中でも個人的に良かったのが、ハルクとハルク化したアイアンマンの戦闘シーン。建設途中のビルを購入後にハルクを突き落とすなど笑えるシーンも盛り込んでおり、作品中で一番楽しめるところになっておりました。但し、ここからは少しずつ盛り下がっていきましたけどね。これは、監督も次回作はどうだろう…。

 このように「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は、前作から比べると前評判も内容も随分と盛り下がる作品となっております。次回作では、監督/脚本はジョス・ウェドンから変更して欲しいですね。では、本日はこの辺で see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

呪怨 -ザ・ファイナル- : 何だ、次もあるのか…。2015年06月24日 11:27

呪怨 -ザ・ファイナル-
 最近、BS-TBSやHuluでよく観ているのが「吉田類の酒場放浪記」。番組全体のイキフンが、とっても落ち着いていて良いんですよね。詩人だけあってボキャブラリーも豊かだし、味が観ている我々にも伝わりやすいわけ。海老を食って「プリプリ」みたいなコメントしか出来ない輩は、少しは見習ったほうがよいと思いますよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
呪怨 -ザ・ファイナル-

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 麻衣(平愛梨)は、小学校教師をしている妹・結衣が失踪したと聞く。結衣が頻繁に“佐伯俊雄”という不登校の生徒の家を訪れていたことを知った麻衣は、何か手がかりを得られないかと彼の居場所を捜索し始める。しかし、その日から不可解なことが麻衣の周囲で起こり始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、呪われた家に足を踏み入れ、恐ろしい出来事に見舞われる人々の姿を描くホラー映画です。失踪した妹の結衣を捜す麻衣役には、「摂氏100℃の微熱」の平愛梨。監督は、「呪怨 終わりの始まり」の落合正幸。

 初めて「呪怨」を観たとき感じた恐怖、凄まじかったですねぇ。以来、シリーズはハリウッド版までは観ました。でも、その後のシリーズは観ていなかったんですよね。何というか、ジャパニーズ・ホラーのクオリティーが全般的に停滞していたから。但し、本作はファイナル作品ということで観に行ったのです。でもねぇ、様々な意味で腹の立つ作品となりました。

 先ずは、観る者のびびらせ方。何というか、進歩が感じられないんですよね。「貞子 3D」のように笑えないコメディー作品になっていたわけではありませんが、初期のシリーズ作品と変化がないわけ。だから、観ていて次にどう来るか簡単に想像できちゃうんだよなぁ。それに、作品全体を包むチープな空気感も白ける原因の一つでしたね。この辺は、「呪怨」の空気感を真似たのかもしれないですが、本作に関しては完全に失敗。これは、監督である落合正幸氏の責任ですよ、全く。

 平愛梨の演技も、チープな空気感を増徴させるのに一役買っていました。「ジャックと天空の巨人」で声優をしていた時にも感じたのですが、彼女は”演技”という芸能活動には向いていないのではないでしょうか。バラエティーの平愛梨は、可愛くてよいと思いますけど。

 このように「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、劇場で観ると腹の立つこと間違いなしの作品となっております。しかも「ファイナル」と詠っておきながら、エンドロール終了後に「伽椰子vs貞子の」の告知まで。絶対映画館で観ないからな。というか、あの怖かったジャパニーズ・ホラーはもう観れないのだろうか。では、本日はこの辺で (´ェ`。)ノ○o。バィナラ。o○ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品