Google
WWW を検索 ブログ内検索

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド : 沈劇の巨人 後編2015年10月20日 09:48

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
 何だか、今月に入って忙しかったなぁ。それでも、映画館にはそこそこ行ってましたが、レビューを書くことは疲れてて出来なかったですよ。そんなこんなで、ずいぶん前に観たこちらの作品を紹介します。
【題名】
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 超大型巨人によって破壊された壁を修復するため、保護地域から出発したエレン達調査兵団は、巨人の急襲に遭い窮地に陥いる。戦いの中、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまうエレン。誰もが絶望しかけた時、謎の黒髪の巨人が出現、他の巨人達を駆逐し始めた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は、全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した「進撃の巨人」を実写映画化した2部作の後編となる作品です。主要キャスト・スタッフは、前作と同様。

 前作からの挽回を期待していましたが、圧倒的な脚本・演出の不味さに駆逐されましたね。演者の大袈裟な演技も腹立つレベルだし、AppleTVリモコンは努力していない感丸出しだもんな。私を含め映画館に足を運んだ人は皆思ったはず、「この世界は残酷だ…」と。

 期待していたオチは、最悪の部類でした。巨人は人間が造った兵器だなんて…。壁の中の人間を監視している人間がいるなんて…。その分、原作は期待を裏切らないオチになるのかもしれないけれど、金払ってる人間をバカにしてますよ、全く。

 このように「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は、観るとお金と時間を捨ててしまうことになる最悪の作品といえます。勿論、捨てても何も変えることはできないですよ。では、本日はこの辺で ~~-v(▼、▼メ)┌了八"∃!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/10/20/7857813/tb

_ 象のロケット - 2015年10月24日 08:24

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく外壁修復作戦に出発したエレン達は、巨人の急襲で窮地に陥る。 手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまった。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始める。 この巨人は果たして敵なのか、味方なのか…? 大ヒットコミック実写劇場版第2弾。

_ いやいやえん - 2016年03月16日 19:45

【概略】
外壁修復作戦に出発したエレンたちは、巨人の急襲で窮地に陥る。“人類最強の男”シキシマによって危機を脱するが、手負いとなったエレンは、アルミンを庇って巨人に飲み込まれてしまう。
アクション



実写化アクションの後編。
いやあ…やっぱりこの実写化みるならアニメ総集編みたほうがいいわぁ(アニメ第一部総集編2作とも記事なし)。
この後編は、まるで怪獣映画でした。(映画の方向性がよくわからん)シキシマ巨人だって予想の範疇で驚きが全くないし。
ソウダさんの「おまえの兄さん…」でだいたいの話は理解できましたね。白い空間でホモ臭い二人が笑えた。
その後の展開も、新鮮さというか驚きが全くない。ああ、ある意味ラストの中途半端感が驚きといえば驚きか。凄い安直な作り。スケールがちっせえ。
石原さとみさんだけがキャラになりきりすぎてて痛い。
なにがいけないって、まあ色々多いけども、話が薄いんですよ。これこそ前後編にわけるべきじゃない話。特にシキシマが、物語のカギになるくせにその野望が薄っぺらく、「内側の政府を倒しにいくんだ!ハハハハ」というのが(笑)
疑問が最後まで晴れない。メインビジュアルというべき一番でかい「超大型巨人」、あれが主管だったなんてな。
「なに、これ。」
これがほとんどの人の感想だと思うわ。確かにこれに比べたら前編はまだ面白かったような気がしてくる…。ここまで酷いと、悪意を感じさえするわ。