Google
WWW を検索 ブログ内検索

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション : 映画館向けの作品2015年09月17日 17:31

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
 今日は、お盆休みに観た映画第二弾のこちらになります。
【題名】
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”の暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。情報が交錯し、世界の危機が迫り来るなか、イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を潰すべく、究極の諜報バトルを繰り広げる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、イーサン・ハントの活躍を描くトム・クルーズ主演のスパイ・アクションのシリーズ第5弾となる作品です。主要キャストは前作から引き継いでおります。本作からの登場は、敵か味方か不明の謎の女・イルサ・ファ ウスト役には「ヘラクレス」のレベッカ・フェルグソン、「シンジケート」のボスであるソロモン・レーン役には「プロメテウス」のショーン・ハリス。監督・脚本は、「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。

 世界一有名なスパイ・ジェームス・ボンドを激しく追走するイーサン・ハント、とはいっても両社の共通点は意外と多い。超モテモテの二枚目であること、ちょい未来的な小道具を使うこと、不死身なこと、といったところ。逆に相違点は、イーサン・ハントの方が年齢設定が若く明るいキャラクターをまとっていることでしょうか。この両者の若干のキャラクターの違いが作品全体には大きな違いをもたらしていることも確かで、だからこそ両社ともに興行的に成り立つわけだと思います。まあ、そんな御託は別として肝心の中身の方はどうだったのでしょうか。

 何というか、いきなり超ハイテンションのアクションシーンてんこ盛りで、開始5分で「超おすすめ!!」決定みたいな感じ。だって、CMで流れていた輸送機に掴って一緒に飛んでいくシーンも、掴みの一部ですから。この後、どんなことになるんだろうとワクワクしましたよ。

 あらすじの方は、決して予定調和を乱さない安心設計でしたね。本作ではキモともいえる登場人物・イルサ・ファ ウスト。彼女が敵なのか味方なのか、二転三転するのですが、「美人だからどうせ味方でしょ」と安心して観ていられる新設設計。こういった部分でのハラハラドキドキ感は、スパイ映画でありながら潔いくらい皆無。ただ、スパイはつらいよ的なあらすじは、今後のシリーズ作品にとって何らかの伏線になってくるかもしれません。いや、なって欲しいな。

 このように「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、スパイ・アクションの逸品となっております。まあ、あらすじでハラハラドキドキすることはないですが、映像で十分にハラハラドキドキできるので、正に映画館向きの作品といえるでしょうね。では、本日はこの辺で (*σ´_U`)σ【ВЧЁВЧЁ】^☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/09/17/7796671/tb

_ 象のロケット - 2015年09月24日 17:26

任務中に大混乱を引き起こしたせいで、イーサン・ハントが所属するIMFは諸悪の根源と非難され、またしても解体の危機に陥ってしまった。 そんな中、CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織”シンジケート”が暗躍。 彼らを追跡していたイーサンは敵の手に落ち、謎の女イルサに助けられる…。 人気スパイアクション第5弾。

_ ここなつ映画レビュー - 2015年10月07日 19:41

期待を裏切らず、期待以上に。「娯楽したい!」との欲望に余すところなく応えてくれる。もうその点では凄いとしか言いようがない。CMやニュースで度々取り上げられる、トム・クルーズのスタント無しでジェット機にぶら下がるシーン…あのシーンが前段に過ぎないのだから、何という贅沢!いや、凄いよね、ホンットに。トム・クルーズ。年齢や身長の事はもはや誰も問わないのであろう。このまま永遠にローグ・ネイションのトップを走ってくれる事を願うばかりだ。物語はCIAの主導によってイーサン・ハント(トム・クルーズ)が属するIMFが正式に解体されCIAに吸収された所から展開する。前作「ゴースト・プロトコル」のクレムリン...

_ はらやんの映画徒然草 - 2015年12月12日 22:33

「ミッション:インポッシブル」シリーズもすでに5作目となります。コンスタントに作