Google
WWW を検索 ブログ内検索

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN : 沈劇の巨人2015年08月05日 10:52

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
 暑いですねぇ。その分、冷たいものやビールは旨いのですが、若干夏ばて気味。こんな時は、涼しい映画館でリフレッシュしましょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 突如出現した巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。生き残った者たちは巨人たちに侵攻されないよう巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしはじめた。それから100年以上経ち惨劇の記憶が薄れていく中、壁の外の世界に憧れるエレン(三浦春馬)は安穏と暮らす人々に苛立ちを募らせていた。しかしある日突然想定外の超大型巨人により壁が崩され、侵攻してきた巨人たちに人々は次々に食べられていく。2年後、人類はより内部への撤退を余儀なくされていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した「進撃の巨人」を実写映画化した2部作の前編となる作品です。壁の外の世界に憧れるエレン役には、「永遠の0」の三浦春馬。エレンの親友であるアルミン役には、「奴隷区 僕と23人の奴隷 」の本郷奏多。かってはエレンに恋心を抱いていたミカサ役には、「ヘルタースケルター」の水原希子。人類最強の戦士であるシキシマ役には、「舞妓はレディ」の長谷川博己。突き抜けた感満載の隊長であるハンジ役には、「幕末高校生」の石原さとみ。監督は、「のぼうの城」の樋口真嗣。

 実写映画化が決定したとき、随分楽しみにしていました。巨人が誕生した謎、壁に隠された謎、奥深い原作をどのように実写化するのか、期待値はどんどん膨らんでいました。でもねぇ、少しずつ期待値が下がっていったわけ。発表からの間延び感が半端なかったこと、配役に「日本人を駆逐する」ような意図を感じられたこと、何だか嫌になっちゃいますよね。で、本作を観た第一印象ですが、半分は低くなった期待値を裏切らず、半分は期待値を下回る作品となっていたのでした。

 では、期待値を裏切らなかったところ、それは映像でした。巨人は、本物の人間に前張りなんかを着けちゃってますが、原作の巨人も人間が変異してるわけですから演出的にGoodなのではないですかね。立体起動を使った戦闘シーンも、それなりに迫力ありましたよ。大砲とRPGが混在する世界観はどうかと思いましたが、樋口真嗣監督も総じて無難な仕事をされたのではないでしょうか。

 次は、期待値を下回ったところ、それは脚本でした。これは、期待値を下回るといったレベルではなく、リアリティー完全無視のドイヒーなものでした。ハンジ隊長が巨人に気付かれないためにしゃべんなと言ってるのに、普通にしゃべる隊員たち。赤ちゃん巨人を泣かせたために部隊全員を窮地に追いやったエレンは、軍法会議で極刑に処されるべきなのに彼を批判したジャンを返り討ちにする始末。こんなやつらこそ、巨人に駆逐されてしまえばよいよ、全く。

 このように「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、脚本がドイヒーだと良い映画にはならないという見本のような作品です。後編も観に行くつもりですが、何とか挽回して欲しいものです。では、本日はこの辺で (*;д;)ノ~~さよぉなりぃ~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品