Google
WWW を検索 ブログ内検索

呪怨 -ザ・ファイナル- : 何だ、次もあるのか…。2015年06月24日 11:27

呪怨 -ザ・ファイナル-
 最近、BS-TBSやHuluでよく観ているのが「吉田類の酒場放浪記」。番組全体のイキフンが、とっても落ち着いていて良いんですよね。詩人だけあってボキャブラリーも豊かだし、味が観ている我々にも伝わりやすいわけ。海老を食って「プリプリ」みたいなコメントしか出来ない輩は、少しは見習ったほうがよいと思いますよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
呪怨 -ザ・ファイナル-

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 麻衣(平愛梨)は、小学校教師をしている妹・結衣が失踪したと聞く。結衣が頻繁に“佐伯俊雄”という不登校の生徒の家を訪れていたことを知った麻衣は、何か手がかりを得られないかと彼の居場所を捜索し始める。しかし、その日から不可解なことが麻衣の周囲で起こり始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、呪われた家に足を踏み入れ、恐ろしい出来事に見舞われる人々の姿を描くホラー映画です。失踪した妹の結衣を捜す麻衣役には、「摂氏100℃の微熱」の平愛梨。監督は、「呪怨 終わりの始まり」の落合正幸。

 初めて「呪怨」を観たとき感じた恐怖、凄まじかったですねぇ。以来、シリーズはハリウッド版までは観ました。でも、その後のシリーズは観ていなかったんですよね。何というか、ジャパニーズ・ホラーのクオリティーが全般的に停滞していたから。但し、本作はファイナル作品ということで観に行ったのです。でもねぇ、様々な意味で腹の立つ作品となりました。

 先ずは、観る者のびびらせ方。何というか、進歩が感じられないんですよね。「貞子 3D」のように笑えないコメディー作品になっていたわけではありませんが、初期のシリーズ作品と変化がないわけ。だから、観ていて次にどう来るか簡単に想像できちゃうんだよなぁ。それに、作品全体を包むチープな空気感も白ける原因の一つでしたね。この辺は、「呪怨」の空気感を真似たのかもしれないですが、本作に関しては完全に失敗。これは、監督である落合正幸氏の責任ですよ、全く。

 平愛梨の演技も、チープな空気感を増徴させるのに一役買っていました。「ジャックと天空の巨人」で声優をしていた時にも感じたのですが、彼女は”演技”という芸能活動には向いていないのではないでしょうか。バラエティーの平愛梨は、可愛くてよいと思いますけど。

 このように「呪怨 -ザ・ファイナル-」は、劇場で観ると腹の立つこと間違いなしの作品となっております。しかも「ファイナル」と詠っておきながら、エンドロール終了後に「伽椰子vs貞子の」の告知まで。絶対映画館で観ないからな。というか、あの怖かったジャパニーズ・ホラーはもう観れないのだろうか。では、本日はこの辺で (´ェ`。)ノ○o。バィナラ。o○ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ コトタマ学 ― 2015年07月03日 20:58

紹介

日本語の起源・言霊百神

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/06/24/7679202/tb

_ 映画@見取り八段 - 2015年06月25日 05:14

監督: 落合正幸
キャスト: 平愛梨、桐山漣、おのののか、柳ゆり菜、松浦雅、RI・…

_ 象のロケット - 2015年06月25日 17:32

小学校教師をしている妹・結衣の失踪を聞いた姉の麻衣は、結衣が頻繁に「佐伯俊雄」という不登校の生徒の家を訪れていたことを知る。 何か手がかりを得られないかと、「佐伯俊雄」の居場所を捜索し始める麻衣。 しかし、その日から麻衣の周りで不可解な事が起こり始める…。 ホラー。

_ だらだら無気力ブログ! - 2015年06月26日 22:15

ノゾミールとおのののかが超絶可愛い!!

_ いやいやえん - 2015年11月14日 09:54

【概略】
小学校教師の妹・結衣が失踪したと知った姉の麻衣は、結衣が頻繁に佐伯俊雄という不登校の生徒の家を訪れていたことを知る。手掛かりを得ようと、麻衣は彼の居場所を捜し始め…。
ホラー



俊雄少年の初恋を思わせるような少女との交流…なにこの要らない要素…。
佐伯家を取り壊しても、俊雄本体を殺しても、呪怨は続いていく…というのはわかるんですが(それがコンセプトですしね)、でも正直佐伯家ってそんな無差別の呪いが続くような手酷い死に方してたっけ?貞子さんならまだわかりますが。何でこの家だけ特別なんだと疑問しきり。
俊雄ショッキング映像はもう笑うしかない。俊雄フィーバー。
このシリーズも、一作目がワケわかんなくて一番面白かったかもね。闇に呑み込まれる人々の姿を淡々と映していた気がする。だんだん整合性を求めていきすぎて、怖さが駄々漏れしていったのかも。
頭洗ってたらら髪の毛に手とか、伽椰子のあ”あ”あ”あ”階段ハイハイ降りとか、過去作からの引用もあったので、一応シリーズの集大成なんだなとは感じました。
でもやっぱこのシリーズ全然怖くないわ。嫌な要素:「無差別呪い」ってくらいでさぁ。
伽椰子役の人もだんだん髪の毛にボリュームでてきてるしなあ。
「終わりはないの」
冒頭の呪怨の説明の所にあるとおり、ですね。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2015年12月27日 22:01

監督 落合正幸 主演 平愛梨 2015年 日本映画 89分 ホラー 採点★★ プロレスラーの引退宣言同様、映画の“ファイナル”ってのも全く当てにならない言葉ですよねぇ。シレーっと続きが作られたりしますし。まぁ、「次回を乞うご期待!」と終わりながらも、あれこれあ…