Google
WWW を検索 ブログ内検索

マッドマックス 怒りのデス・ロード : 感激するほどのど迫力映像2015年06月21日 17:13

マッドマックス 怒りのデス・ロード
 オードリー春日、凄いですねぇ。フィンスイミングのワールドカップマスターズ大会で、 メダル獲得なんて。本日紹介するシリーズの次作に悪党キャラの一人として出演してもらいたいものです。
【題名】
マッドマックス 怒りのデス・ロード

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、あの「北斗の拳」にも多大な影響を与えたカーアクション映画の「マッドマックス」シリーズの30年ぶりの新作です。元警官であるマックス・ロカタンスキー役には、「欲望のバージニア」のトム・ハーディ。イモータン・ジョー配下の女戦士インペラトル・フリオサ役には、「スノーホワイト」のシャーリーズ・セロン。全身白塗りの男ニュークス役には、「ウォーム・ボディーズ」のニコラス・ホルト。本作のボスキャラであるイモータン・ジョー役には、あのシリーズ第一作目でもボスキャラを演じたヒュー・キース・バーン。監督・脚本は、「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー。

 幼い頃観た「マッドマックス」シリーズのインパクト、超絶でしたよ、マジで。幼いながら、スタントマンの人は大丈夫なのか気になりましたもの。それから随分と私も年を重ねましたが、そこからの本作、公開前から超期待していたわけ。でもねぇ、待った甲斐がありましたよ!!

 とにかく、アクションシーンの迫力が超絶素晴しかった。昔観たシリーズの荒涼とした世界観はそのままに、月日がたち進歩した映像技術とアイデアを惜しみなく注いだど迫力の映像でした。最初の数分ほどは少し静かめな映像でしたが、それからはラストまで超ハイテンションで駆け抜けていくわけですから。ぶっちゃけ、潔いくらい中身Nothingの作品でしたが、ここまでの徹底された映像を観続けていると最後には涙腺が刺激されましたよ、マジで。本作におけるジョージ・ミラー、正に神レベルでしたね。

 こんな感じで観てる方もアドレナリンが分泌されまくりの映画なのですが、観終わった後、冷静になるとツッコミどころもあります。それは、肝心のマックスの戦闘能力に関して。どう贔屓目に見てもマックスよりフュリオサの方が、戦闘能力高いんですよね。しかも、ビジュアル的にもマックスを圧倒していて、坊主頭でありながらセクシーでかっこよいわけ。まあ、役作りのために自ら坊主頭を申し出たシャーリーズ・セロンの女優魂炸裂といったところでしょうかね。

 このように「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、涙腺を刺激する神レベルのど迫力の映像が楽しめるカーアクション映画至高の作品となっております。ツッコミどころもある作品ですが、間違いなく満足できる作品なので劇場へ足を運ばれるとよいと思いますよ。では、本日はこの辺で バィバィビーム!!(*´∀`)ノ・‥…━━━★βуё☆βуё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/06/21/7676420/tb

_ 新・辛口映画館 - 2015年06月21日 17:29

 今回私は映画レビューサイトCOCOさん主催「『マッドマックス 怒りのデス・ロード』coco独占【男子限定】試写会」に招かれた。客席は満席だ。試写会は3D字幕版が上映された。

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2015年06月21日 17:31

実はセレブの美女ロード(load)
公式サイト。オーストラリア映画、原題:Mad Max: Fury Road。ジョージ・ミラー監督。トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・ ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2015年06月21日 17:51

マッドマックス 怒りのデス・ロード@ワーナーブラザース映画試写室

_ 時間の無駄と言わないで - 2015年06月21日 21:51

監督は頭オカシイだろ!?
というのが最高の褒め言葉なのではなかろうかと。

予告編の時点で最高のデキだったけど、そのテンションを本編でもしっかりキープしてるあたりが流石 ...

_ パピとママ映画のblog - 2015年06月21日 22:37

荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』な...

_ 象のロケット - 2015年06月22日 14:23

電力はなく、石油、水、食糧は尽きかけ、大気は汚染され、無法地帯と化した世界。 愛する家族を失った元警官マックスは、ただ本能だけで生き長らえていた。 資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの略奪軍団に捕われたマックスは、ジョーの右腕でありながら反逆を企てた女性フュリオサ、配下の全身白塗りの男ニュークスと共に、ジョーに捕われていた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する…。 バイオレンス・アクション。 R-15

_ こねたみっくす - 2015年06月22日 17:36

ハイテンションなマッド・ジョージ、喜びのビッグバジェット・ロード!
70歳にしてまだ中二病的固有結界を有するジョージ・ミラー監督の願望が全て詰まっている!爆音、カーチェイ ...

_ ディレクターの目線blog@FC2 - 2015年06月22日 19:36



映画 『マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D・日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。








ざっくりストーリー


水や石油などの資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した近未来。元警察官のマックスは、妻子を殺され絶望し、ただ荒野を彷徨っていたところを、資源を独占し市民...

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2015年06月22日 22:11

長い事『歴史に残る傑作』と思っていた「マッドマックス サンダードーム」
その後見返してみると、サンダードーム以外はただ走るだけだなぁ・・・と思っていたのが、過去3部作と同じジョージ・ミラー監督の手によって、3部作を合わせたメガ傑作となって戻ってきた!!

_ 映画を観たからイラスト描いた - 2015年06月23日 00:58

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』Mad Max: Fury Road2015年/オーストラリア・アメリカ/120分監督:ジョージ・ミラー出演:トム・ハーディ/シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホル ...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2015年06月23日 13:54

平成27年6月22日(火)。 映画:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。 監  督:ジョージ・ミラー 脚  本:ジョージ・ミラー 、 ブレンダン・マッカーシー 、 ニック・ラソウリス 撮  影:ジョン・シール 音  楽:ジャンキー・エックスエル 編…

_ Akira's VOICE - 2015年06月24日 10:42

アドレナリンが吹き出す活走まつり!
 

_ とりあえず、コメントです - 2015年06月25日 00:09

ジョージ・ミラー監督が3作目から30年ぶりに創り上げたシリーズ最新作です。 前3作は未見でしたけど、今作の評判がいいのでチャレンジしてみました。 圧倒的な映像と俳優陣の演技の迫力に、思わず魔界に引き込まれるように魅入られてしまいました。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2015年07月03日 10:59

監督 ジョージ・ミラー 主演 トム・ハーディ 2015年 オーストラリア/アメリカ映画 120分 アクション 採点★★★★★ “マッドマックス”シリーズの第4弾として2003年頃からプロジェクトがスタートするも、ロケ地ナミビアの情勢不安定による治安の悪化や、当然の如…

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2015年07月03日 20:38

 ジョージ・ミラー監督兼脚本、「ダークナイト ライジング」のトム・ハーディ主演。荒廃した世界を舞台に、怒れる男・マックスが悪漢どもをぶっ倒していく痛快アクションムービー、約30年ぶりとなる新シリーズ。 公開されるや、低予算にも拘らず、これまでにない世界観

_ いやいやえん - 2015年07月04日 10:42

【概略】
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックスは愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ、全身白塗りの男ニュークスと共に自由への逃走を開始する。
アクション



映画館鑑賞。
ヤバイ!すげぇ面白い!!…とりあえず問答無用に雄たけびをあげたくなる。ヒャッハーー!!!

マックス役にトム・ハーディ。共演にシャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンら。
とにかく、アクションの凄さにブッたまげる。それに改造車も!巨大な太鼓を積んでドンドコドコドコと叩きながら併走するダンプカー、火を噴くデス・ギター、車についてる棒の先に人間がぶら下がり、ビュンビュン飛んで車に飛び乗るしで。もうなんか…お祭り!?みんな狂ってる!!

この作品を70歳のジョージ・ミラー監督が作り上げたってのも驚きだけど、30年たっての新作って事で、その間、頭の中ではこの狂った世界の構想がよぎり猛りまくっていたんだろうと考えると、マッド!もう監督がマッドってことでOKです。

序盤から太鼓を叩いてギターをかき鳴らし、吹っ飛び、轢死し、棒に跨り、砂漠を蹂躙しまくるという、この狂気の熱が凄い!ヤバイ!
CG抜きの超絶アクションだけじゃなくて、シャーリーズ・セロン演じるフュリオサの男前っぷり(真の主人公はこの方)、ニコラス・ホルト演じるニュークスの後半の活躍ぶりと言ったら、もうね、なんだこれ、熱いものがこみあげてくるんですわ。俺を見ろ!

本作のマックスこと輸血袋はどちらかといえば、いい意味で脇役。ストーリーもマックスとフュリオサと美女たちが、イモータン・ジョーとその戦闘軍団から必死で逃げるのを描いてるだけなんだけど、全編に渡って手に汗握る展開で、自然と前のめりになってしまうのですよ。改造車にバイク、ウォーボーイズたちが追ってくる〜。どれもこれもが最高にイカれてて、自然と口元が揺るんじゃいますなあ。正直鑑賞しながら身体が揺れまくった。

続編でありながら、これ単作でみても全然大丈夫。続いているのは監督の偏執的なこの作品に対するこだわりです。そしていざ感想を書くとなると大変困る作品でもあります。なぜなら…ヒャッハー!!とか、ヤバイとか凄いとか、書こうとすると思いつくのが大抵それだけになっちゃって、書き手のIQを低くさせられる気がするからです。

「このシーンヤバイよね!」と語り合いたい欲求があるけれど、そんな事やってたら1コマずつになっちゃって、全くもって映画が進まないだろうと予測できる。そのくらい、ヤバイ!すげぇ面白い、なんですわ。
「ベイブ」とか「ハッピーフィート」とか撮ってたのが信じられないくらいマッド。いや、撮ってたからこそ余計にマッドなのかも。魂全てつぎ込んだような作品になっていて、信じられないくらい観るものをハイにさせる。

MADな世界観をこれだけのクオリティで成立させている時点で大成功ですが、どうやら3部作予定とのことらしい、このテンションが続くものなのか、信じがたい。

とにかく出てくる奴らがほとんどヒャッハーで、もう楽しすぎてこっちもヒャッハーでしたよ!作品全体のセリフ量が圧倒的に少なく、でも目は口ほどに物を言う、トム・ハーディのマックスは凄みがありました。頷きながら去る姿かっこいー!

またね、途中の音楽が最高なんですわ、テンションがあがる。サントラ買った!「Brothers In Arms」好きだ!!
ヤバイ!すげぇ面白い。ヤバイ、しか言ってない気がするけど(笑)でもマッドな世界に浸れてヒャッハー!!!
もうね最強の映画。しばらく他の映画見たくない…。

_ FREE TIME - 2015年07月05日 19:02

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を鑑賞しました。

_ ここなつ映画レビュー - 2015年07月07日 21:28

MADがMAXで、怒りを抱えて死の道をひた走るのである。なんのこっちゃ。観始めた時にはこの世界観についていけるのかな?と。だけど全然オッケーだった。いや、むしろ好きかも。誰にも感情移入しなくて済むのも、心と身体が疲れ果てている時にはある種の利点だ。ただ、ついていけない人は結構多いのではないかと推測される。荒廃しきった世界の壮絶な追いかけっこ。石油と水(と女)を求めるバトル。そう、言ってしまえばただそれだけの話なのだが、そこにグロテスクという彩りを加え、普通にはあまりない作品になっている。ジョージ・ミラー監督はやはり狂気の人なのだ。だがしかし意外にも、奥深い事を提示している(ような気がする...

_ 笑う社会人の生活 - 2015年07月08日 07:40

20日のことですが、映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」IMAX3D を鑑賞しました。

資源が枯渇し法も秩序も崩壊した世界。荒野をさまようマックスは砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる
そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マック...

_ だらだら無気力ブログ! - 2015年07月13日 00:14

あっという間の2時間で面白かった。

_ 京の昼寝〜♪ - 2015年07月21日 10:10



□作品オフィシャルサイト 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」□監督・脚本 ジョージ・ミラー□キャスト トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン■鑑賞日 7月1日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2015年07月21日 21:30

 『マッドマックス―怒りのデス・ロード』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)大変な評判作ということなので、ミーハーとして覗いてみたくなって、遅ればせながら映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、主人公のマックス(トム・ハーディ)の声で、「俺の...

_ 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 - 2015年12月10日 23:26


JUGEMテーマ:映画館で観た映画



■あらすじ


資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックスは、


砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョーの一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。


そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ、全身白塗りの謎の男、


そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。



■感想


一言で言うと「スゲー映画」

終始、爆音。ストーリーの切れ目らしい切れ目なし!

終始、改造車で爆走!!

荒廃した世界であると言うこともあり、

狂人ばっかりな世界観。

さすが北斗の拳がインスパイアしただけはあり、

ヒャッハーな人々ばかり(笑)

ストーリーの伏線回収とか気にしてたら、

こんな映画はまともに見れやしないってのが褒め言葉だろう。


メル・ギブソンからトム・ハーディーに変わってしまったものの


十分に楽しめる内容になっている。


映画館での上映は完全に終わったかと思いきや、探せばまだ4DXなどでやっています!!


是非、映画館でみてほしい



Amazon.co.jp ウィジェット


_ 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 - 2015年12月10日 23:44


JUGEMテーマ:映画館で観た映画



■あらすじ


資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックスは、


砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョーの一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。


そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ、全身白塗りの謎の男、


そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。



■感想


一言で言うと「スゲー映画」

終始、爆音。ストーリーの切れ目らしい切れ目なし!

終始、改造車で爆走!!

荒廃した世界であると言うこともあり、

狂人ばっかりな世界観。

さすが北斗の拳がインスパイアしただけはあり、

ヒャッハーな人々ばかり(笑)

ストーリーの伏線回収とか気にしてたら、

こんな映画はまともに見れやしないってのが褒め言葉だろう。


メル・ギブソンからトム・ハーディーに変わってしまったものの


十分に楽しめる内容になっている。


映画館での上映は完全に終わったかと思いきや、探せばまだ4DXなどでやっています!!


是非、映画館でみてほしい



Amazon.co.jp ウィジェット