Google
WWW を検索 ブログ内検索

夫婦フーフー日記 : 以外に広島に縁のある映画2015年06月07日 19:56

 今日から新しい家族になったレオくんです。
レオくん
 男の子は久々に飼うけど、これから楽しくやっていけそうです。  では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
夫婦フーフー日記

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 ダンナことコウタ(佐々木蔵之介)とヨメことユーコ(永作博美)は、長年の友人づきあいを経て出会いから17年目に結婚。入籍してすぐに妊娠が分かり大喜びする二人だが、ヨメの直腸に悪性腫瘍があることがわかる。ダンナはブログに夫婦の日々を記していった。やがて二人の子ペ~が生まれ希望に包まれるが、ヨメの容体が悪化。ヨメは最期に望んだ大好きなハンバーガーを食べ、その数日後に息を引き取った。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「夫婦フーフー日記」は、川崎フーフの闘病ブログを基にした書籍「がんフーフー日記」を映画化した作品です。小説家を夢見ているダンナ/清水浩太役には、「超高速!参勤交代」の佐々木蔵之介。ダンナと結婚後直ぐに癌であることを告げられたヨメ/清水優子役には、「八日目の蝉」の永作博美。監督は、「婚前特急」の前田弘二。

 原作の川崎フーフとは、フリーライターの清水浩司氏と癌で亡くなられた奥様のこと。そして、清水浩司氏は、広島在住で「おひるーな」というラジオ番組である火曜日のコメンテーターでもあるんですよね。だから、本作について熱く語っている清水浩司氏の話を聞いて、とても興味を持っていたんです。結婚、出産、ヨメの闘病、そしてヨメとの別れ、それをわずかの間に経験するという凝縮された人生の話を聞き期待して観に行ったのです。しかし、個人的には期待していたほどではなかったですね。

 佐々木蔵之介と永作博美の言葉の掛け合い、リズム感が抜群でした。そのリズム感が、作品の魅力の一つにもなっておりました。また、ヨメが癌で死んでしまう暗くなりがちなあらすじを、ファンタジー仕立てにすることで笑いに変えているのもGoodでした。しかしながら、何となく作品にのめりこむことはなかったですね。

 それは、何故なのか。作品の性格上、盛り上がりに欠けるところはあります。でも、そこではないのです。物語は、死んだヨメと生きているダンナが、二人の過去を振り返っていくというもの。そこが本作を分かりづらくしているようで、リアルとファンタジーの境目が見えなくなるところがあったんですよ。正直、感性の鈍いおっちゃんには会話をしている二人がリアルなのかファンタジーなのか分からない時がありました。

 このように「夫婦フーフー日記」は、演出と編集をもう一頑張りすることで素晴しい出来栄えになっていたかもしれないと感じられるおしい作品となっております。但し、佐々木蔵之介と永作博美の演技は素晴しい演技は、劇場で観ても損はしないかも。では、本日はこの辺で (*^o^*)ノハィバィ.+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/06/07/7664116/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2015年06月07日 20:21

ハンバーガーのぱくつき=生きたい
公式サイト。川崎フーフ原作、前田弘二監督。佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥 ...

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2015年06月07日 20:55

 がん闘病物という手垢のついた題材を、佐々木蔵之介、永作博美の芸達者コンビがどうみせてくれるかと期待していたのですが、うーむ。話が散漫となり、途中で眠気と戦っていました。  作品情報 2014年日本映画 監督:前田弘二 出演:佐々木蔵之介、永作博美、杉本哲…

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2015年06月07日 22:25

映画『夫婦フーフー日記』は、実在の闘病ブログをもとにした映画。佐々木蔵之介&永作

_ 単館系映画と舞台 - 2015年06月08日 01:19

夫婦フーフー日記 MOVIX川口 2015/5/30公開初めて会ったときから17年たった後に結婚したダンナことコウタ(佐々木蔵之介)とヨメことユーコ(永作博美)は、子供ができて喜んでいた矢先 ...

_ 象のロケット - 2015年06月08日 15:58

20歳で出会い、長い長い友だち期間を経て、17年目にしてようやく結婚した作家志望のコウタ(ダンナ)と書店員のユーコ(ヨメ)。 入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ユーコの直腸に悪性腫瘍が見つかった。 夫婦の一大事を自分のブログで報告し、日々の様子を綴るコウタ。 ところが、死んだはずのユーコが、何食わぬ顔でコウタの前に現れる…。 実話から生まれた夫婦の愛の物語。

_ FREE TIME - 2015年06月08日 23:54

映画「夫婦フーフー日記」を鑑賞しました。

_ FREE TIME - 2015年06月08日 23:54

映画「夫婦フーフー日記」を鑑賞しました。

_ 京の昼寝〜♪ - 2015年06月18日 08:36



□作品オフィシャルサイト 「夫婦フーフー日記」 □監督 前田弘二□脚本 林民夫、前田弘二□原作 川崎フーフ□キャスト 佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗■鑑賞日 5月31日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2015年06月30日 06:51

 遅ればせながら『夫婦フーフー日記』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)佐々木蔵之介と永作博美が出演しているというので映画館に行ったものです。

 本作(注1)の冒頭では、ヨメのユーコ(永作博美)が大きなハンバーガーを食べています。
 そして、ダンナのコウタ...

_ オールマイティにコメンテート - 2015年07月16日 23:40

「夫婦フーフー日記」は長い友人関係を経て結婚した夫婦が嫁の癌により余命わずか1年という短い期間に子供を出産して亡くなるまでの記録をブログに記載して出版するまでを描いた ...