Google
WWW を検索 ブログ内検索

駆込み女と駆出し男 : あらすじまで駆け込み2015年05月30日 21:37

駆込み女と駆出し男
 口永良部島の火山噴火、凄かったですねぇ。そして、BSでサンフレッチェの試合観ていたら、小笠原諸島西方沖でM8.5の地震。南海トラフに備えて、防災グッズなどでも用意しておかないといけないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
駆込み女と駆出し男

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案にした人情時代劇です。東慶寺の御用宿である柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・中村信次郎役には、「トワイライト ささらさや」の大泉洋。駆込み女の一人である鉄練りじょご役には、「DOG×POLICE 純白の絆」の戸田恵梨香。駆込み女の一人であるお吟役には、「一命」の満島ひかり。駆込み女の一人である戸賀崎ゆう役には、「恐竜を掘ろう」の内山理名。東慶寺の院代である法秀尼役には、「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の陽月華。柏屋の主人・源兵衛役には、「ツナグ」の樹木希林。監督/脚本は、「わが母の記」の原田眞人。

 笑えて泣ける映画、良いですよねぇ。お涙頂戴映画と違って、押し付けがましさを感じないわけです。本作を観て泣けたわけではありませんが、清々しい気持ちにさせてもらったのは確かです。

 とにかく、映画全体のイキフンが良かったですよ。物語の中心になるのは、デキの悪い旦那から東慶寺に逃げてきた女性たち。そこにいる女性たちは皆、辛い過去を経験したものばかり。しかし、本作がフォーカスしているのは、女性たちの過去ではなく現在なわけ。つまり、東慶寺に駆け込んだ時点で辛い過去がリセットされ、新しい女性に生まれ変わっているんですよね。こんなところが、清々しい気持ちにさせてくれるんでしょうねぇ。

 演者の好演も光っている作品でした。特に、主演の大泉洋。あの「男はつらいよ」で映画ファンを唸らせた渥美清独特の”一人語り”にも劣らない素晴しいものでした。惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、意外に良かったのが、東慶寺の院代である法秀尼を演じた陽月華。生まれのよさから来る気品、修行によって培われた凄み、余りにも俗世間から離れた生き方をしてきたことによる滑稽さ(可愛らしさ)、完璧に演じていましたね。とにかく、この二人を始め、皆さん素晴しい演技でした。

 しかし、残念なのがあらすじ。東慶寺を取り潰そうと南町奉行の鳥居耀蔵がスパイまで送り込むのですが、余りにも駆け込み過ぎ。これには、呆気に取られましたよ。江戸っ子だから、ちょっちょいのちょいというわけにはいかんでしょう、全く。

 このように「駆込み女と駆出し男」は、笑って清々しい気持ちになれる人情時代劇の秀作です。決して派手さはありませんが、映画らしい特別な映像も味わえる一本ですよ。では、本日はこの辺で またねぇ(・ω・)ノ▽ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ Dacia ― 2017年05月08日 19:37

You could definitely see your enthusiasm in the paintings
you write. The sector hopes for even more passionate writers such as you who aren't afraid to mention how they believe.
Always follow your heart.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/05/30/7658762/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2015年05月30日 21:54

駆込み女と駆出し男@東京国際フォーラム

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2015年05月30日 23:05

映画『駆込み女と駆出し男』は、2時間23分を一気に見せきる原田眞人監督作品。なに

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2015年05月31日 01:14

 観客に媚びず、でもエンターテイメントとしての基本はきっちりと果たしている邦画としては希有な作品。大泉洋をはじめ出演者はみな適役で、江戸末期の雰囲気がそのまま伝わってきそうでした。  作品情報 2015年日本映画 監督:原田眞人 出演:大泉洋、戸田恵梨香、…

_ Akira's VOICE - 2015年05月31日 10:16

駆けた先に安らぎがある。
 

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2015年05月31日 11:02

横暴な夫と謙虚な妻という組み合わせで日本人の心に響くセリフ回しがすばらしい。ロケーションもしっかりと研究されていて、まさに芸術作品のような内容だった。でも、この映画で描いている内容は明治維新以降の男尊女卑の家族制度を批判しているものなのだ。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2015年05月31日 11:19

大泉洋主演?ときたら、もっとおふざけな映画かと勝手に思っていたら、なんのなんの。
江戸を舞台に繰り広げられる、粋な人情ものだったyo
もちろん笑いも忘れない、大人の洒落たお伽噺☆

_ 時間の無駄と言わないで - 2015年05月31日 22:10

予告編を見た限りは、シリアスなのかコミカルなのか中途半端だったし、大泉洋が突然離婚調停人になって活躍しちゃうみたいだったしで全然期待していなかったけど、ところがどっこ ...

_ 象のロケット - 2015年06月01日 14:51

天保十二年(1841)。 質素倹約を旨とする老中水野忠邦の「天保の改革」の真っただ中。 幕府公認の縁切寺として知られる鎌倉の尼寺・東慶寺には、離縁を求める女たちが駆け込んで来ていた。 見習い医者で駆出し戯作者(通俗作家)でもある信次郎は、駈込み女たちの身柄を預かる東慶寺門前の御用宿・柏屋で居候中。 ここは人間を知る絶好の場所だった…。 時代劇

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2015年06月01日 20:37

公式サイト。井上ひさし原作、原田眞人監督。大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、キムラ緑子、木場勝己、神野三鈴、武田真治、北村有起哉、橋本じゅん、山崎一、 ...

_ 映画のブログ - 2015年06月07日 07:59

 唯一『駆込み女と駆出し男』の残念なところを挙げるとすれば、こんなに面白いのに上映時間が143分しかないことだ。やっぱり185分は欲しかった。

 原田眞人監督が時代劇!?
 本作のことをはじめて知ったとき、私は意外な組み合わせのように感じた。幅広い作品を撮ってきた原田監督をして、時代劇は未経験だったからだ。
 しかし、原田監督初の時代劇映画は、観れば『わが母の記』(2011年)の延...

_ オールマイティにコメンテート - 2015年06月14日 12:17

「駆込み女と駆出し男」は江戸時代末期を舞台に当時離婚しようとした女が駆け込んだ寺で2年間その寺の修行に耐えると男と離婚できる寺を舞台にした男と女の攻防を描いたストーリ ...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2015年06月16日 21:40

 『駆込み女と駆出し男』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)『夏の終り』で好演した満島ひかりが出演しているというので、遅ればせながら、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の当初の時点は天保12年(1841年)(注2)。
 冒頭では、女義太夫ら十数人が腰縄でつな...

_ ペパーミントの魔術師 - 2015年06月26日 15:55




つい最近みた、「百日紅」も案外こんな感じの実写版ができたんじゃないのかな〜とか
ちょっと枝葉。

サブタイトルにもちょこっと書いたんですけども、
セリフのやり取りがいかにも江戸というか、この作品の雰囲気を作ってるパーツのはずなんですが
ところどころ何言う...