Google
WWW を検索 ブログ内検索

チャッピー : これぞ、ブロムカンプ・ワールド2015年05月28日 17:45

チャッピー
 広島カープ、なかなか波に乗れないですね。原因は中継ぎ・抑えというのは、素人の私にでも理解できます。この際、好投してる割に勝ち星に恵まれない大瀬良君に抑えをやってもらうのはどうなのかな。手遅れになる前に、首脳陣の決断を信じるのみです。では、本日紹介する作品はこちらになりんす。
【題名】
チャッピー

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2016年.犯罪多発都市、南アフリカ・ヨハネスブルグ。ロボット開発者のディオン(デーヴ・パテル)は、学習機能を備えたAI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットを極秘で製作。“チャッピー”と名付けられたそのロボットを起動させると、まるで子供のように純粋な状態であった。だが、チャッピーはディオンとともにストリートギャングにさらわれ、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「チャッピー」は、「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督が、自身の出身地である南アフリカのヨハネスブルグを舞台に描くSFアクションです。AI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットであるチャッピーをモーションキャプチャーで演じたのは、「エウロパ」のシャルト・コプリー。チャッピーの生みの親であるエンジニアのディオン・ウィルソン役には、「チェリーについて」のデブ・パテル。ディオンのライバルでもあるエンジニアのヴィンセント・ムーア役には、「ウルヴァリン:SAMURAI」のヒュー・ジャックマン。チャッピーの育ての親となるギャングのニンジャ役には、ラップレイヴグループのディー・アントワードでリード・ラッパーを担当するニンジャ。同じくチャッピーの育ての親であるヨーランディ役には、ディー・アントワードの、サイド・ラッパーを担当するヨーランディ・ヴィザー。

 ニール・ブロムカンプといえば、他の映画人とちょっと違った切り口を持った方だと思っております。コンピューターやロボットのAI物は昔から多くの作品で描かれていたけど、AIに対しては否定的な作品が大半を占めていると思います。しかし、本作はちょっと違うんですよね。どちらかといえば、人間が性悪説でAIは性善説のような描かれ方でした。しかも、AIをインストールされたロボットは、まさかの赤ちゃん始まり。これだと、観ている方はチャッピーに愛着わきますよね。この辺も上手いと思わされました。流石のニール・ブロムカンプといったところでしょうか。

 SF作品に重要な映像も中々でした。あらすじの都合上、アクションシーンは決して多くはないのですが、手抜きのない迫力あるものに仕上がっていました。そして、何といっても良かったのが、意外な結末となったあらすじ。伏線も分かりやすく張ってあるので驚愕というほどではありませんが、観る者に様々なことを考えさせる結末でした。

 但し、肝心なところでツッコミどころがあったのも事実。それは、チャッピーを始めとするロボット警官隊を開発した武器製造会社のエンジニア・デオンのセキュリティー。ディオン・ウィルソンが簡単にキーを持ち出せるなんて、どうかしてるよな。それが原因でロボット警官隊が全てダウンするわけだし。普通は、二重三重にセキュリティーを確保しているはずですけどね。

 このように「チャッピー」は、ニール・ブロムカンプの鋭い着眼点が光るSFアクションの秀作です。オチもユニークだし映像も中々の作品なので、映画館で観ても損はないと思いますよ。では、本日はこの辺で マタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品