Google
WWW を検索 ブログ内検索

龍三と七人の子分たち : あの頃のタケシは、もういない…。2015年05月05日 11:34

龍三と七人の子分たち
 何だかんだと、4月も忙しくしておりました。そのため過労で寝込んだりしちゃって、まるまる一ヶ月更新出来ませんでした。でも、ゴールデンウィークで生気を養い復活しましたよ、マジで。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
龍三と七人の子分たち

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 70歳の高橋龍三(藤竜也)は、元ヤクザの組長だが“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。現在は家族にも相手にされず、社会にも居場所がなく、大企業で働く息子・龍平(勝村政信)の家に肩身の狭い思いで身を寄せながら「義理も人情もありゃしねぇ」と世知辛い世の中を嘆いている。そんなある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、元暴走族の京浜連合と因縁めいた関係になった龍三は「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と、昔の仲間に召集をかける。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「龍三と七人の子分たち」は、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた人間ドラマです。かっては“鬼の龍三”と畏れ慕われたやくざの組長である龍三親分役には、「柘榴坂の仇討」の藤竜也。”若頭のマサ”役には、「TAJOMARU」の近藤正臣。”はばかりのモキチ”役には、「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の中尾彬。監督・脚本は、「アウトレイジ ビヨンド」の北野武。

 結構笑えましたよ、マジで。特に、中尾彬の死体を挟んでのドンパチシーン、タケシらしい毒の効いた笑いでした。でもねぇ、笑い以外は今一の作品でもあったんですよね。これには、大きく二つの理由があると個人的には感じました。

 先ずは、作品全体の盛り上がり感が足りなかった気がするんですよね。特に、小野寺昭演じる”神風のヤス”が京浜連合の自社ビルに”カミカゼ”の敢行を決心したシーン。どんな映像になるのかわくわくしました。それが、あれだもんなぁ~。自分でハードル上げるだけ上げて、その下を潜り抜けただけのようなオチ。あれは、ないですよ。そして、中尾彬の死体を挟んでのドンパチシーンからエンドロールへ向けての盛り下がり感、本当にタケシが脚本書いたのと疑いたくなるレベル。何だかなぁ、もう。

 次は、若者から中年が悪で老人が善みたいな雑な作り。タケシも七十近い年齢だから仕方ないのかもしれないが、この映画を観る年代はもっと若いでしょう。また、実社会においても、現代の老人世代はいかがなものかと思える人が多くなったと感じますけどね。そこを掘り返さないのが日本人の良いところでもあるのですが、本作のようにあからさまに老人が善みたいに描かれてもね。いわゆる一般的日本人の逆の切り口からモノを見て語るのが、タケシが天才だと感じられた一番の理由だと思っていたのですが…。

 このように「龍三と七人の子分たち」は、タケシらしい毒の効いた笑いを感じさせると同時に、鋭かった感性が曇ったことを感じさせる作品となっております。こんなだと、次回作は劇場で観ないかもしれないですね。では、本日はこの辺で ((w(^∇^)w))バイバーイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ジヌよさらば~かむろば村へ~ : 人妻の色気炸裂!!2015年05月06日 14:20

ジヌよさらば~かむろば村へ~
 昨日の広島カープの連勝、よかったよかった。この調子で逆転優勝目指してもらいたいものです。では、本日紹介する作品は、1ヶ月くらい前に観たこちらになります。
【題名】
ジヌよさらば~かむろば村へ~

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 銀行に勤めていながら現金に触るだけで失神してしまう金アレルギーになってしまったタケ(松田龍平)は、仕事を辞め、一銭も使わずに生活しようと東北地方のとある寒村に逃げるようにやってくる。田舎暮らしを甘く見るタケに、過疎の地だからこそ現金や携帯電話が必要なのにと村人たちはあきれ顔だった。面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)は自分が経営するスーパーでタケを雇い、食料の現物支給という形で給料を払うことにする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジヌよさらば~かむろば村へ~」は、いがらしみきおの同名コミックを奇才・松尾スズキ監督が映画化したヒューマンコメディです。金アレルギーとなり一銭も使わずに生活するためにかむろば村へやってきた高見武晴役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の松田龍平。武晴の面倒を何かと見るかむろば村の村長・天野与三郎役には、「謝罪の王様」の阿部サダヲ。与三郎の妻である天野亜希子役には、「小さいおうち」の松たか子。武晴に惚れてしまう青葉役には、「脳男」の二階堂ふみ。怪しい男・多治見役には、「R100」の松尾スズキ。

 とにかく、個性際立つ登場人物たちが観る者を笑いの村へ誘い込む、そんな感じの映画でした。主人公の高見武晴は金恐怖症のため自給自足生活を目指している青年、村長の天野与三郎は超面倒見のよい村長、青葉は愛くるしい面と悪女の面を持つ不思議ちゃん、多治見は怪しさぷんぷんの男、なかぬっさんはいたるところで写真を撮り目から不思議な光線を放つ老人、青木は美人局をしながらも憎めないヤクザ、といったようにさっらっと流せない人物ばかり。それでも物語として破綻しないのは、役者の皆さんがプロとしての仕事を全うしたからでしょうね。

 そんな個性的な登場人物の中で一番光っていたのが、松たか子演じる天野亜希子。登場人物の中では随分とまともな性格なのだが、何ともエロを感じさせるのであります。二階堂ふみもパンチラを見せるなど頑張っているのですが、人妻のエロさには遠く及びません。これは、実生活もさぞかし充実しているからでしょう。この松たか子のエロさを見るだけでも、劇場に足を運ぶ価値があると思えますよ。

 また、あらすじ的にもなかなかでした。本作のメッセージとしては、行き過ぎた経済社会への批判、田舎が都会のために切り捨てられる現実、それらにまい進する政治への皮肉、といったところでしょうか。こんな感じで観る者に伝えたいメッセージが複数あると、何かとぼやけてしまいがち。それを、金アレルギーの高見武晴が、村長選挙に立候補・当選することで見事に伝えきっているんですよね。まあ、これは原作のクオリティーの高さによるものなのでしょうが(ちなみに、原作は未読)…。

 このように「ジヌよさらば~かむろば村へ~」は、以外に楽しめるヒューマンコメディの秀作です。もう直ぐ劇場公開が終わりそうなので、興味をもたれた方は早めにどうぞ。では、本日はこの辺で -~)ノ~~ ジャネ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

寄生獣 完結編 : 寄生獣の正体とは…。2015年05月08日 18:17

寄生獣 完結編
 本作は、ゴールデンウィーク中の5月1日に観に行きました。ファーストデイなので随分と得した気分になっておりましたが、前売り券を購入していたのをつい先ほど思い出しました。まあ、そんな細かいことを気にしないで、前向いていきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
寄生獣 完結編

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 人間の脳に寄生し肉体を操り人間を捕食する謎の新生物パラサイトが現れ、大勢が餌食になっていった。東福山市では市長・広川(北村一輝)を筆頭に組織化されたパラサイトたちのネットワークが広がっていた。これに対し人間側はパラサイト殲滅のための特殊部隊を結成。両者の戦いは激化する。パラサイトのミギー(声:阿部サダヲ)を右手に宿した泉新一(染谷将太)は、パラサイト側からも人間側からも危険視されていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「寄生獣 完結編」は、斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを2部作で映画化したSFアクションの完結編となる作品です。右腕に寄生生物パラサイトに寄生された高校生の泉新一役には、「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」の染谷将太。新一の高校に教師として現れたパラサイトの田宮良子役には、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の深津絵里。新一の幼馴染の同級生・村野里美役には、「俺はまだ本気出してないだけ」の橋本愛。最強のパラサイト・後藤役には、「ルパン三世」の浅野忠信。パラサイトの謎を追うジャーナリストの倉森役には、「R100」の大森南朋。新一の右腕に寄生したパラサイトのミギー役には、「謝罪の王様」の阿部サダヲ。監督は、「永遠の0」の山崎貴。

 本作の感想を一言でいえば、完結編として概ね満足度の高い作品だということ。まあ、原作を読んだ方からすれば随分と物足りないようなので、何時ものごとく原作を未読なのも高評価になった理由かもしれないですけどね…。

 先ずは、二人の女優の存在感がGoodでした。田宮良子を演じた深津絵里は、難しい役所をそつなく演じていましたね。パラサイトの中に少しずつ芽生える母性、その母性が与える人間性、上手かったですよねぇ。だからこそ、田宮良子の最後に熱いものを感じれたのでしょう。村野里美を演じた橋本愛は、正に体当たり演技でした。但し、彼女のような将来ある女優が、本作でここまで頑張るのはどうなんだろう。もっと相応しい作品があるような気がしないでもないですけど。

 そして、メッセージ性の高い作品でもありました。寄生獣とは何者なのか、鋭い指摘でしたね。北村一輝演じる広川剛志が、パラサイトではなく人間だというのも、この指摘を際立たせてましたよ。また、何気に反原発のメッセージも盛り込んでおりました。でも、パラサイトの後藤には効果覿面だったのに、泉新一には何もないなんてどういうことなんだろう。パラサイトの方が、人間よりか弱いということなのかな。

 このように「寄生獣 完結編」は、若干あらすじ的に難があるものの、二部作の完結編として満足度の高い作品となっております。第一部を観ている方は、是非劇場に足を運ばれるとよいかと。では、本日はこの辺で ジャァナー (キ▼O▼)/~~~~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

脳内ポイズンベリー : 心の痛みが人を成長させる…。2015年05月16日 21:22

脳内ポイズンベリー
 明日は、いよいよ大阪都構想の住民投票ですね。広島市民の私には直接関係ないことですが、その後の野党再編などに大きく影響しそうなので気になります。それにしても自民党から共産党までの呉越同舟は、外野から見ている私にとっては胡散臭さいばかりです。個人的には、公務員の総数を削減できるであろう都構想は大いに賛成。というか、最大のメリットはそこだと思うのですが。改革とは必然的に痛みを伴うものですからね。ちなみに、本日紹介する作品は、人間の成長にも痛みが必要だと教えてくれたこちらになります。
【題名】
脳内ポイズンベリー

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女(古川雄輝)を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智(成河)が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「脳内ポイズンベリー」は、水城せとなの少女コミックを映画化したラブコメディです。何となく小説を書いている30歳の櫻井いちこ役には、「そして父になる」の真木よう子。いちこの脳内議会で議長を務める理性担当の吉田役には、「ストロベリーナイト」の西島秀俊。脳内議会でポジティブ担当の石橋には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の神木隆之介。脳内会議でネガティブ担当の池田役には、「六月燈の三姉妹」の吉田羊。脳内会議で衝動担当のハトコ役には、「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」の桜田ひより。脳内会議で記憶担当の岸さん役には、「清須会議」の浅野和之。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

 何故、本作を観に映画館へ行ったのか。それは、観たい映画(ワイルド・スピード SKY MISSION)の上映時間がどうしても合わなかったから。つまり、期待値ゼロで観に行ったわけ。でも、最高に素敵な映画でした。

 とにかく、脳内で会議を開くというアイデアがバツグンでした。主人公の櫻井いちこの脳内には、理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶、といった5人があれやこれやと会議をしている。この様子が笑わせるだけでなく、自分だって悩んでる時はあんなだよねと妙に納得できるわけ。これは何気に凄いことだと思いますよ。櫻井いちこの同年代の女性だけでなく、おっさんの私まで納得できるわけですから。つまり、何らかの悩み事を経験した方なら、ことごとく櫻井いちこの脳内での葛藤に共感できるのではないでしょうか。

 でも、本作が良かったのは、それだけではありません。とにかく、あらすじが逸品。笑わせながら、昔の自分を思い出させながら、テンポのよい展開で観る者を作品の中に引き込んでいくわけ。そして、最後のオチなんか意外性があるだけでなく、本作が単なるラブコメディではないと思わせる素晴しいものでした。

 また、演者の皆さんも素晴しい演技でした。先ずは、いちこの脳内で対局の意見を持つ石橋役の神木隆之介、池田役の吉田羊、二人の振り切れた演技は良かったですよぉ。というのも、脳内会議の中心になるのはポジティブ石橋とネガティブ池田の対立ですからね。プロフェッショナルですねぇ。そして、二人よりも良かったのが主人公の櫻井いちこを演じた真木よう子。圧倒的な肉体的ポテンシャルを誇る真木よう子からすれば、いちこは真逆のキャラクター。でも、とても可愛く見えるんですよ。真木よう子も演技の幅が広い女優さんですね。

 このように「脳内ポイズンベリー」は、性別・年代を問わず楽しめるラブコメディの逸品となっております。出来れば、脳内会議男版なんぞも観てみたいものですね。では、本日はこの辺で (><*)ノ~~~~~サヨナラ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

Zアイランド : 俺は、続編が観たい!!2015年05月21日 20:27

Zアイランド
 ちょっと古い話になりますが、大阪都構想の住民投票惜しかったですね。大阪の未来を考える投票が、未来のない年代に否決されるとは…。しかし、この理不尽さも民主主義というものでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
Zアイランド

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【ロケ地】
新潟県佐渡島等

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 宗形組組長の宗形博也(哀川翔)が弟分の武史(鶴見辰吾)や信也(RED RICE)たちと高級クラブにいたところ、敵対する竹下組に襲われる。武史は敵討ちをしようとするが失敗し、逮捕される。竹下組との抗争が元で宗形は足に傷を負い、組は解散に追い込まれた。宗形は運送業を営みながら武史の娘・日向(山本舞香)の面倒を見ていた。服役していた武史がようやく出所するが、日向は前科者の父親に会いたくないからと家出してしまう。日向が向かったのは家族との思い出の場所、銭荷島だった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「Zアイランド」は、哀川翔の芸能生活30周年を記念した品川ヒロシ監督によるゾンビムービーです。元宗形組組長で現在は運送業を営む宗形博也役には、「銀の匙 Silver Spoon」の哀川翔。宗形の弟分の武史役には、「アントキノイノチ」の鶴見辰吾。武史の元妻である桜役には、「しあわせカモン」の鈴木砂羽。かって宗形博也等を襲った竹下組幹部の反町役には、「板尾創路の脱獄王」の木村祐一。竹下組からクスリを持ち出し記念すべきゾンビ第一号になった吉田役には、「オー!ファーザー」の宮川大輔。島の駐在である白川役には、「TOKYO TRIBE」の窪塚洋介。

 ガヤ芸人としては好きになれないのだが、映画だけは良いものを創る品川ヒロシ。彼の監督長編作品は全て観てきたが、外れが一本もないんですよ。これって、凄いことですよ。そして、彼の監督作品を観ていつも感じることがあります。それは、彼の映画に対する愛情です。

 先ずは、あらすじがGoodでした。基本的にはホラー映画なのですが、そこに任侠道、家族愛、コメディーといった娯楽映画に必要なものがごっそりと詰め込まれているのです。また、テンポのい良さは相変わらずで、観客のことをとても考えて作られているなと感心させられます。自分の伝えたいメッセージを前面に押し出し、押し付けがましい映画を撮る監督は、彼の姿勢を見習って欲しいものです。

 肝心のゾンビも、なかなかでしたよ。特に、第一号の吉田ゾンビはサイコーでした。少しコケティッシュながらもキモさと怖さを併せ持つハイブリッドなデキ。バイオハザードの次作には、吉田ゾンビに出演してもらいたいものです。少なくとも、中島ゾンビよりは、良い仕事をすると思いますよ。

 演者の中では、アニキこと哀川翔が抜群の存在感を放っていました。いつも通りといえばいつも通りですが、本作の宗形博也もにやけてしまう位のはまり役。それでいて、ゾンビとの対決に違和感を感じないわけ。流石にアニキは、懐も深いですねぇ。

 このように「Zアイランド」は、品川ヒロシの演出/脚本のセンス良さと映画への愛情が感じられる作品となっております。次回作の構想もあるようですが、本作の興行成績次第のようなので何とかヒットして欲しいものです。では、本日はこの辺で ~~-v(▼、▼メ)┌了八"∃!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品