Google
WWW を検索 ブログ内検索

アメリカン・スナイパー : ニュートラルな視点で観てほしい作品。2015年02月22日 15:35

アメリカン・スナイパー
 今日の広島は雨、憂鬱ですよねぇ。私の仕事は大工さんほどではないですが、結構天候に左右される仕事。そんなわけで、急遽休みになってしまいました。その分、明日は忙しくなるのですが、今日こそは映画館に足を運んできましたよ。だって、随分前から楽しみにしてた作品が公開されましたから…。
【題名】
アメリカン・スナイパー

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アメリカン・スナイパー」は、アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝を映画化したヒューマンドラマです。米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイル役には、「ハングオーバー!!! 最後の反省会 」のブラッドリー・クーパー。クリスの妻であるタヤ・カイル役には、「ニューイヤーズ・イブ」のシエナ・ミラー。監督は、「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッド。

 公開前から、とても楽しみにしていた一本。巨匠・クリント・イーストウッドが、戦争映画を撮るわけですから、期待しないわけないでしょう。でもねぇ、観終わった後に感じたのは、面白かったとか、残念だったとか、そういった次元のものではありませんでした…。

 では何を感じたのか、それはこのブログを始めてから最も衝撃を受けた作品だということ。主人公のクリス・カイルは、アメリカ軍最強部隊であるシールズの隊員の中でもずば抜けた戦歴を誇る生きた伝説といえる人物。そんな完全無欠の彼は、アメリカという国の番犬になるためにシールズへ入隊した。そう、彼が守ろうとしているのは、世界平和とか、家族とかではなく、”アメリカ”なのです。また、カイルのアラブ人に対する態度は、とても軽蔑的なもので対等な人間としてみていません。つまり、実在の人物であったにも関わらず主人公を美化することなくリアルに描いているのです。そこに、現代アメリカの中東政策に関する矛盾点をイーストウッドが指摘しているように感じてなりませんでした。確かに、本作に関しては、扱う題材が題材だけに様々な意見があるようです。また、それぞれが自分たちに都合のよいように解釈し、解釈の違う相手を非難してるようもあります。しかしながら、個人的には、本作の底流に流れている普遍的テーマを戦争の理不尽さであり狂気であると感じましたよ。そんな映画をアメリカでは保守派で通っているクリント・イーストウッドが撮ったのだから大変意義深い作品だと思いましたね。同じ、保守派でも平和ボケの童貞ネトウヨくんたちとは、次元が違うということでしょう。

 そして、非情に疲れる作品でもありました。とにかく、画面から伝わってくる緊張感が半端ない。主人公は狙撃兵だから一般の兵士よりは安全な場所に陣取っているのですが、その任務は余りにも過酷。カイルがスコープを通して捕らえる敵は、武器を持った男だけではないのです。それは、女性だけでなくRPGをまともに抱えることもできないような幼い子供まで含まれています。1秒でも狙撃が遅ければ仲間が死ぬことになる、そんなぎりぎりの心の葛藤が映像として完璧に表現されていました。これは、クリント・イーストウッドの監督としての力量だけでなく、ブラッドリー・クーパーの役者としての力量も素晴しいからこそ、なせた業でしょう。

 このように「アメリカン・スナイパー」は、巨匠・クリント・イーストウッドの神がかり的な才能に感服さざるを得ない作品となっております。但し、そのあらすじは暴力の連鎖を描いた救われないものなので、その辺を理解して観賞されるのがよいかと。では、本日はこの辺で マタネ─゚+。d(`ゝc_・´)゚+。─ッ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2015/02/22/7577319/tb

_ 映画@見取り八段 - 2015年02月22日 16:20

アメリカン・スナイパー~ AMERICAN SNIPER ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・ラーチ、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キー…

_ あーうぃ だにぇっと - 2015年02月22日 16:35

アメリカン・スナイパー@イイノホール

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2015年02月22日 17:25

公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ...

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2015年02月22日 17:48

 アメリカ
 アクション&戦争&伝記
 監督:クリント・イーストウッド
 出演:ブラッドリー・クーパー
     シエナ・ミラー
     ジェイク・マクドーマン
    ...

_ 名盤! - 2015年02月22日 17:57

映画『アメリカン・スナイパー』を観た。
劇場で映画を見たのは久々だ。
監督は僕がとても好きなクリント・イーストウッド。
主演はブラッドリー・クーパー。
この映画は、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シーズルに所属した伝説的なスナイパー(狙撃手)クリス・カイルの伝記を基にした作品。
伝記の映画化権を獲得したのはブラッドリー・クーパー。
ブラッドリー・クーパーといえば、僕の中では『ハング・オーバー』の印象が強いけど、結構いろんないい作品(世界に一つのプレイブック、アメリカン・ハッスル、...

_ 新・辛口映画館 - 2015年02月22日 17:58

 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8~9割位。客年齢は高めで男性客が多い。

_ だらだら無気力ブログ! - 2015年02月22日 18:08

最後まで魅入ってしまった。

_ 時間の無駄と言わないで - 2015年02月22日 22:27

クリント・イーストウッド監督作品。
「ジャージー・ボーイズ」観たばっかりな気がするのに。
相変わらず仕事早いなぁ。

イラク戦争モノで、実話ベースで、アカデミー賞ノミネ ...

_ カノンな日々 - 2015年02月22日 22:32

アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝をクリント・イーストウッド監督がブラッドリー・クーパーを主演に映画化した戦争ヒューマンドラマです。短い劇場予 ...

_ こねたみっくす - 2015年02月22日 22:45

EDロールに込められたクリス・カイル狙撃手への想い。
イラク戦争においてアメリカ軍史上最多の160人以上を射殺し、アルカイダからは18万ドルの懸賞金を掛けられたネイビーシールズ ...

_ 心のままに映画の風景 - 2015年02月23日 00:37


イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、人並み外れた狙撃の精度から“レジェンド”と称され、仲間たちを徹底的に援護する。
4度にわたりイラクに送られたクリスは、故郷に残した妻タヤ( シエナ・ミラー)や子供達を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪ってきたが、いつしか心に深い傷を負っていた、、、。

イ...

_ 花ごよみ - 2015年02月23日 09:01


監督はクリント・イーストウッド。

主演は自らプロデューサーとして、
映画化権を得たブラッドリー・クーパー。
彼は役作りのために体重を
大幅に増やしたそうです。

この映画は
イラク戦争に4回にわたり遠征、従軍した
アメリカ海軍特殊部隊の、
ネイビーシールズ所...

_ Akira's VOICE - 2015年02月23日 10:27

確かなずっしりの見応え。
 

_ 偏愛映画自由帳 - 2015年02月23日 21:43

2014年/アメリカ/132分
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー
   シエナ・ミラー

■概要
原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッド。主演は『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』のブラッドリー・クーパー。第87回アカデミー賞では、残...

_ 象のロケット - 2015年02月24日 17:43

9.11以降のイラク戦争。 米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊を果たしたクリスは、卓越した狙撃の精度で多くの仲間の危機を救い“レジェンド”の異名を轟かせる。 しかし敵からは“悪魔”と恐れられ、その首には18万ドルの賞金が掛けられていた。 極限状況の戦地への度重なる遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく…。 伝説的スナイパーの半生。 R-15

_ 映画のブログ - 2015年02月25日 02:21

 【ネタバレ注意】

 スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。
 男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。それを抱えた子供が米軍の方へ走り出す。米兵と戦車に向かって、一直線に。
 スコープは子供を捉えている。引き金を引きさえすれば、簡単に子供...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2015年02月26日 00:07

戦闘シーンはまるでドキュメンタリーのような臨場感があり、本国に戻ったときの苦悩はプロの演技によってリアルになっている。さらに、クリス本人が元兵士に殺害されたあとの葬列の映像は一部実際のものが使われているのだと思う。退役軍人のために残りの人生を捧げようとし

_ ディレクターの目線blog@FC2 - 2015年02月26日 11:15



映画 『アメリカン・スナイパー』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。









ざっくりストーリー


アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、イラク戦争に狙撃手(スナイパー)として派遣される。彼は、どんな過酷な状況でも必ず仲...

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2015年02月26日 23:49

もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。
ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2015年03月01日 00:29

【AMERICAN SNIPER】 2015/02/21公開 アメリカ R15+ 132分監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル...

_ 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! - 2015年03月04日 03:23

[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をきっ…

_ to Heart - 2015年03月04日 22:05


原題 AMERICAN SNIPER
上映時間 132分 映倫 R15+
原作 クリス・カイル 『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊)
監督 クリント・イーストウッド
出演 ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン
2001年のアメリカ同時...

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2015年03月13日 19:26

 イラク戦争に4度従軍、160人以上を射殺した伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を、「許されざる者」のクリント・イーストウッド監督、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー主演で映画化。 「ジャージー・ボーイズ」から約半年、またしても名匠がや

_ はらやんの映画徒然草 - 2015年03月14日 12:02

ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように

_ 健康への長い道 - 2015年03月16日 21:41

 狙撃手としてイラク戦争に派遣され、米軍では友軍を守り多数の敵を葬る生きた“伝説”となり、イラク軍やアルカイダからは“悪魔”と呼ばれ高額の懸賞金をかけられた故クリス・カイルの自伝を映画化した、クリント・イーストウッド監督最新作を鑑賞しました。 Story 米…

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2015年04月01日 21:04

アメリカン・スナイパー
'14:米



◆原題:AMERICAN SNIPER
◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」
◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・ガ...

_ 笑う社会人の生活 - 2015年04月29日 06:26

6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。

ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに
故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ...

_ いやいやえん - 2015年07月08日 10:04

【概略】
戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。
ドラマ



米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。
国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。
描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9km向こうの標的を確実に射抜くほどだったという。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。味方からは「伝説の狙撃手」と英雄視される一方、イラクの反政府武装勢力からは「ラマディの悪魔」と怖れられ、その首には2万ドルの懸賞金がかけられた。しかしカイルの素顔は、命がけの壮絶な局面でも仲間を一心に守りたい、そして良き夫、良き父でありたいと願うひとりの男。戦争の狂気に取り憑かれつつ、故国で待つ家族をこよなく愛する主人公の光と影を生々しく掘り下げる。
主人公の心の戦争の傷跡が、日常へと戻れなくなっていく様は良く描かれていたと思います。生々しい、感触があるのでしょう。所詮戦争放棄の平和ボケ日本からは、考えられない世界。スナイパーの気持ちや愛国心を理解できるはずもない。そういう意味では、面白くない映画ではある。
心も帰ってきて欲しい。そう願う妻の願いも虚しく、戦争は心を麻痺し、中毒にさせる。国にも家族にも純粋な愛情を抱く彼は、自身が蝕まれていたことには気づけないのだ。
純粋な愛国心から従軍し、才能を開花させ「レジェンド」と勝手に呼ばれる。気づくと米国一の狙撃手になっていた。相手にも優秀なスナイパーがいて、このスナイプ合戦は緊張感あふれるものだった。
敵スナイパーを排除したあと、「やってくれたな、レジェンド!」賞賛と敵に位置がばれるという同時の感情。案の定敵に位置がばれ、襲撃を受けてしまう。自分たちの位置に爆撃要請するも砂嵐で失敗し、なんとか逃げ切る。「俺は家に帰る!」と決断した直後だった。
家に帰り退役軍人たちと過ごす中で、自分を取り戻すも、彼は、ある日力になろうとした元兵士に殺されるのである。
実話に基づいた物語なので、エンタメ的な要素は一切ないです。まるでFPSゲームのような戦場に放り出されて、勝利していくかのような内容で、私には合わなかった、というか、あまり心に残るような映画でもなかった。
ただ、主演のブラッドリー・クーパーは体重を増やして臨んだ役柄ということで、熱演していたと思う。それは伝わってきた。エンディングロールが、まるで黙祷を捧げているように無音なのが、印象に残った。
アメリカ万歳にも、戦争の虚しさにも、従軍兵士の心の傷を描いたようにも、どのようにでもみえるが、私はそれよりも、ただ単純にこのスナイパー・クリスの生き様に監督が黙祷を捧げたかったかのように思えてならなかった。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2015年09月16日 21:02

監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い…

_ ここなつ映画レビュー - 2016年01月17日 20:46

平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイとしてロデオの名手となるが、その後、アメリカ軍のネイビー・シールズに所属する。凄腕のスナイパー。伝説の狙撃手。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。1.9キロ向こうの標的を確実に仕留めたと言われ...