Google
WWW を検索 ブログ内検索

フューリー : 戦争映画の新たなる王道2014年12月01日 22:09

フューリー
 土日は、山陰に久々の旅行に行ってまいりました。第一目的は、もちろん蟹とお酒とコンパニオン。楽しかったですなぁ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
フューリー

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1945年4月、第二次世界大戦下。ナチス占領下のドイツに侵攻を進める連合軍の中にウォーダディー(ブラッド・ピット)と呼ばれる米兵がいた。長年の戦場での経験を持ち、戦車部隊のリーダー格存在である彼は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に3人の兵士と共に乗っていた。ある日、ウォーダディーの部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が副操縦手として配属される。だが彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない兵士であった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「フューリー」は、たった一台の戦車で300人ものドイツ軍に戦いを挑む5人の男たちの姿を描いた戦争ドラマです。“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車の戦車長でウォーダディーと呼ばれるドン・コリアー役には、「ワールド・ウォー Z」のブラッド・ピット。“フューリー”の乗員でバイブルと呼ばれているボイド・スワン役には、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のシャイア・ラブーフ。“フューリー”に配属された新兵のノーマン・エリソン役には、「ノア 約束の舟」のローガン・ラーマン。監督・脚本は、「エンド・オブ・ウォッチ」のデヴィッド・エアー。

 シャーマンM4中戦車、ガンダムでいえばジムのような存在といえばよいでしょうか。ドイツ軍には少数とはいえ重装甲で攻撃力の高いティガーⅠとⅡ、バランスの取れた傑作戦車であるパンター、ドイツ軍の中では雑魚ながらもシャーマンM4より強いⅣ号戦車のF2型以降のシリーズ、つまりシャーマンM4中戦車は自分よりも強い敵としか勝負できない残念な戦車だったわけ。乗りたくないよねぇ、こんなの。でも、主人公たちが乗っているのは、この残念感が半端ないシャーマンM4。だからこそ、本作が手に汗握る戦争ドラマになったのだと思いますよ、マジで。

 本作の主人公は、“フューリー”の戦車長であるウォーダディー。そして、物語としては新兵であるノーマン・エリソンの兵士としての成長物語となっている。ウォーダディーは戦争が悲惨で理不尽であることをノーマンに教え込んでいく。その教えの中には、平和ボケの我々には想像すらできない内容まであるわけ。しかし、一般のドイツ市民には、敬意を持って接するウォーダディー。ノーマンはそんな彼をしっかりと見て、戦場でいかに行動すべきかを学んでいくのです。だからこそ、絶望的な任務をウォーダディーと共に遂行することを決心したノーマンの行動に観る者は熱いものを感じられるのでしょう。そして、最後にノーマンが助かった理由も文句なしの展開。完璧でしたよ、デヴィッド・エアーの脚本は。

 また、映像も逸品でした。機銃により頭が吹っ飛ぶ兵士、戦車に生きたまま踏み潰される兵士、車に跳ねられた動物のように薄くなるまで踏み潰された遺体、どれも単にキモイだけでなく、戦争が悲惨で理不尽であることをリアルな映像で伝えてくれます。掲示板の書き込みだけは威勢のよいネトウヨのおバカさんたちも、これがリアルな戦場だと認識した上で責任を持った書き込みを心がけて欲しいものです。

 演者の中でピカイチの光を放っていたのは、主人公のウォーダディーを演じたブラッド・ピット。正直、ここまでのオーラを放っている彼は初めてでした。ぶっちゃけ、ウォーダディーを彼が演じていなかったら、ここまで説得力のある作品にはならなかったと感じます。ブラッド・ピットにも、何か感じるものがあったのかもしれないですね。

 このように「フューリー」は、リアルな戦場の破壊的映像に興奮できるだけでなく、戦争の悲惨さと理不尽さを学ぶこともできる戦争ドラマの逸品です。中学生の頃、課外授業で「プラトーン<特別編> [DVD]」を観る機会がありましたが、本作も今時の子どもたちにこそお勧めしたい映画でもあります。では、本日はこの辺で ゚+。:.゚p《☆вУё ВуЁ☆》@'∀`)ノシ゚.:。+゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

寄生獣 : 続編を素直に観たいと思える作品2014年12月03日 10:43

寄生獣
 東京・池袋のストリートミュージシャンが、一斉検挙されるかもしれないようですね。これも一つの文化だとお思うのですが、お役人には騒音にしか聞こえないのでしょうか。だとすれば、やかましい選挙カーもとりしまるべきではないかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
寄生獣

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 謎の寄生生物パラサイトが現れた。パラサイトは人間の脳に寄生し肉体を操り、人間を捕食していく。高校生の泉新一(染谷将太)にもパラサイトが近づき脳に寄生しようとするが失敗。パラサイトはやむなく右腕に寄生する。この信じがたい事態を周囲に話すわけにもいかず、新一は右腕のパラサイトにミギーと名前を付け奇妙な共生生活をするうちに、友情のようなものを感じるようになっていく
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「寄生獣」は、斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを2部作で映画化したSFアクションの第1弾となる作品です。右腕に寄生生物パラサイトに寄生された高校生の泉新一役には、「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」の染谷将太。新一の高校に教師として現れたパラサイトの田宮良子役には、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の深津絵里。新一の幼馴染の同級生・村野里美役には、「俺はまだ本気出してないだけ」の橋本愛。新一の学校に転向してきたパラサイトの島田秀雄役には、「桐島、部活やめるってよ」の東出昌大。新一の右腕に寄生したパラサイトのミギー役には、「謝罪の王様」の阿部サダヲ。監督は、「永遠の0」の山崎貴。

 この「寄生獣」、随分前からプロモーションしていました。それだけ、日テレがごり押ししているのでしょう。また、原作ファンからは何かと手厳しいレビューも多く見ました。なので、劇場に行こうか行くまいか悩んでたわけです。ところが、忙しい年末の中、急遽時間が取れたのと、映画の日ということで行ってきましたよ。

 それで本作を観た感想ですが、期待していなかった分、それなりに楽しめる作品となっておりました。また、原作を知らない分、変な思い入れがなかったのもよかったのかもしれないですね。とはいえ、映像、演者の演技、あらすじ、取り立てて文句のないレベルだと感じましたよ。

 先ずは、この手の作品で一番重要な映像。PG12ということで、それなりにキモイ映像なのですが、劇場で楽しむには十分なレベルでした。まあ、多少CG感が強かったですけどね。また、ミギーが小さいのにとても頑張ってる感が出ているのも、可愛らしく思えるのもよかったですね。

 演者の方も、皆さん素晴らしい演技でした。人間に比べて感情の起伏の少ないパラサイトを、違和感なく演じていたなぁ。中でも余貴美子は、人間とパラサイトの比較が劇中でできるので、演技の上手さを実感できました。

 あらすじも、なかなかこなれた感じでよかったですよ。2部作の第一弾ということで、お楽しみは完結篇で感が半端なかったですが、その中でも観客を楽しませる工夫が感じられました。後編も期待大です。

 このように「寄生獣」は、期待していなかった分、楽しめる作品に仕上がっておりました。来年公開の後編も今から楽しみですよ。では、本日はこの辺で 〔バィバィ☆}ヾ(●´∀`○ ≡ ○´∀`●)ノシ{マタ明日☆〕 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

キャリー : 失敗報画のような製作に疑問2014年12月09日 11:13

キャリー
 麻生太郎財務相、マイクを持たせれば問題発言ばかりですね。こんな奴を当選させる選挙区民は、何らかの問題を抱えていると思いますよ。では、本日紹介する作品は製作過程に大きな問題点を感じられるこちらになります。
【題名】
キャリー

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)は地味で内気、冴えない高校生で、学校では笑い者にされていた。家庭でも狂信的な母(ジュリアン・ムーア)に厳しく監視され、幸せとはいえない、孤独で鬱屈とした日々を送っている。ある日、キャリーへのいじめ事件をきっかけに、女子に人気の男子生徒トミーと、プロムパーティーに参加することになる。キャリーは母親の反対を押し切り、手作りのドレスに身を包み、パーティーへ出かける。憧れのトミーを見つめ、会場の注目を一身に浴び、夢見心地のキャリーだったが、悲劇が訪れる。パーティーの終盤、2人がプロムのベストカップルに選ばれ、幸せの絶頂を感じた瞬間、キャリーの頭上から大量の血が浴びせられる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キャリー」は、スティーブン・キングの同名小説を映画化した76年製作の傑作ホラーをリメイクした作品です。内気で地味な冴えない女子高生であるキャリー・ホワイト役には、「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のクロエ・グレース・モレッツ。キャリーの母で狂信的な女性であるマーガレット・ホワイト役には、「メイジーの瞳」のジュリアン・ムーア。監督は、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。

 アメリカのハイスクールが舞台になっている映画を観て思うのが、いわゆる”いけてない”高校生には相当辛そうだということ。そういった意味では、クロエ・グレース・モレッツがキャリーを演じるのは相当な無理を感じます。だって、彼女はどう考えても、かなり”いけてる”ほうですからね。まあ、以前紹介した「黒執事」の剛力彩芽のような無理な配役は日本だけではないようですね。

 逆に、役どころにはまっていたのが、キャリーの母親を演じたジュリアン・ムーア。キモさ炸裂のいっちゃってる系を見事に演じていました。正直、彼女が演じていなければ、とても退屈な映画になったと思いますよ。

 つまり、本作はあらすじだけ観れば、怖くも何ともない映画なんですよね。悪ガキどもがキャリーを虐めている様子を見ても、あとでバチがあたるぞという感情しか湧いてこないわけ。そこからのあの結末ですから、至極当然なわけで意外性も皆無。もう少しグロな演出にするなど、一工夫欲しいところでした。

 このように「キャリー」は、失敗邦画の典型的パターンを模写したような作品となっております。まあ、クロエちゃんのファン以外、観ない方がよいと思いますよ。では、本日はこの辺で ヽ(●・ω・)ノ-○-お団子ふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ホビット 決戦のゆくえ : 納得のシリーズ完結篇2014年12月16日 16:29

ホビット 決戦のゆくえ
 一昨日の総選挙、自公連立政権の勝利となりました。個人的には、公明党が議席を増やしたことは残念でしたが、年寄と風見鶏の政党(次世代の党)がほぼ一掃されたことはよい傾向だと思っております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ホビット 決戦のゆくえ

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な人々、子供にまでその報復の炎を降りそそぐ。一方、ドワーフの長トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は、取り戻した財宝に執着し、友情と名誉を犠牲にして我が物にしようとするが、それを知ったビルボは彼に道理をわきまえさせようとする。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ホビット 決戦のゆくえ」は、J.R.R.トールキン原作の「ホビットの冒険」を映画化したもので、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる作品です。ホビット族のビルボ・バギンズ役には、「恋愛上手になるために」のマーティン・フリーマン。魔法使いのガンダルフ役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたイアン・マッケラン。ドワーフの伝説的勇者であるトーリン・オーケンシールド役には、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のリチャード・アーミティッジ。エルフの闇の森の王スランドゥイルの息子であるエゴラス役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたオーランド・ブルーム。エルフの闇の森の守備隊長であるタウリエル役には、「リアル・スティール」のエヴァンジェリン・リリー。人間で弓の達人であるバルド役には、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のルーク・エヴァンス。監督は、ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン。

 前作では、客席がザワザワした位のエンディング。そこからの本作ですから、つかみから超ハイテンションで始まったわけです。期待を微塵ほども裏切らないですね、感服しちゃいました。つまり、本作は上がりに上がったハードルをきっちりと越える作品となっていたのでした。

 シリーズ通じて一貫しているクオリティーの高い映像、本作では完結作に相応しい最高の出来でした。序盤は、スマウグとバルドの闘い。あっけない幕切れでしたが、私のテンションはほぼマックス。そこからオークの大軍と人間・エルフ・ドワーフとの壮大な決戦シーン。ただただ、驚嘆に値する素晴らしい映像でした。

 そして、肝心のあらすじも個人的にはGoodでした。本作において物語の中心人物は、ビルボ・バギンズではなくトーリン・オーケンシールドです。彼の心の葛藤が、きめ細かく描写されていました。だからこそ、大切なものが何かを理解した彼の行動が、観る者の心を熱くさせたのでしょう。どちらかというと、一歩退き冷静に行動しているビルボを中心に描いたら、そこまで熱くはなれなかったでしょうから。ハリウッド作品の脚本のレベルは、相変わらず素晴らしいものがありますね。

 このように「ホビット 決戦のゆくえ」は、シリーズの完結作に相応しい作品となっております。前作エンディングからのモヤモヤも完全に吹き飛ばしてくれる作品なので、迷っている方は是非劇場で。では、本日はこの辺で バィバィ━━ヾ(w*'Д`*w)σ・‥…━━━★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ゴーン・ガール : 本年度No.1ミステリー2014年12月22日 20:36

ゴーン・ガール
 このところ、仕事が忙しくて映画を観れない、映画を観てもブログを更新できない、そんな日々が続いておりました。ここへきて、まったりとした年末になりそうです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ゴーン・ガール

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑う。美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられカップルの知られざる秘密が明るみになる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ゴーン・ガール」は、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化した作品です。理想的な結婚生活を送る夫であるニック・ダン役には、「アルゴ」のベン・アフレック。ニックの妻であるエイミー・ダン役には、「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」のロザムンド・パイク。エイミーの元彼であるデジー・コリングス役には、「ビーストリー」のニール・パトリック・ハリス。監督は、「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー。

 何とも魅力的でしたね、本作の予告編。いわゆるミステリー作品よりも、単純なアクション映画が個人的は好きなのですが、予告編に引き込まれる何かを感じたわけです。だから、どんな感じで観る者を騙してくれるのか、勝手に期待値が上がってしまったわけです。でもね、きっちりと期待値を上回ってくれましたよ、マジで。

 何といっても、あらすじが逸品でした。「ゴーン・ガール」という題名どおり、ある日突然夫の元から少女(妻)が失踪するのですが、そこからの展開は見事というほかありません。夫であるニックは、そこからとんでもない窮地に立たされます。浮気がばれ、マスコミに叩かれ、近隣住民の格好のゲスネタにされ、妻の殺人容疑までかけられるのです。ニックの味方は、双子の妹であるマーゴのみ。でも、妻の失踪事件の直接的原因はニックの浮気にあるわけですから、彼自身も同情できない一面を持っているわけ。でもねぇ、本作が凄いのはここからなんですよ。

 ぶっちゃけると、妻のエイミーは生きているのです。彼女の目的は、夫であるニックへの復讐。彼の浮気現場を目撃してから、虎視眈々と準備をして偽装的失踪を図ったのです。しかも、その準備が完璧というか凄いわけ。世間って、恐ろしいと感じましたよ。でも、そんな彼女にも弱点があります。それは、一般的世間に属していない人間。そこでピンチに立たされるエイミーですが、そこからの逆転劇はニックの浮気なんぞ霞んでしまう行動に出るのです。まあ、これ以上はネタバレになるので控えておきましょうかね。

 また、演者の演技も素晴らしかったですね。何というか残念な夫であるニック・ダンを演じたベン・アフレック、上手かったなぁ。いわゆるダメ男くんなのですが、どこか憎めないところがあるのです。その辺りが、エイミーも分かってる感じなんですよねぇ。しかし、そんなベン・アフレックを凌駕していたのが、ニックの妻であるエイミーを演じたニール・パトリック・ハリス。アメージングなエイミーと、その裏に隠されたサイコな一面を持ったエイミー、素晴らしい演技でした。彼女の演技なしには、ここまで素晴らしい作品にはならなかったでしょう。今後、彼女の活躍が楽しみです。

 このように「ゴーン・ガール」は、ミステリー・スリラーの逸品です。この偽装カップルがどのような結末を迎えるのか、観ておいて損はしないと思いますよ。では、本日はこの辺で │出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品