Google
WWW を検索 ブログ内検索

神さまの言うとおり : 次回作はもっとぶっ飛んだ内容で。2014年11月16日 14:53

神さまの言うとおり
 さあ、年末が近づいてきました。この時期は忙しい方が、とても多くなる季節です。かくいう私も、新規顧客との取引も始まりそうだし、例年になく気合の入った年末になりそうです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
神さまの言うとおり

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 16歳の高校生、高畑瞬(福士蒼汰)は、退屈な日常にうんざりしていた。ところがある日、学校に現れた“ダルマ”が命を懸けたゲームの始まりを告げたことで、彼の運命は一変する。その幕開けとなる“第1のゲーム”は、動くと首が吹っ飛ぶ“ダルマさんが転んだ”。ゲーム終了後、クラスで唯一生き残った瞬は、教室を脱出して幼馴染の秋元いちか(山崎紘菜)と共に体育館へ向かう。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「神さまの言うとおり」は、不条理なサバイバルゲームに巻き込まれる高校生の姿を描いた人気コミックを映画化した作品です。退屈な日常を送る16歳の高校である高畑瞬役には、「イン・ザ・ヒーロー」の福士蒼汰。瞬の幼馴染である秋元いちか役には、「野のなななのか」の山崎紘菜。人を殺すことも厭わない狂暴な問題児である天谷武役には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の神木隆之介。監督は、「悪の教典」の三池崇史。

 映画を観る前に、原作をほとんど見たことがない私。でも、本作はかじる程度ですが、dビデオで原作を見ました。とはいっても、dビデオで公開されていたのは「こけし」の導入部までなんですけどね。但し、個人的にはこのような漫画は初めてで、次々と登場人物が死んでいく中にもちょっとしたシュールな笑いのエッセンスが込められている面白い作品だと感じました。特に、引きこもりだけは難を逃れているという設定は、笑えましたよ。その漫画を三池崇史監督がどのように料理するか、期待しちゃいますよねぇ。

 で、実際に映画を観てからの感想ですが、原作のイキフンを上手いこと取り入れてまとまりのよい作品となっておりました。但し、原作に比べると映像はソフトになり、どシュール感も薄れておりました。どシュール感に関しては監督の解釈や好みもあるのでしょうが、肝心な映像をソフトにしたのは大人の事情でもあったのでしょうか。特に、ラストでヒロインが星になるのはしらけちゃいましたよ。全体的に良いだけに、残念で仕方ありません。

 期待の若手俳優が、多く集っているのも本作の売りの一つ。その中でも際立っていたのは、主演の福士蒼汰ではなく、天谷武役の神木隆之介。最初は線が細すぎると感じていたのですが、時間がたつにつれ違和感がなくなるばかりか天谷武の異様な狂気性を上手く演じていると感じさせられました。もしかすると、スタッフ・キャストの中で、神木隆之介が一番原作を理解しているのかもしれないですね。

 このように「神さまの言うとおり」は、肝心なところで残念感がありますが、概ね満足感の高い作品となっております。次回作もやる気満々のようなので、もっとぶっ飛んだ作品にして下さいね。では、本日はこの辺で Вчё━ヾ(*・ω・ヾ(*・ω・ヾ(*・ω・*)o━Вчё☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/11/16/7493417/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年11月16日 17:38

残虐な宗教戦争と退屈な日常
公式サイト。金城宗幸原作。三池崇史監督。福士蒼汰、山崎紘菜、神木隆之介、染谷将太、優希美青、大森南朋、リリー・フランキー。(声)トミーズ雅、前 ...

_ 時間の無駄と言わないで - 2014年11月16日 20:08

予告編のだるまさんが転んだを観てちょと気になったから観に行ったけど、だるまさんパート以外は見れたもんじゃなかった。
招き猫がギリギリセーフか。

残念な脚本、残念なCG、 ...

_ 象のロケット - 2014年11月17日 03:00

退屈な日常にうんざりしていた高校生・高畑瞬。 ところがある日、ダルマさんが教室に現れ、命をかけた授業の始まりを告げる。 「ダルマさんが転んだ。」 その歌が終わった後、ダルマに動いているのを見つかると、即座に首が吹き飛ぶのだ! だが。逃げ出すことも、助けを呼ぶことも出来ない。 その頃、世界各地の高校で、同じようなゲームが行われていた…。 アクション・スリラー。

_ MOVIE BOYS - 2014年11月17日 20:50

原作は週刊少年マガジン掲載の同名マンガ。それをヒットメーカー・三池崇史監督が実写映画化した。ある日突然命をかけた不条理なゲームに巻き込まれた主人公たちの姿を描いている。主演はNHKの「あまちゃん」でブレイクした福士蒼汰と『悪の教典』の山崎紘菜。共演に『桐島、部活やめるってよ』の神木隆之介や『ぶどうのなみだ』の染谷将太らが出演している。トミーズ雅や前田敦子ら著名俳優の声の出演も見どころだ。

_ カノンな日々 - 2014年11月19日 15:39

鬼才・三池崇史監督が「別冊少年マガジン」で連載された人気コミックを実写映画化したという不条理サバイバル・エンタテインメント・ムービー。この手の理不尽サバイバル・ゲーム ...

_ 西京極 紫の館 - 2014年11月20日 01:01

【出演】
 福士 蒼汰
 山崎 紘菜
 神木 隆之介
 優希 美青

【ストーリー】
何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をク...

_ 映画@見取り八段 - 2014年11月20日 02:09

神さまの言うとおり     監督: 三池崇史    キャスト: 福士蒼汰、神木隆之介、山崎紘菜、染谷将太、優希美青、入江甚儀、山本涼介、大森南朋、リリー・フランキー、トミーズ雅、前田敦子、ダチョウ倶楽部、山崎努、水田わさび、小桜エツコ 公開: 2014年11月15…

_ とりあえず、コメントです - 2014年11月23日 08:11

人気コミックを三池崇史監督&福士蒼汰主演で描いたサバイバルな作品です。 バイオレンスな予告編が印象的で、観ようか悩みながらもチャレンジしてみました。 高校生の日常を突然に壊していく死のゲームの行方は、色々な意味で怖さを感じました。

_ 京の昼寝〜♪ - 2014年11月25日 12:32



□作品オフィシャルサイト 「神さまの言うとおり」□監督 三池崇史□脚本 八津弘幸□キャスト 福士蒼汰、山崎紘菜、神木隆之介、優希美青、染谷将太■鑑賞日 11月16日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>
  ト...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2014年11月26日 22:48

生きている実感がないとなげく高校生がいきなり死のゲームに巻き込まれて、奮闘する様子をリアルに描いている。スプラッターなシーンを赤いビー玉で血液のかわりにして、表現を和らげているけどかなりきついと思う。でも抜群に面白い内容だった。

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年12月20日 21:50

三池監督らしく、冒頭よりバイオレンスな描写が続き、グッとくるものはありますけれど

_ 銀幕大帝α - 2015年05月14日 01:11

2014年
日本
118分
ホラー/サスペンス/学園
R15+
劇場公開(2014/11/15)



監督:
三池崇史
『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』
出演:
福士蒼汰:高畑瞬
山崎紘菜:秋元いちか
染谷将太:サタケ
優希美青:高瀬翔子
大森南朋:タクミ
リリー・フランキ...

_ いやいやえん - 2015年05月14日 10:14

【概略】
退屈な日常にうんざりしている高校生・高畑瞬。ところがある日、突如として教室に現れたダルマさんが命を懸けた授業の始まりを告げ、ありふれた日常を一変させる。
サスペンス



負ければ即死!!恐怖と緊張が支配する死のお遊戯がはじまる。
ありがちなデス・ゲームもので、邦画のホラーサスペンスによくある類いのものなんですが、監督が三池さんでした。
原作は勿論知らず。独特の世界観が破天荒な設定を「いや…ねーだろ」を少し緩和してるかなという印象。血をビー玉に置き換えているので、たいしたグロさではないんですけど、まあ次々と人が死んでいきますわ。
中身はうっすーい。
正直物語は微妙なんですが、キャストはなかなか豪華でした。クズな神木君が良かったね。ただしヒロインは魅力薄い。
主人公たちを苦しめるキャラの造形とゲームの内容は少し古さが斬新に思えたけど…基本どれもすんなり終わっちゃう。あんまり悩む必要ないので、見てる間はフーンと言う感じでいいと思う。
「パセリが好き」はおかしいって言うのはなんかわかるなー。いやあるだろうけど普通はないみたいな。自分の事嫌いだってのは、ありだろう。
ありふれた日常が幸せ、だなんて、みんなわかっていることだけど。それを感じ取れる側の人間か人間でないかってことだよね。
ラストは思いっきり中途半端なので、これ続編ありますよね?ダルマ、招き猫、こけし、しろくま、マトリョーシカ、神さま。