Google
WWW を検索 ブログ内検索

ドラキュラZERO : ルーク・エヴァンス、サイコー!2014年11月06日 12:58

ドラキュラZERO
 ならず者国家・中国の漁船が、大挙して小笠原沖で密漁をしております。こんな国家の非常時に、右翼の馬鹿共は大音量の街宣カーに乗って街中を走り回ってる場合ではないでしょう。自分達の気概を我々一般国民に見せるためにも、結果の見える行動を取るべきかと。ちなみに、本日紹介する作品は、結果を得るために悪魔に魂を売った主人公の物語です。
【題名】
ドラキュラZERO

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1462年。トルコ勢力下にあるトランシルヴァニア国の君主で“串刺し公”の異名を持つヴラド・ツェペシュ(ルーク・エヴァンス)は、妻子とともに平和に暮らしていた。そんなある日、トルコ帝国から“息子を含む少年たち1000人を、兵士として育てるために我が国に渡せ”との通達を受ける。自らも少年の頃に経験した訓練や殺りくを息子たちに行わせたくないと願うヴラドは、トルコとの対決を決意。そして、迫りくるトルコの大軍に立ち向かうため、古より存在してきた悪の力を手に入れる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ドラキュラZERO」は、吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとも言われる15世紀に実在した人物ワラキア公ヴラド3世をモデルとしたホラー・アクション映画です。トランシルヴァニア国の君主で“串刺し公”の異名を持つヴラド・ツェペシュ役には、「ホビット 竜に奪われた王国」のルーク・エヴァンス。ヴラドの妻であるミレーナ役には、「複製された男」のサラ・ガドン。オスマン帝国の第7代スルタンであるメフメト2世役には、「ニード・フォー・スピード」のドミニク・クーパー。監督は、ゲイリー・ショア。

 ドラキュラ、様々な映画で描かれてきたキャラクターです。本ブログでもドラキュラ映画は何本か紹介しておりますが、描きつくされた感があるキャラクターだけに難しい部分もあるでしょう。そんな中、本作では歴史上の人物でドラキュラのモデルにもなったヴラド・ツェペシュが主人公です。ある意味、ドラキュラ映画の超保守ともいえる題材。では、その題材をどのように料理した映画だったのでしょうか。

 一言で言えば、保守的な内容でありながらも、芸術性の高いアクションシーンとルーク・エヴァンスの役者としての力量の高さで十分に楽しめる作品となっておりました。ヴラドが吸血鬼になり、初めてオスマン帝国の軍隊と戦うシーン。剣に映るヴラドの闘う姿、マジで痺れましたよ。ゲイリー・ショア監督、やりますねぇ。そして、ルーク・エヴァンスの吸血鬼、サイコーでした。彼の場合、本作のような正義と悪が混在したような役柄がピッタンコですね。今後も、このような役柄で観る者を痺れさせて欲しいものです。

 しかしながら、残念な点もありました。それは、ヴラド最大の敵といえるメフメト2世の存在感が少しお粗末に感じられたこと。メフメト2世といえば、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)を滅ぼし征服者と呼ばれた人物。それを、小物感が半端ないドミニク・クーパーが演じ、ヴラドに圧倒的敗北を喫して倒されてしまうとは。メフメト2世がより魅力的に描かれていれば、文句のつけようのない作品になっていたとお思うのですが…。

 このように「ドラキュラZERO」は、ルーク・エヴァンスの抜群の演技が光るホラー・アクションの良作となっております。でも、本作を観て、イスラム教徒の人たちは何を思うのでしょうか…。では、本日はこの辺で (⊃∀⊂)イナイイナイ- ∩・∀・)ノシ バイバァイ★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/11/06/7484404/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年11月06日 13:11

公式サイト。原題:Dracula Untold。ゲイリー・ショア監督。ルーク・エヴァンス、サラ・ガドン、ドミニク・クーパー、チャールズ・ダンス。吸血鬼ドラキュラのモデルとなったワラキア ...

_ こねたみっくす - 2014年11月06日 14:27

完全なるマッチングミス。
新たなるダークヒーローを生み出したいという意気込みは理解出来ます。長らく疎遠となっていたドラキュラの魅力を再びスクリーンに戻したいという気持 ...

_ カノンな日々 - 2014年11月06日 14:43

ホントに映画の世界はヴァンパイア物語がよっぽど好きなんですね。しかし、なんだかんだと面白そうで映画館に足を運んでしまうわけですから観るほうにしても鉄板の人気キャラって ...

_ MOVIE BOYS - 2014年11月06日 19:33

最近アメコミとかで良くあるビギニング=ZEROシリーズがついにドラキュラにも登場だ。主演でトランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラを演じるのは『ワイルド・スピード EURO MISSION』のルーク・エヴァンス。その妻を『複製された男』のサラ・ガドン、オスマン帝国の皇帝を『テビルズ・ダブル』のドミニク・クーパーが演じている。ドラキュラがドラキュラになった理由は一体…?

_ to Heart - 2014年11月06日 20:09


その男、悪にして英雄。

愛する者のため、悪にこの身を捧げよう――
製作年 2014年
原題 Dracula Untold
上映時間 92分
監督 ゲイリー・ショア
衣装デザイン ナイラ・ディクソン
出演 ルーク・エヴァンス/ドミニク・クーパー/サラ・ガドン/チャールズ・ダンス

ブラム・ス...

_ みはいる・BのB - 2014年11月06日 20:41




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
11月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:35の回を鑑賞。

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2014年11月06日 21:18

愛する家族を、民衆を守るために悪魔と契約し、遂には吸血鬼へと変貌してしまう英雄ヴラドを描いた”吸血鬼ドラキュラ”誕生篇で、出演はルーク・エヴァンス(ヴラド)、サラ・ガドン(ヴラドの妻ミレナ)、ドミニク・クーパー(オスマン帝国皇帝メフメト)、アート・パーキンソン(ヴラドの息子インゲラス)、チャールズ・ダンス(マスター・ヴァンパイア)、ディアルマド・ムルタ、ポール・カイエら。脚本マット・サザマ&バーク・シャープレス、監督はゲイリー・ショア。ドラキュラを”悪”ではなくヒーローとして扱うべく、ヴラドは民に慕われる善き支配者として登場し、その思いが強すぎる故に結果的に誤った選択をし、闇に堕ちてしまった…

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年11月06日 21:50

原題は「DORACULA UNTOLD」。 「UNTOLD」は「語られていない」

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2014年11月06日 22:36

五つ星評価で【★★★ゆるうてもビジュアル面で面白い】
  
一番の見せ場は予告編なりTVスポットなりで見せてしまっている。
「ワラワラワラドゴーン」みたいなところ。
映 ...

_ ペパーミントの魔術師 - 2014年11月07日 18:24


もうね、ちょっとババーンと載っけます。これ見た時からはにゃ〜んで、
今か今かと待ってたわけですよ。(しっかりVAMPSムビチケカードまで
画像載っけてるとこがミーハー。
・・・ただ、1100円で見れるのにカードもないよな〜で結局やめちまった。
hydeさんの歌はま...

_ 象のロケット - 2014年11月08日 04:00

15世紀。 トランシルヴァニア地方(現在のルーマニアの一部)を治めるヴラド・ドラキュラは、民衆から慕われ、臣下からは尊敬され、妻子と共に幸せな暮らしを送っていた。 ところが、ヨーロッパ侵略を狙う大国オスマン帝国の皇帝メフメト2世が、貢納金の増額と、ヴラドの息子を含む1000人の少年たちを差し出せという過酷な要求を突き付けてきた。 オスマン帝国に立ち向かうため、ヴラドは古くから伝わる強大な闇の力と契約を結ぶのだが…。 怪奇アクション・ファンタジー。

_ たいむのひとりごと - 2014年11月08日 13:10

“まったく新しい英雄伝説”であり、新解釈での“ドラキュラ”の誕生秘話が描かれた作品。そんな新解釈はなかなか面白く、最後の最後まで楽しめたけれど、主にルーク・エヴァンス目当てでの鑑賞だったりもして、良く

_ まぜごはん - 2014年11月10日 22:46

ユナイテッドシネマ金沢で朝9時台から上映している映画があります。
上映時間がものすごく長い映画はともかく2時間くらいの映画なら午前休みで1本観られる。
昨日の金曜日の会員デーに ドラキュラZERO 公式HP を観に行きました。

1462年。トルコ勢力下にある...

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年11月11日 17:30

ルーク・エヴァンスは格好良かった

_ I am invincible ! - 2014年11月12日 12:17

15世紀。 トランシルヴァニア地方を治めるヴラド3世(ルーク・エヴァンス)に対し、勢力を拡大し続ける大国オスマン帝国の皇帝メトメフ2世(ドミニク・クーパー)が多額の貢納金だけでなく、1000人の少年を要求してきた。

_ ☆お気楽♪電影生活☆ - 2014年11月12日 20:44

愛する者のため、悪にこの身を捧げよう―― 

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2014年12月15日 21:43

ドラキュラZERO
'14:米



◆原題:DRACULA UNTOLD
◆監督:ゲイリー・ショア
◆出演:ルーク・エヴァンス、サラ・ガドン、ドミニク・クーパー、チャールズ・ダンス、ザック・マッゴーワン、チャーリー・コックス、ポール・ケイ、アート・パーキンソン、ロナン・ヴィバート...

_ いやいやえん - 2015年04月10日 15:19

【概略】
オスマン帝国のメフメト2世から息子を含む1000人の少年を差し出すよう要求されたヴラド。彼は大軍に立ち向かうため、強大な闇の力と契約し恐るべき悪と化すが…。
アクション



トランシルヴァニアに対し、君主ヴラド3世の息子と1000人の少年を差し出すよう要求してきたオスマン帝国の皇帝メフメト2世。息子と民に辛い想いをさせはしない―そう決意したヴラドは、オスマン帝国の大軍に立ち向かうため山深くに分け入り、古くから伝わる強大な闇の力と契約を結ぶ。だが、その力と引き換えに、想像を絶する代償を支払わねばならなかった…。
吸血鬼ドラキュラのモデルとなった実在の英雄ヴラド。15世紀のワラキア(現ルーマニア南部)を治めたドラクル(竜)の子(a)、父がドラクルと呼ばれたのは「十字軍・竜騎士団」に所属していたため。
ブラム・ストーカーの小説の「ドラキュラ」があまりにも有名になりすぎたため、吸血鬼=魔物=ドラキュラと言う図式が先立ってしまい、オスマンの兵を串刺しにして晒したとか、そういった一件残虐に思える行為も悪魔的に思われる一因になっているのでしょうね。フィクションのアクション・ダークファンタジーです。
本作が、植え付けられてしまった悪いイメージを払拭する一因になってくれれば私も嬉しいですが、難しい事を考えなくても単純に見られる作品でもあると思います。
自らの人質体験もあって、オスマン帝国からの要求をはねのけるのだけれど、勇猛で軍略に優れオスマン帝国に対してよく抗戦したと伝えられていて、本作ではそれを闇の力を得たからということにしています。ルーク・エヴァンスさんが野性味もあり知性もある人物として好演していました。3日間人間の血を飲まなければ元に戻れる、というのも良かったです。蝙蝠を使った映像もダイナミック。
しかしなにせ92分の作品なのでかなりテンポが良く意外とあっさり終わっちゃうのには若干の物足りなさが残ります。コッポラさんの「ドラキュラ」と比べるとロマンが足りなく思えるのは仕方ないかな。でもこれもありだよね。「その詩好きよ」のラストのところで来世と前世の予感を感じて。
太陽を照らし自分が作り変えた魔物たちと自らを滅ぼしてしまおうとするところ、よかったです(映像も)。結局はあの「ご主人様」の人が甦らせちゃうんだけど。続きが気になるところだけど、続編はなさそうね。

_ 銀幕大帝α - 2015年04月26日 04:07

DRACULA UNTOLD
2014年
アメリカ
92分
アクション/ファンタジー/ホラー
劇場公開(2014/10/31)



監督:
ゲイリー・ショア
出演:
ルーク・エヴァンス:ヴラド・ドラキュラ
ドミニク・クーパー:オスマン帝国皇帝メフメト2世
サラ・ガドン:ミレナ



<ストー...