Google
WWW を検索 ブログ内検索

蜩ノ記 : 武士道の奥深さを感じられる作品2014年10月06日 21:01

蜩ノ記
 超残念!!、結局2位も確保できないとは…。はい、広島カープのことです。確かにベテランは頼りになりませんが、若手は12球団でもトップレベルの戦力だと思います。まあ、首脳陣があれですから、こんなものなのですかね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
蜩ノ記

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 郡奉行だった戸田秋谷(役所広司)は藩主の側室との不義密通および小姓を斬り捨てたことにより10年後の切腹とそれまでの間に藩の歴史である藩主・三浦家の家譜を編さんし完成させるよう命じられる。それから7年後、刃傷沙汰を起こしてしまったものの家老・中根兵右衛門の温情により切腹を免れた檀野庄三郎(岡田准一)は、幽閉中の秋谷の監視役を命じられる。監視の内容は、藩の秘め事を知る秋谷が7年前の事件を家譜にどう書くか報告し、秋谷が逃亡のそぶりを見せた場合には妻子ともども始末するというものだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「蜩ノ記」は、第146回直木賞に輝いた葉室麟の時代小説を映画化した作品です。過去の不義により10年後の切腹と藩の歴史である藩主・三浦家の家譜を編さんを命じられた戸田秋谷役には、「渇き。」の役所広司。幽閉中の秋谷の監視役を命じられた檀野庄三郎役には、「永遠の0」の岡田准一。秋谷の娘である戸田薫役には、「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の堀北真希。秋谷の妻である戸田織江役には、「ぼくたちの家族」の原田美枝子。家老の中根兵右衛門役には、「日輪の遺産」の串田和美。監督は、「明日への遺言」の小泉堯史。

 先日紹介した「柘榴坂の仇討」、武士道を描いたなかなかの作品でした。そして、本作も同じく武士道を描いた時代劇の良作でしたよ。

 先ずは、登場人物がとても魅力的でした。役所広司演じる戸田秋谷、岡田准一演じる檀野庄三郎、戸田秋谷の家族…、皆が凜として自分の信じる道を精一杯生きてるんですよねぇ。また、どちらかといえば悪党キャラの中根兵右衛門にしても、ギリギリのところで背筋の伸びた生き方をしてるわけ。年代や性別、身分に関係ないわけだから、様々な層の人間が共感できますよね。逆に、クズってる人物も登場します。それは、百姓連中。代官を後からだまし討ちするは、自分だけ逃げ息子が身代わりになっちゃうは、どうしようもないですなぁ。とにかく、彼らには全く同情できません。でも、この描き方は作品としては失敗しているような気がしないでもないですが…。

 あらすじは、全体的に面白く仕上がっていました。特に、三浦家の家譜編纂の進捗と秋谷が切腹を命じられた真相が明かされる部分がリンクしていくとこなんか良かったですよ。この辺は、原作は未読ですが、素材の良さを感じられるものでした。但し、全体的には少し眠くなるような内容であったのも事実。素材の良さに助けられてばかりで、素材の良さを活かせてない気がしましたね。

 このように「蜩ノ記」は、所々で詰めの甘さを感じられるものの、概ね満足度の高い作品となっております。まあ、個人的には「柘榴坂の仇討」の方が良いと感じましたけど。では、本日はこの辺で (☆ΘÅ)ьчёьчё(ÅΘ★) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ Height Growth Plus ― 2016年01月23日 01:55

Diets high in fat and protein are usually effective for
people in losing weight. At this time, their body temperature drops
and their heart rate can decrease from 200 beats per minute (bpm)
to 10 bpm. When insurance companies stress preventive health, they always emphasize doctor exams over laboratory tests.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/10/06/7451909/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年10月06日 21:11

公式サイト。葉室麟原作、小泉堯史監督。役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美、吉田晴登。「柘榴坂の仇討」は13年 ...

_ 新・辛口映画館 - 2014年10月06日 22:44

 土曜日昼間の試写会。客年齢層は幅広く、客入り9割位。

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年10月06日 22:56

映画『蜩の記』は、小泉堯史監督らしい背筋のピンと張った真面目な映画。まさに「良く

_ Akira's VOICE - 2014年10月08日 12:05

鉄板を堪能できる時代劇。
 

_ 読書と映画とガーデニング - 2014年10月08日 16:06


2014年 日本原作 葉室麟「蜩ノ記」


ある罪で十年後の夏に切腹を命じられ、不条理な運命にある戸田秋谷(役所広司)彼は、いよいよ三年後に迫った切腹までに藩史の編纂を仕上げるよう命じられ、その作業の過程で藩の重大な秘密を握っていたそして、彼の監視役とし...

_ 象のロケット - 2014年10月10日 14:24

藩主の側室と不義密通した罪で、10年後の夏に切腹すること、それまでに藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた、羽根藩の元郡奉行・戸田秋谷。 切腹の日は3年後に迫っていた。 元右筆(文書係)の檀野庄三郎は、秋谷を監視せよとの藩命を受け、秋谷とその妻・織江、娘・薫、息子・郁太郎と生活を共にすることに。 和やかな一家の暮らしぶりに驚いた庄三郎は、密通事件に疑問を抱き、7年前の真相を探り始める…。 時代劇。

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年10月12日 22:36

映画『蜩の記』は、小泉堯史監督らしい背筋のピンと張った真面目な映画。まさに「良く

_ とりあえず、コメントです - 2014年10月13日 11:05

葉室麟著の直木賞受賞作を小泉堯史監督が映画化した時代劇です。 予告編を観て、スクリーンに映し出される静かで美しい佇まいに惹かれました。 四季折々の風景と共に、主人公や家族たちの生き様に胸を打たれるような作品でした。

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2014年10月15日 22:09

予告編の影響で普通の家族愛の物語だと思ったら、藩の存亡に関わる重大事にまで発展するのでびっくりした。美しい映像と無駄のない脚本で観るものを圧倒させる力があった。

_ 京の昼寝〜♪ - 2014年10月17日 12:24



□作品オフィシャルサイト 「蜩ノ記」□監督 小泉堯史□脚本 小泉堯史、古田求製、作市川南、田村明彦□原作 葉室 麟□キャスト 役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、       寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美■鑑賞日10月5日(...

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2014年10月18日 22:06

五つ星評価で【★★★とても美しい映画であるとは思う】  

映画の中に展開する四季折々の風景や、清廉潔白である武士の人柄など、とても美しい映画。だが、待て。これを娯楽映 ...

_ 健康への長い道 - 2014年10月18日 22:09

 10月4日(土)から公開の『蜩ノ記』を新宿ピカデリーで。  しかし、公開10日で早くも小さなシアター8(157席)ですか。ひょっとして当初からこの程度?先日の『柘榴坂の仇討』といい、人気俳優を起用しても時代劇は厳しいですね。例外は『るろ剣』だけか。 Story 些…

_ こねたみっくす - 2014年10月18日 23:33

武士としてどう生きるべきか。
これは構成以外に関しては実に美しい映画でした。四季折々の風景、役者陣の所作、武士としての気高き想い、「パリは燃えているか」でお馴染みの加 ...

_ ケントのたそがれ劇場 - 2014年10月26日 11:21

★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:129分 監督:小泉堯史 最近の時代劇は、マンガチックなものや、コミカルなものが多かったが、本作は久し振りに登場した本格時代劇と言えよう。さすが故・黒沢明監督の一番弟子である小泉監督が、『雨あがる 』以来、久々に

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2014年12月23日 21:31

蜩ノ記
'14:日本


◆監督:小泉堯史「明日への遺言」「博士の愛した数式」
◆出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美、吉田晴登


◆STORY◆7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩...

_ 黄昏のシネマハウス - 2015年11月18日 10:49

直木賞を受賞した葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』 『阿弥陀堂だより』 でおなじみの小泉堯史監督が映画化した時代劇ドラマ・・・
「柘榴坂の・・・」に続く時代劇です。



郡奉行だった戸田秋谷は、藩主の側室との不義密通および小姓を斬り捨てた罪で切腹を仰せつかる。
ただし、その実行は10年後とされ、それまでの間、藩の歴史である家譜を編さんし完成させるよう命じられる。
7年後、刃傷沙汰を起こしたものの、家老中根兵右衛門の温情により切腹を免れた檀野庄三郎が幽閉中の秋谷を監視するべくやって来る。
彼の役目は、家譜の編さんを進めるに当たり、その秘め事も知ることになる秋谷が、7...