Google
WWW を検索 ブログ内検索

柘榴坂の仇討 : 武士道の本質を描いた作品2014年09月28日 15:54

柘榴坂の仇討
 兵庫県議会、またまた面白い奴が出てきました。全力疾走じじいとは、やってくれるではありませんか。お笑い大国・大阪のお隣でもあるし、今後とも目が放せないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
柘榴坂の仇討

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老の井伊直弼(中村吉右衛門)が襲撃され殺害される。主君を守り切れなかったことを悔やんでも悔やみきれない彦根藩士・志村金吾(中井貴一)のもとに、仇を討てとの藩命が下る。明治の世になり時代が大きく変わっても武士としての矜持を持ち敵を探し続ける金吾。一方水戸浪士・佐橋十兵衛(阿部寛)は井伊直弼殺害後、俥引きに身をやつし孤独の中に生きていた。そして明治六年二月七日、仇討禁止令が布告される……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「柘榴坂の仇討」は、歴史小説から現代劇まで幅広いジャンルを手掛ける浅田次郎の短編小説を映画化した作品です。大老・井伊直弼の近習であった志村金吾役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の中井貴一。井伊直弼襲撃犯の一人であった佐橋十兵衛(直吉)役には、「テルマエ・ロマエII」の阿部寛。金吾の妻である志村セツ役には、「鍵泥棒のメソッド」の広末涼子。監督は、「沈まぬ太陽」の若松節朗。

 最近の時代劇は、バリエーションが豊かになったものですね。先日紹介した「るろうに剣心」が圧倒的スピードの殺陣で観る者を魅了するのに対し、本作は殺陣はあるものの物語の中心は武士の誇りと妻との愛情を描いたヒューマンドラマといったところ。でもね、この2作品に関しては、根っこの部分では共通するメッセージを含んでいると個人的には思いました。それは、”生きる”ということです。

 「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という有名な一節があります。いわゆる武士としての心得について述べられた「葉隠」という書物の中で述べられた一節です。この一節には、大きく2つの意味が込められていたそうです。先ずは、この一節に書かれている通り、生きるか死ぬかの場合は、必ず死ぬほうを選択するということ。特に戦時中は、こちらの意味のみ重要視されたため、未だにこのように解釈されることが多いと思われます。そして、もう1つの意味は、人間死ぬ気で活路を見出せば自ずと道が開けるといくということ。本作の序盤でも、井伊直弼が同様の事を我々にも理解しやすい言葉で説明してくれています。また、昔の武士は無駄に死ぬことを犬死と言ってましたからね。こちらの方が、現代人の我々にはしっくりときます。この解釈の変化こそ、この2作品を生んだのかもしれないですね。

 で、本作の個人的評価なのですが、何というか、”超おすすめ!!”まで、もう一息の”おしい”作品でした。先ず最高によかったのが、主人公の志村金吾を演じた中井貴一と佐橋十兵衛(直吉)を演じた阿部寛の演技。2人とも人としての幸せを完全に捨て去り、ただ死ぬために生きるという悲しい男を見事に演じていました。でも、この2人より良かったのが、金吾の妻であるセツを演じた広末涼子。セツが不幸なのは、時代が明治に変わったにも関わらず、実質的には意味のない仇討ちにこだわっている金吾のため。これこそ、完全に金吾の我がままなのです。そんな夫を支えるセツは、誰もが同情すると同時に応援したくなる存在でした。

 しかし、残念だったのがあらすじ。全体的には良かったのですが、伏線の張り方と回収が安直すぎるたんですよね。大好きな殿(井伊直弼)が生前に語っていた言葉を聞いていた金吾、愛する妻を犠牲にしている金吾、にも関わらずこだわっていた仇討ちを止めたのが椿の花とは…。凡人の私には想像すらできないが、仇討ちを止めるに納得できる別の何かが欲しかったですね。

 このように「柘榴坂の仇討」は、あらすじに”おしい”部分があるものの、中井貴一、阿部寛、広末涼子の名演が光る作品となっております。になみに、本作一番のお勧めシーンは、金吾と十兵衛の殺陣ではなく、ラストで金吾がセツの手を優しく握るシーンです。では、本日はこの辺で ьчёьчё━━━ヽ(○´Д`○)ノ━━━ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/09/28/7445099/tb

_ 京の昼寝〜♪ - 2014年09月28日 16:34



□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5...

_ あーうぃ だにぇっと - 2014年09月28日 16:45

柘榴坂の仇討@松竹試写室

_ うろうろ日記 - 2014年09月28日 17:46

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 "桜田門外の変"でしくった中井さんが敵

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年09月28日 19:07

時代劇から仇討取れば何が残るか問題
公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、 ...

_ 花ごよみ - 2014年09月28日 19:44

 
原作は浅田次郎の短編集
「五郎治殿御始末」の中の一編。


五郎治殿御始末 (新潮文庫)

本は以前に買ってあったのに、
読まずにいましたが
短編なので映画の始まる直前に読みました。

原作はすぐに読み終えることのできる短編、
それをどう映画化したのか
楽しみに...

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2014年09月28日 23:16

五つ星評価で【★★★広末好きやもん】  

全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、
それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、
テンポ ...

_ こねたみっくす - 2014年09月29日 17:20

ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。
仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...

_ 象のロケット - 2014年09月29日 19:38

クリスマスイヴの夜。 ロスの34階建ての新築高層ビルを13人のテロリストが占拠した。 偶然、居合わせたニューヨーク刑事ジョン・マックレーンが、非道なテロリストを相手に、体力・知力の限りを尽くして闘う…。 刑事アクションの傑作。

_ 象のロケット - 2014年09月29日 19:39

安政7年(1860年)3月3日。 「桜田門外の変」で、大老・井伊直弼の命を奪われた警護役の彦根藩士・志村金吾は、切腹も許されず、主君の仇討を果たせとの藩命を受ける。 それから13年の時が経ち、時代は明治へと移ったが、金吾は未だに仇を追い続けている。 一方、井伊家の菩提寺の前で手を合わせる、俥引きの男がいた…。 ヒューマンドラマ。 ≪「仇討ヲ禁ズ」―その日、運命が動いた≫

_ 健康への長い道 - 2014年10月04日 20:05

 15日、17日、本日20日と久々にハイペースで映画鑑賞です。今日は『柘榴坂の仇討』。歴史・時代小説も好きで良く読みますが、浅田次郎さんの作品は読んだことがなく、浅田文学が原作の映画も初めてです。元は短編だそうです。 Story 安政7年3月3日、江戸城桜田門外で大…

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2014年10月06日 00:43

2014年・日本/木下グループ=デスティニー 配給:松竹 監督:若松節朗 原作:浅田次郎 脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫 撮影:喜久村徳章 音楽:久石 譲 製作統括:木下直哉 企画:小滝祥平、

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年10月06日 23:07

映画『柘榴坂の仇討』は、実に正統派の中品(大作と小品の間ぐらい)時代劇。浅田次郎

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2014年10月13日 10:31




柘榴坂=ざくろざか
当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。


どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。
ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変。

この事件によって、重要課題を仰せつかっていた主人公。
この時代の大変...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2014年10月13日 21:21

 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。

(1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。

 本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。

 桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村...

_ to Heart - 2014年10月14日 22:17


制作年度 2014年
上映時間 119分
原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)
監督 若松節朗
脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫
音楽 久石譲
出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門

主君・井伊直弼の仇を追い...

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2014年10月16日 23:30

 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 …

_ 美容師は見た… - 2014年10月17日 10:01

貴一ちゃん&阿部ちゃんですもんね~。期待通り魅せてくれました。二人が演じる”人の道”とは。。。泣けました(・・、)大沢たかお主演映画『桜田門外ノ変』の方も、合わせて観たくなりましたわぁ。長身短髪ローマ人顔の阿部ちゃんが、時代劇って言うのも違和感っちゃーテロマエが

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2014年11月03日 21:45

柘榴坂の仇討
'14:日本




◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」
◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也


◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老の井...

_ いやいやえん - 2015年05月16日 09:27

【概略】
安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既に無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛を探し出す。しかし皮肉にもその日、新政府は「仇討禁止令」を布告していた。「直吉」と名を変えた十兵衛が引く人力車は、金吾を乗せ柘榴坂に向かう。そして運命の二人は13年の時を超え、ついに刀を交えるが…。
時代劇



中井貴一、阿部 寛で映画化(仇を追い続ける男に中井、桜田門外の変での水戸浪士の生き残りに阿部)。
有名な桜田門外の変、大抵が討つ水戸浪士側からの視点でみてしまうのですが、当たり前だけれど、主君を討たれた彦根藩士側という側面もあるんですよね。これは、その、主君を討たれ切腹すら許されなかったひとりの侍の生き様を描いたもの。いわば桜田門外の変後日談。時代が移り変わっていく中、13年にも及ぶ苦悩と葛藤を描いた作品だった。
桜田門外…井伊大老の警護に当たった侍の中でたった1人生き残った志村。両親は自害、妻は酌婦に身をやつすも本人は切腹を許されず、襲撃した水戸浪士を探し出し主君の仇討をするよう言い渡される。13年間、明治時代になってもそれは続き、仇討を果たしそれでようやく自害できるのだ。勿論妻も後を追うだろう。一方最後まで生き残った浪士・佐橋は、人力車の車夫として名を変えひっそりと生活を送っていた。彼もまた家族を失っていた。
この2人が遂に出会い斬り合うことになる柘榴坂…そしてその時二人が交錯するものは一体…。
正直、広末さんとか阿部さんとか、時代劇っぽさは薄めかと思います。明治という時代背景もあってかサムライ侍してる感じもあまりない。ちょっと小奇麗な映像はそれだけでテンションを下げさせられます。金策に苦しむ侍をみかねて間に入ったときの、「俺も元は〜藩〜役!」と助太刀してくれる元侍たちがたくさん出てきたのも、あざとさがみえて、なんだか萎えた。
「この坂は?」「柘榴坂でござんす」二人が過去を曝け出し、それでも生きてきたのは何ゆえか。追い続けた男と待っていた男。そして柘榴坂に咲く椿の「生きよ」と言う心象。井伊大老が残した言葉を胸に「家臣であるがゆえ、そのお下知に従う」と仇を前に「生きてくれないか」と願う志村。
結局、旧幕的な心に満ちていた男が、新たに覚悟を決めて人生を生きていこうと気づく話。
後ね、ちょっと思ったのはね。ミサンガはねーだろ!でした。

_ 黄昏のシネマハウス - 2015年11月16日 23:56

久々の日本映画を・・・
浅田次郎の原作による<柘榴坂の仇討>・・・

桜田門外の変にまつわる仇討をめざす男と、その仇の男との13年間が、江戸から明治へと移り変わる激動の時代を背景に描かれます。



江戸城桜田門外で大老の井伊直弼が襲撃され殺害される。
主君を守り切れなかった彦根藩近習・志村金吾。
切腹を願い出るが聴き入れられず、必ず仇を討てとの藩命が下される。
やがて、明治の世になり時代は大きく変わるが、何ひとつ変わらず仇敵を捜し続ける金吾。
一方、その一人水戸浪士・佐橋十兵衛は直弼暗殺後、手傷を負ったため自害が叶わず、車引きに身をやつしひっそりと身を潜めていた。...