Google
WWW を検索 ブログ内検索

舞妓はレディ : 天使のような上白石萌音2014年09月17日 12:57

舞妓はレディ
 昨夜の広島カープ、不可解な継投が裏目に出て巨人に完敗しました。シーズン優勝は、来年の楽しみとしておきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
舞妓はレディ

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 京都。歴史の古い小さな花街・下八軒は、舞妓がたった一人しかいないという大きな悩みを抱えていた。ある節分の夜、八軒小路のお茶屋・万寿楽に一人の少女・西郷春子(上白石萌音)がやってくる。春子は、女将の小島千春(富司純子)にどうしても舞妓になりたいと懇願するが、どこの馬の骨ともわからない少女を老舗のお茶屋が引き取るはずもない。しかし、そこに居合わせた言語学者の“センセ”こと京野法嗣(長谷川博己)は、鹿児島弁と津軽弁がミックスされた春子に興味を持ち、老舗呉服屋の社長・北野織吉(岸部一徳)に「春子を一人前の舞妓にしたら自分に褒美をくれ」とけしかける。晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になった春子だが、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、そして何より慣れない言葉遣いに戸惑い、何もかもがうまくいかない。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「舞妓はレディ」は、、京都を舞台に舞妓になるために頑張る少女の成長物語をミュージカル仕立てで描いた作品となっております。津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルで舞妓を目指すために京都の花街・下八軒にやって来た西郷春子役には、「だいじょうぶ3組」の上白石萌音。春子を一人前の舞妓にするべく京都弁を教える言語学者の京野法嗣役には、「映画 鈴木先生」の長谷川博己。八軒小路のお茶屋・万寿楽の女将で春子の面倒を見ることになった千春役には、「空気人形」の富司純子。春子の先輩で芸妓の里春役には、「終の信託」の草刈民代。春子の先輩で舞妓の百春役には、「アフタースクール」の田畑智子。法嗣の助手をやっている大学院生・西野秋平役には、「ポテチ」の濱田岳。監督・脚本は、「終の信託」の周防正行。

 期待をしないで観に行ったのですが、行ってよかったですよ、マジで。映像、あらすじ、魅力的な登場人物、どれもが高いレベルで映画館に足を運んでよかったなと素直に思える素晴らしい作品でした。

 先ずは、映像が綺麗でした。京都の歴史情緒あふれる町並み、芸妓さんが見せる美しい舞、男性だけでなく女性も美しいと感じられる映像でしょう。そして、あらすじ。特に、最後のオチに関しては、日本人に生まれてよかったなと思える素晴らしいものでした。周防正行監督らしい隙のない丁寧な作り込みが光る作品となっていましたね。

 しかしながら、本作が素晴らしい作品になった一番の理由は、主人公の西郷春子を演じた上白石萌音の存在に他なりません。八軒小路のお茶屋・万寿楽を尋ねてきた彼女の第一印象は、化粧栄えはしそうな顔立ちですが最高にあか抜けない純朴な少女といったところ。そんな純朴な少女が舞妓になろうと一生懸命に頑張る姿、観ている我々も自然と応援してしまいますよ。それだけでなく、あの美しい歌声。恐らく、彼女の背中には羽が生えているかもしれないですよ。

 このように「舞妓はレディ」は、上白石萌音という女優がその魅力を存分に発揮した作品となっております。ちなみに、本作が「マイ・フェア・レディ」のもじりであると気付いたのは、この記事を書いている時でした。では、本日はこの辺で (○Θ皿Θ)σ○o。バィバィ♪。o○a(Θ皿Θ○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/09/17/7437081/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年09月17日 13:15

公式サイト。周防正行監督。上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳 ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2014年09月17日 13:19

舞妓はレディ@ニッショーホール

_ 健康への長い道 - 2014年09月17日 20:18

 周防正行監督、久々の純エンタメ映画『舞妓はレディ』を新宿ピカデリーで。『舞妓はレディ』というタイトルは、『マイ・フェア・レディ』のもじりだそうです。  映画『マイ・フェア・レディ』ではオードリー・ヘプバーン演じたイライザがレディに成長していくように、…

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2014年09月18日 00:49

[舞妓はレディ] ブログ村キーワード 周防正行 監督 最新作 「舞妓はレディ」(東宝)。全編是、京都がテンコ盛りの映画でございます。 京都“下八軒”。現役の舞妓が1人しかいないという悩みを抱える、この小さな花街のお茶屋“万寿楽(ばんすらく)”に、或る日1人の少女・春子(上白石萌音)がやって来て『舞妓さんにしてくいやはんどかい(お願いですから、舞妓さんにしてください)』と告げる。突然の来訪に女将の千春(富司純子)は面食らうが、そこにたまたま居合わせた言語学者の京野(長谷川博己)は、鹿児島弁と津軽弁がミックスされた春子の言葉に興味を持ち、呉服屋の社長・北野(岸辺一徳)と、『春子を京ことばが話...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2014年09月18日 16:35

平成26年9月18日(木)。 映画:「舞妓はレディ」。 監督・脚本:周防正行 撮   影:寺田緑男 美   術:磯田典宏 装   飾:松本良二 音   楽:周防義和 主 題 歌 :上白石萌音 作   詞:周防正行・種ともこ 振   付:パパイヤ鈴木 キ…

_ ケントのたそがれ劇場 - 2014年09月18日 20:29

★★★☆ 製作:2014年 日本 上映時間:135分 監督:周防正行  1964年製作の米国ミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』のタイトルをもじった和製オマージュ映画である。主役を演じた新人・上白石 萌音の可愛らしさと見事な声量には脱帽。また涙あり、笑

_ こみち - 2014年09月18日 22:35

JUGEMテーマ:映画館で観た映画 



 

京都の舞妓と芸妓の世界を描いた映画でしたが

 

 ミュージカルぽさが、今一つでした。

 

 やはり和服にダンスは、合いません。

 

 和服ならダンスでなく日本舞踊のような感じなら

 

 素晴らしかったと思います。

 

 

 

  ストーリーは、コメディーチックで面白く

 

 ちょっとは感動的なシーンもあります。

 

 男女の泥臭さは、ちょっぴりなのでお子ちゃまも

 

 鑑賞できますね。

 

 

 

2014年 東宝

 

キャスト

 西郷春子・・・上白石萌音

 小島千春・・・富司純子

 百春・・・・・田畑智子

 里春・・・・・草刈民代

 豆春・・・・・渡辺えり

 富さん・・・・竹中直人

 京野法嗣・・・長谷川博己

 北野織吉・・・岸部一徳

 高井良雄・・・?嶋政宏

 市川勘八郎・・小日向文世

 西野秋平・・・濱田岳

 

 

 

映画『舞子はレディ』公式サイト



 

【言及リンク】



 

 

_ 象のロケット - 2014年09月19日 10:15

京都。 歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。  節分の夜、八軒小路にある老舗のお茶屋・万寿楽(ばんすらく)へ、おかしな方言を話す少女・春子が「舞妓になりたい」とやってきた。  万寿楽の仕込み(舞妓の見習い)になった彼女は、お茶屋の下働きや芸の稽古、訛りの矯正にと、大奮闘するのだが…。 ミュージカル。 

_ 京の昼寝〜♪ - 2014年09月20日 07:01



□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 T...

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2014年09月20日 22:44

五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】  

違和感を感じてしまったのは、
劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。
多分、それは呼吸を意識 ...

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年09月21日 14:28

 日本
 コメディ&ミュージカル
 監督:周防正行
 出演:上白石萌音
     長谷川博己
     富司純子
     田畑智子

【物語】     (シネマトゥデイ)
...

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年09月22日 21:36

劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年09月22日 22:42

映画『舞妓はレディ』は、(往年の)周防正行監督らしい「ニッポンの不思議な異世界」

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2014年09月23日 07:00

 周防正行監督の明るくウエルメイドな作風が戻ってきました。ミュージカル仕立てで往年の名作「マイ・フェア・レディ」を現在の京都に換骨奪胎しています。舞妓とか正直興味が無かったのだけど、そんな僕でも十分楽しめました。  作品情報 2014年日本映画 監督:周防…

_ 映画@見取り八段 - 2014年09月23日 16:58

舞妓はレディ      監督: 周防正行    キャスト: 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳、小日向文世、妻夫木聡、松井珠理奈、武藤十夢、大原櫻子、…

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2014年09月23日 18:22



予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。

ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。
なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。

一方で近作は「それでもボクはやってない」
とてもヘビ...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2014年09月23日 21:19



予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。

ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。
なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。

一方で近作は「それでもボクはやってない」
とてもヘビ...

_ こねたみっくす - 2014年09月23日 23:10

おおきに、すみまへん、おたのもうします。
周防正行監督が20年前から温め続けてきた企画を、約800人のオーディションを勝ち抜いた新人・上白石萌音さんを主演に作り上げたこの和風 ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2014年09月25日 05:37

オードリーの「マイ・フェア・レディ」は社交界デビューを目指していて、こちらは舞妓デビューを目指している。さらに京都の文化をクローズアップしている点が根本的に違う点だし、それがこちらの長所にもなっている。日本文化のすばらしさを体験できる。主演の上白石萌音の

_ ペパーミントの魔術師 - 2014年09月25日 12:23


映画.comより引用しました。もしダメなら削除いたしますので
ご報告ください。m(_ _)m

花街版「マイ・フェア・レディ」
ド田舎から出てきた女の子が強烈なお国訛りを克服して
舞妓デビューするまでの1年をおっかけた物語。


しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで...

_ FREE TIME - 2014年09月25日 23:41

映画「舞妓はレディ」を鑑賞しました。

_ オールマイティにコメンテート - 2014年09月29日 00:04

「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危 ...

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2014年10月05日 10:36

 「Shall we ダンス?」の周防正行監督、「おおかみこどもの雨と雪」の上白石萌音(かみしらいしもね)主演。京都の花街を舞台に、舞妓になるべく田舎からやってきた少女の成長を描く。 監督曰く、1992年公開の「シコふんじゃった」撮影終了直後から構想を練ってみたも

_ 映画のブログ - 2014年10月05日 18:20

 オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えているが)。
 粗野で下品な花売り娘を、立派なレディに仕立てられるか。言語学者ヒギンズ教授と友人ピカリング大佐との賭けに使われたイライザは、訛りを矯正すべくヒギンズ教授の猛特訓を受ける。アカデミ...

_ ぶるこのひとこと映画感想記 - 2014年10月05日 22:04

京都の花街文化のプロモーションの様な映画ですね。

_ いやいやえん - 2015年03月20日 08:27

【概略】
舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。
ドラマ・ミュージカル



舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。
失礼ながら田舎娘にしかみえない主人公の春子。彼女が舞妓姿になったときが艶やかでいいですね。この田舎娘が素敵な舞妓に変わるって所は、マイ・フェア・レディのようですね。かけてるんだろうね〜。
生半可な気持ちでは務まらない花街の「芸」の世界、女優も、舞妓も、芸妓も、なんでもそうですが、主人公が体当たりで飛び込んでいくあたりは「そんなばかな〜」と思いつつも爽やかでした。
とはいえ、あの「Shall we ダンス?」と比べれば、どことなく印象に残りづらい作品かもです。いまひとつパッとしないんですね、一つ一つの断片的なミュージカルシーンも正直つまらないし、脚本がダメですね。でも後半はうまくまとめましたね。
とはいえ役者は頑張っていました。方言を使うのって難しいんだよね〜主人公なんて、鹿児島弁、津軽弁、京言葉ですもん。これにはびっくり。
銀幕のスター役は妻夫木くんだったんだねー。