Google
WWW を検索 ブログ内検索

舞妓はレディ : 天使のような上白石萌音2014年09月17日 12:57

舞妓はレディ
 昨夜の広島カープ、不可解な継投が裏目に出て巨人に完敗しました。シーズン優勝は、来年の楽しみとしておきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
舞妓はレディ

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 京都。歴史の古い小さな花街・下八軒は、舞妓がたった一人しかいないという大きな悩みを抱えていた。ある節分の夜、八軒小路のお茶屋・万寿楽に一人の少女・西郷春子(上白石萌音)がやってくる。春子は、女将の小島千春(富司純子)にどうしても舞妓になりたいと懇願するが、どこの馬の骨ともわからない少女を老舗のお茶屋が引き取るはずもない。しかし、そこに居合わせた言語学者の“センセ”こと京野法嗣(長谷川博己)は、鹿児島弁と津軽弁がミックスされた春子に興味を持ち、老舗呉服屋の社長・北野織吉(岸部一徳)に「春子を一人前の舞妓にしたら自分に褒美をくれ」とけしかける。晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になった春子だが、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、そして何より慣れない言葉遣いに戸惑い、何もかもがうまくいかない。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「舞妓はレディ」は、、京都を舞台に舞妓になるために頑張る少女の成長物語をミュージカル仕立てで描いた作品となっております。津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルで舞妓を目指すために京都の花街・下八軒にやって来た西郷春子役には、「だいじょうぶ3組」の上白石萌音。春子を一人前の舞妓にするべく京都弁を教える言語学者の京野法嗣役には、「映画 鈴木先生」の長谷川博己。八軒小路のお茶屋・万寿楽の女将で春子の面倒を見ることになった千春役には、「空気人形」の富司純子。春子の先輩で芸妓の里春役には、「終の信託」の草刈民代。春子の先輩で舞妓の百春役には、「アフタースクール」の田畑智子。法嗣の助手をやっている大学院生・西野秋平役には、「ポテチ」の濱田岳。監督・脚本は、「終の信託」の周防正行。

 期待をしないで観に行ったのですが、行ってよかったですよ、マジで。映像、あらすじ、魅力的な登場人物、どれもが高いレベルで映画館に足を運んでよかったなと素直に思える素晴らしい作品でした。

 先ずは、映像が綺麗でした。京都の歴史情緒あふれる町並み、芸妓さんが見せる美しい舞、男性だけでなく女性も美しいと感じられる映像でしょう。そして、あらすじ。特に、最後のオチに関しては、日本人に生まれてよかったなと思える素晴らしいものでした。周防正行監督らしい隙のない丁寧な作り込みが光る作品となっていましたね。

 しかしながら、本作が素晴らしい作品になった一番の理由は、主人公の西郷春子を演じた上白石萌音の存在に他なりません。八軒小路のお茶屋・万寿楽を尋ねてきた彼女の第一印象は、化粧栄えはしそうな顔立ちですが最高にあか抜けない純朴な少女といったところ。そんな純朴な少女が舞妓になろうと一生懸命に頑張る姿、観ている我々も自然と応援してしまいますよ。それだけでなく、あの美しい歌声。恐らく、彼女の背中には羽が生えているかもしれないですよ。

 このように「舞妓はレディ」は、上白石萌音という女優がその魅力を存分に発揮した作品となっております。ちなみに、本作が「マイ・フェア・レディ」のもじりであると気付いたのは、この記事を書いている時でした。では、本日はこの辺で (○Θ皿Θ)σ○o。バィバィ♪。o○a(Θ皿Θ○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品