Google
WWW を検索 ブログ内検索

幕末高校生 : 歴史物に必要なのは”感性”ではない…。2014年07月27日 17:18

幕末高校生
 梅雨が明けて、暑さに磨きがかかってきましたね。こんな時は空調の効いた映画館で、熱くなれない映画を観るのもよいかもです。
【題名】
幕末高校生

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 高校教師・未香子(石原さとみ)は生徒たちと『体感ヒストリー江戸時代』というもので1868年幕末の江戸へタイムスリップ。しかし教え子の恵理や慎太郎とはぐれ、雅也とともに幕府に捕えられ、陸軍総裁・勝海舟(玉木宏)に預けられる。その頃新政府軍と幕府軍との間で戦いが始まろうとしており、勝は無益な戦いを回避できるような道を模索していた。歴史教師の未香子は和平交渉が持たれ江戸城は無血開城すると言うが、薩摩軍総司令官・西郷隆盛のもとへ送った和平の使者からの返事はまだ来ていなかった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「幕末高校生」は、現代の高校教師と教え子たちが幕末にタイムスリップしたことから巻き起こるトラブルを描いた作品です。幕末の英雄の一人・勝海舟役には、「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」の玉木宏。高校教師の川辺未香子役には、「MONSTERZ モンスターズ」の石原さとみ。海舟の無血開場に反対する柳田龍三役には、「オー!ファーザー」の柄本明。未香子と共にタイムスリップした高校生の高瀬雅也役には、「超高速!参勤交代」の柄本時生、森野恵理役には、「POV 呪われたフィルム」の川口春奈、沼田慎太郎役には「桜蘭高校ホスト部」の千葉雄大。監督は、「体脂肪計タニタの社員食堂」の李闘士男。

 映画の予告編、重要ですよねぇ。予告編だけで、観に行くか行かないかを決めることもありますから。でもねぇ、予告編作る人たちは、どうすれば予告編を見た人が興味を引くか、憎らしいほど理解しています。ちなみに、本作の予告編を観た時点では、時代劇コメディーのように感じたわけです。しかし、それは大きな間違いだと気付かされました。

 つまり、本作はほとんど笑い所がないというか、割りと真面目な作風となっておりました。それならそれで、深い作り込みをして欲しいのですが、それもない感じ。ぶっちゃければ、歴女の成長物語ですからね。余りにも、中身Nothingで肩透かしを喰らいましたよ。

 では、腹が立つレベルの作品なのかといえば、そんなこともありません。作品自体はとてもテンポがよく、観る者を退屈させないわけです。終盤の強引さは、歴史を舐めてるのかと思われる位な脚本家の稚拙さが目立ちましたが、総じて李闘士男監督の手腕の高さに助けられた感じですかね。

 このように「幕末高校生」は、全てにおいて中途半端で中身Nothingの作品となっております。やはり、歴史物に必要なのは"感性”ではなく”合理的な推測”だと思いますよ。では、本日はこの辺で (・д・★)д・)・д・)★・д・)βyёβyё (・ω・★)ノじゃぁЙё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/07/27/7399715/tb

_ ダイターンクラッシュ!! - 2014年07月27日 18:52

2014年7月26日(土) 19:35~ 109シネマズ川崎5 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 惜しむらくは、笑いとキレが、もう少しあれば。 『幕末高校生』公式サイト 幕末にタイムスリップする教師と男子2人、女子1人。 「幕末高校生」と謳っているが、実質は玉木の勝海舟と石原さとみの高校教師が主役。 玉木演じる勝は、どぼけているが実は強い信念の人という、お得な役どころなのだが、元々エリートの面構えなので、最初からまともなイメージだ。 実は、ダメだった勝海舟が、高校生の助けで、歴史上の人物になる、とかの話の方が良かったぞ。 優等生君の役など、石原さとみの引き立て役に過ぎなく、成長の跡が見られない可哀想な役どころだ。いや、成長したのは、石原さとみだけか。 客のメイン・ターゲットは、どこに向けたのか。 そして、監督は、デジタル系の演出のセンスが無い。 まあ、石原さとみが可愛かったからいいか。 江戸時代の小娘の恰好が異常に似合う川島春奈は、出番が少なくて残念。 柄本兄弟は、二人ともブ男だが、いい味を出している。今回は弟のほう。 その親爺は、川島春奈にトキメク爺さん役で出演。 公開初日からレイトショー無しの映画館多し。どんなに期待されていないのだろう。 エクゼクティブ・シートでさえ、3席しか客埋まっていない。 お勧め度:☆☆★ 大コケ必至度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年07月28日 10:48

 日本
 時代劇&SF
 監督:李闘士男
 出演:玉木宏
     石原さとみ
     柄本時生
     川口春奈

【物語】     (シネマトゥデイ)
 1868年、幕末期の ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年07月30日 17:27

公式サイト。眉村卓「名残の雪」をベースに原案、李闘士男監督。玉木宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、谷村美月、吉田羊、渡辺邦斗、柄本明、隆大介、山崎銀之丞、 ...

_ 象のロケット - 2014年07月31日 12:32

1868年、幕末の江戸では新政府軍と幕府軍の戦いが始まろうとしていた。 無益な戦いを避けたい勝海舟は、西郷隆盛へ和平の使者を送る。 そんなある日、勝は“未来からやって来た”という高校教師・未香子とその教え子たちと出会う。 未香子は歴史的には「和平交渉が行われるから、江戸で戦は起こらない」と言い切るが、「歴史」と「江戸の現実」は、微妙に食い違っていた…。 タイムトラベル・コメディ。

_ パピとママ映画のblog - 2014年07月31日 20:57

『MW-ムウ-』などの玉木宏とテレビドラマ「失恋ショコラティエ」などの石原さとみが主演を務めたSF時代劇。幕末期の江戸にタイムスリップしてしまった高校教師とその生徒たちが、勝海舟や西郷隆盛などと対面しながら未来である現代へと戻ろうと奔走する。メガホンを取るの...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2014年08月01日 21:25

 『幕末高校生』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)時代劇コメディというので『超高速!参勤交代』と同じように面白いかもと思って見に行ったところです。 

 本作(注1)の冒頭では、スマホのアプリ「江戸時代」の「入る」をタッチすると、突然、コートを着た石原さとみ...

_ 映画@見取り八段 - 2014年08月03日 05:32

幕末高校生      監督: 李闘士男    キャスト: 玉木宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、谷村美月、吉田羊、渡辺邦斗、柄本明、隆大介、山崎銀之丞、伊武雅刀、石橋蓮司、佐藤浩市 公開: 2014年7月26日 2014年7月30日。劇場観賞 荒唐無稽なタイ…

_ カノンな日々 - 2014年08月03日 23:30

『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が玉木宏さん、石原さとみさんを主演に現代から幕末へとタイムスリップしてしまった高校教師と生徒たちが勝海舟と出会い歴史を守る ...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年08月08日 23:29

映画『幕末高校生』は、タイトルからすると『戦国自衛隊』みたいに時代をクロスオーバ

_ オールマイティにコメンテート - 2014年08月10日 17:14

「幕末高校生」は現代の日本史教師と生徒たちがひょんな事から幕末にタイムスリップしてしまいそこで江戸無血開城直前の勝海舟と出会い、実際の人物と異なる事に戸惑いながらも歴 ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年08月13日 00:08

幕末高校生って割には高校生が活躍してねぇ。

_ 京の昼寝〜♪ - 2014年08月13日 08:25



□作品オフィシャルサイト 「幕末高校生」□監督 李闘士男□脚本 橋部敦子□キャスト 玉木 宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、佐藤浩市■鑑賞日 8月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>
  『デ...

_ こみち - 2014年08月14日 17:41

JUGEMテーマ:映画館で観た映画 



 

スマフォのアプリをクリックしたら、江戸時代に

 

タイムスリップ。なんて、都合の良いイベントなんでしょうか。

 

江戸時代に付いたら、一緒にいた人たちは別々の日付で

 

江戸に飛ばされたのは、質量の差なのでしょうか。

 

いろいろ考えると映画が楽しめなくなるので

 

途中でやめましたが、もう少し設定の説明が欲しいところです。

 

 

 

 最初に川辺未香子先生が出会った勝海舟は

 

後世に伝わっている人物とは別人のようなヘタレ振り。奥方の民子には、女中に手を出したことや

 

外で女を作っていることなど、軽くジャブを入れられるなど

 

とても偉人とは、言えません。

 

 

 

 しかし、勝海舟は、やるときはやる人。

 

自分の信念を曲げずに貫き通す

 

大きな器の人物でした。

   佐藤浩市の演じる西郷隆盛は、西郷どんの雰囲気が出ており、好感が持てました。 

 

 

2014年 東映

 

キャスト

 勝海舟・・・・・・玉木宏

 川辺未香子・・・・石原さとみ

 高瀬雅也・・・・・柄本時生

 森野恵理・・・・・川口春奈

 沼田慎太郎・・・・千葉雄大

 千代・・・・・・・谷村美月

 民子・・・・・・・吉田羊

 宮川八郎・・・・・渡辺邦斗

 柳田龍三・・・・・柄本明

 山下利蔵・・・・・隆大介

 新門辰五郎・・・・山崎銀之丞

 木下長行・・・・・中村育二

 徳川慶喜・・・・・篠井英介

 神田尚志・・・・・井上肇

 薩摩屋・・・・・・嶋田久作

 大崎則篤・・・・・伊武雅刀

 長英・・・・・・・石橋蓮司

 西郷隆盛・・・・・佐藤浩市

 

 

 

映画 「幕末高校生」 公式サイト



 





【言及リンク】

 

 

_ いやいやえん - 2015年01月20日 09:00

【概略】
勝海舟と西郷隆盛の和平交渉で終わりを迎えるはずだった幕末。そんなある日、勝海舟は未来からやって来た高校教師・未香子たちと出会う。
時代劇



石原さとみさん演じる教師と幼馴染高校生3人が、なぜかタイムスリップして幕末へいっちゃうんですが、これ、映画にしなくてもよかったような出来でした、2時間ドラマスペシャルで十分です。
当時としては変な格好ということで囚われの女性教師が、玉木宏さん演じる勝海舟に出会って褒めちぎって助かろうとする所は笑いどころなんだと思いますが、そんなに笑えなかったし、そもそも私幕末には興味ないもんで。
コメディとしても中途半端で、現代から持ち込んだ文明機器がキーになるとか、そういったタイムスリップもののお約束もなく、笑えるネタ自体も少なめ。
薄っぺらい脚本で、昨今の現代の若者が過去にタイプスリップ的なドラマの派生作品ともいえそうです。
しかも「幕末高校生」とは名ばかりで、実際には幕末教師…いや幕末時代にタイプスリップ、ってだけでした。
待ってるだけの本当に男らしいのか?と疑問だった勝海舟が、最後には無血開城にむけて、きちっと見せ場をつくる。火消しに蕎麦屋と江戸っ子らしい人々を味方につけるあたりはなんか都合よすぎだったけど、そこはそれ、一応勝の覚悟ってものをみせたからですよね。
結局、タイムスリップした謎も、一年前、半年、昨日今日と幕末に来た時期がバラバラだったのも、謎のままでした。
ラストは今度は「明治」にタイムスリップしちゃうのか!?ってところでエンドです。