Google
WWW を検索 ブログ内検索

渇き。 : 疲れる映画だったなぁ。2014年07月01日 10:34

渇き。
 山形新幹線に、足湯が利用できる「とれいゆ」という車両が登場するとのこと。癒しですねぇ。ちなみに、本日紹介する作品は「癒し」を吹っ飛ばすこちらになります。
【題名】
渇き。

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 元刑事の藤島昭和(役所広司)のもとに、ある日別れた妻から、娘の加奈子(小松菜奈)の行方がわからなくなったと連絡が入る。家族を失った原因について顧みずに、理想の家族像を手に入れようと思い描き、なりふり構わず娘の行方を追う藤島。娘の交友関係を洗ううちに、成績優秀で学校の人気者だったはずの加奈子のとんでもない側面が露わになっていく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「渇き。」は、第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化した作品です。元刑事の藤島昭和役には、「清須会議」の役所広司。突如行方が分からなくなった昭和の娘である加奈子役には、本作が長編映画デビュー作となる小松菜奈。藤島の後輩刑事である浅井役には、「東京家族」の妻夫木聡。殺しに取り付かれた愛川役には、「マイウェイ 12, 000キロの真実」のオダギリジョー。加奈子の担任教師であった東里恵役には、「利休にたずねよ」の中谷美紀。監督は、「告白」の中島哲也。

 「告白」は、衝撃的な作品でした。と同時に、中島哲也監督の映像センスの素晴らしさを感じた作品でもあります。そんなわけで、期待して映画館に行っちゃったわけです。そして、本作を観終わって感じたことは、とてもとても疲れる映画だったんですよねぇ。

 とにかく、エログロが強烈でした。そのことに関しては、開始早々にに理解できる親切設計になっているのですが、それでもしんどかった。暴力シーンやレイプシーンは、とてもリアリティーが感じられるもので、正視に堪えない場面もありました。まあ、虫を触るのに相当な決心が必要な私が言っているだけなので、人によっては違うかもしれませんが…。

 映像以上に疲れさせたのが、救いようのないあらすじ。主人公の藤島昭和や娘の加奈子をはじめ、全ての登場人物がろくでなしのクソッタレなのです。唯一まともな人間だと思っていた東里恵でさえ、持つもの持ってますから。そして、あの結末。決して誰も救われないんですよねぇ。この辺は、因果報酬ってやつですかね。

 でも、本作で一番凄いと感じたのは、役者さんの振り切れた演技。ろくでなしのクソッタレを演じるには、こうでないといけないですよね。特に、主演の役所広司は圧巻で、問題も性欲も暴力で解決しようとする男とぎりぎりのところで魅せる父親を見事に演じていました。それと、軽薄野郎の浅井を演じた妻夫木聡。彼だけ他の役者さんと空気感が違っており、登場時には館内に笑い声が聞こえるシーンもありました。本作で唯一心が休まる登場人物だったかな。

 このように「渇き。」は、観るあたり体力が必要な作品となっております。但し、”超おすすめ!!”としなかったように、「告白」ほどのインパクトを感じなかったのも事実です。では、本日はこの辺で (○ФcФ)ノ【l£〃レll£〃レl】  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 寅次郎物語 : 嬉しい出会いと悲しい別れ…。2014年07月06日 20:54

男はつらいよ 寅次郎物語
 日本人って、面白い人いますよねぇ~。兵庫県の野々村竜太郎議員、我が郷土が生んだ佐村河内守を軽く一蹴しましたね。彼ほどのカスは、百年に一度の逸材ですよ。今後の展開が楽しみです。ちなみに、本日紹介する作品は、彼らのようなカスとは正反対の人物が主人公のこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎物語

【製作年】
1987年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、奈良県(吉野)、和歌山県、三重県(志摩市、伊勢市二見町)

【マドンナ】
高井隆子(化粧品の販売員):秋吉久美子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 秋晴れの昼さがり「とらや」を秀吉という男の子が訪ねて来た。秀吉は寅次郎の香具師仲間“般若の政”とふでの子供だった。しかし政は女・酒・賭博に溺れたあげく、ふでに蒸発された。それからの政は秀吉を連れて放浪の生活を送っていたが、病に冒されこの世を去ってしまった。「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言に従い、秀吉は郡山から柴又へやって来たのだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎物語」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第三十九作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、タコ社長の娘である桂あけみ役には美保純、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎、寅次郎のテキヤ仲間であるポンシュウ役には関敬六。準レギュラー・ゲスト陣では、本作のマドンナで日本中で化粧品の実演販売をしている高井隆子役には秋吉久美子、秀吉の生みの母親であるふで役には五月みどり、船長やくにはすまけい。監督には、「東京家族」「小さいおうち」など、数々の名作を世に送り届けている巨匠・山田洋次がメガホンをとる。

 本作も、シリーズ中お気に入りの一本です。何といっても良かったのが、マドンナの高井隆子を演じた秋吉久美子。面倒見がよく美人なのに男運がない女性、男だったら一度位こんなタイプの女性に惚れたことあるのではないかな。とはいえ、そんな女性は一般的な男性には振り向くことはありません。それだけでなく、中身はダメ男でも寅さんのような暖かい心を持った男性にも振り向くことはありません。何てったって、不幸になるための強烈な遺伝子を持った女性ですから…。そんな女性を、秋吉久美子は見事に演じていたなぁ。

 そんな秋吉久美子演じる高井隆子の将来像ともいえる”ふで”という女性を演じていたのが五月みどり。本作の主テーマは、あくまでも秀吉という子供と”ふで”がめぐり合い親子の関係を取り戻す物語です。そういった意味では、寅さんと高井隆子の恋物語は、物語の本筋からいえば割りとどいうでもよい話。とはいえ、最後にふでが幸せになれる姿は、高井隆子のような女性も幸せになれるよと山田洋次が語っているようでした。

 こんなお気に入りの一本ですが、残念なことが一つ。それは、私の大好きなあけみ演じる美保純の登場が本作で最後になるという事です。彼女のことは、未だに好きな女優さんの一人です。しかも、あけみという役はぶっきらぼうだけど優しく、ちょっと色気のある女性なので美保純にはぴったりなんですよねぇ。何だか寂しいけど、シリーズ物の宿命ということでしょうかね。

 このように「男はつらいよ 寅次郎物語」は、美人薄命の女性も結局は幸せになれるという作品となっております。何というか、山田洋次の女性に対する優しさを垣間見れるような作品なので、観ておいて損はないと思いますよ。では、本日はこの辺で ☆・゚:*バィバィ*:゚・☆p´∀`◎)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

マレフィセント : 完成度の高さにびっくり!2014年07月08日 14:39

マレフィセント
 野々村竜太郎県議会議員、辞任をされるようで残念です。我が広島県で無免許運転をやらかした正木県議会議員は、リコールされるまで居座り続けていました。野々村氏には、彼くらいの往生際の悪さを貫いて話題を提供して欲しかった。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
マレフィセント

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある王国に王女が生まれ、盛大に祝われていた。しかし祝いの席に招かれていなかった妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現れ、生まれたばかりのオーロラ姫に、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくよう呪いをかける。本作ではマレフィセントがこのような邪悪な妖精となった背景が明かされる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マレフィセント」は、「眠れる森の美女」を邪悪な妖精マレフィセントの視点から描き、その知られざるエピソードがつづられるファンタジー映画となっております。邪悪な妖精マレフィセント役には、「ツーリスト」のアンジェリーナ・ジョリー。マレフィセントに呪いをかけられたオーロラ姫役には、「SUPER 8」のエル・ファニング。オーロラ姫の父であるステファン王役には、「エリジウム」のシャールト・コプリー。マレフィセントの忠実な僕であるディアヴァル役には、「ビザンチウム」のサム・ライリー。監督は、「オズ はじまりの戦い」などでプロダクションデザイナーを務めたストロンバーグ。

 「眠れる森の美女」といえば、誰もが知っている有名な童話。でも、視点が違うだけでこんなに物語が違ってくるとは…、流石はディズニーといったところでしょうか。

 アニメの実写化といえば、日本では成功した作品が少ないように感じます。その一番の原因は、キャラクターの完成度の低さでしょう。その点、アンジー演じるマレフィセントの完成度の高さは、ニュータイプへと進化したアムロ・レイといってよいレベル。それは、特殊メイクだけではない、アンジーの女優としての思い入れの強さを感じるものでした。これだけでも、観る価値のある作品ですよ。

 映像も、文句のない素晴らしいものになっています。圧倒的な世界観と迫力満点の戦闘シーンは大人も満足できるだけなく、お子様の鑑賞にもぴったりの映像。この辺は、ディズニー作品の独壇場ですね。

 あらすじも、中々面白いものに仕上がっていました。呪いを架けられた赤ちゃんのオーロラ姫を育てることになった3人の妖精、見事なくらい子育てに向いてないんですよ。それを見かねたマレフィセントが影でフォローするのですが、そこが上手いこと笑いに繋がってるわけです。この時点で、観ている観客は完全にマレフィセントの味方になっています、上手いことやりますよねぇ。でも、一番大切な部分で強引さを感じたのもあらすじ。永遠の眠りにつくように呪いを架けられたオーロラ姫ですが、眠っていたのはわずか数時間。これには、少々びっくりしました。ここは、もう少し何とかして欲しかったなぁ。

 このように「マレフィセント」は、オーロラ姫の睡眠時間が足らない点を除けば、完璧ともいえる作品となっております。それにしても、どうして3D字幕の作品がないのでしょうか。では、本日はこの辺で ヽ(´ω`●)バィバィ(★´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

黒執事 : ダメ邦画の典型的作品2014年07月11日 20:55

黒執事
 サッカーワールドカップ、準決勝でブラジル負けちゃいましたね。それにしても、コロンビアのスニガ選手と家族の無事を祈らずにはいれません。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
黒執事

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 巨大企業の若き総帥にして、女王の密命を帯びる名門貴族の末裔である幻蜂清玄伯爵(剛力彩芽)は、過去の壮絶な傷を抱え、わけあって女であることを隠して生きる男装の令嬢だ。執事のセバスチャン(水嶋ヒロ)とは絶対的な主従関係にあるが、その関係は主の魂で契約された究極のものだった。そんな中、街で“連続ミイラ化怪死事件”が頻発。警察保安省外事局局長・猫磨実篤(岸谷五朗)は、部下の鴇沢一三(安田顕)、松宮高明(大野拓朗)に捜査命令を下す。やがて鴇沢は、幻蜂伯爵とその執事が事件の周辺にいることに気づき、疑いの目を向け始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「黒執事」は、枢やなの人気コミックを実写映画化したダーク・アクション・ミステリーです。完全無敵のセバスチャン・ミカエリス役には、「BECK」の水嶋ヒロ。セバスチャンが仕える巨大企業の若き総帥にして女王の密命を帯びる名門貴族の末裔である幻蜂清玄伯爵役には、「ガッチャマン」の剛力彩芽。幻蜂清玄の叔母である若槻華恵役には、「体脂肪計タニタの社員食堂 」の優香。監督は、「LOVE まさお君が行く!」の大谷健太郎と「アシュラ」のさとうけいいち。

 つまらない報画の典型的作品、これが本作を観て最初に感じたこと。集客力のあるキャストを無理やりねじ込む、いいかげんなあらすじ、未だにこんなことをやっているのかと、あきれ返ってしまうレベルでしたよ。

 先ずは、キャスティング。剛力彩芽演じる幻蜂清玄伯爵は、相当無理があったように感じたなぁ。男装の令嬢、これって本来演技が難しいはず。剛力彩芽は、髪の毛がショートなだけで、肝心の演技が全く追いついていません。正直、イッラとくるレベルでしたよ。そして、優香演じる若槻華恵。彼女には、こんな役柄は根本的に合わないですよ。仕事を請ける事務所側も、彼女の今後を考えてあげるべきだと思いますよ。

 あらすじは、もっといいかげんでした。余りにも、主人公側に都合の良いあらすじ。これでは、緊張感Nothingですよ。しかも、細かな仕掛けもNothingで、「独自の情報網で。」の一言で片付ける始末。プロの脚本家が、真面目に仕事をしているとは思えません。今後、気をつけてもらいたいものですね。

 ここまでボロクソ言っているにもかかわらず、本作の個人的評価が「だめだめ!」で留まっている理由は何か。それは、主人公のセバスチャン・ミカエリスを演じた水嶋ヒロの存在。彼だけは、本作に対する意気込みのようなものを画面からも感じられました。アクションシーンも見事だったし、完全無欠の執事であり悪魔という役柄を完璧に演じていたと思いますよ。何かにつけ、才能のある人なんですねぇ。

 このように「黒執事」は、失敗邦画の典型的作品なれど水嶋ヒロのファインプレーだけは光る作品となっております。しかし、このデキで次作を匂わせるエンディング、もしやるならスタッフだけは総入れ替えでお願いします。では、本日はこの辺で (●´エ`)ノ○o。【ьчёьчё】。o○ヽ(´エ`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

映画 鈴木先生 : 学園ドラマも、随分と様変わりしたねぇ。2014年07月14日 19:32

映画 鈴木先生
 広島の新しい観光キャンペーンが「泣ける! 広島県」になったとローカルニュースで流れておりました。実際に観光客も増加しているようだし、そろそろ我々にもその恩恵がまわってくるかもしれないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
映画 鈴木先生

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 緋桜山中学の国語教師・鈴木先生(長谷川博己)は、一見問題がない普通の生徒ほど内面が鬱屈していると考えており、独自の教育理論・鈴木メソッドを用いて理想的なクラスを築き上げようと日々奮闘している。常識を打ち破る局面もあるため、他の教師と対立することもある。また、理想の教室を築く上で欠かせないと考える女子生徒・小川蘇美(土屋太鳳)を重要視しているうちに、よからぬ妄想を抱いてしまうこともしばしばある。そんな鈴木先生を妻の麻美(臼田あさ美)はよき相談相手となりそっと支える。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「映画 鈴木先生」は、武富健治の同名コミック基にドラマ化された作品を映画化したものです。緋桜山中学の国語教師である鈴木章役には、「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己。章の妻である麻美役には、「マメシバ一郎」の臼田あさ美。鈴木が理想のクラスを築く上で欠かせない生徒だと考えている小川蘇美役には、「アルカナ」の土屋太鳳。監督は、「花影」の河合勇人。

 私が子供の頃、教師による体罰が普通に行われていた。今の年になって思えば、納得できるものもあるんですよね。なので、個人的には教師の体罰が即ち悪であるとは考えていませんよ。納得できない体罰も、必要悪と考えるほかないと思っている。勿論、後遺症が残るような体罰は言語道断です。こういった件に関しては、普通に警察が介入すべきだと思います。しかし、時代はそんな風にはなっていません。体罰そのものが悪といえる時代です。こんな時代に教師を職業とされている方は、大変だと思いますよ、全く。

 ちなみに、本作の主人公である鈴木先生は、こんな教師不遇時代にマッチした先生の完成形であると感じました。幼い頃見た、熱血先生とも金八先生とも違う、今の時代にマッチした先生です。生徒とは適度な距離を保ちつつも、理想のクラスを目指しているなんて素敵ではありませんか。たまに、生徒の小川に対して妄想することもありますが、男なんだから仕方ないですよ。こんなことは妄想の範囲に収めて、行動に移さなければよいだけなのです。でも、学園ドラマもえらく様変わりしましたなぁ。

 あらすじも、全体的にみればよく出来たものになっていました。現代教育の矛盾を、時にユーモラスに、時にシリアスに描いており、特に私の世代の方々は楽しめるものになっていると感じました。終盤になって、風間俊介演じる勝野ユウジが学園に乗り込んでからは、緊張感もあってなかなかでしたよ。

 但し、序盤の退屈感は半端なかった。これが、本作で唯一のダメ出しをしたいところ。例のごとく、一杯やりながら観ていたので、眠くてたまりませんでした。他がよかっただけに、残念でなりません。

 このように「映画 鈴木先生」は、現代教育の矛盾点を今までの学園ドラマとは違った視点で描いた作品となっております。なかなかユニークな作品なので、観ておいて損はないと思いますよ。では、本日はこの辺で 八〃ィ八〃ィ.....φ(●´Д`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品