Google
WWW を検索 ブログ内検索

オール・ユー・ニード・イズ・キル : タイムワープと輪廻転生2014年06月28日 20:50

オール・ユー・ニード・イズ・キル
 ライトノベル、こんな小説のジャンルがあるということを最近知りました。でも、小説を書いた方にも読んだ方にも失礼な呼び名ですよね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
オール・ユー・ニード・イズ・キル

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに巻き込まれていた。幾度となく出撃と戦闘、死を繰り返すうちに、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)が彼と同様にタイムループに巻き込まれていることを知る。戦いを繰り返しながら少佐は戦闘技術を磨いていき、二人はこのタイムループから抜け出す糸口を探る……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、桜坂洋のSF小説をハリウッドが実写化した作品です。タイムループに巻き込まれたウィリアム・ケイジ少佐役には、「オブリビオン」のトム・クルーズ。人類の英雄である特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ役には、「LOOPER ルーパー」のエミリー・ブラント。監督は、「フェア・ゲーム」のダグ・リーマン。

 息もつかせぬ超ハイテンションなあらすじ、やはり、この辺はハリウッド映画の独壇場ですよねぇ。でも、何だか、緊張感が今一だったんですよ。その原因も、あらすじなんですけど…。

 主人公のウィリアム・ケイジは、最初の戦闘で特別な体液をかぶったため、死んだ時点でタイムループしてしまうようになります。そのタイムループの中でリタ・ヴラタスキという女性軍人と知り合うことになり、彼女と共に敵の根源であるオメガという敵を倒すという目的に突き進むことになる。この発想自体は素晴らしいのですが、死ぬことによって学習し強くなるという過程は今一でしたね。昔プレイしたRPGでもキャラが倒されちゃうと何らかのペナルティが課せられるのが一般的ですが、経験値はそのままで復活するわけですから、全体的に緊張感が今一に感じたわけです。ある意味、この辺は好みの問題だと思いますが、個人的には残念に感じました。

 但し、映像は文句無しのデキ。邦画だとあらすじは良くても、ここで残念感が発生するのですが、ハリウッドは隙がないですね。特に戦場のドライ感、これにはテンション上がっちゃいました。

 このように「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、あらすじの組み立てに若干の工夫があれば最高のデキになったこと間違い無しの作品です。でも、この映画の入場券を窓口で購入する際、「オール…」となるのは私だけではないと信じたいですね。では、本日はこの辺で ⊂(○´(工)`)⊃【八゛レl八゛レl】⊂(´(工)`○)⊃ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品