Google
WWW を検索 ブログ内検索

風俗行ったら人生変わったwww : 純愛ってよいなぁ2014年06月25日 09:04

風俗行ったら人生変わったwww
 サッカー・ワールドカップ、日本代表負けちゃいました。ギリシャを見ていると、勝ち残るという強烈な意思を持っています。日本代表には、その部分がギリシャに比べ劣っていたということでしょうか。ちなみに、本日紹介する作品は、ギリシャ代表にも負けない強い意志を持った主人公の姿を描いたこちらになります。
【題名】
風俗行ったら人生変わったwww

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 何事もチャレンジする前に「自分は・・・無理だ」とあきらめてしまう自己完結型童貞男・遼太郎、29歳。でも自分を変えるために、意を決して初めて風俗に行くが、緊張のあまり過呼吸になってしまう。そこで、純粋で人のために役立ちたい風俗嬢・かよにやさしく介抱されたことで、一目惚れし、初めて恋という感情に気付く遼太郎。人の良いかよにどんどん魅了されていく遼太郎は、なぜ彼女がこの仕事をしているのかに疑問を持ち始める。知れば知るほど、好きになればなる程、自分の中で芽生えた感情は恋ではなかった。多くの男を相手にしているという事実と嫉妬。どうすることも出来ない無力さを痛感するが、次第に遼太郎は男としての決心を行動に表していく…。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「風俗行ったら人生変わったwww」は、巨大掲示板「2ちゃんねる」に投稿されて反響を呼び、書籍されたネット小説を映画化した作品です。29歳の自己完結型童貞男である遼太郎役には、「おしん」の満島真之介。遼太郎が一目惚れした心優しき風俗嬢であるかよ役には、「ぱいかじ南海作戦」の佐々木希。遼太郎がSNSでかよとの恋愛について相談している晋作役には、「ガッチャマン」の松坂桃李。監督・脚本は、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健。

 昔、ドラマや映画で話題となった「電車男」は名作でした。インターネットの掲示板を通し、オタク男の恋愛を応援するスレ住人達。彼らに背中を押され女性に告白する電車男の姿に、何とも感激させられました。サラリーマン時代、IT関連の職業に就いていた時期もあり、電車男のような若者を結構見てきました。その分、より感慨深い作品となったんですよね。

 まあ、電車男の話は置いておいて、本作はどのようなものだったのでしょうか。インターネットの掲示板がSNSという呼び名に代わっていること、SNSを通じ遼太郎を応援していた人たちが実際に手助けしちゃうこと、これらを除けば「電車男」とほぼ一緒なんですよねぇ。しかも、電車男の山田孝之に比べると、本作の満島真之介はキモさが足りないというか無理しちゃってるのが見え見え。まあ、その後の山田孝之の活躍を考えれば、比べるのが可哀相かもしれませんが。あらすじ的にも借金取りからかよを救う流れなんか、盛っちゃってる感が半端なかったんですよねぇ。とにかく、全体的に大袈裟というか現実離れし過ぎ。でもねぇ、何ともいえず感動しちゃったんですよ、おっちゃんは。

 どちらかといえば、イケメンとは180度違う立ち位置の私。そんな私が好きな恋愛映画のタイプは、ブサメンが美女と結ばれる作品。そういった意味では、個人的にどストライクのあらすじ。そして、全体的に大袈裟な演出が、最後の大袈裟とも言える告白シーンを臭くさせないのです。あのシーンは、涙が止まらなかったなぁ。やっぱり、飯塚健監督は良い仕事をしますねぇ。

 このように「風俗行ったら人生変わったwww」は、電車男の正当な後継者といえる恋愛映画の逸品となっております。唯一おしかったのは、満島真之介のキモさが足りないところですが、今後の彼の成長に期待するとしましょう。では、本日はこの辺で |∀`ジャ)ノ゛♪゚+。+゚Вуё Вуё゚+。+゚♪ヾ(ヂャ´∀| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/06/25/7352871/tb