Google
WWW を検索 ブログ内検索

超高速!参勤交代 : 笑って楽しめる娯楽時代劇2014年06月22日 20:51

超高速!参勤交代
 梅雨ですねぇ。こんな日は、映画館に行くのも悪くないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
超高速!参勤交代

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 元文元年春、磐城国の湯長谷藩は徳川八代将軍吉宗の治める江戸幕府から、通常8日かかる道のりにも関わらず突然5日以内に参勤交代をするよう命じられる。湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の策略によるものだった。わずか1万5千石の小藩にとって、ただでさえ貯蓄も人手もない上にあまりにも短い日程を強いられたこの参勤交代は到底できようもないものだった。あまりの無理難題に憤りながらも、藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は家老の相馬兼嗣(西村雅彦)に対策を講じさせる。そして、藩の少人数のみで山中を近道して駆け抜けていき、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せかけるという作戦を立てる。さらに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵(伊原剛志)を道案内役に任じるが、一方で幕府の老中らはこの参勤交代を阻もうと手をのばしてくる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「超高速!参勤交代」は、優秀な映画向けの脚本に与えられる城戸賞に輝き、小説化されるやベストセラーとなった土橋章宏の同名作を映画化した時代劇コメディです。磐城国の湯長谷藩主である内藤政醇役には、「岳 ガク」の佐々木蔵之介。旅籠で飯盛女として働お咲役には、「ワイルド7」の深田恭子。湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝役には、「種まく旅人 みのりの茶」の陣内孝則。湯長谷藩の藩士である島崎新右衛門役には、劇場版 「猫侍」の寺脇康文。湯長谷藩の藩士である秋山平吾役には、「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の上地雄輔。参勤交代の道案内役である戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵役には、「愛と誠」の伊原剛志。監督は、「すべては君に逢えたから」の本木克英。

 公開前から、それなりに気になっていた作品でした。予告編もなかなかだったし、題名も分かりやすくてよいですよね。それに、今年に入って全く時代劇観てなかったですから。そんな訳で、早速観に行ってまいりましたよ。それで本作を観た感想なのですが、とても笑える娯楽時代劇で非常に楽しめる作品となっておりました。

 とにかく、家老の相馬兼嗣をはじめとする藩士たちの一生懸命さに、劇場内では笑いが絶えませんでした。藩士たちの共通点は、みんな真面目で藩主である内藤政醇のことを慕っていること。だからこそ、みんな一生懸命になり、その一生懸命さが笑いへと昇華されていくのです。時代劇で、ここまで笑ったのは初めてですよ、全く。

 そして、笑いだけでなく、時代劇の必須要素であるチャンバラもたっぷりと魅せてくれました。先ずは、佐々木蔵之介演じる湯長谷藩主である内藤政醇の抜刀術。派手さはないものの、渋さの中にきらりと光る閃光のような殺陣でした。そして、ラストの大チャンバラ劇。若干古さを感じさせるものの、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、それぞれにちゃんと見せ場がある心憎い演出となっておりました。やっぱり、時代劇はこうでないといけないですよねぇ。

 でも、本作を観ていて感じたことは、これだけではありません。本作において湯長谷藩が置かれている状況はとても理不尽なもので、現在の福島の人たちが置かれている状況と完全に被っているように感じました。そんなこともあって、観る側も無意識のうちに湯長谷藩に肩入れしてしまうのでしょう。だとすれば、退場させられた老中・松平信祝は東京電力といったところでしょうか。実際にも、こうなることを願っているのは私だけではないと思いますよ。

 このように「超高速!参勤交代」は、若干のツッコミどころはあれど、笑って楽しめる娯楽時代劇の逸品です。でもこうやって思うと、テレビでは余り観られなくなった時代劇、やっぱ良いよねぇ。では、本日はこの辺で メモメモ_〆(´Д`●)ペタッ(○≧ω≦)ノ【バイバイ】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品