Google
WWW を検索 ブログ内検索

貞子3D2 : ちゃんと反省会をしたような作品2014年06月19日 17:11

貞子3D2
 サッカー・ワールドカップ、日本の第二戦が明朝に迫ってまいりました。明朝は何とか勝って、日本のファンに少しでもワールドカップ気分に浸らせて欲しいですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
貞子3D2

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 原因不明の突然死が多発し、新種のウィルスによるものか、テロなのか、捜査が行われる。臨床心理学を学ぶ大学院生の安藤楓子(瀧本美織)は、一緒に暮らす4歳の姪の周辺で起こる不可解な事件を調べるうちに、数年前に起きた呪いの動画事件に行きつく。しかし彼女らの身にも、呪いが降りかかろうとしていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「貞子3D2」は、ジャパニーズホラーを代表する貞子を3D化した「貞子3D」の続編となる作品です。臨床心理学を学ぶ大学院生の安藤楓子役には、「風立ちぬ」の瀧本美織。楓子の兄である安藤孝則役には、前作から引き続き瀬戸康史。監督も前作から引き続き英勉。

 前作は、稀に見るドイヒーな作品で、今までのリングシリーズで築き上げた信頼を帳消しにしたどころか、大幅な信用不安に陥れた最悪の作品でした。正直、観る前はあの路線を引き継いでいると考えておりました、監督が同じ英勉さんですから。ところが、良い意味で期待を裏切ってくれました。具体的には、映像・あらすじの双方のクオリティーが1ランク上がっていたのでした。

 先ずは、映像。本作はDVD(2D)で観賞したため比べるのは若干無理があるかもしれませんが、前作のようなドイヒーさは感じませんでした。いわゆる、腹の立たないレベルになっていたのです。エイリアンもどきの怪物も登場することなかったし、変に頑張らなかったのが良い結果になったのかもしれないですね。でも、あの石原さとみはどう考えてもギャグでしたけど。

 あらすじも、愛情と憎悪を意識したものになっていました。前作のようにセンスのない映像でびびらせようとせず、登場人物達の心理面を観る者に意識させることで、恐怖を感じさせようと努力しているように感じました。

 では、本作はホラーとしてGoodな作品だったのかと聞かれれば、「否!」と答えてしまうでしょう。要は、腹が立たない程度には改善されだけということです。相変わらず怖くないし、伏線の張り方にもいいかげんなところが散見されました。映画館に足を運ばせるためには、あらゆる面で、もう1ランクレベルを上げる必要があると思いますよ。

 このように「貞子3D2」は、前作に比べれば随分とましな作品となっております。但し、次回作があるとすれば、スタッフ総入れ替えで作った方が随分ましな作品になると思うのですが。では、本日はこの辺で (*`・Д・*)ノバィバィ!!!  …【・ω・`】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品