Google
WWW を検索 ブログ内検索

春を背負って : ガチの映像とヒューマンドラマの融合2014年06月16日 21:00

春を背負って
 最近、月曜日に時間取れればイオンシネマ行っています。1,100円で観れるわけですから、お得感高いですよ。そんなわけで、今日はこの作品を観てまいりました。
【題名】
春を背負って

【製作年】
2014年

【製作国】
日本

【ロケ地】
富山県立山連峰他

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 長嶺亨(松山ケンイチ)のもとに、雄大な自然が広がる富山県立山連峰で山小屋『菫小屋』を営む父(小林薫)が亡くなったとの知らせが入る。亨は厳しい父から遠ざかるかのように東京で金融会社に勤めていた。帰郷すると、気丈に振る舞う母や沈痛な面持ちの山の仲間たちに交じって、一人見慣れない女性がいた。その女性は高澤愛(蒼井優)といって、遭難しかかっていたところを父に助けられたことがあった。父の思いを知り、亨は『菫小屋』を継ぐことを決心する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「春を背負って」は、日本映画界きっての名カメラマン、木村大作が「劔岳 点の記」に続いて手がけた監督第2作となるヒューマンドラマです。東京で金融会社に勤めていたが父の死をきっかけに山小屋『菫小屋』を継ぐことにした長嶺亨役には、「僕達急行 A列車で行こう」の松山ケンイチ。遭難しかかっていたところを亨の父に助けられ山小屋『菫小屋』で働くことになった高澤愛役には、「東京家族」の蒼井優。父の友人という多田悟郎役には、「プラチナデータ」の豊川悦司。亨の母である長嶺菫役には、「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」の檀ふみ。亨の父である長嶺勇夫役には、「歓喜の歌」の小林薫。

 父と息子、なかなか分かり合えるようで分かり合えないものですね。共通の趣味でもあれば違うのでしょうが、それがないと尚更分かり合うのが難しくなってくると思います。でも、親子だからこそ、根っこの部分では繋がっているわけですよ。だって、子どもは父の背中を見て育つわけですから。

 そんなことはさて置き、本作を観て一番感じたことは、「これぞ映画だ。」ということ。以前、木村大作監督があるトーク番組で撮ってみたい俳優として挙げられていた松山ケンイチと蒼井優だけでなく、豊川悦司、檀ふみ、小林薫、吉田栄作、新井浩文、仲村トオル、といった超豪華な俳優人。そして、CGでない本物の映像。骨太のヒューマンドラマでありながら、是非映画館の大スクリーンで観たいと思える作品となっていました。

 演者の中で良かったのが、ヒロインの蒼井優。本作では飾り気のない気さくな女性でありながら、重い荷物を背負った複雑な役柄を見事に演じていました。相変わらず、懐が深いですねぇ。そして、松山ケンイチ、彼にははまり役のような気がしました。でも、それ以上に良かったのが、多田悟郎を演じた豊川悦司。自分が背負った重い荷物を決して見せない、強くも悲しい男を演じていました。これには、おっさんの私も痺れちゃったなぁ。

 しかし、何といっても本作の一番の売りは、立山連峰の厳しくも美しい大自然の映像。木村大作監督がある番組で「本物があるなら本物を撮れ。」と仰っておられましたが、やはり本物には本物なりの説得力があります。CGバリバリの映画も大好きですが、本物があるなら本物を撮るに限りますよ。「劔岳 点の記」に比べ映像は地味に感じましたが、それは本物だからこそです。とにかく、この映像は映画館で観るに限りますよ。

 このように「春を背負って」は、骨太のヒューマンドラマでありながら、映像でも魅せる素晴らしい作品となっております。特に、主人公の長嶺亨と多田悟郎の年齢層の男性には、間違いなくお勧めできる作品ですよ。では、本日はこの辺で ☆・゚:*ヾ(●´゚∀゚`●)ノゞバイバイキ━ン*:゚・☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品