Google
WWW を検索 ブログ内検索

ノア 約束の舟 : 原理主義でない方は是非!2014年06月14日 09:13

ノア 約束の舟
 サッカー・ワールドカップ、始まりました。どちらかといえば野球好きの私ですが、サッカー・ワールドカップの方がWBCより熱くなるのは何なのでしょう。ネイマールが生きた伝説になるかもしれない試合を観て、他国のことながら少しだけテンション上がっちゃいます。では、本日紹介する作品は有名な伝説であるこちらになります。
【題名】
ノア 約束の舟

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ある夜、眠っていたノア(ラッセル・クロウ)は恐ろしい光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、地上からすべてを消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ることを知ったノアは、妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)と3人の息子である長男セム(ダグラス・ブース)、次男ハム(ローガン・ラーマン)、三男ヤフェト(レオ・キャロル)、そして養女イラ(エマ・ワトソン)とともに、罪のない動物たちを守るための箱舟を造り始める。やがて、ノアの父を殺した宿敵トバル・カイン(レイ・ウィンストン)がノアの計画を知り、舟を奪いに来る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ノア 約束の舟」は、旧約聖書に記され、実際に起きたか否かについて審議される“ノアの箱舟”伝説を映画化した歴史スペクタクルです。家族とともに罪のない動物たちを救うため巨大な箱舟を作り始めたノア役には、「レ・ミゼラブル」のラッセル・クロウ。ノアの妻であるナーマ役には、「僕が結婚を決めたワケ」のジェニファー・コネリー。ノアが旅の途中で助けたイラ役には、「ブリングリング」のエマ・ワトソン。ノアの祖父であるメトシュラ役には、「ヒッチコック」のアンソニー・ホプキンス。ノアの父を殺した宿敵トバル・カイン役には、「ロンドン・ヒート」のレイ・ウィンストン。監督は、「ブラック・スワン」ダーレン・アロノフスキー。

 洪水伝説、世界中に存在しています。その中で、最も有名なのが旧約聖書に記された“ノアの箱舟”伝説。近年、考古学的発見の数々により、旧約聖書に記述されていることが事実であったことが証明されています。無論、記述されている全てが事実であるとは考えられませんが、個人的には“ノアの箱舟”伝説は事実を基にしたものではないかと考えております。こんな風に考えると、ロマンがありますよねぇ。だからこそ、本作のような映画が作られるのだと思いますよ。

 それで、本作を観て最初に感じたことが、日本との宗教感の違い。厳しいんですよねぇ、あちらの宗教は。許しを請うものに対して、平然と裁きを与えますから。日本のように寛容さがないわけですよ、全く。でもね、そんなノアがクライマックスで下す決断に、涙することになるんですけどね。

 何といっても、あらすじが逸品でした。人間の欲望から生まれる罪、それが全ての登場人物に当てはまってくるのです。この辺は、ちょっとしたミステリー映画を思わせるものでした。富を得たいとする欲望、性欲を満たしたいという欲望、自分の思うままにしたという欲望、家族を守りたいと思う欲望、自分が生きたいと思う欲望、全ての人間が持っている欲望です。それは、主人公のノアも同様。ちなみに、ノアが持っている欲望は、個人的には神の啓示を忠実に実行したいという欲望だと感じました。だからこそ、トバル・カインが死に間際にハムに語る台詞にも重みが感じられるわけです。まるで、トバル・カインがハムの父親のように感じられました。そして、神の厳しさだけでなく、神の赦しも感じられるラストは何とも良かったなぁ。このラスト、原理主義の方たちには理解できるのでしょうか。現在の国際情勢を見る限り、不可能なように感じるのですが…。

 映像も、Goodだったなぁ。もう、この辺は、ハリウッドの独壇場といってよいかもしれませんが。しかしながら、本作のような重い題材を扱っている作品の映像を説得力あるモノに仕上げるのは、並大抵のことではないと思いますよ。

 このように「ノア 約束の舟」は、終盤近くまでは宗教観の違いで若干引き気味になる作品ですが、ラストは原理主義以外の方には納得できる素晴らしい作品となっております。本作のような作品こそ、学校の課外授業で観るべき映画だと思いますよ。では、本日はこの辺で (●´∀`)ノ・.。*βyёβyё゚,。 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/06/14/7343984/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年06月14日 09:18

公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ...

_ 象のロケット - 2014年06月14日 14:20

ある夜、男ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。 大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、養女イラと共に、つがい(雄と雌の一組)の動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める…。 アクション・スペクタクル。

_ 映画@見取り八段 - 2014年06月14日 18:32

ノア 約束の舟~ NOAH ~     監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース 公開: 2014年6月13日 2014年6月13…

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2014年06月14日 20:05

評価:★★★☆【3,5点】(11)


一見、家族思いだが実はちゃぶ台返しの頑固親父。

_ Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳 - 2014年06月14日 21:34

この夏公開映画の大本命!! 「ノア 約束の舟」 いよいよ明日6月13日(金)日本

_ 勝手に映画評 - 2014年06月14日 22:24

旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。

キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...

_ 時間の無駄と言わないで - 2014年06月14日 23:49

なんかイマイチだったなぁ。
エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。
ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2014年06月15日 00:17

聖書に書かれているノアの物語をかなり脚色して、旧約聖書の他のエピソードで語られる要素も盛り込んで大胆な解釈にしたと思う。ノアは神に従う無垢な人ではなくて、善悪を併せ持つ弱い存在にしている。ノアも家族も人間的なのが日本人には共感できる。

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2014年06月15日 10:45

☆こりゃ、なかなか面白かったどすえ。
 私、ダーレン・アロノフスキー監督は、『レスラー』『ブラック・スワン』と見てきて、かなりの激しい物語で圧倒されつつも、その二作があまりにも似通っているので、1激情テーマ型の作り手なのだと思い、「もうお腹いっぱいで結...

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2014年06月15日 11:38

【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
その舟に、すべての希望は託された。
旧...

_ パピとママ映画のblog - 2014年06月15日 13:17

旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー...

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年06月15日 13:21

 アメリカ
 ドラマ&アドベンチャー
 監督:ダーレン・アロノフスキー
 出演:ラッセル・クロウ
     ジェニファー・コネリー
     レイ・ウィンストン
     ...

_ こみち - 2014年06月16日 20:15

JUGEMテーマ:映画館で観た映画 



 

旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。

 

大筋のストーリーは、知っていましたが

 

細かい部分は映画を鑑賞して知りました。

 

 

 

箱舟を作るシーンは、スケールが大きく

 

映画ならではの表現だと思いましたが

 

洪水での舟の中の出来事が、ちょっと端折られている気がして

 

残念でした。

 

 

 ノアやイラの心の葛藤が上手く表現されており

 

旧約聖書の出来事を楽しめました。

 

 

 

2014年  パラマウント映画

 

キャスト

 ノア・・・・・・・ラッセル・クロウ

  ナーム・・・・・・ジェニファー・コネリー

 トバルカイン・・・レイ・ウィンストン

 イラ・・・・・・・エマ・ワトソンハム・・・・・・・ローガン・ラーマン

 ハム・・・・・・・ローガン・ラーマン

 メトシェラ・・・・アンソニー・ホプキンス

 セム・・・・・・・ダグラス・ブース

 ヤペテ・・・・・・レオ・マクヒュー・キャロル

 オグ・・・・・・・フランク・ランジェラ

 レメク・・・・・・マートン・チョーカシュ

 ナエル・・・・・・マディソン・ダヴェンポート

 シェムハザ・・・・ニック・ノルティ

 マゴグ・・・・・・マーク・マーゴリス

 

 

 

映画『ノア 約束の舟』公式サイト



 

 

 

【言及リンク】

 

 

 

_ カノンな日々 - 2014年06月16日 21:56

私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2014年06月17日 23:56

2014年6月14日(土) 14:45~ 品川プリンスシネマ8 料金:1100円(夫婦50割引き) パンフレット:未確認 狂信者。 『ノア 約束の舟』公式サイト 流石は変態ダーレン・アロノフスキー。普通の宗教叙事詩ではない。一筋縄ではいかない。 舟に乗ってからの狂信者っぷり。 誰が悪役なのか判らなくなってくる。 ノアが息子に殺されてしまうのかと思ったら、改心(?)してしまったが。 信心があれば、また違う印象なんだろうな。 お薦め度:☆☆★ 狂信者度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年06月19日 00:18

『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2014年06月19日 01:33



「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の
ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。


ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒...

_ とりあえず、コメントです - 2014年06月22日 00:12

『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が“ノアの箱舟”をテーマに描いたスペクタクルな作品です。 “ノアの方舟”は知ってはいましたけど、あの物語がどんな映画になるのだろうと気になっていました。 予想以上にドーンと胸に迫るような重さと怖さにドキドキさせられるような作品でした。

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2014年06月22日 21:39

2014年・アメリカ/パラマウント=リージェンシー 配給:パラマウント 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル製作:スコット・フランクリン、ダーレ

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年06月30日 20:15

「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に

_ ケントのたそがれ劇場 - 2014年07月25日 18:27

★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:138分 監督:ダーレン・アロノフスキー  旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した超大作で、主役のノアにはラッセル・クロウが扮し熱演している。夢の中で神のお告げを聞き、やがて世界を飲み込むほどの大洪水が

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2014年07月28日 21:44

 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。

 本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継ぐ...

_ いやいやえん - 2014年09月17日 10:44

【概略】
ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱舟を造り始める。やがてノアの父を殺した宿敵トバル・カインがノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まる……。
史劇・ドラマ



ただの宗教映画ではないので、案外と日本人のほうが受け入れやすいのかも。聖書として正しい解釈という意味ではないということです。福音を伝えるというよりは、エンタメ史劇になっています。
一般的な「ノアの箱舟」を簡単にいっちゃえば、人間が堕落しきったため一旦リセット!というような解釈だと思う。この作品では迷えるノアを映し出すことによって、神からの啓示がいかにおぼろげで誤解を受けやすいものかというのも良く出ていたと思う。なにせ啓示だって、星が流れたとか夢に見たとかそんな曖昧なものだろうから、ヤハウェが降臨して今後の世界形成について教えてくれるわけではないので、そりゃ何が正しいのか、迷うことだろうと思う。
神はノアを「正しい人」だとして選んだわけではない。ノアは原罪を継いでいる、愚かな、ただの人間である。でもだからこそ、迷い、戸惑い、決断し、反逆し、嘆き、哀しみ、愛する事の出来る人間でもあるのだ。
敬虔なクリスチャンの間では、預言者について意図的に偽りを伝えるのは冒涜だと言う人もいる。確かに、冒頭の一文からして違う。そんなに聖書に詳しくない私でも、あれ?と思う所はたくさんあったので、そりゃ詳しい人は憤慨するかもしれません。でもこれは正しい宗教映画ではない、そこはきちんと「理解して」観ていないとね。
旧約聖書の創世記を知的に描いたジョン・ヒューストン監督の「天地創造」から50年たち…そりゃー勿論期待していましたよ。黄金比で作られた舟の描写とか、洪水の様だとかね。ただね、監督の言もあるように、なかなか面白い新解釈だったと思いますが、スペクタル史劇とはなっていなかったのは少し残念。
私が気づいた部分だけでも(かなり細部にわたって)深意があるとみえました。気になる点をいくつか。
舟に乗る人数は映画では5人だが息子たちの妻も入れて実際は8人である。
聖書では無垢なるノアの一族だけは助かるよう天使が命じているものの、本作ではノアが繰り返し自問するように、ノアの子供たちが人類最後である事を一種呪いのようにして描かれている。「人は生きるに値すべきか」と悩み悩み悩みまくるノア、このイメージは従来のノア像にはありませんでしたね。
トバルカインの殺害を介し「人間は自分の意志によって生きるのだ」という意志が次男のハムの中に芽生える事が示唆され、大洪水後にハムが一人旅にでることになるのだけれども、聖書では、酔ったノアの介抱をハムが怠ったためノアがハムの息子のカナンを呪うのである。これは今でも論争されている部分で、ノアという人間を評価する点においても重要な部分であるともいえる。
作られた舟に最初に乗り込むのは「鳥」次に「蛇」で、これは暗に天地(天使と悪魔)を表しているものなのかな?
また、ノアの舟造りを手助けし家族を守る役目を果たすのが堕天使である番人「ウォッチャー」。彼らはもともと光の者ですが、結果として光となり天に還っていきます。石というものは永遠たるものの象徴ともいわれていますね。全編にわたってユング的思考みたいなもの…を強く感じました。
ノアは人類を絶滅させるのが使命だと思いこんでいます。それは人類が罪を背負っている生き物であり誰しも悪というものを持っていると思っているからであって、まあ実際の所そうなのですが、本作での神は人類の絶滅までは望んではいなかったとはっきり言えると思います。それは、ノアが見たヴィジョンからも断言できると思います。神の目的は「善きもの」を残すということ。しかし思いこんでいるノアは双子の孫をも手にかけようとしますが…出来なかった。これが、カインとアベルのように血縁による殺人という悲劇を繰り返すことなく、ノアが「善なるもの」となった瞬間だったのではないでしょうか。それまで彼はグレーの部分にいたんじゃないかな。
これ以上は長くなるので割愛しますが、原罪をもつ人間を、「善なるもの」として神=創造主はその存在を許した。それは、悪であっても善であるというように二面性をもつことを許されているということなのではないでしょうか。ノアは神に人というものを託され、愛と慈悲を選んだとイラが諭すシーンがこの映画のノアの役割だったのでしょう。
人間というものは実に複雑に創られているものだ、と思います。

_ 笑う社会人の生活 - 2014年11月24日 22:57

14日のことですが、映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。

ノアはある夢を見て それが神のお告げであり世界が大洪水に飲まれ滅びる悟り、家族と共に巨大箱舟を作りを始める
しかし、ノアの父を殺した宿敵カインらは力づくで箱舟を奪おうとする争いの最中に大洪水が始ま...

_ ここなつ映画レビュー - 2015年01月06日 12:42

鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠〜い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だった。それは間違いない。映像のスペクタクル、人の弱い心から生まれる葛藤。(勝手に)イメージしていた好々爺とは違うノアの存在感。そう、存在感。ラッセル・クロウの圧倒的な存在感はすごいものがあった。ノアがすごい人物に見えたのは、ノアの苦労や信念やそれに基づく作品としての独自の解釈はもとより、ラッセル・クロウがすごい人物として完璧に演じたから、だ...