Google
WWW を検索 ブログ内検索

ポンペイ : これこそ、ハリウッド版恋愛映画2014年06月07日 16:53

ポンペイ
 サッカー日本代表、ザンビアに勝利しました。いろいろあるでしょうが、この時期にはどれだけポジティブになれるかだと思いますよ。勝利したことを素直に評価しましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ポンペイ

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ケルト人騎馬族の生き残りでグラディエーターのマイロは、ローマ人への復讐心を胸に秘め、奴隷として戦いに身を投じていた。ある日、マイロはポンペイの有力者の娘カッシアと出会い、恋に落ちる。彼女はポンペイの平和と引き換えに上院議員との婚姻を迫られていたが、その男こそマイロの復讐の相手だった。そんな折、ヴェスヴィオ火山が噴火し街に危険が迫る。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ポンペイは、ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰に埋もれてしまったイタリアの遺跡ポンペイを舞台にした歴史アクションです。ケルト人騎馬族の生き残りでグラディエーターのマイロ役には、「サイレントヒル:リベレーション3D」のキット・ハリントン。ポンペイの富豪の娘でマイロに恋するカッシア役には、「エンジェル ウォーズ」のエミリー・ブラウニング。マイロの両親の仇でありローマ帝国の元老院議員であるコルヴス役には、「メランコリア」のキーファー・サザーランド。監督は、「バイオハザードV リトリビューション」のポール・W・S・アンダーソン。

 劇場で予告編を観ていて、高貴な女性と奴隷戦士の若干臭うような恋愛映画かもと思っていました。そして、物語の序盤で二人の出会いのシーンは、その不安を大きくさせましたよ。ところが、そんな心配は皆無でした。というか、こんなど迫力の恋愛映画は、ハリウッドでなければ撮れないと素直に感じました。

 確かに、物語の中心軸の一つはマイロとカッシアの恋物語。でも、もう一つの軸ともいえるマイロの復讐劇、そして物語の根底にある自然の圧倒的な力。これらが、見事に映像化されていたんですよねぇ。しかも、観る者に息もつかせぬ圧倒的シーンの連続なのです。先ず前半は、主人公のマイロがグラディエーターとして闘うシーン。素早い剣さばきと痛みの伝わる映像は、観る者を映画の世界に引きずり込みます。そこからの、ヴェスヴィオ火山の大爆発。火山性地震、飛んでくる岩石、津波、火砕流、これらが人々を襲うシーンは、自然の圧倒的な力を感じずにはいれません。観終わった後、どっと疲れが出てきましたよ。流石は、ポール・W・S・アンダーソン監督ですね。

 あらすじも、見事なものでした。死して名を残すではありませんが、死して体を残す人々の行動に胸を打たれました。マイロの盟友でもあるグラディエーターのアティカスの死ぬ間際の行動、自分では出来ないと思いつつも男なら憧れる最後でした。そして、マイロとカッシアの…、これ以上いうとネタバレになるので止めておきましょう。

 このように「ポンペイ」は、映画館で観るべき圧倒的な映像が堪能できる恋愛映画の逸品です。但し、私の住む広島市では本作のような自然災害を経験することはないでしょうが、同様の経験をされた方には辛い作品かもしれないとだけはいっておきます。では、本日はこの辺で |壁|´・ω・`)ノ<バィバィ….。.:*・゜・゚・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品