Google
WWW を検索 ブログ内検索

X-MEN:フューチャー&パスト : 期待値を裏切らない作品2014年06月03日 11:01

X-MEN:フューチャー&パスト
 今日・明日は、久々の連休です。かといって、何か予定があるわけではありませんが、やはり気分が落ち着きます。まあ、DVDでもレンタルしてくるかな。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
X-MEN:フューチャー&パスト

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 2023年。史上最強のバイオメカニカル・ロボット“センチネル”によって、地球は壊滅へと向かっていた。この危機に、プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と手を組み、危機を根源から絶つため、時を越えた1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の“魂”を送り込む。50年前の自分の肉体に宿り“センチネル・プログラム”の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの攻撃によって、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。タイムリミットを控え、2つの時代で同時進行する激しいバトルは想像を絶する結末へと向かう……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「X-MEN:フューチャー&パスト」は、突然変異によって特殊な力を身につけたX-MENたちの活躍を描くシリーズの劇場版第7作目となる作品です。驚異的な治癒力と全身の骨格にアダマンチウムを埋め込まれたウルヴァリン役には、「ウルヴァリン:SAMURAI」のヒュー・ジャックマン。世界で最も強力なテレパスを持ちX-メンのリーダーでもあるプロフェッサーX役には、「X-MEN ファースト・ジェネレーション 」のジェームズ・マカヴォイと「テッド」のパトリック・スチュワート。金属を操るミュータントでプロフェッサーXのライバルでもあるマグニートー役には、「悪の法則」のマイケル・ファスベンダーと「ホビット 竜に奪われた王国」イアン・マッケラン。怪力と卓越した俊敏性を持つビースト役には、「ジャックと天空の巨人」の ニコラス・ホルト。変身能力を持つミスティーク役には、「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス。監督は、「ジャックと天空の巨人」のブライアン・シンガー。

 外さないですよねぇ、このシリーズ。アベンジャーズと比べても、遜色ないボリューム感と圧倒的映像。確実に、満足出来るシリーズ作品です。確かにアベンジャーズは、ヒーロー単体で多くの作品が作られています。逆に、X-メンではウルヴァリンだけですが、単体作品を作っても、十分に説得力あるキャラクターが何人かいますよ。本作を観ている限り、ミスティークが主人公のスピンオフ作品もありではないですかね。

 その位、本作におけるミスティークは存在感ありました。たった一人でミュータントを守ろうとする強い女、プロフェッサーXとマグニートーから求められる魅力的な女、キャラ設定通り幾つもの魅力があるキャラクターに育ってきましたね。この辺は、ジェニファー・ローレンスが演じ始めたことも影響あるのかな。とにかく、今後の展開が楽しみです。

 また、何気に良かったのが、クイックシルバーの存在。シリーズの中では、若干イキフンの重い作品の中で、絶妙なコメディーリリーフ役でした。実際、彼の活躍シーンでは、私を含め他のお客さんも結構笑っておられましたよ d('ェ'*)グッジョブ!! 。

 但し、若干親切感に欠けていたのがあらすじ。センチネルの攻撃から始まる冒頭のシーンは、オッサン世代の私としては「???」の状態。また、クライマックスでマグニートーが悪党キャラ全開になるのも、ちょっと強引過ぎる流れでした。この辺は、もう少し丁寧に伏線を張って欲しかったですね。

 このように「X-MEN:フューチャー&パスト」は、若干強引なところがあるものの、映画館で観て間違いなく満足できるSFアクションの逸品です。また、次回作に繋がる映像も用意されているので、エンドロールに入って席を立たないように。では、本日はこの辺で (*ノω`)ノ・.。*゚+。・.。*βyё☆βyё*。.・゚+。*。.・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/06/03/7334292/tb

_ うろうろ日記 - 2014年06月03日 11:30

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 連敗中の敵に対抗するために過去に遡り修

_ 新・辛口映画館 - 2014年06月03日 11:35

 公開二日目の夕方、この劇場で3番目に大きいシアター1の客入りは8割位だ。個人的に試写会以外で今年初の劇場鑑賞作品となる。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2014年06月03日 13:54

過去と未来を行ったりきたり、若かりし頃のプロフェッサーからマグニート、今は亡きX-メンのメンバーも。
どんな未来であろうとも、どんなに過去に戻っても、『ウルヴァリンだけはヒュー様』の美味しい役どころ。

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年06月03日 14:25

ヒュー・ジャックマンも「剛力彩芽の声はミステイク」?
公式サイト。原題:X-Men: Days of Future Past。ブライアン・シンガー監督。ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイ ...

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2014年06月03日 20:17

2023年、殺戮兵器センチネルによってミュータントは全滅の危機に瀕し、かつての宿敵マグニートーもプロフェッサーXと手を組んで抵抗していたが、一人また一人とX-MENたちも倒れていた。全ては1973年、ミスティークがセンチネルの開発者トラスク博士を殺害したことが発端だった。トラスク博士の死は計画を白紙に戻すどころか開発に拍車をかけ、捕えられたミスティークから採取されたDNAが強力な武器となっていたのだ。そこでキティ・ブライドの能力によってウルヴァリンの精神を過去の彼自身に戻し、ミスティークの計画を妨害し、歴史を改変しようと試みる。過去の世界の若きプロフェッサーX=チャールズ・エグゼビアとマグニ…

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2014年06月03日 20:18

自分たちと少しでも違う特色を持つものを脅威に感じるには、どの時代でもあり得る。2023年から50年前に戻って迫害の元を除去するプロセスが興味深く描かれている。でもネアンデルタール人の例え話は科学的ではない可能性がある。

_ そーれりぽーと - 2014年06月03日 22:08

まさかの旧三部作とのクロスオーバー!『X-MEN:フューチャー&パスト』を観てきました。
★★★★★

ネタバレ全開で。

もう無いかと諦めていた旧キャストによる旧X-MEN三部作の続きで幕を開け、でもなにか違う。世界が滅びかけている。
活躍を期待していたX-MEN達が一人また...

_ 映画のブログ - 2014年06月04日 01:24

 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!
 X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。
 だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。
 このシリーズは他のスーパーヒーロー物と同様に、正義のヒーローが悪役を倒す物語だった。これまでは。
 ところが本作に倒されるべき悪役はいない...

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年06月04日 10:35

 アメリカ
 SF&アクション&アドベンチャー
 監督:ブライアン・シンガー
 出演:ヒュー・ジャックマン
     ジェームズ・マカヴォイ 
     マイケル・ファスベ ...

_ 象のロケット - 2014年06月04日 15:04

2023年、最強のバイオメカニカル・ロボット「センチネル」の攻撃によってX-MENの仲間たちは次々に犠牲となり、滅亡へのカウントダウンが進んでいた。 プロフェッサーXは宿敵マグニートーと手を組み、センチネルの開発が始まった1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込んで、危機の根源を絶とうと画策する。 たった一人で50年前の世界に向かったウルヴァリンだったが…。 近未来SFアクション。

_ Akira's VOICE - 2014年06月04日 15:08

見どころは多いが何でもありすぎる。
 

_ たいむのひとりごと - 2014年06月04日 17:23

『X-MEN』の前日譚を描いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続編。シリーズとしては7作目ということで、現実という時間は経過しながら、過去になったり、未来になったり、なかなか目まぐるしく

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年06月04日 20:58

スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2014年06月04日 23:04

評価:★★★★☆【4,5点】(11)


1973年からの歴史の勉強をしたいというウルヴァリンに

_ ここなつ映画レビュー - 2014年06月05日 12:59


アメコミづいてますな。という訳じゃないんだけど。このシリーズの「ファースト・ジェネレーション」が思いのほか面白く、結構好きになってしまったから。スピンオフの「ウルヴァリン」も良かった。なかなか、っていうか全然死なないんだもんなあ〜、ヒュー・ジャックマン。ま、そういう設定のミュータントなんだけど。

そう、様々な設定のミュータントが、極めて面白い。好き好き、大好き。「面白い」のはちょっと滑稽だったりもする。けれど、滑稽ではなく哀しみを伴うものもあり。出来の悪い猫の親分のように、ついついジャキン!と手の甲から爪が出ちゃうウルヴァリンは、少し愛おしいよね。


え〜と…今や人類は...

_ 心のままに映画の風景 - 2014年06月05日 17:23


2023年。
バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走により、地球は危機的状況に陥った。
ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)が開発した最強兵器だったが、いまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始めていた。
プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は、宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、センチネル・プログ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年06月06日 00:08

クイックシルバーの能力発揮のシーンがイイ。

_ カノンな日々 - 2014年06月06日 22:02

大人気SFアクションシリーズ『X-MEN』の劇場版第7作。『ウルヴァリン:SAMURAI』のラストーシーンではプロフェッサーXとマグニートーが突如現れかなり意味深な暗示をして幕を閉じたわけ ...

_ こねたみっくす - 2014年06月07日 01:14

スピンオフにてリセットは禁じ手なのか、それとも新たなる手法なのか。でも新3部作の2作目なんです。
職業監督のブレット・ラトナーでもない、アメコミ専門監督化しているマシ ...

_ 時間の無駄と言わないで - 2014年06月07日 02:28

昔の3部作があんまり好きじゃなくて。
でも前日譚の前作は大好きで。
で、前日譚の続編を作るって聞いたときにはとても楽しみだったけど、監督のマシュー・ヴォーンが降板して、 ...

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2014年06月08日 23:46



2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する
X-MENシリーズの最新作

X-メン(2000年) X-MEN2(2003年) X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年) ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年) X-MEN: ファースト・ジェネレーショ...

_ to Heart - 2014年06月09日 23:26


原題 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST
製作年度 2014年
上映時間 132分
脚本サイモン・キンバーグ
監督ブライアン・シンガー
出演 ヒュー・ジャックマン/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ハル・ベリー/ニコラス・ホルト/ジョシュ...

_ とりあえず、コメントです - 2014年06月15日 12:09

ミュータントを撲滅するための計画“センチネル・プログラム”により、人類が絶滅に瀕する未来を変えるため 未来から過去へと向かったウルヴァリンの活躍を描いたSFアクションです。 このシリーズは何気に観続けているので、今回はどんな物語になっているのか気になっていました。 相変わらず痛そうで大変な闘いと、豪華なオールキャストにドキドキするような作品でした~

_ 真紅のthinkingdays - 2014年06月19日 19:59







 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST

 2023年、対ミュータント兵器として開発されたロボットが暴走し、人類は滅亡
の危機に瀕していた。プロフェッサー(パトリック・スチュワート)とマグニートー
(イアン・マッケラン)は、過去へ遡ってこの事態を招いた元凶を排除すべく、
ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を50年前に送り込む。

 20...

_ gala - 2014年06月20日 16:49


《X-MEN:フューチャー&パスト》を観てきました。

X−MENシリーズは、最初からずーと観ているので、この作品もやはり気になった。
ミュータントの物語はドラマ性が前面に出てくるので面白い。
ミュータントキャラが人間以上に人間っぽい。
可笑しな話だけど。

前回はヒーロー、ヒロインのミュータントの犠牲によって世界は救われるというかなり悲劇的な結末であり、私のような不埒なファンにとっては、ミュータントの犠牲によってこの世が救われるくらいなら、絶望的なこの世がなくてもいいかなどと思ったくらいである。

ところがこの作品、過去の事象をひっくり返すことによって、そこに連な...

_ いやいやえん - 2014年11月24日 09:21

【概略】
2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つの時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう――。
SFアクション



面白いんだけど、唐突感も感じさせられた作品。
でも。X-MENシリーズは好きだけど、これで色んな事情がなくなったことになっちゃったし、一体いつ終わるんだろ?でも続きも見たいしでジレンマ!
作品の面白さでいえば「ファースト・ジェネレーション」がやっぱり好きかな。
クィックシルバーの活躍っぷりなどはよかったしだんだん派手になるアクションはやっぱり見どころ。
しかしホントにやめようよ…吹き替えで作品を台無しにするのは。ごうりきー。脇キャラならいいですよ、でもミスティークですよ?それでも最後まで吹き替えで観ましたが…苦痛は大きかった。
本作での大きなキーパーソンでもあり人類に希望を残す役割のヒロイン・レイヴン(ミスティーク)。彼女がチャールズの説得で「君を信じている」という言葉を信じたからこそ、人類そしてミュータントの死滅の未来が回避された。ミスティークは好きなキャラなだけに続投してジェニファー・ローレンスが演じてくれて嬉しい(勿論過去シリーズのセクシーなミスティークも好きだけど)。キックに見とれてしまうわ。「ファースト〜」のときはまだ幼さの残る彼女でしたけれど、さすがに色っぽくなってきましたね。
ただ、私も今までの事をなかったことに…という設定が、ジーンなど主要キャラが戻ったことは嬉しいけれども、実質リブート状態で、未来で「虚しい争いだった」とプロフェッサーと握手してたマグニートーとの事とかもなかったことになったのかと、今後どうなるのかとか、気になってやみません。
それと過去未来のチャールズが邂逅するシーン、やさぐれ過去チャールズが「おれハゲるのかよ…」と思わなかったとは言わせない(笑)