Google
WWW を検索 ブログ内検索

X-MEN:フューチャー&パスト : 期待値を裏切らない作品2014年06月03日 11:01

X-MEN:フューチャー&パスト
 今日・明日は、久々の連休です。かといって、何か予定があるわけではありませんが、やはり気分が落ち着きます。まあ、DVDでもレンタルしてくるかな。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
X-MEN:フューチャー&パスト

【製作年】
2014年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 2023年。史上最強のバイオメカニカル・ロボット“センチネル”によって、地球は壊滅へと向かっていた。この危機に、プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と手を組み、危機を根源から絶つため、時を越えた1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の“魂”を送り込む。50年前の自分の肉体に宿り“センチネル・プログラム”の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの攻撃によって、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。タイムリミットを控え、2つの時代で同時進行する激しいバトルは想像を絶する結末へと向かう……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「X-MEN:フューチャー&パスト」は、突然変異によって特殊な力を身につけたX-MENたちの活躍を描くシリーズの劇場版第7作目となる作品です。驚異的な治癒力と全身の骨格にアダマンチウムを埋め込まれたウルヴァリン役には、「ウルヴァリン:SAMURAI」のヒュー・ジャックマン。世界で最も強力なテレパスを持ちX-メンのリーダーでもあるプロフェッサーX役には、「X-MEN ファースト・ジェネレーション 」のジェームズ・マカヴォイと「テッド」のパトリック・スチュワート。金属を操るミュータントでプロフェッサーXのライバルでもあるマグニートー役には、「悪の法則」のマイケル・ファスベンダーと「ホビット 竜に奪われた王国」イアン・マッケラン。怪力と卓越した俊敏性を持つビースト役には、「ジャックと天空の巨人」の ニコラス・ホルト。変身能力を持つミスティーク役には、「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス。監督は、「ジャックと天空の巨人」のブライアン・シンガー。

 外さないですよねぇ、このシリーズ。アベンジャーズと比べても、遜色ないボリューム感と圧倒的映像。確実に、満足出来るシリーズ作品です。確かにアベンジャーズは、ヒーロー単体で多くの作品が作られています。逆に、X-メンではウルヴァリンだけですが、単体作品を作っても、十分に説得力あるキャラクターが何人かいますよ。本作を観ている限り、ミスティークが主人公のスピンオフ作品もありではないですかね。

 その位、本作におけるミスティークは存在感ありました。たった一人でミュータントを守ろうとする強い女、プロフェッサーXとマグニートーから求められる魅力的な女、キャラ設定通り幾つもの魅力があるキャラクターに育ってきましたね。この辺は、ジェニファー・ローレンスが演じ始めたことも影響あるのかな。とにかく、今後の展開が楽しみです。

 また、何気に良かったのが、クイックシルバーの存在。シリーズの中では、若干イキフンの重い作品の中で、絶妙なコメディーリリーフ役でした。実際、彼の活躍シーンでは、私を含め他のお客さんも結構笑っておられましたよ d('ェ'*)グッジョブ!! 。

 但し、若干親切感に欠けていたのがあらすじ。センチネルの攻撃から始まる冒頭のシーンは、オッサン世代の私としては「???」の状態。また、クライマックスでマグニートーが悪党キャラ全開になるのも、ちょっと強引過ぎる流れでした。この辺は、もう少し丁寧に伏線を張って欲しかったですね。

 このように「X-MEN:フューチャー&パスト」は、若干強引なところがあるものの、映画館で観て間違いなく満足できるSFアクションの逸品です。また、次回作に繋がる映像も用意されているので、エンドロールに入って席を立たないように。では、本日はこの辺で (*ノω`)ノ・.。*゚+。・.。*βyё☆βyё*。.・゚+。*。.・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品