Google
WWW を検索 ブログ内検索

ツレがうつになりまして。 : 頑張らないように頑張ろう2014年05月24日 20:43

ツレがうつになりまして。
 少しずつ暑くなってきましたねぇ。時間が空いた時等、宣伝用のチラシを配って歩くのですが、結構汗をかきます。まあ、私の場合はメタボなので、そんなに頑張っていなくても汗をかくのですが…。ちなにみ、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ツレがうつになりまして。

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 高崎晴子(宮崎あおい)の家族は、夫・幹男(堺雅人)、そしてイグアナのイグ。幹男は仕事をバリバリこなし、毎朝お弁当まで作るスーパーサラリーマンであった。そんな幹男がある朝、真顔で「死にたい」と呟く。病院での診断結果は、うつ病(心因性うつ病)。仕事の激務とストレスが原因らしい。結婚5年目。幹男の変化に気付かなかった晴子は、幹男に謝りながら、「会社を辞めないなら離婚する」と告げる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ツレがうつになりまして。」は、うつ病を患った夫との生活を淡々と描いた細川貂々の同名エッセー漫画を映画化した作品です。漫画家の高崎晴子役には、「天地明察」の宮崎あおい。晴子の夫で超生真面目な幹夫役には、「ひまわりと子犬の7日間」の堺雅人。監督は、「その夜の侍」の佐々部清。

 思いがけない掘り出し物、本作を観終わって素直に感じたことでした。扱っているテーマは決して軽いものではないけど、何だかほっこりさせてくれるんですよねぇ。それに、目頭が熱くなるシーンもあったりで、観終わった後に清々しい気持ちなれる作品でした。

 本作がこんな良い感じの作品になったのは、とても魅力的な登場人物のおかげでしょう。妻の晴子は何となく生きてきた感じなのですが、そこがとても魅力的で憎めない女性です。でも、夫のためにちょこっとだけ本気を出すところなんか、こちらまで応援したくなっちゃうわけです。夫の幹夫は晴子とは正反対で、何でも頑張っちゃうというか頑張りすぎて融通の利かない男性です。こんな人って周りの人を巻き込みがちなのですが、そんなところが全くありません。だから、うつ病になった彼に対し、映画を観ている我々も何だか「これ以上、頑張るな!」と応援したくなるのでしょう。この二人が改心して生まれ変わることもなく、なるべく頑張らないで頑張る姿、応援したくなると同時に共感できるものが多かったです。でも、私を含め一般の人は頑張っちゃうんだろうけどね。

 あらすじも、中々良かったですよ。特に、ラストで梅沢富美男が登場したシーン。これには、少々驚かされました。あの声の主が梅沢富美男だなんて、全く考えていませんでしたからね。

 このように「ツレがうつになりまして。」は、重いテーマを扱いながらも観終った後に清々しい気持ちにさせてくれる作品となっております。ありそうでなかった作品だけに、まだ観ておられない方にはお勧めしたい作品です。では、本日はこの辺で ★バ⌒Y⌒ヾ(O*´∀`*O)シ⌒Y⌒ィバィ★ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/05/24/7320801/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年05月24日 21:08

宮崎粼あおいとアマンダ・セイフライドサイフリッド
公式サイト。細川貂々原作、佐々部清監督、宮粼あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、大杉漣、 ...

_ とりあえず、コメントです - 2014年05月24日 22:34

話題の人気コミックを宮崎あおい&堺雅人主演で映画化したドラマです。 この二人の並んだチラシを見た時から、観たい~と思っていました。 期待通りの面白さと演技で、とても心温まる物語が綴られていました。

_ こみち - 2014年05月25日 06:59

JUGEMテーマ:映画の感想  

 高崎晴子(役:宮崎あおい)が、なんとも可愛らしい。おだんごの髪型は、宮崎あおいのトレードマークになってしまったのか! 

人の温かみをツレに理解させるために胸に手お入れさせるハルは

 思い切ったことしますね。一瞬、ドッキとしました。

 ほのぼの感があり、幅広い年齢層で楽しめる映画です。

 

2011年 東映

 

キャスト

高崎晴子 ・・・宮崎あおい

高崎幹夫 ・・・堺雅人

杉浦 ・・・・・吹越満

高崎和夫・・・津田寛治

川路・・・・・犬塚弘

三上隆・・・・梅沢富美男

加茂・・・・・田山涼成

栗田保男・・・大杉漣

栗田里子・・・余貴美子

 



映画 ツレがうつになりまして。公式サイト

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年05月25日 21:04

宮﨑あおいちゃんファンなので、さっそく観に行ってきました。 「神様のカルテ」でも

_ 象のロケット - 2014年05月29日 13:39

漫画家の妻ハルと、ツレ(夫)の幹男は結婚5年目。 毎朝自分でお弁当を作り、バリバリと仕事をこなすスーパーサラリーマンだったツレが、出勤前に真顔で「もう僕はダメだ…。」とつぶやいた! 病院での診断結果は「心因性うつ病」。 仕事が原因だと気づいたハルは、「会社辞めないなら、離婚する!」と宣言したのだが…。 実話から生まれた夫婦のラブストーリー。 ≪健やかなる時も、病める時も、キミと一緒にいたい。≫

_ 健康への長い道 - 2014年05月29日 21:22

 細川貂々さんの同名エッセー漫画が原作の映画化を梅田ブルク7にて。 Story 連載打ち切りの決まった売れない漫画家・高崎晴子(宮崎あおい)は、夫・幹男(堺雅人)、イグアナのイグと“3人”暮らし。サラリーマンの幹男は全てに几帳面で、毎朝お弁当も自分で作る。そん…