Google
WWW を検索 ブログ内検索

キック・アス ジャスティス・フォーエバー : キック・アス、YOU最高だぜ!!2014年02月22日 17:32

キック・アス ジャスティス・フォーエバー
 森喜朗元首相、相変わらずお口がダメダメですなぁ。「英語は敵国語」発言に続き、真央ちゃんに対する無神経発言。誰がこんな人を、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長に指名したんでしょうか。森さんみたいな方には、ヒット・ガールのお仕置きが必要かもしれないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
キック・アス ジャスティス・フォーエバー

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ、イギリス

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はキック・アスというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡な学園生活を送っていた。しかし、卒業を間近に控え、将来の夢を見つけることができずにいた彼は、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、街の平和を守ろうと決意する。そんな中、キック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会ったデイヴは、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」は、オタクの高校生が必殺技や特殊能力の無いヒーローになって活躍するシリーズ2作目の作品です。キック・アスことデイブ・リズースキー役には、「アンナ・カレーニナ」のアーロン・テイラー=ジョンソン。キック・アスの相棒でヒット・ガールことミンディ・マクレイディ役には、「モールス」のクロエ・グレース・モレッツ。キック・アスに対する復讐に燃えるマザー・ファッカーことクリス・ダミーコ役には、「パラノーマン ブライス・ホローの謎」のクリストファー・ミンツ=プラッセ。キック・アスの活躍に触発されジャスティス・フォーエバーを結成したスターズ・アンド・ストライプス大佐役には、「ブルース・オールマイティ」のジム・キャリー。監督は、「ネバー・バックダウン」のジェフ・ワドロウ。

 本ブログでも以前紹介しましたが、前作の「キック・アス」にはインパクトを感じたなぁ。というのも「必殺技、特殊能力無し」というヒーロー物では考えられない設定、それでいてアクションシーンはとてもエグく痛みが伝わる演出なのです。その後、似たような作品を何本か観ましたが、やはり「キック・アス」を上回る作品には出会えていません。そんな中、満を持して(?)製作された本作は、前作のスケールを良い意味で凌がない作品となっていたのでした。

 前作では、ヒット・ガールの父であるビッグ・ダディが、近未来的な武器なんかを独自に開発していました。だってキック・アスも空を飛んだくらいですから、本作ではバットマンが乗るバットモービル的な乗り物でも出てくるかと思っていたわけです。ところが、良い意味でその期待を裏切ってくれました。劇中で使われる武器は、普段我々が目にする物が多く、その痛みに関してとても想像しやすくなっているのです。また、キック・アスに触発された等身大のヒーローたちが集うクライマックスは何だか目頭が熱くなりましたよ。ある意味、アベンジャーズを凌駕しております。これこそ、ジェフ・ワドロウ監督の計算通りの結果になったのではないでしょうか。

 演者の中では、キック・アスを演じたアーロン・テイラー=ジョンソンの役作りに感服しました。前作では只のオタク少年でしたが、本作ではヒーローを名乗るに相応しい体つきになっていました。逆に残念だったのが、ヒット・ガールを演じたクロエ・グレース・モレッツ。成長した分、ヒット・ガールを演じるのが若干厳しく感じたなぁ。個人的には次回作も期待したいのですが、ヒット・ガールの再登場は無理かもしれないですね。

 このように「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」は、前作にも負けるとも劣らないアクション・コメディーの逸品となっております。笑えて興奮するだけでなく、心を熱くする本作は観ていて損はしないはずですよ。では、本日はこの辺で (○´ω`○)σ☆・゚:*(ば)(い)(ば)(い)*:゚・☆a(●´ω`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/02/22/7228756/tb

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2014年02月22日 18:47



過激なアクションの切れ味が売りだった前作から、今回はやや内面に踏み込むPART 2。

注目のヒットガールは学生まっただ中で、まるで青春ドラマのような展開。
一方キックアスも、自分お能力のなさ加減に落ち込みつつ、正義のヒーローブームの元祖として、結果的に仲間...

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2014年02月22日 23:26

どこからが漫画で、どこからがリアルなのか?
どこまでが正義でどこからが悪者なのか?
まるで漫画のようなことを実際にやらかしちゃう面白さが、ほかのアメコミ映画と一線を画する唯一無二の面白さだったのに、これではコミックを実写化したアメコミ映画と変わりが無いyo

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2014年02月23日 00:00

【KICK-ASS 2】 2014/02/22公開 アメリカ R15+ 103分監督:ジェフ・ワドロウ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ジム・キャリー、モリス・チェスナット、クラーク・デューク、オーガスタス・プリュー ...

_ マンガデシネ - 2014年02月23日 03:12



 『キックアス2』を観て来ましたよ。邦題で長ったらしいジャスティスなんちゃらが付いているが、あれは正直いらんと思いますよ。原題は素直に2ですよ。 さて、早速本題に入 ...

_ パピとママ映画のblog - 2014年02月23日 14:53

美少女暗殺者を演じたクロエ・グレース・モレッツが注目を浴びた前作の続編として、キック・アス、ヒット・ガールらがヒーロー軍団を結成し悪党と戦うアクション。前作でマフィアの父親を殺されたレッド・ミストが悪党マザー・ファッカーを名乗り、キック・アスやヒット・...

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年02月24日 19:44

 イギリス
 アクション&ヒーロー
 監督:ジェフ・ワドロウ
 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン
     クリストファー・ミンツ=プラッセ
     クロエ・グレー ...

_ 象のロケット - 2014年02月24日 21:30

なりきりヒーロー“キック・アス”ことデイヴは、卒業を前に本物のスーパーヒーローになろうと決意する。 彼は最強の暗殺者“ヒット・ガール”ことミンディと一緒にトレーニングに励むことに。 一方、キック・アスに父親を殺されたクリスは、悪の化身“マザー・ファッカー”を名乗り、世界各国から凄腕の暗殺者を集め、悪の軍団を結成しようとしていた…。 “常人”ヒーロー・アクション第2弾。 R-15.

_ とりあえず、コメントです - 2014年02月25日 22:14

覆面の正義の味方と悪の軍団が戦う“キック・アス”シリーズ第2弾です。 前作から4年後の二人はどうなっているのだろうと気になっていました。 成長してカッコ良くなったデイヴと綺麗になったミンディは、やっぱりハードな戦いに巻き込まれていきました~

_ Akira's VOICE - 2014年02月26日 12:03

落ち着いてしまって痛快が半減してもうた。
 

_ 心のままに映画の風景 - 2014年02月26日 18:02


“キック・アス”と“ヒット・ガール”の活躍で、フランク・ダミコ率いる極悪犯罪組織が壊滅されて3年。
一度はキック・アスのマスクを脱いだデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)だったが、再び正義に目覚め、ヒット・ガールのミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)とトレーニングを始める。
亡き父の親友であるマーカスに引き取られたミンディは、普通の高校生として生きるよう、ヒット・ガールを封...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年02月26日 19:35

公式サイト。Kick-Ass 2。ジェフ・ワドロウ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー、モリス・チェス ...

_ 時間の無駄と言わないで - 2014年02月26日 23:50

クロエ・グレース・モレッツの出世作の続編。
大きくなったねぇ・・・、といってもまだティーンなのか。
若いねぇ。

ヒーローモノの2作目って大体自分の存在について悩むよね ...

_ こねたみっくす - 2014年02月27日 00:19

正義よ、永遠に。だからこそのI HATE REBOOTS!
もはや映画ファンが燃えるサブカルチャー魂は存在せず。ヲタク少年少女が一般人へと成り下がったかのように、ヲタク魂も存在せず。
微 ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年02月28日 00:53

非常に面白かったけど、前作には劣る。

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2014年02月28日 19:34

 2010年公開以来、世界中でスマッシュヒットを飛ばしたヒーロームービー「キックアス」の続編。 本国アメリカでは、前作が公開されるや否や空前の大ブーム。本編さながらに自作のコスチュームに身を包み、街を守るべく自警活動を行うヒーロー達が急増したという(とい

_ みはいる・BのB - 2014年03月02日 20:21




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
2月22日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 13:10の回を鑑賞。

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2014年03月02日 22:26

2013年・英/ユニヴァーサル・ピクチャーズ配給:東宝東和 原題:Kick-Ass 2 監督:ジェフ・ワドロウ原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.脚本:ジェフ・ワドロウ製作:マシュー・ボー

_ Doing-on-the-fly - 2014年03月04日 19:38

 自主製作ながらヒットした「キック・アス」の続編。前作を気に入って、主役の二人が

_ 映画のブログ - 2014年03月04日 23:19

 続編を作るなら前作よりもスケールアップさせなくちゃ、と作り手の多くは考えるのだろう。
 その常套手段の一つが、登場するキャラクターの数を増やすことだ。

 ヒーローとして行動しようと孤軍奮闘する少年デイヴを描いた『キック・アス』も、続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』ではヒーロー軍団と悪人軍団の集団戦に発展した。
 キック・アスに扮したデイヴは、 スターズ・アンド・スト...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2014年03月05日 19:21

映画『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』は、ほとんどクロエ・グレース・モ

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年03月08日 21:49

前作「キック・アス」は、今はもうない渋谷シネセゾンで上映していたマイナーな映画で

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2014年03月15日 22:35

 2010年にスマッシュヒットしたキック・アスが帰ってきました。お手軽なエンタメに仕上がっていましたが、しかし、前作のマシュー・ヴォーン監督が降板してとんがったところがなくなったうえに、正直、クロエ・グレース・モレッツが成長してしまったため、前作ほどの衝撃…

_ いやいやえん - 2014年07月06日 09:22



監督が違うからかな?なんか印象が変わった。ヒーローに憧れるオタク青年と幼少期からヒーローとして育てられた少女が活躍する「キック・アス」の続編で、キックアスたちの影響で増えたヒーローたちと(元レッド・ミストの)マザー・ファッカー率いる悪党たちが衝突するっつー話。

アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツといった主役の続投は嬉しいものの、ヒットガールもまだ幼い少女だったからこそのあのアクションが燃えたんだわ。
前作のインパクトが強すぎたために続編である本作は少々全体的に細かいところに雑感を感じたものの悪くは無かった。巻き込まれにわかヒーローから、ヒーロー戦隊ものに路線変更したこともあって、求めていたものと違ったのでそこは違和感がありましたが、面白かったです。

仲間も増えるが敵も増える。マザー・ロシアというキャラがそのまんまで吹いた。週5万ドル、元取ってる!って(笑)「エホバの証人です!」とかクリスの悪党命名の仕方も笑ったね。
目くそ鼻くその父親の復讐という背景がヒーロー・悪役どちらにもあるんですが、その部分はなんか薄かった。

キックアスは鍛えてなよなよ→ムキムキ。ヒットガールはやっぱりキュート。ヒットレディになって戻ってくるのかしら。
結局、普通の生活に溶け込めなかったヒットガールが、キックアスの父親の死から死闘へと戻って、正義のために戦ったのに街を追われる立場になるというのは、やはりバットマン的だよね。

【概略】
本物のヒーローを目指すことにしたデイヴは、ストライプス大佐と“ジャスティス・フォーエバー”を結成。だが、ミンディはヒット・ガールを封印しており…。

アクション