Google
WWW を検索 ブログ内検索

マイティ・ソー ダーク・ワールド : クリス・ヘムズワース主演作その22014年02月04日 14:19

マイティ・ソー ダーク・ワールド
 今日の広島は、久々に冬らしい一日となっております。こんな日は、こたつにもぐり込んで、映画でも観たいものですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
マイティ・ソー ダーク・ワールド

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ニューヨークに壊滅的な打撃を与えた「アベンジャーズ」の戦いから1年。英国・ロンドンで原因不明の重力異常が発生した。ソーの恋人であり天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)は、その原因調査のためロンドンへと向かう。だがこの怪異は、宇宙が誕生する以前から存在していた闇の力を復活させ、地球侵略を足掛かりにして全宇宙の滅亡を企むダーク・エルフの仕業だった。調査を進める中、ジェーンはその謎に迫るが、宇宙滅亡を導く鍵となる“ダーク・エルフの力”を自らの身体に宿してしまう。その異変に気付いたソー(クリス・ヘムズワース)はジェーンを救うため、故郷アスガルドへ彼女を連れて行く。だが、この行動がアスガルドのみならず全宇宙を危険にさらすことになってしまうのだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マイティ・ソー ダーク・ワールド」は、神の世界の戦士でありアベンジャーズ最強のソーの活躍を描き人気を博したシリーズの第二弾です。神の世界の戦士でありアベンジャーズ最強のソー役には、「ラッシュ プライドと友情」のクリス・ヘムズワース。ソーの恋人であり天文物理学者のジェーン役には、「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマン。ソーの弟でありながらアベンジャーズ最大の敵でもあったロキ役には、「戦火の馬」のトム・ヒドルストン。監督は、「パルーカヴィル」のアラン・テイラー。

 実をいうと、アベンジャーズの中では本作の主人公であるソーが一番好き。強さが桁違いなだけでなく神なのに人間臭さいといころが、個人的にはツボなのです。しかも、日本人俳優の浅野忠信も、レギュラー出演していますからね。観に行かないわけにはいかないでしょう。

 でも、本作は前作に比べると少しだけ残念な出来栄えでした。映像に関しては、前作よりスケールアップしているし、敵キャラもなかなか魅力的でした。何も考えずに観れる親切設計も、しっかりと継承されています。でもなぁ、何だかしっくりこないんですよ、何だかなぁ。

 先ずは、9つの世界が一直線に並ぶ頻度。5,000年に一回もあるとは…。エリック・セルヴィグがストーンヘンジでフル○ンになって大騒ぎするくらい大変なことが5,000年に一回もあるんですよ。そんな状況の中、人類はよく生きながらえてきましたね。北欧神話が題材だけに、どうにもならないのかなぁ。それと、エリックたちの使う機器。彼らだけ、我々の科学水準より500年は先にいってますよ。彼らの力を借りてダーク・エルフを率いるマレキスを倒すのですが、個人的にはソーの無双っぷりを見たかったけどなぁ。

 このように「マイティ・ソー ダーク・ワールド」は、個人的にはしっくりとこない所もありますが、概ね満足度の高い作品になっております。あと、本作の売りでもあるロキとの共闘に関しては、我々の想像の範疇なので余り期待されないよう。では、本日はこの辺で ゚+。:.゚p《☆вУё ВуЁ☆》@'∀`)ノシ゚.:。+゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2014/02/04/7211944/tb

_ Akira's VOICE - 2014年02月04日 15:06

イッツ ソー エキサイティング!
 

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2014年02月04日 15:12

注・内容に触れています。北欧神話をベースにしたマーベルコミックスの人気作を実写化したアクション大作の続編『マイティソー/ダーク・ワールド(THOR:THE DARK WORLD)』前作に引き続き同キャ

_ たいむのひとりごと - 2014年02月04日 18:03

ただいま、ソー様まつり絶賛開催中!!いや~面白かった!ソー様カッコよかった!ロキたんも頑張った!・・・あ、でも一言いっておきたい。「涙を返せっ!」って。久しぶりのアベンジャーズ・プロジェクト。そして次

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2014年02月04日 19:29

かつて世界を支配したダークエルフは、オーディンの父ボー率いるアスガルドの軍により絶滅したと伝えられていた。だがジェーンが禁断のエネルギー「エーテル」に触れてしまったことで闇の力が復活。ソーはジェーンを守るべくアスガルドへと彼女を連れてくるが、「エーテル」を狙うマレキス率いるダークエルフの軍団がアスガルドへ攻め込んでくる。この危機にソーは、囚われの弟ロキに助力を求めるのだが…。『マイティ・ソー』の続編だが『アベンジャーズ』のストーリーも踏まえているので、パート2というよりパート3に近い位置付け。『アベンジャーズ』を踏まえての小ネタも多々あり(某キャストのカメオとか)、他の<マーベル・シネマティ…

_ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ - 2014年02月04日 22:28



今回もエンドロールの後に映像が!!

マーベル物では定番になりましたね。それだけにインパクトがだんだんなくなって来たのも確か。



それよりも「ウィンター・ソルジャー」の公開間近のキャプテン・アメリカの特別出演の方がうれしかったかな。

ソーが牢から出してくれたので、久しぶりの娑婆の空気に少々ハイになったロキが化けた人物のひとりがアメリカだったのですが、正義だのなん...

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2014年02月04日 23:00




ランキングクリックしてね ←please click


マーベル・コミックの人気シリーズ「マイティ・ソー」の続編にして
「アベンジャーズ」のその後を描くアクション・アドベンチャー大作

2011年の前作「マイティ・ソー」は面白かったのにな〜
ということ...

_ 時間の無駄と言わないで - 2014年02月05日 00:14

シリーズ2作目。
前作は「トンカチ振り回すマッチョマンが格好良いワケないじゃん」と思って観なかったんだけど、「アベンジャーズ」観たら意外にも格好良かったし、最近のマーベ ...

_ ヤジャの奇妙な独り言 - 2014年02月05日 00:57

年末年始は 劇場へ行く時間何故か無く 今年最初の映画館で観賞 …2月になってた…明日は節分だ マイテ

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2014年02月05日 15:35

 アメリカ
 アクション&アドベンチャー
 監督:アラン・テイラー
 出演:クリス・ヘムズワース
     ナタリー・ポートマン
     トム・ヒドルストン
     ア ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年02月06日 18:16

「アベンジャーズ」の主要メンバーとしてすっかり有名になったソー。 単独作品として

_ 象のロケット - 2014年02月07日 14:53

ニューヨークに壊滅的な打撃を与えた「アベンジャーズ」の戦いから1年。 イギリス・ロンドンに原因不明の重力異常が発生する。 ソーの恋人である天文物理学者のジェーンは、調査の過程で地球の侵略を目論む“ダーク・エルフ”の力を自らの身体に宿してしまう。 その異変に気づいたソーは、ジェーンを神の世界<アスガルド>へ連れていくのだが…。 アクション・ファンタジー第2弾。

_ だらだら無気力ブログ! - 2014年02月10日 01:42

浅野忠信、お役御免?

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2014年02月11日 10:49

ナタリー・ポートマンの瞳の奥の秘密
公式サイト。原題:Thor:The Dark World。アラン・テイラー監督、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー ...

_ みはいる・BのB - 2014年02月11日 13:03




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
2月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:40の回を鑑賞。

_ こねたみっくす - 2014年02月11日 17:43

ダーク・ワールドのわりにはライトな映画ですなぁ。
北欧神話をモデルにした重々しさなどもはや存在せず。この映画にあるのは徹底した軽い演出と軽い構成で、重々しいのは音響と ...

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2014年02月13日 23:11

マイティ・ソー ダーク・ワールド
13:米

◆原題:Thor: The Dark World
◆監督:アラン・テイラー「パルーカヴィル」
◆主演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、イドリス・エルバ、クリ...

_ うろうろ日記 - 2014年02月15日 00:44

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 昔の敵が戻ってきて兄弟そろって宇宙を救

_ とりあえず、コメントです - 2014年02月16日 18:43

マーベルコミックス“ソー”シリーズ第2弾です。 2012年公開の『アベンジャーズ』を観た時から、次のソーとロキの登場を楽しみに待っていました(^^) 世界の運命と彼らの活躍に最後までワクワクさせられるような作品でした~

_ 映画B-ブログ - 2014年02月21日 17:00

アメリカンコミックを原作とした映画「マイティ・ソー 」 の続編「マイティ・ソー ダーク・ワールド」が公開、 アイマックスシアターまで観に行ってきました。こちらは米コミック会社「マーベル」が手がける ヒーローコラボ「アベンジャーズ」シリーズに 「アイアンマン3」…

_ 映画のブログ - 2014年03月01日 18:27

 映画『ファミリー・ツリー』の記事では日米のポスターの違いについて述べたが、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも日米の違いが興味深い。
 日本のポスターでは、中央にソーとジェーンが立ち尽くし、二人をあざ笑うかのようなロキの顔が虚空に描かれている。ヒーローとヒロインをポスターの手前に配し、背景に敵の顔を大きく描くのは、『スター・ウォーズ』でもお馴染みの構図で珍しいものではない。
 米国...

_ Doing-on-the-fly - 2014年03月04日 19:39

 「マイティ・ソー」の続編であり、「アベンジャーズ2」への第2弾だ。 こう言っち

_ いやいやえん - 2015年02月10日 10:14

【概略】
地球の命運をかけた『アベンジャーズ』の戦いから1年。ロンドンに原因不明の重力異常が発生。アベンジャーズ最強の男・ソーとその弟にして宿敵・ロキの、全宇宙の存亡を賭けた戦いが始まる。
アクション



宿敵でもあり兄弟でもあるロキとソーがタッグを組むけれど、どのタイミングでロキが裏切るんだ!?と分からないドキドキ感が見ものかも知れません。
さて「アベンジャーズ」の戦いから1年、ロンドンに原因不明の重力異常が発生。ソーの恋人である天文物理学者のジェーンは、調査の過程で地球滅亡の鍵となるダーク・エルフの力「エーテル」を自らの身体に宿してしまうのだが…。
狡猾で卑劣、でもなんか憎めないロキが、相変わらずいいですよね。また、偉大な王よりも偉大な男になりたいと言い切っちゃうソーの男ぶりも以前より増してて、やっぱり良い。
ジェーンをアスガルドに連れて行ったせいで、母親が亡くなってしまうくだりの、ロキの怒りは本物だった気がしますね。なんだかんだいって、やんちゃな(一般の見識とは桁違いだが)ロキは愛情の中で動いていたのかも。
見どころはやっぱり兄弟2人の共闘でしょうか。あっそういう作戦だったの、と。でもそのほかにもロキの変身とか(なりきってるところが可笑しくて)小ネタが多かった気がします。
「ソーを裏切るような真似をしたらお前を殺す」仲間のメンバーがそれぞれロキに言っていくのも、ソーが信頼されている証。真っ直ぐなソーには誰もが惹かれるでしょう。「実に名案だ、あー〜〜〜」に大笑い。このどっか間抜けなところがロキちゃんですよ。
エリックが作った装置で重力異常を消してしまうのはどういう仕組みか全くわからなかったけど(あと裸だった理由もよくわからん)、まあ、いいんじゃないでしょうか、だってアメコミだし。
しかし、神々と同格のようなダークエルフってファンタジー世界だとなんか違和感あるー。種族的に。