Google
WWW を検索 ブログ内検索

清須会議 : こんな柴田勝家初めて!!2013年11月09日 22:00

清洲会議
 最近は忙しくて、ブログの更新が疎かになっています。でも、どうしても観たい映画は何としても観るつもりです。本日紹介する作品も、どうしても観たかったこちらになります。
【題名】
清須会議

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐのは誰か……。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「清須会議」は、三谷幸喜が17年ぶりに手がけた小説を自らメガホンを握り映画化した作品です。織田家の筆頭家老である柴田勝家役には、「終の信託」の役所広司。信長の仇である明智光秀を討った羽柴秀吉役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の大泉洋。勝家・秀吉以外で清須会議に出席した4人の重臣の一人である丹波長秀役には、「犬飼さんちの犬」の小日向文世。同じく清須会議に出席した4人の重臣の一人である池田恒興役には、「人類資金」の佐藤浩市。信長の妹で絶世の美女と云われたお市様役には、「アルゼンチンババア」の鈴木京香。秀吉の盟友でもあり勝家の与力でもある前田利家役には、「バトルシップ」の浅野忠信。信長の次男である織田信雄役には、「東京家族」の妻夫木聡。

 日本人とは、”和”を大切にする民族です。それもそのはず、日本人が自分の国を日本と呼ぶ前、日本人は自分の国を”大和”と呼んでいたくらいですからね。そんな日本人にとって、会議とは名ばかりのもの。根回しにより会議で導き出される答えは決まっており、反対者も”和”を大切にするから表立って反対しない。だから、日本人は会議というシステムを上手く活かせてないような気がしますね。でも、この国の歴史上、本当の会議が行われ歴史が動いたのが、本作の舞台となった”清須会議”。この会議を、三谷幸喜がどのように調理するのか、公開前から楽しみにしていました。そして、”天才”三谷幸喜は、その期待をはるかに上回る作品を調理してくれました。

 とはいうものの、公開前は少し気になることもあったのです。秀吉が三法師でなく信雄を担ごうとしていたり、丹波長秀が柴田勝家の参謀的存在になっていたり、何だか本当の歴史とえらく違う設定だなと思っていたわけです。しかし、時が経つにつれ、実際の歴史に沿った流れになっていくわけです。そればかりか、秀吉の指多指症や滝川一益が忍者だったことも描かれており、歴史好きも満足出来る作品に仕上がっていました。この辺の細かな仕掛けや設定は、三谷幸喜の仕事の丁寧さが光りまくっていましたよ。

 そして、豪華な出演陣も話題となっていた作品です。上に述べた以外にも、中谷美紀、天海祐希、伊勢谷友介、松山ケンイチ、でんでん、染谷将太、寺島進、剛力彩芽、近藤芳正、戸田恵子、二代目中村勘太郎らをはじめとする超豪華な面々。中でも特異な存在だったのが、更科六兵衛を演じた西田敏行。更科六兵衛って「ステキな金縛り」の幽霊だった方ではありませんか。もう、サイコーですよ。三谷幸喜のファンサービスに感謝ですね。

 それに、あらすじも抜群だったなぁ。これまでも清須会議は大河ドラマなどで何度も描かれてきましたが、いままでのはなかったことにした方が良いと思えるくらい深くユーモアたっぷりに描かれていました。戦っているのは秀吉と勝家だけではなく、皆が生き残るため血を残すため戦っているのです。そして、一途な者はどこまでも一途に描かれています。それに、歴史の将来を見据えているのは、秀吉だけではないのです。これらが、物語の終盤に全て種明かしされていきます。三谷幸喜はやっぱり天才ですねぇ。

 しかし、本作をここまで素晴らしい作品にしたのは、主人公を柴田勝家にした三谷幸喜のセンスの良さと、古い中にも新し柴田勝家像を演じた役所広司の役者としての懐の深さでしょう。柴田勝家は、大河ドラマでは定番の登場人物。これまでも、様々な俳優が演じてきました。でも、柴田勝家が主人公だった作品は、私の記憶にはありません。しかしながら、本作は柴田勝家が主人公だからこそ、味わい深いものになっているのです。そして、その柴田勝家を演じた役所広司。一見定番そうで、新しい柴田勝家を演じていました。豪放磊落の猛将といった従来の柴田勝家像だけでなく、人間的にとっても可愛らしい柴田勝家でした。だから、お市様も惚れたんだろうなぁ。

 このように「清須会議」は、やっぱり三谷幸喜は天才だと理解させてくれる文句のつけようのない素晴らしい作品です。本作に対して、言葉使いが昔風でないとか文句言うのは野暮ってもんですよ。では、本日はこの辺で バィ―――ヽ(○´・∇・`○)ノ―――バィ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/11/09/7049128/tb

_ 大泉洋、お好きですか? - 2013年11月09日 22:43

大泉洋さん出演映画 「清洲会議」 もうすぐ公開(11月9日から)! 監督の三谷幸

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年11月09日 22:55

笑えて見応えあって面白かった。

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年11月10日 00:19

注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉

_ 時間の無駄と言わないで - 2013年11月10日 01:56

だいぶ長い。
138分だそうで。
あっという間の2時間ではなく、身を以て実感させられる2時間です。
そろそろ終わりかなと思ってからが長い。

「清洲会議」っつうくらいだから丁 ...

_ 水曜日のシネマ日記 - 2013年11月10日 09:01

本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。

_ とりあえず、コメントです - 2013年11月10日 09:23

三谷幸喜監督が原作&脚本も担当したコミカルな時代劇です。 これだけ俳優陣が豪華な上に、これだけ宣伝を頑張っていたら、やっぱり観なくてはと思いました(^^ゞ 日本の運命を大きく変えた会議の裏側は、欲望と騙し合いのドロドロな世界でした~

_ 勝手に映画評 - 2013年11月10日 16:54

本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。

原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノローグで...

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2013年11月10日 18:17

評価:★★★★【4点】(10)


これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年11月10日 19:03

本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年11月10日 22:22

この物語は、男同士の勢力争いでもあるのだけど、子供を産むことができる女性の戦いでもあるのだ。男の権力争いはわかりやすくて単純なのだけど、女の戦いは何が目的なのかわかりにくくて方法も普通では思いつかないものだ。それらの物語を笑いを伴って映画化した、三谷幸喜

_ オールマイティにコメンテート - 2013年11月10日 22:45

大河ドラマ「八重の桜」第45話は八重は襄が留守の間に同志社女学校の運営を懸命に切り盛りするも外国人教師が引き上げるなど一時廃校の危機に直面する。しかしここは結束して何 ...

_ 象のロケット - 2013年11月11日 13:54

天正10年(1582年)。 「本能寺の変」で織田信長が死亡した直後の織田家の目下の課題は、跡目相続だった。 筆頭家老・柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は次男で大うつけ者と噂される信雄を、それぞれ信長の後継者として推すことに。 そして今後のことを決める清須会議が、尾張国清須城(現在の愛知県清須市)で開かれた。 出席者は勝家、秀吉、丹羽長秀、池田恒興の4人だったのだが…。 歴史ドラマ。

_ Akira's VOICE - 2013年11月11日 17:48

虎視眈眈の駆け引き合戦。
 

_ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο - 2013年11月11日 22:52

11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年11月12日 22:35

剛力彩芽の能面メイクがある意味凄い
公式サイト。三谷幸喜原作・監督。役所広司、大泉洋、中谷美紀、剛力彩芽、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、 ...

_ カノンな日々 - 2013年11月12日 22:38

三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年11月13日 02:17

清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、浅野和之、染谷将太、瀬戸…

_ 風に吹かれて - 2013年11月14日 11:04

秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年11月16日 09:13



□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>
  あちこち番宣で公開前に...

_ うろうろ日記 - 2013年11月16日 21:44

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 本能寺の変で織田信長が亡くなり、織田家

_ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 - 2013年11月17日 21:56

 日本
 時代劇&コメディ
 監督:三谷幸喜
 出演:役所広司
     大泉洋
     小日向文世
     佐藤浩市

【物語】
本能寺の変によって織田信長が亡くなり ...

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年11月18日 20:10

『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに”原作と”が付いていて、小説版は昨夏ハードカバーが出てすぐに読んでますが(感想はこちら)、これが登場する人物各人のモノローグで構成されるという斬新なもの。お話そのものも面白く、映画化を楽しみにしておりました。

時は天正10年(1582年)、本能寺の変で明智光秀によって織田信長が討たれます。では信長亡き後、織田家の家督を相続するのは誰か? 嫡男の信忠も信長と運命を共にしたために、残された...

_ FREE TIME - 2013年11月18日 23:53

注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。

_ 真・天文台 - 2013年11月19日 15:19

監督:三谷幸喜 脚本:三谷幸喜

_ 青いblog - 2013年11月20日 17:59

いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。 あー、こういうの、昔の時代劇映画でよく観るなぁーと思った。 あちこちで言われてますが、確かに役所広司さんが三船敏郎さん...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年11月22日 07:14

 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。

 本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年11月22日 11:36

平成25年11月21日(木)。 映画:「清須会議」。 監督・脚本・原作:三谷幸喜 製  作:石原隆・市川南 撮  影:山本英夫 美  術:種田陽平・黒瀧きみえ 装  飾:佐藤孝之 音  楽:荻野清子 キャスト: 柴田勝家:役所広司・羽柴秀吉:大泉洋…

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年11月24日 21:44

五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】

三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。

ともか ...

_ 健康への長い道 - 2013年11月26日 23:13

 三谷幸喜さんの監督・脚本最新作『清須会議』を新宿ピカデリーにて。天気予報では寒いのは木曜日までということでしたが、今日も寒いですね。 Story 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐの…

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年11月26日 23:19

映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー

_ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - 2013年11月27日 12:19

【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ...

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2013年12月05日 23:53

清須会議
'13:日本

◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」
◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しんぺ...

_ 単館系 - 2013年12月27日 23:42

清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と
羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。
勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の
後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包
(伊勢谷友介)を味方にする。
そして跡継ぎを決めるための清須会...

_ 笑う社会人の生活 - 2014年01月25日 21:40

18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。

本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり
候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・

三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが
...

_ ここなつ映画レビュー - 2014年02月19日 16:06


とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。
東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。
織田信長の死後の後継者を決める「清須会議」。史実のディテールはどうあれ、この作品の展開は、公式サイトによると(ちょっとだけ加筆したけど)こんな感じである。


天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ―。跡を継ぐのは誰か? 後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(四天王の一人)(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴...

_ いやいやえん - 2014年05月18日 09:44



清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。
天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に、尾張・清洲城で開催されたこの会議に出席したのは、織田家重鎮である柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人(滝川一益は関東地方へ出陣中で欠席だったらしい)。
会議の結果は歴史上知っているので、それをどう料理するのかとワクドキしていました、三谷さんだしね。まさか更科六兵衛にまた会えるとは(笑)
柴田勝家(役所広司)は、物事をあまりよく考えずに行動する。
丹羽長秀(小日向文世)は、賢明で、勝家を今まで助けてきた。
池田恒興(佐藤浩市)は、自分の利益をなによりも優先する。
羽柴秀吉(大泉洋)は、天下を取るのに都合のよい跡継ぎにしたい。
この4人が、織田家後継者を
信長の次男で、バカ殿の信雄(妻夫木聡)。
信長の三男で、しっかりものの信孝(坂東巳乃助)。
信長の嫡子信忠の遺児でまだ幼い三法師 の3人から決める。
完全な歴史モノといっては語弊があるし、コメディといってもゆるい…ちょっと期待しすぎたかな。ただこのキャストの豪華さは、やはり三谷作品ならではなのでしょうね〜。めんどくさい話をわかりやすく演出されてたと思います。
それぞれが裏で根回しをする様子がユニークに描かれていますが、やはり秀吉のほうが一枚上なんですよね。小ネタは散りばめられていました。
後半の剛力さんのニタリ顔がかなり不気味で良かったです。
寺島さんの官兵衛がかっこよかったな。大河ドラマ見てるけど、官兵衛のイメージはこちらのほうが合ってるかな。
全っ然関係ないけど、戦国無双4(ゲーム)での織田信雄の信長っぽい声の出し方が印象強すぎて、つい登場した時思い出して笑ってしまった。こいつダメだわ感は一緒。

【概略】
織田信長の亡き後、その跡継ぎを決めるべく開かれた“清須会議”を舞台に、水面下で繰り広げられる柴田勝家と羽柴秀吉の激しい駆け引きの行方と、その心理戦に巻き込まれる人々の悲喜こもごもの人間模様を綴る。

ドラマ

_ 背面飛行がとまらない - 2014年10月11日 20:58

三谷幸喜監督作品がいつも、いまいちピンとこない。 演劇を楽しむ素養がないからなの